「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

その危機意識の普及・共有が、私達の存続の手がかりで、
必要なのは、あなたの機転と勇気とクチコミです。
https://twitter.com/AntiBilderbergs

2015年9月19日
安全保障関連法案の強行採決についての
平 哲也 新潟弁護士会会長のコメント

それぞれの画像をクリックすると、リンク移動できます
《希望のまち東京をつくる会》へリンク

「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」

「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

$「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

$「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

$「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!

$「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!


Ⓒ 「国公労新聞」 $「生きる権利、生きる自由、いのち」が危ない!
Ⓒ 財務省



テレビや新聞など大手マスコミは、


私たちに真相本当の動き


教えないばかりでなく、誘導・扇動さえしています


「憲法全面改悪」や「廃民的な政権運営」


「原発=核の権力構造」内部被曝被害の拡大


原発被害の野放図・拡大状況」


市場原理主義/新自由主義」の存在自体


グローバル化の真実


TPP等」や「道州制地方分権/地域主権改革)」


国民主権民主主義実質的な破壊・空洞化の動き


秘密保全法案」や「国家安全保障法案


マイナンバー法/国民総背番号制」など


1984化”の動きなど


マスコミを情報源とする多くの火宅の人々」に


こうした絶体絶命の火急の危機を広めないと
私たちはオシマイで、


風前のともしびの状態になります!


でも、”クチコミが困難である”アナタ
よ~く共感できます。



アナタの近所など周辺住民にとっては、
見ず知らずの顔である<知り合い>と


<アナタ>とで、
それぞれ相手の近所周辺を、
チラシを投函して回る「交換ポスティング」作戦
(”交換サツジン”みたいな格好)は、いかがですか?


知人と交互での交換ポスティング作戦」だと、


”御自身で御近所を投函しまわる”よりは、


御近所に、アナタの顔がさす事なく、
はるかに気楽に、
真実や危険性を広める
事ができませんか



ちょっと御検討をお願いいたします。
Twitterアカウントは
https://twitter.com/AntiBilderbergs です。


テーマ:

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ ◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明
(2017年2月1日)

政府は、これまでに何度も廃案となっている共謀罪を、
テロ準備罪の呼び名のもとに新設する法案
国会に提出する予定であると報道されています。
しかし、この立法は以下に述べるように、
犯罪対策にとって不要であるばかりでなく
市民生活の重大な制約もたらします


1.テロ対策立法すでに完結しています。

2.国連国際組織犯罪防止条約の締結に、
このような立法不要です。

3.極めて広い範囲にわたって
捜査権限
濫用される
おそれがあります。

4.日本は組織犯罪も含めた犯罪情勢を改善してきており、
治安の悪い国のまねをする必要ありません

5.武力行使をせずに
交渉によって平和的に物事を解決していく姿勢を示すことが、
有効なテロ対策です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

映画『共謀罪、その後』第1話――――――――――――――――――
未必の故意による黙示的共謀って⁉︎
共謀罪成立前にしてこの法の濫用
共謀罪どうなる⁉︎
岩上安身による平岡秀夫・元法務大臣
市民の党・斎藤まさし代表 インタビュー!
2017.1.30⇒IWJ記事
――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
国民主権がなくなる日〜本当に怖い法律のお話~
(ラジオフォーラム#164)
ゲスト:海渡雄一弁護士 20170118 UPLAN「共謀罪」なんていらない?!
これってホントに「テロ対策」?
―――――――――――――――――――――
自由なラジオ Light Up! 027回
「こんなに危ない共謀罪
―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―
あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは
OurPlanet-TV本ページ
―――――――――――――――――――
〈Web記事〉小笠原みどり「スノーデンの警告“僕は日本のみなさんを本気で心配しています”~なぜ私たちは米国の「監視」を許すのか~
―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―
映画『スノーデン』 予告編
――――――――――――――――――――
米国の同盟国をやめた瞬間に、CIAのマルウェアが日本中のインフラを崩壊させる!?スノーデン証言の真偽は⁉︎ーー映画『スノーデン』のオリバー・ストーン監督に岩上安身が直撃質問!
2017.1.18
―――――――――――――――――
オリバー・ストーン監督の日本への警告
20170118 NEWS23

