信頼できる告発文書

テーマ:
>876 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2001/05/28(月) 22:32
>しばらく興味をもって読ませて頂きましたが、未だ心を読み取る装置など無いと信じてる人が多いみたいですね。
>私は3年前まで、某大学(名前は言えません)で、その様な装置の基礎研究に携わっていました。
>研究費は公安や防衛庁(米軍からかも)から文部省の科研費の名目で流れてきたので、かなり贅沢に研究出来ました。
>しかしその反面、学会での発表や口外が禁じられていました。
>ここに、書き込むのは、多くの人が現実を知った方が良いのではと思うからです。

>心を読みとる装置の事ですが、正確には「ある時点での純粋な」精神状態を読み取る装置では無く、
>強制的に特殊な心理状態を作り上げ、その反応からその人の思考をモニタに写像するものです。
>私が研究に参加していた時点では、2つの衛星を使って実験を行いました。
>まず、カーナビ用衛星の使われていない周波数帯を借りて、特殊な電波を特定の人物の脳の位置で干渉するように送ります。
>被験者は電波(正確には電磁波ですが)によって、幻覚・幻聴が起きますが、被験者の意思で思考する事も出来ます。
>この時、被験者の脳波を計り、送った電波と被験者の脳波を分離することによって、被験者の心理パターンを解析するのです。
>この方法は一部では実用化されています。勿論、幻覚などが現れるので被験者には実験されている事が分かりますので、
>主にレム睡眠の間に行われることが一般的です。
>つまりは強制的に夢を見させて、その夢に対するリアクションで被験者の心理パターンを読みとるのです。
>あと、その方法はマインドコントロールにも使えそうですが、私はその方面の研究には携わっていませんので良くは分かりません。
>ただ研究しているグループも有るみたいです。

>私が知っているのはそれ位ですが、最近の研究テーマは携帯電話を使って心を読み取る事に重点が置かれてきているようです。
>携帯電話は丁度、頭に付けるようにして使用しますので微弱な電波でも
>充分に脳波と干渉させる事ができますし、電話の電波と一緒に脳波を送信する事が出来ます。
>この方法もかなり実用レベルまで行っていると聞きましたし、実際に被験者には秘密で実験が行われているみたいです。
AD
« しかし2ちゃんねら・・・ | 記事一覧 | 一番人間らしいのは・・・ »
2009-04-29 14:13:17
2chで清水由紀子論争・・・え?AGSAS!テーマ:著書・集団ストーカー
普段アクセスが少ないページのアクセス数が急上昇していたので、逆リン辿って見たら、2ch「清水由紀子さんなにを訴えたかったのか 」だった。

まずこれ自体が立証不可能(嘘であってもぜんぜん不自然ではない)


相変わらず、不毛な論戦が繰り広げられている。

すでにこの議論に参加したり、とやかく言う資格なし
(不毛と思うなら首を突っ込んだりわざわざアップしないことです)



まあ二次元君たちは好きにすれば良いのだが、やはり出てきた「自称被害者」達。

大変な人権侵害です


本当に何処にでも顔を出すんだよな。

もう子供のけんかにしか見えません。



その中で面白い物が有った。



大御所のサイト(AGSAS) へのリンクだ。

ご本人はまじめに訴訟を起こしています(しかも本人裁判)


いや~そこに面白い物があった。

清水由紀子さんの肉声だ。

亡くなられた方です


本人かどうかは、音声スペクトラムアナライザーで声の成分を比較すればある程度は分かるが、する気も無い

是非やってください


創価だろうが、北朝だろうが、芸能人だろうが、政治家だろうが心の病は等しく発生する。

もちろんあなたにも発生します

だから私にとっては、声の主が誰かなど何の意味も無いし、興味も無い。

だったら興味を示さないことです



しかし、もしこれが本人だとしたら、清水由紀子さんの自殺の要因を作ったのは「AGSAS」と言う事だ。

その肉声?の中にこんな言葉がある「心の支えになっている」と。

清水由紀子さんが、もし自称被害者のサイトなど見ずに、心療内科なり精神科の門を叩いていれば、こんな事にはならなかっただろう。

少なくともご本人はあなたよりは諸事情にお詳しいかと・・・



これは、その恐ろしさを経験した人なら実感するだろう。

「AGSAS」に代表される自称被害者のHPによる精神疾患者に対するマインドコントロール、そしてその増殖。

AGSASの存在を知った途端に仕事を解雇され、被害が色濃くなり、露骨になり、調査を始めると
過激になりましたよ。(今では芝居の下手な工作員に囲まれて暮らしていますw)



