2005年05月01日

ビルバオの歴史(未完成)

テーマ:historias

[われわれの起源]
このアスレティック・クラブの起源は、町の歴史に深く根付いています。クラブが出来たのは、19世紀の終わり。イギリスと、ビルバオのあるビスカイアとの経済と文化の交流が盛んだった頃です。イギリスの国旗をあげた船がビスカイアに、石炭やイギリスの先端技術を運んできて、ビスカイアの産業の誕生に貢献しました。ビルバオの豊かな鉄鉱石の資源に助けられ、これらのイギリス船が文化の交流を起こしました。そして、当時増えていたバスク人の中流階級の子供たちは、同じ船に乗ってイギリスの名門大学に留学し、工業技術などを学んだのです。

前述の交流が、当時まで伝統的な先住民のスポーツが賑わっていた社会で、イギリス人の新しいスポーツ、サッカーの伝播を可能にしました。バスクの伝統スポーツの漕艇、ハイアライ、丸太割り、石の持ち上げは強力な競争相手の出現を知りました。魔法にかかったように、バスクの若いスポーツマンは魅了され、不思議なゲームの練習を始めました―半ズボンをはいた2つの11人ずつのグループが革のボールで追いかけ始めたのです。船の乗組員が練習するのを見てから、サッカーは彼らの心に炎を燈し続けているのです。

それらの出来事はものすごいスピードで起きました。ビルバオフットボールクラブという名前がつけられ、街にはじめてサッカーチームが生まれました。このチームは試合をLAMIAKO(ビルバオ内の地名)の高炉前で試合を行っていました。新しいスポーツは不可避的に発展し続け、有名なZamacoisジム(最終的には試合の契約が行われるホールになる)の若者のあいだでも支持者をふやしていき、1889年にバスク地方で初のサッカーチームとなるアスレチッククラブの創立が促進されていくのです。


1910年から1936年まで

20世紀の20年代はクラブの未来において非常に重要でした。サッカーファンは次第に増加し、ファンは日ごとに増えていきました。アレハンドロ ソタが統括する理事会は前へと進む道をとして、グランヴィアの延長の土地をサッカー場”サン・マメス”の収容施設と一緒に買うとこを決心をしました。その土地はノヴィア・サルセド家の相続人のもので、取引にかかる費用は合計で89000ペセタスにものぼり、当時かなりの額でした。

その計画のために精選された建築家はマヌエル・スミスでした。その作業は1913年1月20日に始められました。新しいサン・マメスのサッカー場は3500座席を保有し、こけら落としはレジェスアルフォンソ13世やM・クリスティーナさえも赴く国民的な行事となりました。こけら落としを行うためにそのサッカー場は三角形を形作り、レーサーのイルンとイギリス人のシェファーズ・ブッシュを招待しました。サン・マメスの最初のボールはズアソを感じさせ、最初のゴールを落とし入れるという名誉を達成したのはラファエル・モレノ・アランサディ”ピチッチ”でした。この1913年8月21日、マヌエル デ オルツサール司祭の祝別式とともに、サン・マメススタジアムは落成式を迎えました。

バーンズ氏は、契約とともに、練習法に革命をもたらしました。この革命は、フィールド上の結果にも現れ、ビルバオはほとんど無敗でした。タイトルを取り続け、1916年には、決勝でレアル・マドリーに勝って、3年連続でのコパ優勝、トロフィーを持ち帰りました。この勝利の後、ビルバオの町じゅうの人々が、戻ってきたチームを迎えに、通りに乗り出しました。

このタイトル後、第一次世界大戦が原因でSheperd氏が離れるという悪い時期をチームは過ごします。1921年まで国王杯決勝のレベルに達しませんでした。そして対アトレティコマドリード戦が、ピチーチがアスレチックの選手として最後の試合になりました。その後すぐに、チフスにより亡くなり、全てサッカー界の伝説となりました。現在、リーガの得点王を保障するトロフィーの名前となってます((-∧-;) ナムナム)

名声のある監督Pentland氏の到着がビルバオのチームの基礎となった。練習する日を固定したり、アスレチックの選手がプレーによりお金を得るようになりました。Vidalは、ロヒブランコ(アスレティックのチームカラー、赤白の縦じま)チームのキーパであり、クラブに所属することで給料を得た選手です。

アスレティックのサポーターは日に日に増加していくことで、San Mamesスタジアムは再建築されることになり、さらに、役員会で住所も変更される事になった。例え、壊されたとしても、カテドラルは神聖なもので、ロヒブランコクラブのしるしでありつづけた。

