歴史家とっきぃの 振り返れば未来

歴史家とっきぃのブログです。

歴史、日本のカルチャー、勉強法、生徒物語などを随時、更新していきます。


テーマ:

こんにちは。
歴史家とっきぃです。

ワタミやユニクロなどのブラック企業ではもはや当たり前となったうつ病罹患に過労自殺。

また、当局の立ち入りが何度となくあってもどこ吹く風で「やりがい詐欺」を止めない東横インとか、
近頃やっと陽の光に晒された新教育産業(進学塾・個別指導塾等)のコマ時給・・・。

こうした労働問題も今やすっかり「透明化」してしまい、”世の中そういうもんだ”という世間認識です。
なればこそ、

自分で自分を守る時代なんです。

21世紀日本では、「会社に守ってもらおう」なんて20世紀型モラルで考えていると、あっという間に足元をすくわれます。前世紀末に始まったリストラ時代が世の中を変えました。
松下電器とか出光興産が社員一体で戦後の困難を乗り切った経験値は、後続企業に共有されることなく雲散霧消したようです。人件費圧縮の名の元に働く人受難の時代になりました。人間の多くは普通の人です。一部天才ではなく普通の人は経験を積み重ねることで戦力となります。そして安定することで精神の均衡を保つのです。夜討ち朝駆けなどの「モーレツ」も安定というしっかりした基盤が担保していたのです。その基本を忘れて社員を費用と考えたのですから、発想そのものがおかしいのです。ニッケイ新聞で記事になっていたからとか、同業はどこの会社でもやっているからというのは、経営責任の放棄にしか見えません。単純に腹が据わっていないだけなのかもしれません。教育不振はこういうところにも影響が出ています。

他方、募集をかけても人がなかなか集まらない企業も数多あります。求人募集をかけている会社は、何か問題があるから人が足りなくて補充を募っているわけであって、ホワイト企業ならそもそも募集をしません。居心地がいいから社員が定着するんです、優良企業は。

ですので、求人募集に応じるときにはそれ相応に、心に城塞を築いておかねばなりません。油断をしたらすぐ付け込んで、真面目な人ほど誠意を食い荒らされます。

雇う方も雇う方で、会社側として問題のある社員をなんとか追い出したいという切実な悩みがあります。

仕事は出来るけれども人格的に問題があって他のまっとうな社員を退職に追い込むトラブル社員とか、
なんの戦力にもならないだめ社員とか、理由は星の数ほどあります。

中小企業にとって苦しいのは、問題あるにもかかわらずその当該人物がいないと仕事がまわらないことです。
知らず識らずの間にその要注意人物に依存してしまい、気がついたら部門そのものを乗っ取られているケースです。

社内謀略です。
まったくマキアヴェッリの『君主論』の世界ですね。

こうした事例は歴史を学べばいっぱい学べます。
ですから「暗記モノだったから・・・」と歴史を知らない、学ぼうともしない経営陣に問題があると思います。
そういう経営者に限って、きらびやかな肩書のコンサルタントに儲けをかっさらわれてしまいます。
ライフ生命の出口治明CEOとか、日本マクドナルド創始者の故・藤田田など一流の経営者はちゃんと歴史を学んでいます。
ご父兄の土木系社長さんによく伺ったのが、勉強なんてしなくても経営は出来るとか、取引先を接待で呑ませれば経営なんて誰でもできるといった意見です。経験値に根ざしているので否定はできませんが、一寸先は闇です。呑ませて抱かせてを超えるライバル会社が出てきたらどうするのでしょう。ちょっと心配になりました。

人間心理は微妙です。
江戸時代、どうして江戸町奉行は南北と二箇所あったのか、どうして徳川時代は平和だったのか、そこには大変な神経戦が織り込まれています。

人間は善も悪をも為しうる。ほっとけば必ず悪に走る。

これが徳川政権の基本テーゼです。だから「10両盗めば獄門」になるとかあえて厳しい法令をこしらえました。そういうレッドラインを敷いてから、善行を促すのです。親孝行の子供を表彰するとか、女性教育に力を入れる、役人に地方ドサ周りをやらせる、出版事業を奨励するなどです。そうやって悪を為さないように性悪説で予防線を張る。しかるのちに性善説を張る。統治とは何かがよくわかりますね。同じ人間でですから現代人にできないはずはありません。特に少年法関係、喫緊の課題です。

