日々憂鬱の中

下を向いて歩く
ただの通りすがり


テーマ:

触れることは出来たとしても掴むことは出来ない。
決して手にすることはないものを愛して、いつか訪れる大きな代償には見て見ぬフリと先延ばし。
この体温を時には憎らしく思うし、良かったとも思え、恐くて、不安で、憂鬱で。
一日、数時間、瞬きの瞬間、その為に“耐える”その先はまだ漂っていられるだろうか?


漂わせて。それが、愛している証だから。
手で掻き分けないで。粉々になってしまうから。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

うんざりだ。
自分の持っているツキってやつに心底うんざりさせられる。


見渡す限り、感情のないマネキンか泥人形。


ツキは病んでいる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界を変えるのに本当は時間は要らない。
3分でも、6分でも、変えられる。
一言でも、一曲でも、たった一つのメッセージでも。


誰かは、それを知らない。
誰かは、気付いていない。
誰かは、忘れてしまっている。


80年の内の一日はそうして過ぎてゆく。
80年の内に語られる言葉はそうやって話される。


位置についている。
スタートの合図が鳴る瞬間を待ち侘びながら。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

残すことの難しさ。
表現する術のなさ。


絵には残らない、詩には残らない、短文には残らない、音楽には残らない。


なのに、どうして「残さなきゃ」って思いを強く抱いているのだろう。
昼夜が逆転した時も、言い表せない憎悪が体内を激しく巡る時も、人を嘲っていた時も。


永き輝き?
一瞬の儚さ?
ずっと分からなかったけれど、本当は“一瞬の儚さを永き輝き”にしたいんだ。


一瞬の儚さが永き輝きになるまでに。
さよならを数えて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そんじゅそこらの憎悪と違う。
それは形、それは意味、それは対象、それは期間、それは疲労、それは憂鬱。


「こんな事を話せるのは○○さんだけですよ」
「死ぬ夏まで付き合ってくれれば」
「自分は他の人たちと違うよ」


全部が憎悪に変わる。
それが精一杯だった?
口に脳があるんだろうね。


きっと、口に脳があるんだ。





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のブログが何について書かれていたかは定かではないが、見返しもせずに未だに不慣れなキーボード操作で書いていく。不慣れでないことの方が少ないぐらいだ。


まず先に断っておきたいのだけど、これから書くことは真っ当な、もしくは普通、或いはつまらない人間には胸糞が悪くなる言葉の数々だろうし、このブログはそういう人達のものではない。「社会に出てバリバリですよ!」とか「ウチの嫁さんがねぇ~」なんて人は今日の夕飯の事でも考えてこの辺りで引き返して欲しい。それと併せて、ピグのポイント目当てとか、自身のブログのアクセス増やしを目的としたメッセージを寄越すナンセンスなハイドロポンプ野郎もピグ友とクリスマスの予定でも談義しといて下さい。私があなた達にとって害悪な存在だとしたら、あなた達もそうなんです。生乾きの靴下しか履けなくなればいいのに、心から。


冒頭の挨拶は塩コショウ少々な程度にして本題へ。腰を据えて話すまでもないし、例外なく、いつもの見えない敵への稲妻レッグラリアット。




12月から約1年振りにこの私が働き始めた。とは言ってもアルバイトである。ほぼ、ニートと変わらぬ状況であるし、心はいつだってそちら側だ。嫌々なのか、と聞かれれば当たり前だと答えるのはご存知だろう。以前のブログ、放送だったか忘れたが、働いていない時の憂鬱や焦燥感は働いていないからだと勘違いしがちだが、実際は働いても同じと発した。働いても憂鬱は晴れない。寧ろ増える可能性だってある。自分と心境がまったく同じなんて人間が、人間と呼べればの話だけど、もしいたとしたら同じような経験があるのではないだろうか。


「働いたな」「働いているな」
この気持ちを持って仕事をしている時、あなたならどんな感情を抱くだろうか。私は非常に厭な、そして惨めな感情が爪先から頭の天辺まで行き渡る。その気持ちで心の豊かさや、人間の成長を感じるという人を否定はしないが自分にはその部分が欠如している。何で厭なことで成長?どうして豊かになる?常に頭を駆け巡る言葉はそんなところで、欠如というより放棄といったほうが正しいのか。自分には無関係のものであって欲しいと願えば願うほど近づいてくるもんさ。


