予約注文リスト

テーマ:
今日めっさ寒いですね~
え~アマゾンに毎月5000円ぐらい払うと
プロマーチャントになれて
売れるたびに支払う100円が免除されるのと
ツールが使えたりするらしいのと
購入予約リストが見られるようになるんですよ

購入予約入れたことがあります?
これは、マケプレに出てない本が
マケプレで欲しいときにコンディションと値段を指定して
予約入れれるサービスなのですが
それの一覧が落とせるようになるんですよ

このリスト量が膨大で
上手く使うためにはある程度エクセルの知識が必要かも知れない
で、高い順にせどりが探すみたいな(^_^;
あとは早い者勝ちなんですね

あと、パソコンのリストなんで
電脳せどりには有用なのかも
リストをぶち込んで
どっかネットで売ってねぇかな?
みたいなことが出来る見たいなんです

アナログな使い方としては
ひがなリストを眺めていると
なんかブックオフで棚を見ているときに
おっとなるらしいんですな

ちなみに僕は全然使ってませーん
リスト見れないプロマーチャントminiがあったら利用したい(*^ー゚)b

なるほど
AD

保留中

テーマ:
買った人のカードの有効期限に問題になると
保留待ちになります
72時間たったら
再出品してくれりゃーいいものを
自分でやらねばなりませぬ

めんどくさいですけど
放置しておくと
値段の付く本が
出品されておらずなんて事がΣ(´Д`ノ)ノ

本棚に入ってて出品しているつもりって言うのが
存外怖いので
時々手にとってこいつは今いくらでちゃんと出てるかな?
と確認してあげましょう(*^ー゚)b

了解
AD

ベータの出品一覧

テーマ:
MLC要素満載なあれですが
まず、出品総数が解る
これはMLC導入して感動した部分であるのですが
それが解ってしまう<ごいすー

それと、同じコンディションの最安値が解る<ごいすー
ただし、コンディションが違うと
自分より上位のコンディションの本が安く出ていても
それが解らないという難点があります
上位のコンディションの方が安かったら
絶対そっちが売れるよ、ちくしょー(;▽;)

ということで、既存の出品管理ツールを使い続けてきた僕ですが
ベータながら価格改定するには
もう移行した方が得策です(m_m)<いつ本サービスに移行して
古いのが無くなってもオッケーよ
ただ、根本的な部分?マケプレの
は結局共通なのでf(^ー^;
付け刃ですよね<ベータのツールって

人気blogランキング
AD

アマゾンとは

テーマ:
世界最大のネット書店amazon.com
日本法人はamazon.co.jpで
ここのマーケットプレイス(マケプレ)で本を売って
お金を稼ぎます
マーケットプレイスの良いところは
お客が多く、新品と一緒のページで販売されるために
すぐに売れる事
お金のやりとりもアマゾンが請け負ってくれるために
非常にシンプルに本を売れるという事がある。