ゴルフ讃歌 : 大西久光オフィシャルブログ

初めまして。
ゴルフ評論家の大西久光です。
この度、こちらでブログを開設させて頂きました。

こちらのブログでは私の長いゴルフ歴でお目にかかった
名手の言葉などを紹介していきたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。


テーマ:
日本ゴルフツアー機構の体制が変わって3ヶ月が近づいてきました。
「まだトーナメントが増えないのか?」など急ぎすぎた声もあるようですが、
改善への対策が着々と進んんでいることを報告します。
6月27日に新体制の初めての理事会が開催されて、
幾つかの決議がされますので、それまでは内容を公表できません。

さてここからは、今お話できる内容をお知らせいたします。

4月のマスターズに青木会長が行き、世界会議に出席しました。
各国のトップからは久し振りに顔のわかる会長になった事を歓迎されました。
今後、米国ツアー、ヨーロッパツアーとの交流など
グローバル化が進みますから、良い関係が作れるでしょう。

新体制は「エチケット」の徹底を第一方針として、スタートしました。
すべてのプロやツアーのスタッフに至るまで
エチケットの重要性について徹底が進んでいます。

先日もゴルフ用品協会の機関紙で岡崎健伍氏が
「業界全体が精神性を豊かにしないと末路が見える」と書いておられます。

なぜ男子プロゴルフが評価されていないかについても自覚が進んでいます。
先日の熊本大震災への支援もプロからの自発的な発案により、
周囲のご協力もあり、3543万円の支援金が報知社会福祉事業団に寄付されました。
新理事になった佐藤信人氏は日経新聞のスポートピアで幾つかの指摘をしています。

・世界と比べて、コースにシビアーさが欠けること。
・生中継でない場合が多いこと。
・ファンあってのツアーだからアマプロ戦の充実。
・トッププロのマナーの大切さ、など。

ファンがあってこそスポンサーもつくのですから、
ファンから賞金をもらっているという認識が必要です。

青木会長の強い要望でアマプロでは
プロもアマと同じティーでプレーするようになりました。
アマプロは、プロにとって本戦のための練習との考え方を
アマのための大会へと大幅に変更することになります。
これによるプロの意識改善が始まるでしょう。

競技数にこだわる人も多いが、
競技が盛り上がらなければ、競技が増えても意味がありません。
まず、盛り上がっていない原因を改善することが先決です。

競技数も3W (Who 誰が,When いつ,Where どこで)を考慮すると、
日本ではあと5競技程度でしょう。
暑い7月,8月に適切な開催ゴルフ場があまり考えられないからです。

2020年8月のオリンピックもそうですが、
適切な天候のゴルフ場を選ぶことは選手のためだけでなく、
観戦するファンのためにも大切なことです。


将来的にはプロの付加価値をつける計画も進んでいます。
次回、もう少し具体的なことを報告したいと考えています。

男子プロゴルフが「ゴルフの真の素晴らしさ」を表現し、
日本のゴルフ界の活性化につながればと念願しています。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)