ヨーロッパ・中近東・アフリカ

―イギリス
ロンドン
―イタリア
ローマ/フィレンツェ/ミラノ
―オーストリア
ウィーン
―スイス
チューリッヒ
―スペイン
マドリッド/バルセロナ
―ドイツ
フランクフルト
デュッセルドルフ
ミュンヘン
―トルコ
イスタンブール
―フランス
パリ
―オランダ
アムステルダム
―ロシア
モスクワ
―ドバイ
ドバイ
―エジプト
カイロ

アジア

―インド
デリー
―インドネシア
バリ島
ジャカルタ
―韓国
ソウル
―カンボジア
カンボジア
―シンガポール
シンガポール
―タイ
バンコク/パタヤ/
チェンマイ/シラチャー
プーケット島
―台湾
台北
―中国
上海
北京
香港
マカオ
ハイナン
大連
成都
青島
―モンゴル
ウランバートル
―ベトナム
ホーチミン/ハノイ
―マレーシア
クアラルンプール/
ペナン島/ランカウイ島
コタキナバル
―モルディブ
モルディブ
―フィリピン
セブ
マニラ
―ラオス
ビエンチャン/
ルアンパバーン
―バングラデシュ
ダッカ
―日本
札幌
東京
名古屋
大阪
九州
福岡
熊本
鹿児島
ハウステンボス・長崎
沖縄
―スリランカ
コロンボ

太平洋

―グアム
グアム
―サイパン
サイパン
―ハワイ
ホノルル
コナ/マウイ

オセアニア

―オーストラリア
ケアンズ
シドニー
ブリスベン
ゴールドコースト
パース
メルボルン
―ニュージーランド
オークランド
―フィジー
フィジー
 
普段パッケージツアーを利用しない一人旅に慣れてる人、

マイレージが溜まったのでホテルだけ予約したい人に超オススメ!

【HIS海外格安ホテル予約サイト】
マルハバ! - from H.I.S. Maldives


にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ
にほんブログ村

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-16 19:12:30

イルフシ

テーマ:イルフシ

こんにちは。ひつじです。


フライング気味に5月病にかかりました。

何をするにしても先取りはいいことだとポジティブに捉えています。


今日は、先日行ってきたイルフシをご紹介致します!

正式名称は、The Sun Siyam Iru Fushi (ザ・サン・シヤム・イルフシ)といいます。

とある有名ホテルチェーンが経営から退き、(名前だけ)生まれ変わったリゾートです。


名前だけとしたのは、サービス、施設、客室、全てにおいて高水準を保っているからです。

このリゾートの特徴は、綺麗な白い砂浜。大規模なリゾートアイランド。数々のイベント、アクティビティです。

今回泊まったお部屋は サンライズ・ホライズン・水上ヴィラ



海に降りる階段、海を見下ろせる一部透明ガラス床、頭上から降り注ぐレインシャワー、ジャグジー…と、すごく豪華な客室です。(他のお部屋カテゴリーでは違う点もございます)




スパではモルディブと中国のスタイルがミックスされた独特な空間。池に金魚もいて日本人には落ち着くすごく洗練された雰囲気です。



一部お部屋やバーからはサンセットを見ることができます。



この日の日替わりイベントはライブ。すごくロマンティックな気分になれます。


イルフシはまだまだここに書ききれない特徴がたくさんあります。

まず間違いなく言えることは、たとえ1ヶ月このリゾートに滞在しても1秒も飽きることなく楽しませてくれるエンターテインメントに溢れたリゾートだということです。


ぜひ、VACATIONでもイルフシをチェックしてみてください。


ではまた!

2014-04-05 12:44:06

フルマーレ

テーマ:モルディブINFO

シープひつじです。


今日は、どういうわけか朝4時半に起きてしまったので、ブログを書きます…。

4時半に起きると、9時の段階で眠くなるんですね。


一昨日、モルディブに来てはじめてフルマーレに行って来ました!

フルマーレ(Hulhumale)島は、国際空港のあるフルレ島のお隣にある島です。

お互い橋で結ばれているので、アクセスがよく、飽和状態になったマーレを避けて地元民が移住している新・住宅街です。


人も少なく、土地もある、ビーチもある、アクセスもいい。

ということで次々にホテル、ゲストハウスが建てられています。乱立です。


で、行って来ました。2件。


「リップル・ビーチ・イン」

は、フルマーレ島の奥にあり、比較的静かで目の前に海があります。

総客室10と少なくお部屋自体もシンプルできれい。

まだ、完成はしていませんが、最上階のお部屋はロングステイ用。眺めも最高!



「クリスタル・ビーチ・イン」

も海を望める好立地。

オーナーは、モルディブの有名リゾートで長年働いてきた、バリバリのホテルマン。

なので、お部屋もリゾート基準でとにかく清潔ですごくいい!

朝食を取っていただけるレストランからは、海が一望でき癒されます。


両ホテル、空港でお出迎え、そしてホテルへの無料送迎つきなので安心。

また、各種アクティビティやツアーも取り揃えているので、一日飲食代+ホテル代+100ドルの予算で十分に楽しめます!!


乗り継ぎホテルとして、学生旅行、卒業旅行、将来のハネムーンの下見…。

色々な目的で来られる方をフルマーレ島のホテルは歓迎します。


これからも色々増やしていくので、こちらのブログ、VACATIONサイトをこまめにチェックしてみてください!