―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―


特定秘密保護法案に対する
国会周辺でのデモ活動について

単なる絶叫戦術
テロ行為その本質において
あまり変わらない
ように思われます」
自民党の石破茂 幹事長
2013年11月29日当時)自身のブログにて。
(志葉玲さんのWeb記事にリンク移動します)
テロかどうか判断・線引きできるのは、
私たち市民/主権者側ではなく権力側

―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―


『週刊金曜日』2017年2月10日号/1123号
「特集「多喜二の時代」と共謀罪」
の中で、
秋山健司 弁護士インタビュー
「『共謀罪』が成立したら
こんな世の中が待っている!?」
「Q&A こんなことが本当に犯罪になるの?」

という、三つのQ&A形式の記事があります。

【Qus./質問1】
――フェイスブックページで
米軍ヘリパッド建設反対・阻止行動が
呼びかけられています。
反対住民が不当逮捕され、
支援カンパが呼びかけられていたので、
私も『いいね!』して、
賛同するコメントを書き込んだのですが…
。――


【Ans./回答】
ヘリパッド建設反対・阻止行動では、
現に威力業務妨害容疑で逮捕者が出ています
その関係で、
ヘリパッド建設反対・阻止行動については、
複数人で行なうと
「組織的な犯罪の処罰および犯罪収益の
規則等に関する法律」(第3条第1項第12号)
組織的威力業務妨害罪となり
懲役5年を科せられる可能性があります。
過去に政府が提出しようとした共謀罪法案では、
長期4年以上の刑罰を定める犯罪共謀を
対象
としており、
複数の者が話し合いをした時点で
組織的犯罪集団」と見なされます
犯罪に関する話し合い共謀をすると、
その時点組織的威力業務妨害罪の共謀罪
成立する
とされかねません。
フェイスブック」など
SNSでのやりとり

計画」(共謀)と
見なされる可能性ある
のです。
 今回の法案では
話し合い(共謀)の後に「準備行為」がないと
処罰しないとされているようですが
「準備行為」は処罰条件であって
犯罪の成立要件ではない
という説明もあります。
つまり準備行為なくても
逮捕される可能性がある
のです。
また、話し合いの後に、捜査機関から見て
「話し合いに基づく犯罪の準備行為ではないか?」
と見なされるような行動
(カンパ資金と捉えられるような預金引き出し行為等)をすると、
処罰条件としての準備行為があったとされ、
逮捕状が請求される可能性があるのです。

―――――――――――――――――

他ふたつの質問も興味ぶかいので、
ほか二つは、どうぞ誌面で確認してみて下さい。

うえの回答から、私たちは、
ソーシャルネットワーク手段でのやりとり
カンパ資金と解釈可能な預金引き出し行為すらも
計画=共謀罪」として解釈できる可能性
があることを確認するのですが、
加えて、その一方で同時に
これまでで既に
恣意裁量的な公権力の運用》によって、
逮捕・拘留されている現実がある
ということも、押さえておく必要があります。
――――――――

話が少し変わります。

御存知の方も多くいらっしゃるとは思いますが、
憲法は、まず「権力を縛るもの」ですよね。

そして権力を縛ること〉と、
権力を縛ることをもって
個々人の人生&人格が守られること〉とは、
表裏一体の関係❞であるはずです。
伊藤真のけんぽう手習い塾「第89回 憲法施行70年にあたって〜9条、13条、24条を考える〜」

そうした仕組みであるはずの立憲主義の
ひとつの形としての、日本国憲法の前文には、
「わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ること
ないやうにすることを決意し、
ここに主権国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、
その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。」

とあり、その憲法の第12条には

「この憲法が
国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、
これ保持しなければならない。…」

とあり、
憲法自体
公権力縛る仕組みになっているが、
他方で同時に
憲法が保障する〈言論・集会・結社の自由
などの基本的人権をもってして、
主権者である国民自体
権力の暴走に歯止めをかける努力についても
書かれてあります。

