2011年06月07日(火)

失われていく技術と着物ファン作り

テーマ:店主のひとりごと

こんばんは!
きもの菱屋の朝井利彦です。


今日は奥様の浴衣の出来上がりに合わせて、ご夫婦でご来店、ご主人様の浴衣をお見立て下さいました。

夫婦揃って、浴衣を楽しむ。心が豊かになりいいですね。


先日、東京友禅を作っておられるメーカーの方と話す機会があり、

「今、下絵を描く職人さんが減ってきてたいへんです。このままでは、いい友禅モノが出来なくなってきますね。」とのこと。

ここ数年の着物の販売不振から、手の込んだいい商品の生産が激減しており、

仕事がなく廃業してしまう職人さんが後を絶ちません。

複雑な流通の為、異常に高価になっていたこと。

お客様が買いやすい値段にするために、手数を少なくし見栄えだけの商品を作ること。

多くの着物ファンを作ることよりも、売りやすいお客様に重ね売りを繰り返してきたこと。

このような販売で、多くの方々からの信用を失ってきたことが、今の着物業界の結果です。


しかし、いい技術は残したい。 いいものを分かって下さる方をもっと増やしていきたい。

そして、お客様が安心して楽しく買い物できる呉服店でありたい。


一昔前、呉服屋さんは物知りで、なんでも安心して相談できるよきアドバイザーでした。

それが、最近は何かわけの分からないものを売りつけるんちゃうかという、警戒感と不信感を持っていらっしゃる方が増えてきました。

着物を着る方を増やすと共に、奥様の着物姿をいいねと思って下さる男性方を増やしていき、多くの方に着物文化の良さを知って頂きたいです。

男性の皆様、奥様の着物姿を見かけたら、ほめてあげて下さいね。


いつもポチっとご協力ありがとうございます。
ブログランキング参加中!
あなたのポチっとが励みになります(^O^)/
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

きもの菱屋/朝井利彦・朋子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:いいもの。

>和の達人 わび助さん
技を生かしていくためには、よりよいものを作ろうとする意欲と機会が必要ですね。
理解して、支える人が一人でも増えていって欲しいのですが、減って行ってるのが現実です。(>_<)

1 ■いいもの。

本当にいいモノが少なくなってきた
ように思いますね。
寂しい限りです。
残していきたいものや
伝えていきたいもの。
たくさんあるのに・・・
古いだけがいいのではなく、
以前からのモノの上に、
新しいモノがうまれてくるんだと
思うんですがねぇ~(ノ_・。)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。