1928年から29年のシーズンには、スペインでのサッカー情勢に大きな変化が起きました。10チームによるプリメラ・リーガが創立され、当然アスレティックもこの10チームのうちの一つでした。バルセロナが優勝しましたが、大会で最も多くゴールを決めたチームはアスレティックでした。2シーズン目に向けて、アスレティックはゴロスティサとイララゴリと契約します。すでにいたラフエンテ、チリ、ウナムーノと合わせて、アスレティックの伝説に残るFW陣を作り上げました。そしてアスレティックは、負けを知らずにタイトルを獲得します。リーガ優勝の他にも、コパの決勝でレアル・マドリッドに勝ち、2冠を達成した最初のチームになりました。この時期は、アスレティックにとって成功に満ちた物でした。ゴールを量産してはファンを騒がせ続け、バルセロナ相手に12-1と歴史上最も大差が付いた勝利も経験しました。1935年の夏はアスレティックにとって重要な節目となります。2ヶ月にわたる、シーズン前の南アメリカツアーを実行したのです。このツアーのために、アメリカ大陸でもアスレティックの名は知られるようになりました。このシーズンでは、リーガの優勝争いの相手、レアル・マドリッドと、最後から2試合目に引き分けました。この試合と、最終節のオサスナ戦に勝つことで、アスレティックがタイトルを獲得しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月03日

エスパニョールの歴史

テーマ:historias
[大学生によって設立]
1900年には、私たちの町ではサッカーはほとんど無名でした。当時バルセロナ大学の学生で、注意深くこのスポーツのイギリスでの進歩を見守っていたアンヘル・ロドリゲスは、バルセロナでチームを作る事を他の生徒たちに提案しました。
こうして、10月28日にla Sociedad Española de Footballが誕生した。設立者であるアンヘル ロドリゲスが会長を務め、選手全員がカタルーニャ州出身、または他の州からの出身者であるがバルセロナの住人であり、また当時はバルセロナに住んでいる外人が大多数のクラブを構成していたため、エスパニョールと言う名前で識別をするという特徴があった。

[黄色はそのクラブにおける独自の色だったのです。]
それは主要な会員達がソシエダエスパニョールに彼等が仕立てたユニフォームを贈ったという単純な理由からでした。
より前進しようと、ソシエダエスパニョールはサンタナ体育館と合併しました。
合併の成果は上のユニは白で、パンツは青という、
そのクラブに新しいユニフォームカラーを生みました。
1909年、そのチームがディポルティボと命名された後、現在の青白の色が光り輝き、
監督のロヘール・ジュリアを据えました。

[カタルーニャにおけるパイオニア的団体]
スペイン国内での歴史的な初タイトルは1903年のMacaya杯である。1902年の5月にスペイン国内初の大会に参加し、歴史的名称をえた。
1912年にはアルフォンス13世陛下より(王公認の意味を表す)REALの称号と、今日あるようにチームの盾に王冠を授かる。これにより、Real Club Deportivo Español.となる。


[コパの3つのタイトル:1929,1940,2000年]
1929年に国内トップの選手権としてリーガが開幕した時、エスパニョールは創立メンバーの一つで、最初のゴールを挙げました。同じ年に、そして1940年に、エスパニョールはコパ・デル・レイに優勝しました。2000年5月27日の3つ目のコパ優勝は、60年ぶりのタイトルと言うだけでなく、クラブ創立100周年という大きな節目と重ねる事が出来ました。
国際レベルでは、88年のUEFA杯準優勝で、知名度をより高くしました。


「100年の歴史」
1900年にカタルーニャ人の大学のグループにより生まれたバルセロナのレアルディポルティボはスペインとカタルーニャの最も古いサッカーチームの一つです。
彼等の100周年の祝賀会を迎えた、リーガのよりよい歴史を築いたこの組織は絶え間ない成長と影響力を持ち、精力的で近代的なクラブなのです。


[有名な選手たち]
その長い歴史の中で、このクラブは何人ものスペイン代表選手を育ててきました。その中でも際立つのは、世界に知られた伝説的なゴールキーパー、リカルド・サモラです。

[スタジアム:デ・サリアからオリンピコへ]
現在のレアル・クラブ・デポルティーボ・エスパニョールは、サグラダ・ファミリアの遊歩道で試合を始めました。
バルセロナのリカルド・サモラ広場にある、エスタディオ・デ・サリアはカン・ラビア、ボンボネーラなどの愛称で知られ、1923年から1997年まで、このカタロニアのチームの本拠地でした。
エスパニョールは、1997年に移転する事で、1992年のオリンピックの間のバルセロナのシンボル、エスタディオ・オリンピコの歴史の新たなページを開きました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。