日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト

http://www.movieawards.jp/


日本映画部門に続いて洋画部門の応募も♪


【作品賞投票ルール(抄)】

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ラブソングができるまで」4点
  「パンズ・ラビリンス」4点
  「ボーン・アルティメイタム」4点
  「ドリームガールズ」3点
  「幸せのちから」3点
  「ホリデイ」4点
  「ダイ・ハード4.0」3点
  「ヘアスプレー」1点
  「スターダスト」1点
  「ブラザーサンタ」1点
【コメント】
これがダントツ!!っていうのがイマイチなかったような気がする今年の洋画。

ファンタジー系が充実していました。ミュージカルも良かった。

迫力では「ボーン・アルティメイタム」良かったけれど、「ホリデイ」や「ラブソングができるまで」のような明るくハッピーな作品が印象的に残っています。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ナンシー・メイヤーズ] (「ホリデイ」)
【コメント】
嫌な人が登場しない、とてもハッピーになれるワクワクする楽しい映画でした~


【主演男優賞】
   [ウィル・スミス] (「幸せのちから」)
【コメント】
トイレの中で泣くシーンと、ラストの涙は印象的。


【主演女優賞】
   [キャメロン・ディアス] (「ホリデイ」)
【コメント】
ものすごくキュートでした!


【音楽賞】
  「ヘアスプレー」
【コメント】
ストーリーも楽しかったけれど、明るい音楽がいい!観終わってオールディーズのクラブに行きたくなりました~
-----------------------------------------------------------------

【よく解らなかった賞】
   [ファウンテン 永遠に続く愛]

【コメント】
主演の二人は好きなのに、どうしても入り込めなかった作品。

AD

コメント(1)