ヨーロッパ・中近東・アフリカ

―イギリス
ロンドン
―イタリア
ローマ/フィレンツェ/ミラノ
―オーストリア
ウィーン
―スイス
チューリッヒ
―スペイン
マドリッド/バルセロナ
―ドイツ
フランクフルト
デュッセルドルフ
ミュンヘン
―トルコ
イスタンブール
―フランス
パリ
―オランダ
アムステルダム
―ロシア
モスクワ
―ドバイ
ドバイ
―エジプト
カイロ

アジア

―インド
デリー
―インドネシア
バリ島
ジャカルタ
―韓国
ソウル
―カンボジア
カンボジア
―シンガポール
シンガポール
―タイ
バンコク/パタヤ/
チェンマイ/シラチャー
プーケット島
―台湾
台北
―中国
上海
北京
香港
マカオ
ハイナン
大連
成都
青島
―モンゴル
ウランバートル
―ベトナム
ホーチミン/ハノイ
―マレーシア
クアラルンプール/
ペナン島/ランカウイ島
コタキナバル
―モルディブ
モルディブ
―フィリピン
セブ
マニラ
―ラオス
ビエンチャン/
ルアンパバーン
―バングラデシュ
ダッカ
―日本
札幌
東京
名古屋
大阪
九州
福岡
熊本
鹿児島
ハウステンボス・長崎
沖縄
―スリランカ
コロンボ

太平洋

―グアム
グアム
―サイパン
サイパン
―ハワイ
ホノルル
コナ/マウイ

オセアニア

―オーストラリア
ケアンズ
シドニー
ブリスベン
ゴールドコースト
パース
メルボルン
―ニュージーランド
オークランド
―フィジー
フィジー
 
2009-05-11 00:00:00

10年後に実現!?カリフォルニア新幹線構想

テーマ:交通機関

「本日も新幹線をご利用頂き誠にありがとうございます。

この列車ジャカランダ128号はロサンゼルスを出ますと

次はサンフランシスコ国際空港に到着します。

所要時間は2時間30分になります。」


なんて言うアナウンスが10年後にカリフォルニアを

走る列車内で聞こえてくるかもしれません妄想


ノンフィクションではなくにわかに現実味をおびてきています。


H.I.S. ロサンゼルス


昨年11月に1兆円近い予算を投じることを認める提案が住民投票で可決。

現在このプロジェクトを担うカリフォルニア州高速鉄道局(CHSRA)により

最終的計画設定段階に入っています地下鉄


H.I.S. ロサンゼルス

カリフォルニアは仮に1つの国として独立した場合、

その規模は世界で7番目の経済大国になりうるそうですお金


面積は日本日本列島やドイツドイツ、フランスフランスなどに相応し、

人口も20年後には5,000万人を超えると予想されており、

それらのバランスからも弾丸鉄道は州の経済活性化に

必要不可欠であると考えられるようになりました。


H.I.S. ロサンゼルス


来年、もしく再来年から着工が予想されておりますが、

約10年間の第1期工事は

ロサンゼルスとサンフランシスコを2時間半

で結ぶことを目標としております。


ただ、入札はまだ行われておりませんパー

日本のJR以外にもドイツやフランスも強力に売り込みを

かけているようです。いずれの列車にしても夢のある話しです。



カリフォルニア州高速鉄道局(CHSRA)のWEB上では

動画で鉄道像が紹介されていますテレビ


http://www.cahighspeedrail.ca.gov/gallery.aspx

近未来の旅行をイメージされてみては如何でしょうかひらめき電球



※写真は全てイメージです。



CHSRA (California High-Speed Rail Authority)

ホームぺージ公式ホームページ


H.I.S. ロサンゼルス


TKキャンディー

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード