【誰も守ってくれない】

テーマ:

日々のつぶやき-誰も守ってくれない

監督:君塚良一

出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎


「防犯課の刑事勝浦は、18歳の少年が二人の少女を殺害した罪で逮捕された船村家、容疑者家族の保護を命じられた。

担当させられたのは容疑者の15歳の妹沙織、マスコミの執拗な攻撃にある沙織はどうして自分がこんな目にあうのか受け入れられず家族と離れ呆然としつつも頑なに心を閉ざしていた。

どこに移動してもマスコミに追われ、東京を離れるよう命じられた勝浦は過去に自分が関わった事件の被害者の両親が営むペンションに向った」


これが現実なんだろうな~と思いつつやり切れない。

一度も笑顔のない、感情を押し殺した志田未来ちゃんの最後の涙がとても印象的です。


勝浦ともう出会うこともないだろう沙織は今後どんな風な人生を歩むことになるのでしょう。

お父さんと二人別な場所で新しい生活を始めたとしても、心に残った傷が癒えることや背負った重荷を下ろすことは二度とできないような気がします。

少年は自業自得だとしても、家族って・・


でも自分が被害者家族だったら、柳葉さんと同じことをきっと思うんだろう。

自分の家族はもう二度と笑うことが出来ない、これから持てる筈だった幸せを味わうことなく奪われてしまった。それなのに犯人はいつか戻ってくる。いくら更生したとしても、これから笑ったり楽しいことができる。それは許せないって思っちゃいます。ささやかな幸せさえも許せない。一瞬たりとも笑うことなく生きて欲しい。


その家族も、死んでお詫びして!とは思わないまでも、何もなかったように楽しく暮らされたら堪らない。


そんな気持ちは手に取るようにわかります。


怖かったのは、これに便乗して煽って騒ぐ一般の人。

自分がこうだけはならないようにしなくちゃ!って思わせられました。


ちょっとだけ心が通い合った二人だけど、二人の事件はこれからもずっと続くんでしょうね~

とてもやり切れなさの残る映画でした。


AD

コメント(18)