■■■■■■■ ボサノヴァギター研究室 ■■■■■■■

お知らせ 以前、私と歌手のヴィウマさんも協力・指導・出演した、NHK-Eテレの子供向け音楽番組「ムジカ・ピッコリーノ」。当番組の放映曲をまとめたCDが、日本コロムビアより 11月23日にリリースされました。http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-12222580242.html


■最新記事 「いい湯だな~(^^♪」 http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-12238682059.html 「不可能を可能にする方法(^^;;」 http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-12238605821.html 「やる気が出ない(^^;;。」 http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-12237703627.html

■お薦め記事 「ジェット機のサンバ」コードワーク入門 http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-12227050542.html

■各レッスンのご案内 (基本的に年中無休、メール予約制)

●ボサノヴァに関する日頃のお悩みや疑問を、その場で解決。●ギターは上手くはありませんが、知識・経験は豊富です。ブラジル人も知らないようなこともお伝えします。●理論や技というよりも、どんな場面にも対応できる「考え方」を教えます。●ヴォーカル(歌)は教えていません(教えられません)が、伴奏からソロアレンジの方法に至るまで、諸々お役に立てるかとは思います。●専門外ですが、ブラジル系パーカッションも、プロとして35年程のキャリアがありますので、ギタリスト向けの基本的なことは教えます。●レッスン内容・日時は、生徒さんそれぞれのご希望に、できる限りお合わせしています。お気軽に。 ⇒《メールお問合せ先、各レッスンの料金など》 http://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-11366736613.html ⇒《生徒の皆さんへhttp://ameblo.jp/hisashi-bossa-nova/entry-11920324101.html

●個人レッスン(年中無休):最優先します。60分5,000円、1レッスン制。(初回は別途、要入門料10,000円。)やさしく、分かりやすく、懇切丁寧にレッスン。2時間位までサービスOK。また、レッスン以外に、メールでのご質問にも無料で回答します。●体験レッスン(個人、30分3,000円) :ご希望の方には、体験レッスンもOK。●出張レッスン(個人、グループのどちらでもOK)及び●ワークショップ:東京以外も可。日程・内容・ご予算など、お気軽にご相談下さい。●単発レッスン(個人、45分5,000円、60分7,000円):3月から開始。お気軽に。●プロ奏者対象レッスン(個人、60分10,000円):こちらも3月から。今までに、現役のプロも大勢教えて来ました。ギャラの交渉の仕方なども教えます(^^。

■最近出演・協力した、TVのボサノヴァ特集番組など

●BS朝日 『三ツ星エンタメ!小倉*住吉のおスミつき、小野リサ×ボサノバ』 (2012年12月17日・24日放送。)●NHK Eテレ 『ムジカ・ピッコリーノ』 (歌手のヴィウマさんとの出演。2013年6月29日放送、12月28日再放送) ⇒ NHKの方は、現在も再放送中のようです。尚、2016年11月23日に、日本コロムビアよりCDが発売されました。私とヴィウマさんは、レコーディングにも参加しています。

$《 ボサノヴァギター研究室 》プロ・ボサノヴァギタリスト 長谷川久の公式ブログです。$■■■プロボサノヴァギタリスト長谷川久の公式ブログ《ボサノヴァギター研究室》

■facebook https://www.facebook.com/Hisashi.Hasegawa.BossaNovaGuitarist?sk=wall

■facebook (fan) https://www.facebook.com/Hisashi.Hasegawa.fan/?fref=ts

■Twitter https://twitter.com/hisashihas

■YouTube https://www.youtube.com/user/hisashi1117espaco

■管理人さんのブログ(^^) http://ameblo.jp/brezel-tokyo/




  • 16 Jan
  • 13 Jan
  • 07 Jan
  • 03 Jan
    • ★2017年を、本当に良い年にするために

      ★音楽が大好きな、知り合いの高校生A君の言葉。「日本のミュージシャンは、なぜ政治や社会の問題に発言しようとしないの?これだけたくさんの問題が山積しているのに。なぜ黙っているの?世界のミュージシャンは積極的に発信しているのに」。たとえ微力であろうが、私は彼のこの重い言葉を引き受けようと思います。2017年を、本当に良い年にするために。  *以下は、孫崎享さんのツイートから。「我々の思っている以上に開戦当時の人脈と戦後がつながっています。」 私も、そうだろうと思います。

      8
      テーマ:
  • 30 Dec
    • ★皆さん、良いお年を!