(ブログはあまり更新されないかもしれませんが…)



2014-03-16 18:18:20

The Residence

テーマ:レジデンス

何と本日は豪華2本立て!(写真がたまったので。)


こちらも、素晴らしいリゾートです。「レジデンス」。

2012年にできたばかりで、マーレ空港からさらに国内線で50分。


すごーく静かで植物園並みに緑が整えられたリゾートです。


今回は人生初!の水上のお部屋に泊まりました。海の上に泊まるって不思議な気分ですね。

ベランダからは直接海にいける階段が。水位も高くないので泳ぎやすい!




で、行ってきたのが、ドルフィン・クルーズ。リゾートを出発して2分でイルカが現れました。早っ。

最初は怖がっていましたが、徐々に華麗なジャンプを披露してくれるようになりました!

その他にもお部屋の前を歩いていたら、ちっちゃなサメやエイがいたので、海の生物にはいい環境なんでしょう。


こちらのリゾートの目玉は日替わりのイベント。ひつじが行った日にはモルディブ伝統太鼓「ボデュベル」の演奏とダンス。

ダンサーは、観客をダンスへと誘います。ひつじも2回誘われたけど、2回とも拒否したよ。


夕方にはきれいな日没が見れます。ひつじが行った日は曇りだったけど、こんなにきれいな夕日が見れました。

この夕日をレジデンスの象徴的なプールサイドのバーで寝転がって見たら最高ですよ!

レジデンスはモルディブの自然と素朴さ、そして文化に触れられる貴重なリゾートです!!


では、またいつか~。

2014-03-16 17:30:41

Dusit Thani

テーマ:デュシタニ

タイ発の高級ホテル・リゾートチェーン「Dusit Thani」に行ってきました!

約1ヶ月前に…。


ブログをマメに更新できる人ってすごいですよねー。

ひつじの場合は忙しくなかなかできません。(ってことにしといてください。)



デュシタニはすごくきれいなハウスリーフに囲まれていたのが印象的でした。


メインプールの真ん中には大きな樹があり、木陰を提供してくれます。ちょうど行った時にはヨーロッパ系の子供たちが楽しそうに遊んでました。家族連れにはもってこいの遊び場です。


お部屋の方はシンプルでどの世代の方でもリラックスできる空間です。

バスルームは外。レインシャワーやバスタブで開放的でリッチなバスタイムを送れます!

このリゾートの大きな特徴のひとつがスパ。水上や水中に設けているリゾートはありますが、地上5mのところにトリートメントルームをおいているのは珍しいそう。

もちろん、タイマッサージもありますよ。

で、ひつじが感銘を受けたのが、タイレストラン「ベンジャロン」

このロケーションは最高!

実は、ひつじはタイ料理が苦手。数年前、好意でタイ人に料理を振る舞ってもらったにもかかわらず、あまりの辛さに憤りを覚えたほど…。

でも、ここのタイ料理はすごくおいしかったですよ!いやー、タイ料理って美味しいんですね~。




こんな海だから泳いだらすごく気持ちいでしょうね。ひつじは水着を持っていないから泳げない…。

でも見るだけでも満足できる、そんな強烈な海を持っているのがデュシタニです。


ぜひ、海とスパとタイ料理を味わいに行ってくださいビックリマーク

2014-02-16 19:46:21

Viceroy

テーマ:ヴァイスロイ

すごくお久しぶりです。シープですひつじ

気がつくと2月。元日以来、1年半振りのブログです…!


今回はアメリカの高級ホテルチェーン、ヴァイスロイをご紹介します。

2012年に進出したモルディブではヨーロッパの方を中心に既に人気を博しています。

VIPも満足させるサービスに定評のあるリゾートです!


日本でも、「地球の歩き方 2013-2014年度版モルディブ」(ダイヤモンド社)に取り上げられるなど、着実に知名度を上げてきています。

しかし、このブログの更新日現在、日本人滞在者は少なく、思いっきり海外の雰囲気を楽しみたい方にオススメです。


そんなヴァイスロイには水上飛行機で50分。


白い砂浜とドーニ(モルディブ伝統船)を模したお部屋が特徴です。お部屋全てがこの形なので、島全体的に整合性が取れていて落ち着いた雰囲気を演出しています。

室内はすごく広いです。内装はこだわりのインテリアを使用しており、シンプルですが、どこか個性的な空間を作り出しています。

もちろんバスルームも広々。バルタブや天井から降り注ぐレインシャワーが疲れを癒してくれます。

スパもこのリゾートの特徴のひとつ。水上に立てられた個室で波の音を聞きながらのリラクゼーション。日本では味わえない至福のひと時をお楽しみいただけます。


そしてレストラン。メインレストランVistaももちろん一級品ですが、オススメは、Tree House。その名の通り木の上に造られたレストランで、サウジアラビア料理を召し上がっていただけます。


さっとご紹介しましたが、まだまだ書ききれなかったことがたくさんあります。後はぜひご自身で行って更なる魅力を発見してみてください。


こちらは弊社ウェブサイト「Vacaton」のみのお取り扱いです。近日料金を更新予定なのでぜひこちらもチェックしてみてください!


ではまた!

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>