常陸杯MCバトル

ガッティ and daida2010 presents.
2014.11.1「第二回 常陸杯MCバトル」開催!
その他概要は右側の「プロフィール」欄に!


テーマ:
久しぶりというかどれくらいぶりか、ここのblogを書きます。

常陸杯無冠編最終章がいよいよ来週日曜日になりました。

無冠編をスタートして今回が3回目。過去2回は県外勢に優勝をとられてます。



毎回エントリーしてくれるMCや1回負けて諦めたMC、他のバトルで優勝して出れなくなったMC、色々な人がいると思います。

無冠編をやる意味なんてそんなになくてね、ただ優勝するって気持ち良いって事を体感させてあげたいんだ。

お金だって貰えるしね。



過去に「無冠編ってくくりが嫌いなんで出ないっす、無冠編って名前を変えるなら出ます」みたいに言われた事がある。


そんなくだらねー事言ってっから優勝できないんだと思うし優勝した事もないのに無駄にプライドだけ高い子はこっちから願い下げでございます。


エントリーしてきた人は「とにかく優勝したくて仕方ないヤツ」ばっかだと嬉しいね。


とにかく無冠編最終章。今回が終わればしばらくは無冠編としてはやらないと思いますので。


是非、優勝を狙いにきてくれ。

liveはGOCCIにBOBOで水戸縛り。


良い1日になるよう努力します。


ではさようなら。ガッティ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々のブログ更新となってしまいましたが、タイトルの通り、無冠編の最終章を6月4日に開催します。

もはやお馴染みと言ってもいい、水戸 CLUB MURZが会場です。

 

しかし、実際の話として、少しエントリーが寂しい状況となっています。エントリー総数でから見ると、既に32は上回る人数が来ていますが、ある程度キャリアのあるMCからのエントリーがどうか、中でも県内でキャリアの有るMCからのエントリーは?と見ていくと、少し寂しい状況です。

もちろん、高校生や「ラップ始めたばかりだけど、俺は負けねえっす」みたいな血気盛んな若者のエントリーも嬉しいところではありますが。

やっぱりね、今回ガッティが「無冠はこれで最終で」という方向を打ち出して(もちろん俺も賛同して)、「常陸杯MCバトル 無冠編」という形式は最終回なわけです。であれば、もっと「お、こいつがエントリー来たか」「あ、あいつも来たのね」と思うような人からのエントリーも、もっと欲しいというのが本音です。

 

少し話が飛びますが、前にも書いた通り、この「常陸杯MCバトル」というイベントは、元々、俺がガッティの自宅にまで押しかけて「何とか茨城でまた、茨城ローカルの色を出したMCバトルのイベントやりたい。」と直訴して誘ったところから始まってます。

で、更に言うと、何で俺がそう思うに至ったか。これも前にも書きましたが今のCLUB MURZの前身、CLUB arkだった時代に、めちゃめちゃローカル色の強いMCバトルのイベントが「MTC MC battle」という名前で開催されていました。そこからの影響というのが大きいんですね。そのイベントはsekintさんが主催で、twitterやfacebookなんてロクに普及してなくて、情報のやり取りがmixiだった時代、当然「高校生ラップ選手権」なんて影も形も無い時代、そういうご時世だったこともあって、正直そんなに満員のオーディエンスで溢れるイベントではなかった。けれど、GOCCIさんが司会をしていて、今やテレビにも映る存在にまでなった前回のゲストである崇勲くんも出ていたし、後にUMB水戸予選を制するMC磯友も、KANDYTOWNのMC菊丸も、地元のヒーロー WOODSMANも、錚々たる面々が出ていました。「2 on 2」なんて形式でやってみれば、ガッティとKTSROが「チーム無限軌道」でブッチギリのダントツ優勝カマして「これ、あんまり二人が強すぎるから、二人でやるしか無いんじゃないの!?」なんてGOCCIさんの無茶振りから始まった、二人のメチャクチャ熱いバトルがあったり(あのときの映像とか誰か残してないかな。メチャクチャ熱いバトルだったことは良く覚えてる)。そんなこんなで、満員にはならなくても、他のどこに行っても味わえない水戸ならではの熱さがあるバトルイベントで、それがしばらく途切れちゃったことで「このままになっちゃうのは勿体ない」と思って、全くイベントの運営側の経験もなければ、ラップもDJも出来ない俺がガッティに「一緒にやってくれないか」と気持ちだけで直訴した、というところに至るわけです。

 

少し話が遠回りしましたが、何を言いたいかというと、遡ればそんな流れも汲む水戸 CLUB MURZでの「常陸杯MCバトル 無冠編」の、それも最終回に、エントリーリストを見たときに「お、こいつが出てきたか」と反応されるようなキャリアがあり、それでいてなおかつバトル優勝経験は無いという地元のMCには、やはりもっと出てほしいということです。

過去二回の「無冠編」、優勝はどちらもMAFTYにDARKという、いずれも福島勢、この流れで来ての、この「無冠編 最終章」、「我こそは」というMCが、本当はもっと居るはずだと思います。結果として「最終章も県外勢でした」は別に悪くないと思いますが、「なんか県内勢は最近始めた若い子がほとんどだったね」という環境下で県外勢が掻っ攫っていくのは正直もったいないと思います。

 

過去を遡れば、ガッティも、KTSROも、KNICも、WOODSMANも挑んできた流れを汲むバトルの、「無冠編」というカテゴリーでの最終回です。しっかりキャリアのあるMCも若い子に混じって挑みに来る価値のある看板だと思います。