      ★今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。喪中ということで、まだ色々雑用もあったりで、大晦日から山梨の実家に一旦行って来ます。皆さん、どうぞ良いお年を!(^^。 また、来年(^^。

      8
      2
      テーマ:
  • 15 Dec
    • ★男のダンディズム

      ★Tres Palabras (3つの言葉) ---- Kenny Burrell「3つの言葉」とは、「I love you.」でしょうね。久しぶりに、ケニー・バレル。たまりません。男のダンディズムが溢れるギター。これのソロも、死ぬほど好きです。実は、この人の大ファンで、昔東京(当時、新宿にあったお店「カーニバル」)に来た時も一番前、1メートル位のところでかぶり付き(^^;。挙句の果ては、彼の出身地デトロイトまで行ったこともありました。こちらも素晴らしいんですよね。何度聴いても、惚れ惚れします。

      11
      テーマ:
  • 11 Dec
    • ★「真田丸」vs.「真田太平記」

      ★NHK大河ドラマ「真田丸」が来週は最終回とのこと。実は、いつも、同じNHKの以前の名作「真田太平記」の再放送と見比べています。「真田太平記」の方はお兄ちゃん(真田信幸)がメインなので、兄と弟ということで、まあ視点は違うのですが、私の実家のある山梨方面では、「真田丸」はどうもあまり評判が良くないのが実情のようです。「真田太平記」は古き佳き日本を感じさせてくれるというか、ある種、深みというか、ロマンチックな雰囲気があるんですよね。池波正太郎原作というのもありますが、facebookでもつながっている、当時のプロデューサー高橋幸作さんなどの力量もかなり大きいように思います。というわけで、名作「真田太平記」の勝ち(^^。 「忠臣蔵~その男、大石内蔵助」これも観ちゃいました。田村正和の大石内蔵助。ちょっと違和感が(^^;;。ところで、田村正和さんって、ギター弾けたんですね。全く知りませんでした(^^;。

      2
      テーマ:
  • 09 Dec
    • ★「ジェット機のサンバ」コードワーク入門

      ★How to play Samba do AviãoKey=Dの場合の「ジェット機のサンバ」のコードワーク入門。昨日(12月8日)が命日のジョビンに敬意を表して。この曲のコードワークについても、実は色々なパターンが可能なのですが、代表的なものだけをサラッと紹介します。実際は、ミディアム・テンポとアップ・テンポ (リズム重視の場合) など、使い分けをすると良いと思います。尚、6弦=Dチューニングの場合や、Key=Cの場合などは、またの機会に(^^。↓こちらは、リズム重視の場合。

      6
      テーマ:
  • 06 Dec
    • ★愛は私たちより強く

      ★フランス映画「男と女」の挿入曲(1966年)。英訳タイトルは「Stronger than us」、邦題は「愛は私たちより強く」。この曲が好きで、以前はよく弾きました。古いところでは、ナベサダさんのバークリー時代の友人で、ハンガリー出身のジャズギタリスト、ガボール・サボ(故人)のライブ盤。新しいところでは、ブラジルのイヴァン・リンスとヴァンダ・サーの組み合わせ。いい曲ですよね。この映像では、1分6、7秒あたりからのハーモニーの流れに、グッと来てしまいます(^^;;。しかし、いいものがたくさん生まれた’60年代。いい時代でしたね。

