【NSR250R】続々・フォークのメンテ

テーマ:

さて組み上げました。


そもそもバネが固いって事で今回の作業になりましたので、バネを変更。

600㏄のCBR倒立フォークだし、0,7Kgのバネは無いだろうって事で、

アチコチに特注の相談なんかもしましたが、

径の絞りが出来ない工場もあり、またワンオフは値段も結構しましたが、

スクーデリアオクムラさんが対応可能って事で、バネを発注しました。

0、7Kgはラインナップに無かったけど、今回を機に在庫してくれるそうです。


PC40フォークをNSR250Rに使ってると内容を伝え、

バネ&カラー、推奨セッティングメモが届きました。

長いカラーの方がオクムラ製です。

ちなみに入ってたバネは1Kg+0,95Kgなんで、0,975Kgですね。




どうしようかなと悩みましたが、バネ&カラーはオクムラ製に。

粘度は推奨よりソフトの5番、油面は推奨と同じく110mm(PC40レースベース車値?)。

油面調整は専用器具使ってますが、10年位前に後輩が置いてったモノです(w

そろそろ注射器くらいは新品にしよかな・・・




で、車体に組んで完成。






プリ、減衰全抜き状態で、本日オーナーが試走。

残念ながら、傷入りフォークの方からオイル漏れ発生。

う~ん、打ち込み時にシール破れたかな~?

後日、再度シール交換してリベンジですね。


フォークの動き自体は随分良くなったようですが、

プリ全抜きでコレなんで、まだもう少しソフトにしたいトコ。

カラーを標準の短いモノに換えて、再度挑戦ですね。


CBR倒立フォークをNSRに入れてる例はちょいちょい見かけますが、

キチンとバネ変更までしてる例が少ないのか?

ネットでもデータ出してるの見かけないです。

これで上手くいったらパイオニアか?(w


ボチボチ進めて行きたいと思います。

AD