ゴルフ讃歌 : 大西久光オフィシャルブログ

初めまして。
ゴルフ評論家の大西久光です。
この度、こちらでブログを開設させて頂きました。

こちらのブログでは私の長いゴルフ歴でお目にかかった
名手の言葉などを紹介していきたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。


テーマ:
7月11日にリオに参加するトッププロの名前が発表されることになっています。

ところがマキロイまでもが不参加を検討しているとのこと。
世界ランクの60位の内10名近くがいない大会になる可能性もあります。
オリンピックにゴルフ参加が決まった経緯の1つには世界のトップが全員出るから、
TV視聴率が上がるとの思惑があったと聞いています。
オリンピック委員会はガッカリする事でしょう。

欠場したい理由は明確です。
・リオが遠隔地であること。
・治安が悪そうだということ。
・ジカ熱などが心配ということ。
これが表向きの理由です。

さらにオリンピックは本来アマの大会ですから、
宿泊設備などの選手村にしても世界のトッププロの普通の待遇ではありません。

その上、ドーピング検査が面倒なのだそうです。
ゴルフにドーピングは無いと思いますが、突然の検査のために
いつどこにいるか?などの報告をしておかねばならないそうです。

しかし、それ以上の本当の理由があります。
それは日程上の問題です。

オリンピック前に一度は勝ちたいメジャーの全英オープンと全米オープンがあり、
オリンピックのあとには米国ツアー最大のイベント、FEDEXが4週間あります。
その優勝者には約12億円の賞金がかかっています。
すでに多くの賞金を稼いだプロにとっても
賞金の無いオリンピックとどう比較するでしょう。

まさにプロとアマの世界の違いがあります。
しかし、強さが増す松山英樹にとつてはチャンスです。
体調の維持に成功すれば、金メダルもあると予測します。

さて、2020年オリンピックの方が気がかりです。
あれだけ「おもてなしの心」を叫んで東京へ招致したのに
「おもてなしの心」が重視されているでしょうか?

少なくとも「ゴルフ」では参加選手に対する「おもてなし」がありません。
現状では世界のトッププロがモチベーションが上がる体制を作れているとは考えられません。

霞が関は1957年カナダカップで中村寅吉プロが個人優勝し、
日本のゴルフブームを招いたことは歴史上の事実です。
それだけに8月でなければ、万難を排して、ここで開催すべきでしょう。

しかし、酷暑の霞が関であり、東京からの交通を考えると、
・世界のトップがどう判断するか?
・世界に認められるオリンピックのゴルフになるかどうか?
私には疑問です。

今からでも間に合うことですから、
それぞれの利害を捨てて真摯に話し合うべき
と思いますが、
いかがでしょう・・?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)