蒼き狼


監督:澤井信一郎

出演:反町隆史、菊川怜、若村真由美、袴田吉彦、保阪尚希

日本・モンゴル合作映画、総モンゴルロケ、チンギス・ハーンの物語


前日から風邪気味で体調そんなによくなかったのですが・・約束していたもので行ってきました。


「モンゴルの草原で、メルキト族からイエスゲイ・バートルに略奪されたホエルンは、子供を産んだ。その子の名はテムジン、後のチンギス・ハーンだった。部族同士の休まることのない争い、負けた部族の女性は戦利品として奪われていく。そんな時代の中でテムジンは、父親を殺され裏切られたところから這い上がっていった。そして七年前に婚約をしていたボルテを迎えに行く。幸せに暮らしていたが、母ホエルンの元夫が復習の為にボルテをさらってしまう。10ヵ月後取り返すがホルテには・・

自分にはそして息子には蒼い狼の血が流れているのだろうか」


ラストは思いがけず泣けました。

チンギス・ハーンは名前だけは知ってるけれど、よく解らなかったから、「こんな生い立ちがあってこういう人生を送ったんだ」と改めてびっくりです。

自分の血への不信感、負い目、同じ状況の息子への愛憎、親友との対立、裏切り、色々と混ざり合って、でも全てをかけて自分の信念のもとに真っ直ぐに戦っていく姿が感動的でした。

そして当時の女性たちの生き様が哀しかった。

でも、テムジンによって変わっていくのです。そうやって生きていくことを受け入れるしかなかった時代から、自分の誇りの為に反発する時代に。


2万7000人ものエキストラが登場したといわれる即位式は圧巻。戦闘シーンもものすごい人数のエキストラだったそうで、迫力がありました。


反町隆史さん、こういう役似合ってます。「男たちの大和」よりずっと良かった~。

ちょっと笑ってしまったのは松方弘樹さん・・あの口髭が・・




AD