フラグ・ソウル

日々の小話や疑問を徒然にぶつけていくはずがすっかりポイント獲得状況報告になっているブログ


テーマ:

今夜は十三夜ですね。
案外十三夜の風習を知らない方が意外と多かったので、ちょっと小話。


■十三夜


 日本の伝統行事、「月見」。
 お月見というと十五夜(旧暦八月十五日)が有名ですが、
 日本では古から十三夜(旧暦九月十三日)もまた名月であると重んじていました。

 中秋の名月(十五夜)は中国の行事(唐代から)が日本(平安前期から)に伝来したものですが、
 この十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
 
 宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、
 醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が
 風習化したものとも言われています。


■片月見


 一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。
 十五夜だけでは「片月見」といって嫌われていたからだそうです。


■芋名月・栗名月・豆名月


 十五夜はサトイモの収穫期でよく供えていたため「芋名月」と呼ばれるのに対して、
 十三夜は「栗名月」や「豆名月」と呼ばれています。ちょうど収穫期だったんですね。
 十三夜は中秋の名月の後なので「後の月」と言われたり、
 「小麦の名月」と呼ぶ地方もあるそうです。
 これは十三夜の天気で、翌年の小麦の豊凶作を占う習慣から来ているそうです。


■十三夜に曇り無し


 十五夜は曇や雨夜空であることが多く「中秋無月」「雨名月」「雨月」と呼ばれるのに対し、
 十三夜の夜は晴れることが多く「十三夜に曇り無し」といわれるそうです。


 ちなみに2008年の十三夜は、10月11日 土曜日です。


■十五夜は仏滅・十三夜は先負、これ絶対


 「十五夜の日は必ず仏滅で、十三夜は必ず先負ですよね」
 といったら驚かれたのでちょっと調子に乗って薀蓄を。


 まず、十五夜も十三夜も旧暦で決まっていて、六曜の順番も旧暦の月と日で決まるのを念頭に。
 中秋の名月の日付は、旧暦の八月十五日。
 六曜の順番は、旧暦の(月+日)÷ 6 =X と余りY で求められます。

 この計算で「X」は何でもOK。重要なのは余りの「Y」。


 このYと六曜の関係は次の表の通り▼


 Yの値    六曜
  0  →  大安
  1  →  赤口
  2  →  先勝
  3  →  友引
  4  →  先負
  5  →  仏滅


 上の2つの条件を組み合わせると


  中秋の名月 → 八月十五日(旧暦)
    → (8+15)÷6=3 余り 5 → 仏滅 


  後の月   → 九月十三日(旧暦)
    → (9+13)÷6=3 余り 4 → 先負


 となります。


 だから十五夜が八月十五日(旧暦)である以上、
 十三夜が九月十三日(旧暦)である以上、六曜は変わらないわけです。


 よろしければ、お昼休みの小ネタにでもひとつ。
 知っている方には本当に退屈な小話で申し訳ないです(汗)


現代語訳 樋口一葉「十三夜 他」 (現代語訳樋口一葉)/樋口 一葉
¥1,223
Amazon.co.jp

大つごもり・十三夜 他五篇 (ワイド版岩波文庫)/樋口 一葉
¥1,050
Amazon.co.jp

十三夜話/岸 若男
¥1,050
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

藤間尚さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。