【崖の上のポニョ】

テーマ:

ポニョ


脚本・監督:宮崎駿


かなり前から予告で流れていて、歌がずっと耳について離れませんでした。やっと公開です!


「ヘルパーの仕事をする母リサと船乗りの父耕一と三人で崖の上の家に住む五歳の宗介。

ある日、海で拾った金魚・・のような魚をポニョと名付けて可愛がるがいなくなってしまった。ガッカリする宗介だったが、激しい台風と共に女の子がやってきた。」


「ポニョ、そうすけ、すき!」

可愛かったです!!

ポニョがとにかく可愛い~そして宗介も!宗介やたらといい子で、やたらと大人なんだな~


リサが、あの台風の中で子供たちだけで家に置いていなくなってしまうのってどうなのよ?という突込みや、あの車の運転危なすぎ・・とか、ボートに乗った二人の子供に遭遇しても大人見守るだけ?とか・・

色々突っ込みどころはあるのだけれど、ここは突っ込む必要ないのでしょう。


「危ないよ!」と言うのではなく、温かく見守っている大人も必要なんだろうな~

そういうことろで引っかかったり、突っ込んだりすると「ピュアな心をなくしてしまったんだね」と言われるのです(千と千尋~でそう言われた過去アリ)


最近の宮崎映画と違って、メッセージ性がそんなに強くなく、本当に子供にもわかりやすいシンプルでピュアなストーリーでした。


とにかく、ポニョかわいいかった!!!

ポニョの妹たちも~

AD

コメント(16)