決して誤解をしてほしくないが私は労働は否定しない。厭な気分を味わう労働は否定する。殆どの人が嫌々ながらも働いていると知っているし、こんな事を言えば社交パーティに招かれることもなくなるだろが、それでも強く、とても強くそう思う。もがく中で、どうこうして素敵な味わいある労働はないものかと妄想に犯された脳みそで思考するが見当も、道標も、手がかりも、光も、見通しもない。ある訳ない、そうすると固執してしまう。その内とんでもないヘマをしでかす。ブログ、ツイッター、ニコ生、タンブラー……。


不確かな、まるで矢追純一がUFOは必ずいると身も蓋もない自信を覗かせるかの如く、確かにそれに近い「何かがあるはずだ」という未確認思惑。きっと、その「何か」も方向違い、道違いな場所をうろついているんだろう。自分にとってのすれ違いは望まぬものばかり、肩をぶつけるのは望まぬものばかり、正面衝突するのも望まぬものばかり。ひょっとしたら通り過ぎているのかも、UFOの様に光速に、目に付かずに。寝ている時かな?あいにく眠ることは好きなんで仕方ないね。


何の為に働くのか。社会?夢?奉仕?金?どれも間違いで、どれも正しい。働く者にとっては正しく、働かない者には間違いとしか思えない。身を粉にして社会が何をしてくれる?報われると思っているだけの夢では?奉仕した先は?地獄の沙汰も金次第?イチャモンをつければキリがないが、明確な答えを誰も持ちえていない。口を揃えて聞こえるのは「皆がそうしている」。それは答えではない。単なる模範だ。困ったことに、私もそれに打ち勝つほどの答えを、模範を持ちえていないまま。だから教えて欲しい、いつになったらベッキーは死ぬんだい?


共有サイト。
今一番関心があるのはこの事案だ。個人的には面白いプロジェクトだと考えているのだが、一人で盛り上がっている様子で、些か気恥ずかしさと怒りが同居している。目的は至極簡単で、各々のやりたい事を一つのサイトに載せてしまおうと。画像をアップしたい人は画像を、文章を書きたい人は文章を、音源を載せたい人は音源を、その他にもあればやっちまえってとこだ。誇張的見解ならばグループ、そうでなくてもグループ。つまり、一つのサイトで発信したいことを発信する集団。年齢不問、経験不問、性別不問、学問不問、資格不問、問われるのはくだらない事を如何に馬鹿らしく、それでいて面白くやれるか、やれそうかだけ。そして、そういう奴が周りにいない。あぁ、ネットの世界でもすれ違い?


もし、興味あれば一声かけて頂きたい。或いは助言をくれる人は穏やかに柔らかに、一番は分かり易く助言頂きたい。



何だかんだ喚いたけど、ブログの更新も中途半端では埒が明かないと久々に面倒……楽しみながら書いてきたが、徒労に終わりそうだと、またしても終える瞬間に去来するものが胸にある。本当はもう少し各項目について根深く、ネチネチと書きたかったが、気分が乗ったらまたその内に。その間に、まとめられるように独りぼっちで食べる昼食時に考えたい。


今年も残り僅か。
どうかご覧の皆様の健康を祈りたくもありませんし、どうでもいいです、本心は。
でも、残り少しの期間と来年が憎しみで溢れればいいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末の2件の面接をし終えた。
土曜に面接した会社はツイッターで書いた通りで、今日面接した会社は思った感じと違い、正直、採用されても働くか迷ってしまった。どうやら一番苦手なタイプの業務というか、モットーというか、「一に笑顔、二に元気、三に希望に四に夢」、或いは「笑顔、元気、勇気、夢、仲間、みーんな一番だよ!」みたいな……。まぁ、それを面接する前に見抜けなかった、予想しなかった私が迂闊だった。


帰りの電車内ではガタゴトと揺れる車体に合わせて私の思いも揺らいで揺れて。
それと同時にまたしても憂鬱に、惨めに、萎んでいくのを感じた。


人間なのに機械的な笑顔で業務をこなす?
「仲間を大切にしましょう!」……機械の様に扱っておいて?
綺麗な言葉と思想(敢えてそう言わせてもらう)に反して、自分がどんな扱いを受けるかは知っている。
だけど、どんな扱いなら満足するかも分からない。
特別な人間じゃないから。


この2週間、とにかく変わらなきゃって気持ちでいて、何件かは電話応対で断られたりもして、ようやくの2件だったけど、何でか晴れない気持ち。
それより前に比べて深い溝に落っこちた気分。
一体、どうすればいいのだろう?