      7
      テーマ:
  • 01 Dec
    • ★スパイ学校の真実

      ★戦時中、あの有名な陸軍中野学校の教官も研修に来ていたというのが、先日他界した私の父が所属していた、超極秘のスパイ学校(スパイ養成所)「日月寮」(在蒙古、今のモンゴル)。父はそこの4期生でした。ここに関するものは戦後ことごとく米軍に没収され、当時の資料はほとんど残っていませんが、私の実家には多少あります。ところで、父に聞いた話で、私が一番驚いたのは、当時の「日月寮」のメンバーの会話。「イスラムを敵に回してはならない。これからは、イスラムとは上手くやっていかなければいけない。アラビア語が必須だ」などという会話が真剣にされていたという事実です。スパイ学校ですから、中国語やロシア語、モンゴル語(モンゴル語は文法が日本語と近いとか)の勉強は当たり前で、さらにアラビア語まで。これ、昭和12、3年頃の話ですから、びっくりですよね。スパイというのは基本的に人間性が重要で、教養もあって、現地人からも信頼され、尊敬されるようになって初めて一人前のスパイと言えるのだとか。中野学校のメンバーも、おバカな軍部とは結構衝突していたという話もありますが、あの戦争の真っ只中にありながら、個々に高い理想を持って、軍部とは少し距離を置き、何とか無益な戦闘行為をできるだけ回避しようとしていた人たちもいたということ。戦後、この人たちの体験も活かされていれば、日本は今のような下品な政治もなく、テロの脅威も下がり、アメリカとも、中国とも、およそあらゆる他国と対等に、賢く上手くやっていたんじゃないだろうか。.「戦争さえなかったら、音楽学校に行って、ヴァイオリンをやりたかった」と言っていた父。元軍人が93歳で死ぬ直前まで、ジョアン・ジルベルトやジョビンに興味を示していたことには、頭が下がる思いです。(俳優の高倉健さんと同じ命日になりました。) ●写真上左:昭和18年、長城北にて。●写真上右:モンゴルにて、馬に乗って訓練中の4期生。●写真中右:3期生の卒業式風景。●写真中左:昭和20年5月、舞鶴中部第71部隊時代。●写真下:’60年安保デモ風景、桜田門付近。(この後、警官隊に包囲されたとメモ書きあり。戦後、「日本の真の独立」を願い、生き残った戦友と共に ’60年安保闘争に参加。CIAのエージェントと化した岸政権を退陣に追い込む。その後、ベトナム反戦運動にも関わり、「ベトナムの子供たちに本を贈る運動」にも参加しています。) 

      5
      テーマ:
  • 25 Nov
    • ★業務連絡 --- ボサノヴァギターのレッスンを再開します。

      ★生徒の皆さんへ。父の他界に伴い、しばらくの間レッスンはお休みとさせていただきましたが、無事葬儀も終え、再開致します。個別に、またメールにてご連絡いただければ幸いです。今月予約メールをいただいていた皆さんには、本日、こちらからメール致します。基本的に、いつも通り年中無休、年末~正月もレッスンは行いますが、12月16・17日のみ、四十九日法要のため、お休みとさせていただきます。尚、隣のアパートの解体工事の件ですが、事情は分かりませんが遅れているようで、今のところまだ始まっておりません。(しかし、年内に始まる可能性はあります。その場合は、騒音が心配ですが。) 以上、取り急ぎ。今後共どうぞ宜しくお願い致します。 

      5
      テーマ:
  • 24 Nov
    • ★ムジカ・ピッコリーノのCDが届きました。

      父の葬儀後の打ち合わせで、昨日と今日は山梨の実家に行っておりました。先程帰京したら、NHKのディレクターさんから、昨日23日発売 (日本コロムビア) のNHK-Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」のCD見本が届いていました。私と歌手のWilmaさんはゲストミュージシャンとして、番組中でも映像参加しましたが、CDのレコーディングにも、ひっそりと(^^; 参加しています。このボサノヴァの回「イパネマの娘」では、サンバとボサノヴァのリズムの関連、ボサノヴァの歌唱法やポルトガル語の発音、そしてギターのコードの押さえ方など、ロケやNHKのスタジオでのレコーディング本番中も含め、チェック・指導などに協力しました。*後日談:本物のボサノヴァをブラジル本国で歌って来た「本物のWilmaさん」をNHKの制作スタッフに紹介したのは私ですが、後日NHKからはとても感謝されました(^^。   