戦後の経営者は江戸時代の幕閣ほどには知恵が回りませんから、自分にとって都合の悪い分子を排除するために、いろいろとアウトソーシングします。

そこにビジネスチャンスを見つけたのが社労士の
木全美千男(きまたみちお)氏です。
ブログで「社員をうつ病に罹患させ退職に追い込む方法」という記事を書いて、近ごろ炎上しましたね。

木全社労士のノウハウにはベースがあります。
ポイントは「罪悪感」の植え付けです。
「いじめの政治学」でいう「孤独化」と「無力化」です。このノウハウでは、ローマカトリック教会がマニュアル化して以来、キリスト教がもう2000年近い実績を残しています。

木全社労士の方法を簡単に述べますね。
まず、会社で罰則事項を定め、違反したら反省文を書かせることを業務に加えます。
対象社員は反省する気は毛頭ないので軽くみています。

ところが紙に書くというのは脳に情報を刻みこむ最有力の方法なんです。

ですので、対象社員の潜在意識に、知らぬ間に罪悪感は養われていくわけです。それほど長くないうちに、みるみるうちに表情が変わっていきます。

頃合いを見て減俸なり降格なりの処分を撃ち込んで、対象社員はチェックメイト(完落ち)です。
一番いいのは休職にして休職満了で自動退社です。

その際のポイントは一連の因果関係を否定する証拠をあらかじめ企業側でこしらえることです。

木全社労士のブログに拠れば、これで(仮にうつ自殺されても)労基法や労働者派遣法を封じ込められるそうです。

いじめの政治学を逆手に取った。巧妙な戦術です。
木全社労士は炎上以後、ブログを閉鎖しているようですが、それはともかく重要なことは、うつ自殺に社員を追い込む軍師がついに企業側に出てきたということ

タバコを吸うとか、遅刻をするとかで自殺まで追い込まれたらたまらないですね。しかし、これだけならストレス満載の一般世論も納得するかもしれません。遅刻するほうが悪いと・・・。

ところがこういうノウハウがあるのです。それだけですむハズがありません。
専務派と常務派の派閥争いとか、お局さまが可愛い新入女子社員をイビリ殺すとか、需要はいくらでもあります。

みんな仲良くとか、「ウチは家族主義だから・・・」とか言う企業こそ要注意です。こういう会社に限って闇は深いですから。


ちなみに地方にいくほどブラックの度合いは強いです。
それだけ経済が疲弊しているからです。もちろんそれだけが要因ではなく、昔も今も村落共同体ではとにかく人間を酷使します。日本は人力で産業を育成してきたからです。
同じ社会階級内部での階層は無制限に分かれていくんです。これを「階級細分化の法則」といいます。

それでも昔は、狭い環境で人間関係を維持するための努力はなされてきました。
明治以降、そこへ欧米流経営思想がはいってきます。家畜を使いこなした欧州とは背景が違いますから、人件費という発想が入った途端に従業員は家畜と等閑視されます。


社員への支給なり厚生なりは費用ではなく投資のはずです
今一度、いまいちど日本は考えなおすべきです。
舶来のすべてが素晴らしいわけではありません。
かつての日本は取り入れていいもの(漢字など)と悪いもの(纏足、人食など)を区別していました。

後継者(子供)に英語留学(会社の経費)などでハクをつける暇があったら、本を読ませるべきだと思います。むしろ本代に経費をつかってもいいかと個人的にも思います。

社員あっての社長ではないでしょうか。
人手不足倒産を余儀なくされて、使われる立場になって初めて気がついても遅いです。最期まで会社を支えて、その結果として路頭に迷わせてしまった勤労社員たちに顔向けできるのでしょうか。

日本人経営者諸兄、最低でも『君主論』を読み砕く歴史力を身につけましょうね。「学校で習わなかったから」というのは、言い訳にすらなりませんので念のため。
ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「社会 未来」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。
歴史家とっきぃです。

