【容疑者Xの献身】

テーマ:

容疑者X


監督:西谷弘

出演:福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、北村一輝


原作は東野圭吾さんの同名小説、直木賞受賞作です。(原作の感想はこちら→


「天才物理学者湯川を頼って捜査協力にやってきた内海。顔をつぶされ手足の指紋を消された男の死体が見つかり、元妻の疑いが濃いのだが完璧なアリバイがあるという、それを崩せないかと聞かれるが協力を断る湯川。

一方湯川の学生時代の友人の石神は大学を離れ現在高校の数学教師をする地味な生活をしていた。行きつけの弁当屋で隣人でもある花岡靖子の部屋での物音から犯行に気付き、隠蔽工作を指示する。

事件の裏に石神がいると疑った湯川は・・」


ドラマは未見です。

でも原作ファンだったので、映画は見逃せません~

原作にない内海というキャラが絡むとどうなの?と思っていましたが、そう登場頻度があるわけでもなく、重要な役どころでもないので、意外に問題ありませんでした。

でも・・あまり重要なとこに絡まないなら、内海じゃなくて草薙とのペアにしたら良かったんじゃないかな~せっかく原作では、湯川×石神の友情に苦悩する湯川の心情に寄りそう男草薙だったわけだから・・

別に映画は柴咲コウちゃん居なくても成功だったし観客も呼べたと思うけど・・



映画・・とてもとても良かったです!!!!

何と言っても石神役の堤真一さんがものすごく、とってもとっても良かったんです!!!

「クライマーズ・ハイ」 の堤さんもこれ以上ないってくらいハマリ役だと思ったけれど、暗く思いつめた表情をの石神・・・巧すぎです!


ストーリーは勿論、事件の真相も知っていての観賞ですが、福山さんと堤さんの濃厚な人間ドラマ・・本当に良かったです!!

テンポがいいのに重厚で、原作でも感じた石神の思いには・・本当に打たれます。

そして石神の最後の慟哭・・泣けました、感動しました。

原作でのこのラストは意外にさらっとしてるな~と思ったのですが、映像は・・駄目でした~涙ボロボロ。


花岡靖子の松雪さんもいいです。

薄幸の美人役「子宮の記憶」 でも思いましたが、松雪さん似合いますね~


堤さんのキャラが濃すぎて、主役の湯川がちょっと霞んでしまった感ありますが、でも大満足。

予想以上に面白く見応えのある作品でした♪




AD

コメント(34)