おいしい手土産~秘書のナイショ話~

社長秘書を数年続け、トップのお土産って結構悩みます。また、人に何かを差し上げるときって、相手が喜んでくれるかとっても不安。そんなお役に立ちたいな。


テーマ:
香港2日目の夜は、香港料理大賞ベストオブベストに何度も続けて選ばれている、老舗料理店。

きれいになった、ミラマーショッピングモールの最上階の翠亨邨で広東料理をいただきました。
友人家族とで8人でのディナー。





もちろん、ミシュランにも毎年選ばれている名店でもあります。

以前に牡蠣の美味しい、地元の人しか見かけない、潮州料理店 百楽小館の上階にあります。





輝かしい経歴の数々。




天井までおしゃれラブ



看板料理のチャーシュー爆笑
柔らかくて美味しい!




ベジタリアンもいますので、
豆腐とどんこのオイスターソースいため。
このオイスターソースは野菜のみです。
とうふがすんばらしく美味しいのです!




もやしときくらげの野菜炒め。



蓮根と牛肉のいためもの。




豆腐のカルパッチョ、とでもいうのでしょうか、うえにホタテとえびが乗っています。
上品な冷奴(笑)


ガイランの蒸し焼きon THE 干し椎茸

すでにガイランだらけだというのに、更にガイランって…びっくり



でました!
鶏の丸あげ!
カリカリサクサク!
頭ももちろんついてますてへぺろ




香港でワインは持ち込みが基本です。
友人家族が3本用意してくれました。
父はシャブリがお好みで、なかでもひときわこのシャブリが美味しかったですラブ




清蒸鮮魚
香港に帰って来た実感を得るひととき❤




妹が大好きなごま団子。
最高ですね!



ゴールデンブルで用意できなかったマンゴープリンをリベンジ。

おいしいです。
日本のマンゴーと違うので、濃厚で最高です!




幸せなディナーの数々。

美味しかったです。

ごちそうさまでしたクラッカークラッカークラッカー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
予約必須の手土産。
当日午前中でも予約しないと買えない場合がありました。

人形町の清壽軒。

岸朝子先生のお墨付きのどら焼きです。

いつみてもすごい箱です照れ





私がよく使うのは、大3、小3個いり。
これでも約1キロの重量はありますので、
お気をつけくださいね。






こちらは小さいほう。
そうです、皮が1枚であんを包んであるのです。たくさん食べられない方向きです。

いつも買っているうさぎやさんとは皮の風合いは全然ちがいます。
こちらのほうが味は濃いですが、
生地自体はふわっとした食感です。




赤い紐で巻いてあるので、おめでたいときや接待土産などに重宝しています。

日持ちは翌日までですが、とても美味しく、手土産にオススメです。


美味しかったです。

ありがとうございましたラブラブラブ


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最後は資料館へ。
ここは1899年に建てられた警察署をリノベーションして資料館になりました。



小高い丘に位置し、線路の向こうは中国です。




早速資料館のなかへ。
ここの集落は鄧一族で暮らしていて、
最初は農耕生活をされていたようです。
ですので、この村の名前の人は【鄧】姓なのです。
この一族で女性が産まれた場合は、
必ずお嫁に行くことになっているので、
家督は必ず男性なのだそうです。




これは170年前のベッド。








花嫁衣装


結婚式の儀式道具



一度お嫁にきたら、昔は実家に帰ることが許されなかったそうです。
昔の日本もそうでしたね。




戦時中に日本が統治していた時代のお札。
いろいろ考えさせられることもありました。
親日家がいてくださるなかで、全員がそうではない、ということを改めて心に強く刻みました。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
台風が去ったあと、我々は今回の目的である、新界(ニューテリトリー)地区にある塀山文物徑へ。塀山という場所にある、集落をがあり、その集落のなかにいくつかの歴史的建造物のすべてをさすものです。

ここは、香港郊外にあり、約12世紀ごろ中国大陸から原住民と呼ばれる人々が一番最初に移り住んできた場所であり、たくさんの歴史的建造物はそのままに、現在も彼らはその集落で代々生活をしています。
1993年に政府が歴史的建造物を効率良く舞われるよう、集落の整備がされたそうです。

そして、ここの集落の人々の名字は全員【鄧】姓となります。



入口にはいり、まずは、覲廷書室へ。

ここは鄧氏第22代めが、21代めを記念するために建立しました。
1870年に完成し、科挙(官僚登用試験)のを志す子供たちの学習の場とし、また、科挙制度が廃止されたのちも、第二次世界大戦後まで学習の場として使用されたそうです。



中から見ると、向こう側には今時の建物が(笑)



英語の説明文はありました。



覲廷書室から隣の清暑軒への通路

近年より一般公開されました。







清暑軒の説明


清暑軒は、1980年ごろ建てられ、外部からの訪問客をもてなす宿泊施設または、休憩場所として使用していたようです。

















昔の台所の跡地。



石臼なども興味深いです。







建物は二進式建築で、中央に中庭があります。
青レンガで作られておりますが、色彩豊かな欄間のような彫刻に感動照れ








建物自体は二階建てです。

次の場所に移動します。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はカオルーンホテルに宿泊しました。

普段、父と一緒のときははカオルーンシャングリ・ラで3人でスイートルーム、または、ハイアット・リージェンシーで2部屋に泊まるのですが、今回は家族3人でそれぞれ1部屋ずつ泊まりました。
誰にも気兼ねせず快適ですラブ

狭いですが一人なら充分。
普段の一人で宿泊するときは立地抜群のこのホテルに宿泊しています。


申し訳程度ですが、夜景も楽しめます。



となりはペニンシュラ、向かいはシェラトン、その階下はそごうです。

シェラトンは壁が薄いのでとなりの部屋の声からなにまで丸聞こえなので、宿泊ホテルリストからは除外です。


なんと2日め、思いがけず台風接近。
香港では、シグナル8になると、出勤しなくてよいというルールがあります。




まずは気を取り直して朝食をホテルで。
168ドルにサービス税15%、だったかな?
ホテルにしては安いです。
もちろん、シャングリ・ラの朝ごはんとは段違いですが、まぁ、そこそこオッケーです。
ごはんはまずいですが、お粥は美味しいです。
朝食を早めにとれば、日本人が多く、大陸からの方々と会わずにすむので、気分よく食事ができます。(蒸籠ごと叉焼包をテーブルにもっていく姿にびっくり)(笑)




この日の朝は、いつもいくマッサージ屋さんもおやすみ、CHANELもフェラガモも土嚢が積んであり、開店していませんでした。

気を取り直してスーパーマーケットへ。
オーシャンセンターのシティスーパー(日本人、香港人、台湾人で経営 日本でいう、明治屋や紀伊国屋てきな位置付け)は営業していて、アンデルセンのパンを昼食用に購入。

その後、地元スーパーのwellcomeへ。

香港では人気の、クノールのインスタントのマカロニスープをおしのけて、カップヌードルの人気さはすごいです。
袋麺は9個でいくら、とか、カップヌードル2つでいくら、とか書いてあり、まとめ買いが一般的なようです。




数時間でスーパーマーケットを巡った戦利品(笑)




そうこうしている間に台風が過ぎて、シグナル3に下がりました。
3になると2時間以内に出社しなくてはいけないというルールもあるそうです。

わたしも友人から連絡があり、午前中予定していた塀山巡りにいってまいります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。