時代の変わり目が具体的になってきました。
グローバル・スタンダードとか、
インターナショナルなんて言葉はもはや
すっかり色あせています。一部の方々を除いては。

今年になって顕在化しましたね。
国家とは何か、身を守るとはどういうことなのか
語られ始めました。


自国民を守るのは国家の第一存在意義です。
それにもかかわらず、ドイツのメルケル首相は移民受け入れ政策を堅持しています。自国民の女性が性的暴行にさらされても弱者保護の理念とやらで、危険なムスリム移民はEU内で放置されています。ま、ナチスへの反動なのでしょう。

ですが、こういうのは受け入れたが最後、梃子でも動かないのが難民なんです。
後期ローマ帝国はゲルマン人移民団を受け入れましたが結局は国自体を侵食されてしまいました。拙ブログではもう何度も記事に採り上げていますね。


自分の身は自分で守る。降りかかる火の粉は払わねばならぬ。当たり前のことです。今は外務省が対応していますが、そのうち官邸や防衛省も動くと思われます。動かなかったらむしろ問題です
自民党の親中派筆頭、二階幹事長は安倍総裁続投を支持しています。ですから、その見返りとして尖閣問題を見て見ぬふりをするという(カンチョクトなみの)売国行為を
安倍さんがはたらく選択肢も考えられます。
ただし、そういう選択肢は安倍さん自身の破滅を呼ぶので、安倍総理は最高責任者としてまともな対応をするはずと、とっきぃは信じています。

尖閣諸島では、中国の自称漁船が大挙到来しています。スプラトリー諸島と同様に既得権化を狙っています。
また、現沖縄県知事は親中派ですから、沖縄県自体が中国の属国体制に入っているとみなしてもいいかもしれません。沖縄は昔から厳然とした階級社会です。昔なら首里貴族、現代なら琉大卒の県庁職員を頂点としたピラミッド型の社会構造ができています。末端のシングルマザー、子供の学力、失業率その他、大変な貧困に喘いでいます。ところが上層部はどこ吹く風で基地問題で神学問答をやっています。
これはもう、朝貢国の時期が長すぎた後遺症です。李氏朝鮮と一緒です。世界史を学んだ人ならわかるはずです。
琉球王国の大交易時代(15世紀)は、宗主国の大明国に褒められて無邪気に喜んでいます。「万国津梁の鐘」を鳴らすとか、理念だけは立派ですが所詮は上だけが潤うシステムなんです。朝貢貿易は大明国皇帝からの返礼である回賜(かいし)が半端ないんです。それだけで貴族は食べていけるので住民統治に関心がない。むしろ反乱防止のために刀狩りをおこない、地割制度いって数年ごとに耕地と農民を入れ替えるんです。結果として勤労意欲が失せて土地はますます痩せていくという悪循環でした。
改善したのは明治時代になって、元米沢藩主の上杉茂憲が県令として赴任してからです。そして、戦前最後の島田叡知事は今でも県民に慕われています。


残念なことに、沖縄県の県立高校入試では、共産党ゆかりの徳田球一や幸徳秋水の名前は必須でも。島田叡知事は出てきません。ようやく昨年度に奥武山公園に島田叡記念碑が建ちました。新しい時代の兆候です。

かつて「ナイチャーならんヤッサー!」(内地の人はダメ!)という声をタクシー乗車時に何度も耳にしたことがあります。沖縄県人は素朴ですから、逆にGHQのWGJP(洗脳)が浸透し過ぎているかもしれないですね。
変わってくれることを望みます。

沖縄県が本当に中国の属国になることを望んでいるのかどいうかはわかりません。ただし、自国防衛を放棄した国家がどんな末路を辿ったかは歴史が証明しています。

身にかかる火の粉は払い落とさねばなりません

学校でもおんなじです。イジメは実在します。PTAお得意の「双方のお話し合い」とやらではまず解決しません。


イジメを受けた家族は腹を括って、非常事態体制に入らなければなりません。全力で子供を守らなければなりません。「子供同士のことだから・・・」とか「お父(母)さんは仕事で忙しんだぞ!」とか逃げるのは保護者失格です。学校が悪いだの先生が悪いだのも同じです。先生方自体がオーバーワークで破綻しているのが現状です。ですからこれ以上問題を抱えたくないのが本音です。「何とかする」と口だけ大将なのはそれなりの背景があるんです。だからこそ、我が子は家族が守らなければなりません。
いじめの実態に関しては、「伝説の探偵」こと安倍泰尚氏の著作が参考になります。

