【ウォンテッド】

テーマ:
 ウォンテッド

監督:ティムール・ベクマンベトフ

出演:ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン


「ウェズリーはいたって普通の若者、会社では上司にいびられストレスを感じる日々を過ごしていた・・謎めいた女性フォックスと出会うまでは・・。

ギリシャ神話の時代から存在する秘密暗殺組織フラタニティに属することになり、父の復讐のための厳しい訓練を受ける」



面白かったです!!

想像していたストーリーとはちょっと違っていましたが・・


アンジェリーナ・ジョリーは存在感たっぷりです。

迫力ある表情も、柔らかい微笑みもどちらも素敵。
ウェズリーが初めて連れられた倉庫から銃を持って逃げ出す時に見せたアンジーのちょっと笑いを堪えたような表情が印象的。

あり得ないでしょう!!ということの連続ではあるのですが、それはそれ。

こういうのもアリと思って見るととても楽しめます♪


前半はありがちなストーリーなのかな~と思って見ていると意外なことに!

終盤はものすごく展開していきます。


好みからいくと、プロの暗殺者の集団なのに1人の人間を殺すために周りの人間をどんどん巻き込むというスタイルがあまり気に入らなかったな~

それがなければもっと楽しめたような気がします。


それにしても迫力満点!

満足しました~


AD

コメント(26)