【純喫茶磯辺】

テーマ:

磯部


監督:吉田恵輔

出演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子、近藤春菜、ダンカン、濱田マリ


「両親の離婚以来父と二人暮しをしてきた高校生の磯辺咲子。それなりに仲良くやってきていたが、祖父の急死で遺産が入り父が仕事に行かなくなってしまった。

ある日入った喫茶店で急にひらめき喫茶店を始めることに!咲子の心配をよそに勝手にどんどん話を進めていくが、名前は純喫茶磯辺、内装も全て古臭くダサイ。

案の定オープンしても閑古鳥がないていたが、バイトの素子にピンクのフリフリミニの服を着てもらったところ・・」


ちょっと笑えてちょっと切ないハートウォーミングストーリーです。


主演の宮迫さんはそのまんま!って感じでピッタリ。

仲里依紗ちゃんも今時の高校生って感じ。親との会話もすごくリアルでいるいる!って思ってしまう。

ハリセンボンの近藤春菜さんは意外(?)にもちゃんとお芝居してました。

もっとコメディっぽくなるかと思っていたら、意外に普通でしっくり。

そして極めつけが素子さんの麻生久美子さん!結構はじけたキャラで、イメージとガラリ違っています~でも憎めない。


お父さんの恋愛にイライラしたり、ちょっと素敵なお客さんに愛想よくされてウキウキしたり、友達にあの喫茶店を見られるのを嫌がったり、咲子が本当に普通の高校生なのがすごくいい感じ~

バイトの素子との距離感も頷ける。


刷り上ったばかりのビラを全部捨ててしまったり、さぼったりするのに、ゴミ捨てやあんな服着るのは嫌がらなかったり、微妙に掴み所ないような気がする素子だけれど、やっぱりあのスタイルは魅力的~

普段はTシャツにジーンズばかりの格好も似合っていて可愛かったな~


「夕凪の街 桜の国」まではあまり好きではなかった女優さん。でも「夕凪~」で私の中でも大ブレイク!そしてこの映画も麻生久美子さん魅力的でした♪


ホロッとするのだけれど涙が出たり感動したり~というのではなく、構えずさらりと見て温かい気持ちで楽しめる映画です!!



AD

コメント(2)