イジメで父親が動き、子供が品行方正の孝行息子になった実例をとっきぃも経験からよく見ています。

国家だろうが家族だろうが、基本は同じです。
21世紀のイジメはより陰湿により苛烈になっています。LINEの存在が拍車をかけています。これで24時間365日、加害者に拘束されるんです。家に家族がいない時間帯に乗り込んできたり、呼び出し指令がきたりするんです。そして独力ではもはや逃げ出すことができなくなっているんです。イジメの本質はまさにここにあるんです。
ブラック企業から逃げられない正社員と相似形です。いじめの政治学でいうところの「無力化」、「透明化」です。


国家も家族も個人も自らの身は自ら守る。
それが21世紀の流れではないでしょうか。
そして国家も企業も家族も、各々は個々人の集まりで成り立っているという基本中の基本を肝に銘じるべきでしょう。まずは「足元」です。

小さくまとまって張り詰めて小さくまとまる。中世ヨーロッパのシャテルニー時代を彷彿させる時代がやってきつつあります。


ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
歴史家とっきぃです。

都知事選が終わりました。組織票に頼らない小池百合子元防衛相が見事に勝利しましたね。ひとえにネットの普及が勝因として大きかったと思います。増田元岩手県知事を担いだ石原ノビテル大臣や、芸能人の鳥越俊太郎氏を統一候補にした野党連合は大差をつけられて敗北しました。

そんな中、精彩を放っていたのは桜井誠候補です。捨て身で選挙に挑んだ度胸に敬します。
敵地(韓国民団・朝鮮総聯)の大本営の真ん前で演説を打つなど命知らずでやっていました。数年前なら考えられないことです。密かに殺されて秩父の山中に埋められるとか、東京湾に沈められてもおかしくない「闇の現実」があったからです。


白状しますが、とっきぃも「お礼参り」が怖くて日本古代史と近現代史は深入りをさけています。フェイスブックを利用しないのもそのためです。記事で被差別民を否定的に扱うときには、アメブロ当局に「お詫び」を送ったりもしました。それだけ怖いんです
そんな中、桜井誠氏は果敢に日本戦後史のタブーに挑み、多くの票田を獲得しました。素晴らしいと思います。

事の起こりは李明博韓国大統領の日王(天皇)土下座発言とか日本乗っ取り完了発言がネットで拡散されたことです。何度も記事に書いていますが、日本を相手にするときには禁裏筋(皇室)だけには手を触れてはいけないんです。
小泉政権をあれだけ批判した中国の江沢民主席もギリギリのところで皇室には触れていないんです。日本を本気で怒らせたくないからです。おかげで日本の親中派議員の顔も立ち、今に至っています。習近平さんもなんか軍事挑発をやっていますが、国内向けデモンストレーションに過ぎません。日本海と東シナ海が介在する限り、中国は日本には勝てないんです。それがわからない中共ではありません。ちゃんと計算して動いているはずです。
それが隣国韓国では竹島上陸で興が乗ったのか、前述の発言をやってしまいました。おかげで韓流ブームはいっぺんに吹き飛び、コリアタウンで有名な東京の新大久保は斜陽がすさまじいです。在日韓国人特有の「通名」も昨年(平成15年)から変更不可になり、戦後の数々の在日特権が白日にさらされてきています。それは同時に戦後体制が揺らいできた証左でもあります。

戦後体制とは、アメリカ帝国の属国体制という意味です。
神さま扱いされたダグラス・マッカーサー元帥も、最近ではダグアウト・ダグ(Dugout Doug)とか「厚木のお洩らし元帥」とか、実態がバレて身近な存在になりました。
とっきぃはこのマッカーサーと、徳川慶喜が大嫌いです。
何故か? 大将でありながら部下を見捨てて敵前逃亡を図ったからです。「アイシャルリターン」なんて思ってもいないことを口に出してコソコソ前線から逃げた小心将軍と、部下にすら知らせずに密かに大坂城から海路で江戸に舞い戻ったインテリ将軍は上官として、人として、男として最低です。いかなる理由があろうとです。