      3
      テーマ:
  • 20 Nov
    • ★ジョアン・ジルベルト

      ★久しぶりに、ジョアン・ジルベルトを聴いています。とりあえず無事葬儀も終えて、さきほど帰京しました。(まだ来週以降、東京~山梨を何回か往復しますが。) 画像は、山梨の実家にあったジョアン・ジルベルト関連写真の複写です。息子の私の影響だとは思いますが、93歳の日本の元軍人がボサノヴァに興味を示していたようで、感慨深いといいますか。------- 故郷ジュアゼイロ市にある看板、幼少時(前列の真ん中。実業家の長男として誕生)、14歳の誕生日にプレゼントされたというギター、そしてサドル部分の拡大写真。ジョアンは長男だったんですね。

      6
      テーマ:
  • 18 Nov
    • ★ジョアン・ボスコ

      ★久しぶりに、ジョアン・ボスコ。これは、「Incompatibilidade De Genios」という作品。この曲、難しいタイトルなんですよね。英語に直訳すると、「Genius incompatibility」ですかね。譜面はご参考まで。

      2
      テーマ:
  • 16 Nov
    • ★「ムジカ・ピッコリーノ」CD発売告知

      ★NHKの制作ディレクターさんから、「ムジカ・ピッコリーノ」CD発売の告知を頼まれましたので、一応再度お知らせまで。11/23に日本コロムビアより発売とのこと。私と歌手のヴィウマさんはゲストミュージシャンとして、ボサノヴァの1曲だけ、ごくごく控え目に参加しています(^^;。------- 『長谷川 様、お世話になっております。いつも諸々ご対応頂き、誠にありがとうございます。さてCDリリースの件。以下に改めてリリース情報を記載いたしますので、告知等ご協力を賜れますと幸いです。① ムジカ・ピッコリーノ ピッコリーノ号の冒険 Ⅰ COCP-39771 ② ムジカ・ピッコリーノ ピッコリーノ号の冒険 Ⅱ COCP-39772 発売日:2016年11月23日 価格:¥2,300(税別) 2枚同時リリースコロムビアサイト:http://columbia.jp/musica/ 』 