我が儘だと思う。
自分勝手だと思う。
選んでる立場にもなく、遮二無二するべきなんだって。
嫌なんだ。そんなの。
自分が良いと思える環境に在りつきたいって思えば思うほど、こんがらがって遠のいていく。


やりたい事は残されていなくて、やりたくない事が残ってる。


帰りの電車内で頭の中でずっとリフレインしていた言葉がある。


酔っ払って朦朧としていた時は幸せだった
でも、今の僕がどれほど惨めかなんて誰にも分かりはしない
仕事を探して
そして仕事を見つけた
だけど今の僕はとんでもなく惨め

僕の人生なのに
どうして貴重な時間を捧げなくちゃならないんだ
僕が生きていようが死んでいようが気にもしない奴らなんかに

恋人達が絡み合って僕の側を通り過ぎる
今の僕がどれほど惨めかなんて誰にも分かりはしない
仕事を探して
そして仕事を見つけた
だけど今の僕はとんでもなく惨め

僕の人生なのに
どうして貴重な時間を捧げなくちゃならないんだ
僕が生きていようが死んでいようが気にもしない奴らなんかに

彼女が一日の終わりに求めたこと
カリギュラだって顔を赤くするだろうね
彼女が言った
「あなた家に閉じこもり過ぎよ」
そして僕は当然のように逃げ出した

僕の人生なのに
どうして微笑みかけているんだろう?
顔面に蹴りを入れたい奴らなんかの為に

酔っ払って朦朧としていた時は幸せだったのに
今の僕がどれほど惨めかなんて誰にも分かりはしない
彼女が言った
「あなた家に閉じこもり過ぎよ」
そして僕は当然のように逃げ出した

僕の人生なのに
どうして貴重な時間を捧げなくちゃならないんだ
僕が生きていようが死んでいようが気にもしない奴らなんかに





私の人生のテーマと言っても過言ではない。
10代の頃からずっと抱いていた思いは、25年以上も前に言葉として吐き出されていた。
どうして私は捧げなくちゃならない?微笑みかけなきゃならない?
惨めだよ。


もう少し探した方がいいだろうか?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりなブログです。
前回のブログから何かがあった様な、なかった様な気がするが、とりあえず直近のことだけを記したいと思う。その方が私の為であり、数少ない物好きな読者の為だと。


明日、明後日と面接が続く。
一年の無職状態は途中に派遣の仕事を含み、何とか切り抜けてきたが(自分では切り抜けたなんて表現しているがたぶん間違い)、さすがにもうどうこう出来る場合でも笑ってる場合でもないので玉砕覚悟の面接。


何度か放送で「それだけ働いていない期間が長引くと働くの怖くない?」と聞かれたが、その度に私は「働くのは怖くないが面接は怖い」と語ってきた。恐らく、大多数のニートの人や無職の人は〝働く〟ことよりも〝面接〟が怖いのではないだろうか。私がその大多数の一人かは分からないが、少なくとも私自身はそうだ。仮に面接も無く急に「明日からウチで働いてみない?」と言われたら二つ返事で首を縦に振るだろう。働き始めたら後悔するかはさておき。


でも、そんな御伽噺の世界にもない様な御伽噺はやはりないもので、絶対に面接は必要になる。当然だろうけどね。会社だってよく分からん人は雇用したくないし、働く側も面接の雰囲気や会社側の説明を受けたいだろうから。
あくまで夏よりも冬が好きな甘党の私の気狂い沙汰の意見を言わせてもらえば、もし本当にニートとか無職の人の雇用を重大な社会問題と捉えてるなら、先にも書いた様に面接無しの採用なんてのが実は効果的なんじゃないかと思っていたりする。所謂ブラック企業なんて呼ばれる会社じゃない限り、その方法で働き始めたニート・無職の人だって「1ヶ月勤めたからもう1ヶ月やってみよう」とか「ここ辞めたらまた戻るんだよな…」って気持ちになるんでは。さすがに真っ当な人であれば学歴関係なくなる事や、競争社会が生まれないとか、生産性を取り上げるかもしれないが、そんな事は重々承知だ。だから私だって面接を受けるんじゃないか!!