そして血気盛んな若手MC達も、どうせ優勝するならそんなキャリアの有るMC達をも蹴散らした上で取る優勝のほうが尚更気持ちいいでしょうし。

奇しくも今回はゲストliveも地元のレジェンド、GOCCIさん。「GOCCIさんの目の前で俺が最後の無冠編の優勝、持っていってやるよ」というMCの挑戦、まだまだお待ちしてます。

まあ、もっとも既にエントリー人数が32人は越えているので、現時点でも既に楽しめそうな流れは出来ているんで、ちょっと贅沢なことを言ってるって話にもなるんですがね。やっぱり「最終章」と銘打つからには「普通に楽しかった」どまりではなく、「いや、さすが最終章、ハンパじゃなかったわ」って感じにしていきたいと思ってますんで。

 

そして、GOCCIさんの他にも、前回優勝者のDARKのliveや、バトルビートやDJプレイ、今回も見どころたくさんなので、見に行こうかどうか迷っている人や、はたまたこのブログ記事を目にしてイベント自体を初めて知ったという人も、気軽に遊びに来て損無く遊べるイベントですので、是非。お待ちしております。

 

バトルエントリーのメールは hitachihai2013@gmail.com まで。

エントリー要項は下記画像の通り。

次回は、過去の常陸杯での名勝負や、印象に残ったバトルなどについても触れて書いてみようかと思います。

 

それでは、また。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日もまた、おかげ様で凄く良い雰囲気の中で行うことが出来ました。「無冠編」というのは初めての試みでしたが、本当にやってみて良かったと思います。ありがとうございます。

翌日の今日でまた興奮冷めやらぬという感じで、まとまったことも書けませんが、140字のTwitterでは書ききれないながら、一つだけ今のうちに書いておきたいことがありまして。

タイトルにも書いたように、優勝はMAFTY。来ていた人はラップの中で何度も触れられていたのを聞いて覚えていると思いますが、レペゼン福島県・郡山。ガッティもTwitterで書いてましたけど「常陸杯」って括りで見ると、「第二回」のGILくん、「外伝」がまたしてもGILくん、そして今回のMAFTYと、三回連続で福島・郡山が取っていますね。強い!

で、何を書いておきたかったかというと、最初のほうから来てた人なら見ててわかると思いますが、MAFTY、実は当日予選ではMC朱雀に負けています。結果だけ見ると。
でも、「本戦一回戦を始めるのに二つ枠が空いている。さて誰を負けたMCの中から抜擢しようか。」ってなったときに、俺もガッティもMAFTYはかなり早い段階で名前が上がった。つまり、「俺とガッティ、見る目あるー!!」とかそういうことが言いたいがために書いてるわけでは勿論なくて。笑

今回は全員が当日予選参加で、それまでは非本戦スタート組と、それぞれ形は違えど、第一回から何らかの形では必ず行っている、この「当日予選からの抜擢」っていう形式。これがなかなかそのMCの活躍に繋がらず、俺とガッティの中ではちょっと勿体無いことになっちゃってるなーと少し悩みと言えば悩みでした。なので、今回、MAFTYがあれだけカマして優勝まで行ってくれて、半ば「我が意を得たり」感もあるというか、とにかく良かったなと思います。

だって考えてみれば、お客さんが入った本番のバトルを始める時点で意図的に空けてる枠があるってのは、勝敗を競うものとしての「競技性」っていう面を下げてることでもある。また、こないだの「外伝」なんて一般エントリーでも錚々たる面々から続々エントリーが来てたから、そこから厳選して「この人なら間違いない」っていう人をバシッと32人揃えて迎えたほうが「エンタテインメント性」はより増すはず。でも、この「常陸杯」は全国予選をやってグランドチャンピオンを決めるような大会でもなければ、「一に集客、二に集客、三・四がなくて五に集客」ってほどガチガチに集客数至上主義路線でもないんで、それよりも「出たい人には出来る限りのチャンスを」「何が起こるかわからない、即興のバトルならではの意外性」という大きく二つの理由で当日予選実施スタイルを取ってきました。

そうした意味で余計にMAFTYの優勝は嬉しかったです。あと、当日予選のときの結果だけ見ると負けながら本戦抜擢のBraSTAもベスト8まで上がってきていて、これまた内容含め良かったです。

あと、BOBOくんなんかがTwitterでそれとなく触れているけれど、今回はオーディエンスジャッジの中での「身内判定」みたいな部分がそれとなくあったらしいです。「らしい」と書いたのは、案外、こういう部分はステージの上から見てるよりも、フロアで体感してるほうがハッキリわかるものだからです。ただ、これはBOBOくんだけではなく、うちの弟も言っていたので、具体的に誰のバトルがどうのとかはともかく、おそらく大なり小なりあった話なんでしょう。
「身内判定で勝たせても面白くないでしょ?」という当たり前の話は当然ながら、それよりも強調したいのが、やはりここでもMAFTYが優勝という、その意味。「韻がどうの」「flowがどうの」みたいな判定基準の話にも繋がる部分だけど、本当にヤバいMCってのはそういうものすら超越して勝っていっちゃうってことだと思うし、仮に昨日、本当にけっこうな「ホームタウンデシジョン」ムードなんだったとしたら、それでも優勝したのが他県から来てたMAFTYだったって、よりドラマ性が際立つとは言えるわけで。

と、そんなこんなの二重三重の意味で改めて優勝MAFTY、おめでとうございました!

それと、昨日、DJ MASARUが「止マッテタマッカ DL remix」をかけたところからの思わぬ幸福な一コマがこちら↓。
最後のほうまで残ってた人たちだからこそ味わえた空間でしたね。
ちなみに、バトルの当日予選組抜擢について、前回の「外伝」まで踏まえて「なるべく勝った人を上げる形のほうがいいんじゃないか」とアドバイスをくれたのも、GOCCIさんでした。



それでは、また。また改めて、その他のこともまとめて書こうと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。