ひすいこたろうのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

大学生のころ、僕はひとみしりで、赤面症で、

そもそも誰かと目と目を合わせること、

視線を合わせて話すことすら難しかった。


だから、社会人としてやっていく自信がなかった。


そんなときに、友達が教えてくれた。


「俺の紹介だと、面接なしで、入れてくれる会社があるけど行く?」



面接なしでも入れてくれる?

行くに決まってるじゃないか!



そして、社長に会うと、ほんとうに会うなり「うちに来るかね?」と言われた。

「はい」

僕は何をしている会社か知らないままそこに入社した。



200名ほどのその会社。

社長が新規事業として、社長直属の通販部をつくり、新人を募集していたのです。


入社したあとにわかったことですが

僕の仕事は営業でした。


一番やれる自信のない仕事だった。


まず、上司の営業に同行した。

僕は、スーツのポケットにそのまま名刺を放り込んであり、

名刺交換のとき、おもむろにポケットから名刺をとりだして交換した。

受け取った名刺はそのままポケットに入れた。


営業を終え、相手先の会社を出るなり

上司が僕を怒鳴りつけた。


「お前、名刺ケースないのか?」


「は、はい」


「ふざけんな!!! いまから10分以内でダッシュで名刺ケース買ってこい!」


どこの街だったか、もう覚えてないのですが

僕はその街を全力で走りまわり

名刺ケースを探しまわった。

15分くらい走ったでしょうか。

1000円くらいの名刺ケースを見つけて

買ったことを覚えています。


当時は、会社に電話が鳴るたびにビクビクしてました。

誰か、電話に出てくれーーって思ってました。

敬語がうまく話せなかったからです。


そんな僕が営業していると、目の前で、寝てしまうお客さんもいました。

ショックでした。


寝てしまったお客さんを前に、

このまま説明した方がいいのか、

説明をやめていいのか悩みました。

でも、そのときふと思いました。


俺は、いま、世界で一番小さなことで悩んでいる……


もう、営業ムリだ。


会わずに売る方法を見つけるしかない……


そんなある日

ある通販会社を営業していたときに、

「うちのカタログは1Pで最低500万円が売上目標だ」と教えてもらいました。

「1Pで500万円も売るんですか?」と僕が驚いていると、

それはあくまで最低目標で、2000万円、3000万円売るページもざらにあると言われました。



A4の片面スペースだけで

文字で、2000万円、3000万円売るんです。


僕は、「ここにかけよう!」と思いました。

文字で伝える。

ならば会わずに売れる。


僕はその通販カタログをとりよせ、ひたすら書き写していったのです。

写経ですね。

3ヶ月間、とにかく書いて書いて書きまくりました。




すると、伝えるってこういうことかと徐々に見えてきたのです。



そして今まで名刺交換した企業に

写経で学んだことをもとに商品広告を作りFAXして行ったのです。

その際に、「ひすいコラム」というのをつくり

映画を見た感想や、本のなかで出会った名言などを書きくわえました。



すると、徐々に

先方さんから連絡がくるようになり、

そこから1年で、僕はNO1営業マンになることができたのです。



通販カタログを死ぬ気で書き写したことが

すべてのきっかっけになりました。



このことを、最近、講演会で話したら、

参加者の方に、

「よく写経しようなんて思いましね? 僕ならその前に会社を辞めてます」と言われました。



うん。当時、なんで僕は辞めなかったのだろうか?


そう思ったとき、

答えはすぐに出ました。



僕は社長が好きだったんです。



社長は、何もできない僕を「あんた、うちに来るかね?」とすぐに採用してくれた。

そのときの社長の笑顔を僕はいまだに覚えてます。



社長直属の部署だったこともあり、

入社後も、夜はしょっちゅう回転寿司に連れて行ってくれました。

そこのお寿司はすごくおいしくて、

特に、えんがわが僕の好みで、えんがわだけで8皿くらい食べてました。


そのお寿司屋で、社長はいろんな話をしてくれました。

ものの見方がユニークで、僕にはいちいち新鮮で

社長の話をメモしながら聞いていました。


僕も社長のようなものの見方ができる人になりたいって思いました。



いつかは、営業ができるようになって

社長を喜ばせたいって

思っていたんです。


僕は社長が好きだったからです。



━━━━━━━━━━━━━━━━THE 名言



「良い会社か悪い会社の違いは売上高でも社員数でもない。

社員が社長をどれだけ好きなのか、だ」byきつかわゆきお

















































いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

テーマ:

いま、時代は、

「頭」の時代から「心」の時代に移ったようです。


頭の時代とは、「こうすると得だ」と思う方へ動くこと。

頭で動く時間は、「過去」の時間ともいえます。

これをやると、こうなるだろうからと、先が見えてることをやるわけだから。


一方、

「心」で感じた方へ動こうとすると、

先が見えない。お先まっくらです。

当然です。やったことがないんですから!


でも、先が見えないということは、

未来の時間に突入しているわけです。


心が、なんとなくやってみたいと思うところへ飛び込んでみることです。


キーワードは、

なんとなく

です。それが心で動くということです。



なんとなく、の先に未来があります。



━━━━━━━━━━━━━━━━THE 名言


「晴れた日には、知識も情報も経験もないところに立ってみる」byきつかわゆきお






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ねえ、ねえ不思議じゃない?


月と太陽が両方とも一緒に視野にはいる時間帯ってあるんだけど、

それってすごく不思議じゃない?


だって、だって、

地球から月までの距離は38万kmあるから

僕らが見てる月は1.3秒前の月を見てるんだ。

光が地球に届くのに1.3秒かかるから。


太陽だって距離があるから、

僕らが見てる太陽は8分16秒前の太陽。



つまり、

月と太陽が両方とも一緒に視野にはいっているとき、

月は1.3秒前の過去だし、太陽は8分16秒前の過去なんだ。


いま、目の前に、1.3秒前の過去もあるし、8分16秒前の過去もある。

100万光年離れた星を観察すれば、100万前の過去もある。


目の前にすべての過去があるということです!




ねえ、ねえ不思議じゃない?


地球は太陽のまわりを1秒間で、なんと30kmも進んでるんだ。


はい。1秒。

この1秒で、僕らはもう30kmもさっきの場所から離れている。


東京・大手町から直線で30km圏というと、

横浜本牧-町田-立川-所沢-北大宮-岩槻-野田-柏-千葉幕張あたりを結ぶ円弧の範囲になる。

1秒でそこまで行くハイスピードで僕らは動いてるのです。

この瞬間に!


地球は自転しながら、さらに公転して太陽をまわり

さらに太陽系は銀河系を秒速220キロほどのスピードで回っている。

まさに地球はF1レース以上のハイパージェットコースター状態なのに、

高校の授業中、あんだけ居眠りできたのは、なんで?




そもそも、

僕がいて、あなたがいるのはなんで?



そもそも、僕は、誰だ?


そもそも、あなたは、誰だ?




━━━━━━━━━━━━━━━━THE 名言



「人間の最初に衰えていく機能は、不思議さを感じる心」byきつかわゆきお

























いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)