きっと真っ当な人達の意見が正しい。それは分かっている。でも、そこからあぶれてしまった人達をステレオタイプな弱者と非難するのはどうも腑に落ちない。それは私自身がステレオタイプな弱者故なのだろうけど。いつも心に浮かぶ歌詞・フレーズがある。




悪い奴らがのさばっている
他人の生活を脅かして
自分の身を守っているような
嫌な奴が這い上がっていくんだ
新婚の夫婦だって借金だらけ
何かが手に入った気持ちがしただろうか?
政府の政策なんてものは
君たちの夢をぶち壊す為にある
ねぇママ ねぇパパ
一度貧しければずっと貧しいままなんだ
ラララ…
面白い薬だね
君が飲んだその薬なんだけど
本当のことを教えてよ
よく効くかな
君のその面白い薬
本当によく効くんでしょ?
どうして少しばかり後ろめたく思うの
「だって足りているってことは余っていることと同じ
そして辺りを見回してごらん
私たちのことが責められますか?
私たちを責められますか?」





ある少女は他の少女よりも大きい
そしてある少女の母親は他の少女の母親よりも大きい




どちらも愛するモリッシーの歌詞ではあるが、個人的にはどちらも階級に対する皮肉だと感じている。勿論、彼の書く歌詞は色々な解釈が出来るし、ほぼ公式的な見方をされているものもある。この二つの歌詞・フレーズに於いてもそうかもしれない。しかし、私は少しぐらいは階級に対する皮肉が隠れているのではと感じずにはいられないのだ。初めが貧しい余りにクスリに手を染める人達をどうして責められようか?代々の資産や地位を受け継ぐ人達にどんな権利があるのだろう?涙の味を喉の奥の方で感じたことがある人間はこの歌詞・フレーズに何を思うだろうか。


今日、11月9日は26歳の誕生日。
もうめでたくも何ともないが、それは年齢的なものなのか、それとも今のこの現状から来るものなのか。どちらもそうなんだろうね。きっと、働いていたとしても26という数字に嫌気が差すし。何を以って充実したかは当人にしか計り知れず、それを分かっている人は両手を上げて誕生日を喜べるのではないだろうか。私にはまだ充実が何たるかを知る由もない。


親父がケーキを買って来てくれて長い蝋燭を二本、短い蝋燭を六本立てて、年甲斐もなくフゥーなんて息を吐いて。そして姉からは姉の言葉を借りるなら「最後の誕生日プレゼント」の服を貰った。姉は今、少し心を患っており電車にもなかなか乗れない状態だと聞いていたが、この日の為に乗ったようだ。乗れるようになったとおどけていたが凄く辛かったんではないだろうか。「君の為に乗ったんだ」なんて冗談だか本気か弟ですら分からぬ発言。ケーキとプレゼント、それにも関わらず意識はしていないが浮かない顔をしていた自分に叔母が「もう少し嬉しそうな顔したら?」と。すると親父が「本当は嬉しいんだけど顔に出せないんだろう。」


図星。
とてつもなく惨めな気持ちになって風呂で泣いた。
弱いままでいいから強くなりたい。強くなっても弱いままの気持ちでいたい。


去年の同じ日にもブログを更新していてこう綴っている。
「人生はさよならの連続。これからもその言葉を聞く連続」と。


とにかく、目前に迫った面接を目を瞑っても思い出さぬような瞬間にすることだな。
合否報告?私がするとでも?このブログで?
……気が向いたらね。


最後に長くなったけどもう一つ記したい言葉を綴って締めたい。
森Cの不幸なる生誕を呪ってお別れ。では。




歌を歌って眠らせて
僕はもう疲れた…ベッドで眠りたいんだ
歌を歌って眠らせて
そしたらほうっておいてくれ

朝になっても起こさないで
なぜならこの世からいなくなってしまうから
決して気の毒に思わないで
君に知っておいて欲しいんだ
僕が心からこの世を去りたいと思っている事を