そのメカニズムは、このブログで色々と書いているが、一言で言えば「恐怖の植え付け」である。

心に病を持った者は、必ず「不安」に陥る。

断言できますけど、「必ず」とは言えませんね



不安は理性を奪い、不安を肯定する事しか考えられなくなる。

いいえそんなことはありません(冷静に究明することも出来ますよ)

そこに、自称被害者が日常当たり前にある事を「犯行」であると意識に刷り込み、
当たり前の日常を非日常と認知させてしまい、不安を恐怖に変える。

あなたは本当にAGSASを閲覧なさったのですか?(意図的に上げているその頻度が犯罪なのですよ)

「不安」の時点なら、気長に接すれば言葉は届くが、恐怖に陥ってしまえば自称被害者以外の言葉は届かない。

そして、「医者も共謀者」と刷り込まれた結果、医療を拒否して病状を悪化させ、孤立感を深めて行く。

拒否などしてませんし、医師の治療する意思が希薄なのも事実です



そして、孤独感や孤立感は、自殺衝動が起こる。

自殺衝動のメカニズムについてお詳しいのでしょうか?
(私は一度たりともこの事案が原因でそのような衝動が起こったことはありません、
彼女にふられたほうが余程死にたくなりましたよ)


これもまた、恐怖に理性が封じられている為、一度死を考え出したら「死」を肯定する事しか考えられなくなる。

そして、自分を殺せないと、他人を殺そうとする人が出てくる。

そう、秋葉原無差別殺傷事件の加藤智弘容疑者のように。

この事例とこの容疑者とはどのような関連性があったのか詳しく記していただきたい
(もちろんご存知の上で名前を挙げたのでしょうから)



「AGSAS」の様な存在は自殺者を増やす事は有っても、誰も救えない。

救われた人など一人もいない。

闇サイトに匹敵する危険な存在でしかない。

あなたの偏った思考のほうが余程危険に感じられます
(AGSASの管理人のようにあなたも顔写真など公開されてみてはいかが?)



「AGSAS」で公開している清水由紀子さんの音声ファイルには、何故創価犯人説が生まれるのか?その答も含まれている。

火のないところに煙はたたないでしょう、それなりに状況証拠的な事案が存在するからじゃないですか?



ちなみに、清水由紀子さんの自殺の要因は、幼い頃に父親を亡くした時から始まっていたのだろう。

母親は子供に愛情を持ちすぎるあまり、親離れの時機を逸してしまう。

それは「親孝行な子供」「子供思いな親」「仲の良い親子」に見えるだろう。



しかし、親離れ(心の自立)出来なかった人は、親が他界したり、認知症になったりすると、高確率で心に病を持つ。

いやいや、親が他界しただけで十分でしょう(親離れうんぬんは余計ですね)


その大半が、独身者(離婚含む)であり、仕事をする気力が無くなったり、引き篭もりがちになったりし、鬱病の症状を示す。

独身者も仕事をする気力がない人も引きこもりも普通に存在していますし、案外元気だったりしますよ
(そもそも引きこもりや鬱病といった用語はどなたが最初に言い始めたのでしょう?)


先日も、母親の死を切っ掛けに兄が弟(60歳代?)を殺した事件が発生している。

あくまでも切っ掛けに過ぎず、それまでの人間模様や関連する状況などは無視ですか?


しかし、2chの反論者も、馬鹿の一つ覚えみたいに、すぐに「統合失調症」と言う言葉を使いたがる。

それは、現実を知らないと言う事であり、同類なんだよな。

妄想とは「根拠のない誤った判断に基づいて作られた主観的な信念」の事を言う。

あなたにもあてはまる「病名」ですね、「統合失調症」



現実を見れば、自称被害者の大半が「鬱病」や「神経症」そして「認知症」であり、
「妄想」と言うより「不安」を生じさせる病気による「発想」であり、「統合失調症」は少数派である事が分かるだろう。

そう言う意味では、自称被害者の言う精神病とは、統合失調症の事であり、彼等の主張する「精神病に仕立てられる」
と言うのは、あながち間違いでは無い。

事実、間の抜けた工作員に、危うく入院させられそうになりましたが何か?



