お誘い頂いたので、今年はマイベスト3をやめて、こちらに応募という形にしました。


日本インターネット映画大賞オフィシャルサイト

http://www.movieawards.jp/


【ルール】 

・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで
-----------------------------------------------------------------
【作品賞】(5本以上10本まで)
  「クローズZERO」5点
  「夕凪の街 桜の国」5点
  「キサラギ」5点
  「きみにしか聞こえない」4点
  「アヒルと鴨のコインロッカー」4点
  「それでもボクはやってない」3点
  「長い散歩」3点


  【コメント】
 

「キサラギ」「クローズZERO」「アヒルと鴨のコインロッカー」はストーリーに釘付け、夢中で見て、本当に面白かった!『もう一度見たい!』と思った作品でした。実際「キサラギ」は二回観賞しました。

「夕凪の街 桜の国」「長い散歩」はとても切ないけれど見て良かったと思えた作品。今年観た映画の中で一番泣けたのが「夕凪~」でした。

「きみにしか聞こえない」は単純な恋愛ものではない展開もよかったし、穏やかな主演の二人とピュアな恋愛がとても好きでした。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [周防正行] (「それでもボクはやってない」)
【コメント】
誰にでも起こり得るリアルな現実に考えさせられました。


【主演男優賞】
   [加瀬亮] (「それでもボクはやってない」)
【コメント】
自然なおどおどした演技、まるでドキュメントを見ているような錯覚になりました。


【主演女優賞】
   [麻生久美子] (「夕凪の街 桜の国」)
【コメント】
今まであまり注目していなかった女優さんでしたが、この役は素晴らしかった!


【助演男優賞】
   [瑛太] (「アヒルと鴨のコインロッカー」)
【コメント】
前半と後半では、外見は全く変わっていないのに、見る側が全く違った印象を受けるくらいの微妙な変化が抜群でした!


【音楽賞】
  「SMILE 聖夜の奇跡」
【コメント】
ラパパンパーンの音楽が今もまだ耳から離れず。軽快な音楽が始終流れて映画の雰囲気と合っていてよかった!
-----------------------------------------------------------------

【理解できなかった賞】
   [恋空]
【コメント】
どうしてこのストーリーが受けたのか全くわからない。

展開全てがリアリティなく、かつての大映ドラマのような使い古されたストーリー。新垣結衣ちゃんが可愛いだけだったようにしか感じられなかった。



AD

コメント(4)