      3
      テーマ:
  • 15 Nov
    • ★父の思い出

      ★皆様、お悔やみのメッセージ、本当にありがとうございました。葬儀はまだこれからで、ちょっとバタバタしております。父は元軍人で、銀行員。満93歳、天命を全うした人生でした。父の思い出は色々と尽きないのですが、長男の私が今まで本人から断片的に聞いた話などを思い起こしますと、実に波乱万丈というか、良くも悪くも大変な人生を生き切ったのかなとも思います。父は関東大震災が起きた大正12年、信州・長野県の諏訪出身。長谷川家のご先祖様は武田信玄公配下の槍の使い手として、川中島の合戦でも戦ったらしい、という話も聞きました。戦艦大和最後の艦長だった有賀幸作さんと同じ旧制諏訪清陵中学校の出身で、戦時中は陸軍からの特命を受けた諜報機関の1つで、蒙古(今のモンゴル)にあった幻のスパイ学校「日月寮」の4期生だったそうです。私が小さい頃、実家の物置に入ると、「日露軍事会話」などというびっくりするような手帳というか本までありました。父の所属していた「日月寮」というのは全くの軍事秘密組織で、何でも、当時は有名な陸軍中野学校の教官クラスまでもが研修に来ていたそうです。また、故人ですが、父がよく自慢していた父の実兄で、生前は私もよく手紙をいただいていた名古屋の伯父は、トヨタグループの記念すべき第一号社員、初期の役員として、トヨタの創生期を支え、日本初の国産車「AA-1」の開発責任者でもあったそうです。父は戦後、名古屋の郵政省にも一時いたらしく、当時の上司(局長でしょうか)は後の郵政大臣、そして首相になった佐藤栄作氏だったとか。また、先日実家で写真の整理をしていましたら、20年位前だったか、当時の首相からの軍人特別表彰も受けていました。軍人出身ではありましたが、いや、軍人出身だったからこそと言いますか、私の学生時代当時、ベトナム戦争の時代でしたが、何よりも戦争に反対し、かけがえのない平和を愛し、「ベトナムの子供たちに本を贈る運動」などにも参加したり、そして八ヶ岳などの日本の自然を愛し、また一方では美術や音楽も大好きでした。クラシック音楽の愛好家でもありましたが、晩年はジャズもいいね、とよく言っておりました。葬儀の準備などで、3日ほど実家にいたのですが、私の影響なのか、何とジョアン・ジルベルトの小さい頃の写真の複写も見つけて、驚きました。また、これも他界した後で知りましたが、日本の大女優、原節子さんの映画のポスター描きまで依頼されたことがあったそうです。長谷川家は8年前には弟を病気で亡くし、今年は母の三回忌が済み、そして今回は父もいなくなり、5人家族は姉と私の二人だけになりましたが、皆様にはこれからもどうか末永くお付き合いいただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。*写真は、日本の大女優、原節子    

      8
      テーマ:
  • 11 Nov
    • ★業務連絡

      ★生徒さん、友人の皆さんへいつもありがとうございます。常連の生徒さんには連絡を入れているところですが、実は父が他界しまして、諸々落ち着くまで、しばらくの間(11月いっぱい位まで?)レッスンはお休みとさせていただきます。最近は特に熱心な方が多く、誠に心苦しいのですが、どうぞ宜しくお願い致します。また、それに加え、最近芳しくない?といいますか、隣のアパートが建て替えとのことらしく、11月15日から年末まで、解体工事とのことです。こちらは騒音の心配がありますので(全く迷惑な話ですが)、もしそのような場合は、またブログに書きます。そんな次第で、12月もレッスンは行いますが、あまりお急ぎでない場合は、年明けからのレッスン再開ということでも構いませんし、何かお急ぎの場合は、メール添付などでご連絡ができるのなら、メールでやり取りさせていただきますので、お気軽にお尋ね下さいね。今後共どうぞ宜しくお願い致します。(個人レッスンの生徒さんに限りますが、メールでの譜面送付や、コードの分析・解説などは無料で行っています。) 

      2
      テーマ:
  • 07 Nov
    • ★「忍びの者」と分断支配

      ★私の世代にはとても懐かしい、市川雷蔵主演「忍びの者」。2つの顔を持つ首領(1つの顔は、百地三太夫)による、2つの勢力を争わせることによる分断支配。戦後のアメリカによる日本の巧妙な支配(与党だけだとダメだから、野党を作ったという説)、今の小池百合子東京都知事(自民と対立するフリをして都民の人気を取り、結果的に自民を補完)、連合(自治労はちょっと違うらしいが)と自民の密接な関係など、現代日本にも十分通じるような話ではあります。巧妙な権力者に翻弄されるのは、「忍びの者」では下忍、今の日本では庶民・国民。いつの世も同じ、ということでしょうか。 

      1
      テーマ:
  • 02 Nov
    • ★トニーニョ・オルタの音楽

      ★トニーニョ・オルタ研究月間 --- 「Pedra da Lua」譜面は、トニーニョ・オルタの音楽の分析論文(2009年)から。メジャー7thのコードに、♯9と♯11。実に難解なハーモニーではありますが、珠玉のように美しい(^^。この曲、トニーニョ自身による色々なヴァージョンがあるようですね。「pedra da lua」というのは、そのままズバリ、「ムーン・ストーン」のこと。因みに、現在の新しいポルトガル語表記では、ハイフンを入れて「pedra - da - lua」と書くようです。

      6
      テーマ:

プロフィール

長谷川平蔵

自己紹介:
■プロ・ミュージシャン(ボサノヴァ・ギタリスト)。 本名:長谷川久。1952年(昭和27年)生まれ...