こうした問題は、不安の時点でその不安を取り除いたり緩和する事であって、不安を恐怖に変えてはいけない。

不安も恐怖もないです、究明する必要があるだけです


私は「AGSAS」が何をしようと自由だと思っているが、自分が他人にどんな影響をもたらし、
どんな事が起きているのかを自覚して欲しいと思う。

間の抜けた工作員曰く「AGSASの管理人は頭のよい人で、そんな人は滅多にいない特別な事例なんですよ」ということでした
さらに付け加えれば、あなたの妄言に振り回される一般の方がここにも存在する事実についても
認識していただきたい。


清水由紀子さんの肉声を公開して「被害」を訴える前に、自分の妄想や活動が人の命を奪う一翼を担っている自覚を持つべきだろう。

あなたの妄言のほうが余程人命軽視につながります
(ついでに基本的人権の尊重についても軽いですね)





集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実 (晋遊舎ブラック新書 1)/古牧 和都

公安警察が主犯である可能性もあるので興信所やこの手の業者の書籍には何の説得力もありません
(警察とおおいにつながりがあるためです)
まずは疑惑を明快に晴らす必要があるのですよ。
そもそも公安警察って何者でしょう?、また彼らが犯罪を犯した場合誰が調査して立件するのでしょう


AD

送ったメール

テーマ:
初めまして

公安警察の工作員たちに囲まれて生活しているものです。

老若男女を問わず存在しています

ガスライティングや集団ストーカーといった

嫌がらせ行為は、ある凶悪犯罪を隠すための
カムフラージュの役割を果たしていることをご存じですか?

創価学会に協力させているのも結局は人員確保だけではなく
実際にその犯罪行為(殺人も含む)が暴かれた時の
保険として機能しているのです。

ヤクザや右翼といった連中も結局は公安の指揮下にあります。

その凶悪犯罪とは思考盗聴や音声送信といった
にわかには信じがたい技術の人体実験を指します

漫画のような犯罪だからこそそこに盲点があるのです。

私は、医療に携わる方でこの犯罪に本気で立ち向かおうとしてくださる方を探しています。

私の現在の体をくまなく調べて、正直に告発していただければ、公安など簡単に解体できます。

最も私はその時には死んでいるかもしれませんが

死体になっても構いません、精密に検査をして

その結果を正直に告発していただける方さえいれば
結果は同じことです。

このコメントを全国に広めてください

私には、実際に広まっているかどうかを確認するすべがないほどに情報統制をされています。

誰にあっても先回りされているか
後日その人を洗脳しています。

親にいたっては完全に連中に騙されているのか、脅されているのかはわかりませんが、兎に角赤の他人です。

本当の正義を御理解いただける医師を探しています

何卒よろしくお願いします。


人体実験を隠蔽するためには、対象が孤立無援であることと、精神病患者であること、寿命が短いこと
が、主な条件です。

これを満たすためのガスライティングであり

偏向報道であり

有りもしない統合失調症などの不自然な病名なのです。

電磁波でガンを誘発することや、脳を破壊すること、心臓を止めること等、任意に殺人を行うことが出来ます。

あからさまに殺しては発覚するので、数年をかけて

思考盗聴実験と、殺人を同時に行うのです

対象は、日に日に衰弱してゆき、第3者と接触するときには決まって強力な電磁波で言語や思考を鈍麻
させられます。

ただの電磁波ではなく

対象の体にその媒体を仕込んでいます

わざとにぶつかってきておいて、口論に持ち込み

対象を突き飛ばし、反撃されたところをすかさず警察に通報。

金銭的にダメージを与え、傷害の罰金を払えないようにしておいてから、拘置所で労役をさせる。

本裁判しても負けますよと検察に説得させる。

労役の間に食事に大便が明るい緑色になる薬物を混入。

それこそが思考盗聴や、音声送信、任意の場所への傷害行為のための媒体なのです。

おそらくヘルペスのような神経系に寄生し続ける
ウィルスを活性化させたりする類の物と容易に推察できます。

以上のことは真実です。

誠に勝手なことで恐縮ですが、ご協力いただければ何よりです

そちらにもメリットは十分にあるものと判断して
書き込ませていただきました。

重ね重ねよろしくお願い申し上げます。
AD