間に合ったけど

テーマ:
昨日は午前中仕事をしてランドへ。

なんとか練習中に間に合うものも、到着と同時に木龍選手が負傷退場。
おう。へこむぜ。
大丈夫かなぁ。


2週連続でヘディング練習を見たあと、選手に話し掛けにいくも、グラウンドをユースに明け渡した選手たちはストレッチをしにトレーニングルームへ。

結局、荷物を片しにきた数名が挨拶だけして帰ってった。
ふれあえねーなー。

どんな状況でも、気が付けばサポーターのもとに「ありがとうございます」と言いに来て、ひとこと、ふたこと話をしてくれていた中地舞さんは、もういない。

大丈夫かこのチーム。
大丈夫か自分。
AD

いた

テーマ:
いや~。いたねー。
こば、いたねー。

更新は遅れましたが、日曜日は今年初のランドに行きました。

集いと、ロッククライミングでは公式ホームページを使ってまで、存在をひた隠しにしてきた小林詩織選手。
いたわー。

練習に参加しているのを見ても、ジェフに入団が決まったメニーナの根本選手もいたので、まだわからん。わからんぞ。と、思いながら見ていました。

かなり心配したけど、イベントには行けなかっただけみたいで、これからもベレーザでやってくれるそうだ。よかった。よかった。


詩織選手以外の大学を卒業するであろう選手も、ベレーザでやってくれるみたいだ。
退団の可能性もあると思っていたので、これは嬉しい。

最近ブログを始めた原菜摘子選手。
コラムのときから食いつきやすい文章書くし、会話もうまいと思う。そして、あのキャラクター。
原選手が弥生選手のように外へ情報発信を意識してくれたら頼もしい限りだ。


練習が終われば年始のあいさつをしに選手のところへ行った。
キャプテンが取材にいっちゃったりしたけど、ほとんどの選手にちゃんとあいさつできたかな。

始動してから最初の日曜日。サポーターミーティングも予定していたこともあり、たくさんのサポーターがランドに来ていた。

だが、練習が終わってすぐにあいさつしに行くのは自分だけ。後から来たひともいたけど、選手数人が帰ってからだった。

うーん。寂しい。

自分も行かないときは行かないし、行く行かないに良い悪いとかはないけれど、単純に同じ感覚のひとがいないのは寂しかったです。
AD

再生

テーマ:
ファンヌンヌン-110125_1953~010001.jpg

今週のサカダイは

日テレ・ベレーザ『再生の舞台裏』!


良いすね。前向きな内容で。

不安だった後援会。

金額だけがパワーアップしてしまったのかと心配していたけど、内容のパワーアップもちゃんと考えているみたい。

見に来るひとも増えて、お金も動けば最高だね。
いろんな意見出し合って、後援会が大きくなればいいね。

大人気のAKBにあやかって、会員限定スタメン総選挙でもやってやりゃいいんだ!
キャプテン争奪じゃんけん大会とかね。

うん。
これは嫌だけど、いろんなアイデアが出てきたらおもしろくなるなぁ。
AD

つどい

テーマ:
こば が、いない。

昨日は集ってきました。

ベレーザの紹介があって良かったです。

引退、退団が発表されている選手以外で、小林詩織選手が見つからなかったのは、たまたまかな…たまたま…かな♪

キャプテンは岩清水梓選手!
海外移籍を視野にれていなければ岩清水選手がキャプテンだと思っていたので、実にしっくりきた。頼もしい。

中地舞さんの引退挨拶では、中地さんがとても清々しい表情で挨拶をしていた。
ほんとにやめるんだなぁと今更ながら実感。
その後に合流してきたヴェルディの平本選手と飯尾選手が、中地さんに対して腰を低くして挨拶をしていたのをみて、中地さんの凄みを感じた。

あとは、ヴェルディのように背番号発表もあれば良かったな。
高木善朗選手の『8』の盛り上がりは良かったし、イベントのチラシを持っていなかった自分は、和田拓也選手の『MF』にもちょっと興奮。
将来的にはベレーザもやりたいね。


ふれあう時間はないのかとか思うことはあるけど、ファン、サポーターに喜んでもらおうとしているイベントは素晴らしい。

ベレーザはとりあえず『結果』を主張していたけど、タイトルをとり続けても、主力選手を放出せざるおえなくなったわけだ。
結果を追求することはもちろん、もっと魅力あるチームを目指していかないと選手もファンも離れていくと思う。


盛り上がったファンの集い。
いろんなパフォーマンスがあったけど、一番会場が沸いたのが森勇介選手の『クリーンなプレー宣言』
凄い選手が入ってきたんだなぁ。

は?

テーマ:

「メリークリスマース!!」


って、12/24の夜。突然りゅうさんから電話が掛かってきて言われた。


そして二言目に


「中地さん引退するの知ってた?」




「は?」




意味がわからなかった。


選手権で負けても涙はなかったが、今回は泣いた。


正直、昨年は引退もあるかもなんて不安だったが、今年は特徴であるスピードが戻り、終盤にレギュラー定着していたので、全く考えていなかった。


選手権の2日前にもランドで話してたんだけども、まったく察せず。

自分の察さない力も相当なもんだ。


大会後に発表したというのも中地選手の判断だろうか。

サポーターとしては大いに不満ではあるが、それも中地選手らしい。


ききたいこと、いいたいこと、たくさんあるけどまだ整理つかん。

まだわけわかんないんだけど、中地さんが「悔いはない」って言っているし、受け入れよう。受け入れよう!

あー もー とにかく ありがとうございましたって言いたい!