歌を歌って眠らせて
ひとりぼっちで目を覚ましたくない
僕のために歌って
もう、ひとりぼっちで目を覚ますのはいやなんだ

決して気の毒に思わないで
君に知っておいて欲しいんだ
僕が心からこの世を去りたいと思っている事を

もう一つの世界があるはずだ
きっとましな世界がある
そう、きっとある
そう、きっとある
そう、きっとある
そう、きっとある
そう…
さよなら…
さよなら…
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
八月から再開した当ブログも早二ヶ月が経った。そして今日をもってまた暫くのお別れ。ま、読んでる人間なんていないだろうし、ピグポイント目当ての豆腐脳が一、二人読むぐらいなもんで、一体、誰に向けての別れなんでしょう。


今一度ここに至るまでのことを振り返ってみると、とにかく憂鬱の一言に尽きる。最早その言葉を吐き出せば何とかなると考えているのかと、疑問を投げかけられるほどこの二文字は綴り、呟き、飲み込んだ。でも、本当に実際そうだった。それ以上のことはなかったんだから。今現在、携帯は契約解除状態、そしてPC(ネット回線)も明日で切れる。自分が蒔いた種であるし、自分の過ちの代償だ。原因としてはちゃちな理由だが、ブログ休止には持って来いの口実である。止まるんじゃ仕方ない。


いつか戻ってくるとか、いついつまでには何らかの報告がとか、その他そういった類の記述は避ける。そんな事をしても空しいだけ。忘れ去られる人間の末路を全うしますよ。もう半分そうなっている事にも気付いているのだけれども。数々の言葉をこの一年で見聞きしたけれど、この一年ほど人間を疑った期間はない。勿論、私自身も疑わしき人間であることに違いはないが、一時の感情だけで誰かの服を摘んだ覚えはない。少なくとも服を着ている人間には……。


嫌悪感、厭世、憂鬱。
不健全なものばかりが一年を通じて育ち(育ての親は何と自分!)、地獄もそう遠くはないなとどこか他人事のようにも思える。…………他人の人生に起こっていれば良いのによ!!!


ずっと夢見ていたのは「普通」。だけどそんな物はないと確信したのが十九歳。あの時、私はきっと〝普通〟の青年だった。来月には二十六歳になる。もう七年が過ぎた。七年もの間、追いかけては苦悩した気がする。何を追いかけたかは定かではなく、ついに追いつくことはなかった。それはこれからだって。夢を見ていた最後の瞬間は儚い。


人の目を覗き込んだくせに、人の言葉に耳を傾けたくせに。顔面に蹴りを入れたい奴らのために愛想笑いしたり、時間を費やさなきゃならない。惨め、何かの間違いであって欲しいと願わずにいられないほどに惨めな気分。そんな中、生きなきゃならないのならどこに向かえばいいのだろう?何から始めたらいいのだろう?




またいつの日か。







        \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ12歳
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って、
   |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べ、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寝起き。
最近はこの時間に起きる早寝早起き体質だ。
振れ幅が大きいのは毎度の事で、「丁度良い」ってのはこの生活に無いようだ。


いい加減、一時の関心で接するのは止めて欲しい。
一時の関心は時に無関心よりも人を傷つけるって知らないのかな。
……知るわけないか、そうやって過ごしてるもんね。


時間つぶしの為なら他に方法はいくらでもあるし、代わりの人間だってたくさんいる。
悪運の強さか、皮肉か、何故か代わりのいる、代用の利く一時の関わりに組み込まれる。
結果はいつだって同じ。


一人で生きていきたいってのは間違いではないのに、とてつもなく難しい。
人は絶対に裏切る、私も含めて。
嘘つきばかり。


せめて規則正しい睡眠をとっている時ぐらい良い夢や、良い目覚めを見させてくれないものか。
このままじゃ違うことに目覚めそうだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。