【闇の子供たち】

テーマ:

闇の子供たち


監督:阪本順治

出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市


「タイ在住の新聞記者の南部は、日本の子供の腎臓移植の実情を調べ始めた。するとタイの子供の臓器が生きたまま摘出されるという情報を掴みフリーカメラマンの与田を連れ更に突っ込んだ取材を開始する。

一方NGO職員の音羽はボランティア先の子供が売春を強要され閉じ込められていることを知り何とかしたいと動き回る。

現実とは思えないような闇の姿が見えてくる」


人の命より大切なものはない。


ものすごく暗くて重いです。

救いは、タイの子供たちが強要され虐待されている場面が直接的には映らないこと。もし映っていたら席を立っていたかもしれない。


映画の中で登場する二つのこと。

臓器売買と幼児買春

どちらも吐き気がするくらいの嫌悪感。


この後自分の身体の臓器を取り出されるであろう子供の真っ直ぐな瞳。

彼女は自分の運命は知らされていない、でも全て諦めているようだった。人生に期待もしていないような。


一番悪いのはマフィアなのだろう。資金源・・どれだけのお金が懐に入るのか解らないけれど。

弱みにつけこんで。

自分の子供のために、その移植を受けないと死ぬしかない子供のためなら親はどんなことでもきっとすると思う。それが違法だと解っていても・・きっと。

少しでも生きる可能性があるならかけてみたいと思うのは当然だと思う。

でも、それが生きたまま麻酔をされて臓器を取り出された子供のものだと解っていたら?

もし自分のためならきっとしない、拒否するはず。

でも息子のためなら?


幼児買春・・

そういう性癖を持つ人はいるのだろう、きっと。

自分の国でなら犯罪になる。犯罪者になるのは嫌だ。だけどタイなら・・

そうやってやって来る外国人たち・・彼らのために差し出される子供たち・・

もう本当に嫌だった!

こういう闇商売が成り立つのは需要があるから。

捕まらないならいいのか!


裁かれるべき人たち。恥ずべき日本人たち。

ラストにはスカッとしました。自国できちんと顔付きで報道されたらいいんだ!


そして、ストーリーは思ってもいない展開をみせた。

私はこれは相当驚きました。

まさか・・!!!

予想してなかっただけに本当にショック。

ラストの切り抜きにも衝撃。

こんな一見普通に見える人が、普通に家庭を持っている人が・・・怖かった~


ものすごく印象に残る映画になりそうです。



AD

コメント(17)