戦後体制はアメリカ帝国がこしらえたものですから、西洋史を学んだ者からすれば簡単なカラクリです。要するに少数民族による多数派支配です。
おフランスがやっていたのはカンボジア支配にベトナム人官吏を採用することでした。
大英帝国ではベンガル人(バングラ人)支配にインド人官吏を使い、ビルマ王国滅亡後は山岳民族を支配層に持ってきました。国王夫妻は荷駄用牛車に乗せられて王宮を去っています。それまでは象が国王の乗り物でした。
そうやって自分たちに矛先が向かないように調整しながら当地と搾取に明け暮れていたわけです。
その19世紀のやり方を継続しているのがアメリカです。
イラクでも少数派のシーア派を担いであたりましたが、もうシッチャカメッチャカですね。「アラブの春」なんてのもありましたが、カダフィ大佐の世俗的政府のもと割りと安定していたリビアもかき回しました。そして今はシリアです。同じムスリム国家であるバングラディシュにも飛び火しました。

平穏な一般イスラム教徒こそいい迷惑です。特定アジアの
在日と違って在日インド人(ヒンズー教・イスラム教等)たちは、自分たちから犯罪者を出さないよう日々努力を重ねておられるそうです。

カダフィ大佐やシリアの大統領が敷いていた政治路線はドイツ語で言うところのナツィオナル・ゾー
ツィアリスムス(独:der Nationalsocialismus)です。
トルクメニスタンやカザフスタンも敷いている体制です。それで国民が納得して安全に暮らしているのであれば、他所の国がどうこう言う筋合いでは本来ないはずです。
ところが石油利権がほしいアメリカとEUは、地元下層民を
うまくたきつけて少数派に天下を取らせるわけです。
しかし統治というものを知らない批判専門の少数派とか野党がうまく政治をできるはずもなく、混乱に混乱を重ねているんです。安倍政権以前の民主党時代の日本がそうでした。
ネオコン連中なんか、「あれ、日本ではうまくいったのになぁ」なんて首をかしげているでしょうね。
ま、民主党時代を経験したおかげで日本人の多くも目が覚めたと思います。

そういう少数民族による支配をいくらやっても、上手くいかないものはいかないんです。昔と違って情報はあふれています。ネットの時代はすごいです。

そして、自衛隊への国民からの目線も大きく変化しました。洪水で流され屋根の上で愛犬とともに助けを待っていた老夫婦を救助したときの「ご家族ですね」と言って愛犬もともに助けた対応に世間は万感の拍手を送りました。

頑張る女性もネットで評判です。SankeiBiz(2016.
6.19 )の記事にありました。
海上自衛隊の大谷三穂2佐は、護衛艦やまぎりの女性艦長です。彼女が艦長に就任するまでに多くの困難がありました。すれ違いから離婚を経験して再婚されています。愛娘と真正面から対峙して母親として娘を納得させた女傑でもあります。現代のご夫君は海自の1佐殿とのことでお互いに深い理解で結ばれているとのことでした。

私は個人的には軍隊は男の仕事だと考えています。女性軍人は後方支援でいいと思います。なんとなれば、女性は母となる唯一の存在だからです。それでも、腹を据
ゑて仕事に取り組む女性たちには心が打たれます。日本の女性は中世時代から商売熱心です。土地(不動産)は男性ですが動産は女性の管轄でした。

女性の誰もが海上自衛隊の大谷2佐とか英国のサッチャー男爵になれるとは限りません。
ですので、子育てと仕事を両立させた女性をあるべきサンプルモデル
にすることには徹頭徹尾反対です。
それでもこうした勇気ある者の記事が拡散されるのは、素晴らしいことだと思います。
もう、前世紀のやり方は通用しない時代です。

新しい時代、新世紀の夜明け、
一人ひとりが真剣に模索する事が大事ですね。

ペタしてね


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。