続きを見る >

読者になる

AD



 


 

 

■■ 著書の紹介

okurag

ボサノヴァ・スタンダード101 ギターコード進行ハンドブック

さらりと弾けるボサノヴァ・ギター

名曲コード進行・ナビ 解説付き《上》

上級コード進行・ナビ

おいしいパターン定番69

etc.........

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■■■長谷川平蔵プロフィール■■■
本名、長谷川久。プロボサノヴァギタリスト。1952(昭和27)年、山梨県甲府市出身。64歳。1970年以前よりボサノヴァギターの研究を始め、'70年代には既にラジオのBGMなどで、当時としては画期的なオリジナルのボサノヴァ曲のレコーディングを行う。キャリアは優に40数年の長きに亘(わた)り、日本ボサノヴァ界の重鎮の一人である。

'80年代にはボサノヴァ&サンバギタリストとして、歌手のバックやコンサート、スタジオワーク、ラジオのBGMレコーディング、テレビ番組、一流ホテル、都内のブラジル系ライブハウスなどで活動。現在に至るまで、デビュー前の小野リサや、プロデューサーとしても著名なドラマー吉田和雄氏、日本にサンバを広めた功労者で世界的なパンデイロ奏者フランシス・シルヴァ氏、良き友人でもある本格派歌手のヴィウマ・ジ・オリヴェイラ氏など、多くのブラジル人ミュージシャン、内外の一流ジャズミュージシャン、クラシック奏者などと共演する。

'95年にはサンパウロの音楽学校にて「ブラジルギター講習会」を主催するなど、ブラジルやアルゼンチン等の中南米をはじめ、アメリカ・アジア・ヨーロッパ諸国など、今までに世界9カ国を楽旅訪問。日本にいない時も多かったため、プロミュージシャンの間では「幻のボサノヴァギタリスト」としても知られている。ブラジル人ミュージシャンからも一目置かれる、深い見識と長いキャリアは、日本ボサノヴァギター界では大変貴重な存在。また、真摯で気さくな人柄で、ファンも多く、ボサノヴァやサンバなどブラジル音楽関係のみならず、ジャズミュージシャンやクラシックギター界、さらにTV・ラジオ・芸能・CM・音楽評論・編集・出版・広告分野など、人脈も多彩である。

現在は、主に「ボサノヴァギターの駆け込み寺」とも評される自宅・事務所兼ギター教室で後進の指導にあたるほか、ボサノヴァギター関連の各種教則本などの執筆活動や、余技としてのパーカッションの研究・演奏なども行っている。「目からウロコ」と評判の、独自のコード理論やリズム論を展開、今までに指導した生徒には、ブラジル人や有名プロミュージシャンも多い。

趣味は、庭いじり、焚き火、工作(パーカッションなど)、靴などの修理、映画(SFなど)、読書(宇宙物理学、数学、日本文学、推理小説)、下手な絵を描くこと、スポーツ観戦(ラグビー、サッカーのファン)、パンデイロやタンボリン等の小物パーカッション(過去にレコーディング仕事なども)、フルート、最近始めたアルトサックス。「刑事コロンボ」や「シャーロック・ホームズ」の大ファンでもある。

著書:『さらりと弾けるボサノヴァギター』(CD付き、ヤマハミュージックメディア)、『コード進行ハンドブック/ボサノヴァ・スタンダード101』(中央アート出版社)など、多数。最近出演・協力したTVのボサノヴァ特集番組:BS朝日 『三ツ星エンタメ!小倉*住吉のおスミつき、小野リサ×ボサノバ』 (2012年12月17日・24日放送)、NHK Eテレ 『ムジカ・ピッコリーノ』 (2013年6月29日放送)



最近のコメント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。