【チェンジリング】

テーマ:

日々のつぶやき-チェンジリング


監督:クリント・イーストウッド

出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ


どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―?


「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも見つけることができなかった。五ヵ月後に警察から見つかったと連絡がきた。

喜び息子の再会に向かったクリスティンだったが、微笑が消える。警部の横に立つその子は似てはいるけれど自分の息子ではなかった。」


これは辛い映画でした。


警察は一体なんなんでしょう?!

一晩子供が帰ってこない間どんな親は心配で心配でいることか、それなのに24時間は捜索しないって!それだけ時間が遅れると見つかる可能性だって低くなるってこと誰だって解る筈なのに!


メンツがあるからって、別人かもしれない子を他人に預けたままでいる上に、本人を探すこともしないなんて・・

その上医者までグルになって同一人物だって言い張るんだからあり得ない!

今ならDNA鑑定できるだろうけど、この当時は大変だったんでしょうね~

それでも背の高さや歯でそれだけ証拠を出しても認めないなんて。


あの精神病棟はひどすぎます。

あの頭に電流を流すみたいな罰って一体何?

看護婦まで普通にあんなことに加担して怖すぎ!!!

実際はみんな解っているのに、心が死んでしまっているのでしょうね~



そしてある事件から違ったものが見えてきます。

その事件の残虐性といったら・・

震えるくらい酷い事件。

この裁判を傍聴した家族の人たちの気持ちを思うともう・・辛くて辛くて仕方なかったです。


結局息子の生存を信じたまま、彼女は・・これってかなり残酷ですよね。

ハッキリわからない以上母親なら当然諦めきれないでしょう。そんな状態っていうのは本当に残酷。

それにしてもあの犯人は図々しい!

地獄に落ちろ!と言ってやりたい。

地獄に落ちたくないって思うことがあり得ない!


アンジェリーナ・ジョリーの演技はもう本当素晴らしかったです。

静かに堪える姿、涙を流す姿、訴え続ける姿、どの時を見ていても叫びが伝わってきて痛くて痛くて。


あんなに敵だらけの状況でも、支えてくれる温かい人たちが周りにいて本当に良かったと思います。

AD

コメント(28)