国民主権の健全な立憲デモクラシー社会
続けていくのならば、最低限度、
ふたつの事柄守られる必要があると思います。

主権者行動をもってしても
権力の暴走止める努力の必要があるのならば、
政府の暴走を止める行動に出るのに
健全な事実/真実の情報」が
メディアによって提供されること」が
当然に必要になってきます
その事について、たとえば、長年にわたり、
環境問題、消費者の権利保護問題や民主化問題に
携わってきた弁護士で社会運動家の
ラルフ・ネーダー氏の言葉で
情報民主主義通貨である
というのがありますが、

メディアによって社会に供給・提供される
報道〉や〈情報〉を

排除》や《隠蔽》によって
「現状を正確に伝えない
――つまり《白いウソをつく》――

誤解をまねく《印象操作

デマ》《捏造
――つまり事実でない《黒いウソ》――

によって「世論汚染」されているとすれば、
マスコミによって、扇動のための悪貨が
流通される世の中になってしまう
》のですが、
「私たちから強制的にカネを巻きあげている
NHK〉が先頭をきって社会崩壊もたらす
扇動のための悪貨の鋳造》を行なっているのですから、
かなり罪深いこと》をやっていますよね。

政府から予算としておカネを得る〉にしても、
私たちから直接にカネを巻き上げる〉にしても、
私たちからカネを吸い取っている」のに、
その《私たちを欺き苦海に沈める行為
加担している
》のですから、
かなり罪深い❞ですよね。

また
「ニュース女子」による《ヘイトデマ》に関して、
その司会を務める長谷川幸洋 東京新聞副主幹
「ニュース女子」のヘイトデマ放送
"言論の自由だ”と反論しているようですが、
ヘイトデマ》は、
言論の自由の範疇に入らず
憲法で保障されていないようです
長谷部恭男「憲法学の虫眼鏡~その2表現の自由と公共の福祉~」出版社・羽鳥書店Web連載記事


健全な新聞報道

ジャーナリストによる健全な情報提供は、
世の中に流れる情報を、
事実度や真実度の高いものとして
その重み信頼度を保証する「担保」の役割を
担っている/担わされている
はずで、
人々は、新聞報道だからこそ、
記者と会社の「責任」をもって
事実性が保証されているもの
として
新聞報道を信用してきたはずです。
人々が、その新聞報道を信用するのは、
事実確認事実の裏づけなどを通じて、
その報道内容を「責任をもって報道している、
という「担保」によって、のはずです。
――議論が漂流しないための「」――

その「担保の価値が、福島原発事故により
金メッキ》だったことが判明し、
自社の信用挽回のために、
『朝日新聞』は、
「プロメテウスの罠」を必死になって書いて
「担保」の値崩れ挽回を狙ったはずですが、
でんでんの《すし友》が、
ほとんどの大手マスコミの要職〉に
存在している在り様ですから、
朝日新聞の「担保」も、
依然として怪しいものです。

311以後の報道で、
俄然に信用を高めたのが
『中日新聞/東京新聞』ですが、
当の長谷川幸洋 副主幹自身は、
政権側の規制改革推進会議のメンバーなのですから、
権力を監視する立場どころではなく、
権力側に立っている感覚にある」ではないか、と思われます。

この立憲デモクラシー社会で、

行動に出るにしても、
まず報道などの情報基づいて行動に出るので、
行動は、
情報によって大きく左右されることになります。

――――――――

つぎに、
仮に〈マスメディアなどのメディア〉が
健全に機能していて、
健全に権力チェック」や「情報供給」や
報道」をしている、と仮定しましょう。


政府が暴走しているとする〈報道などの情報
まとめた認識
に基づいて
デモ座り込みなどの〈行動に出る〉にしても、
政府の暴走抗議するための
何かしらの行動に出る前の
仲間や知り合いの間での〈打ち合わせ〉が
共謀計画として解釈されて逮捕される
となる

あるいは、

山城博治さんの場合、斎藤まさしさんの場合、
また
反原発活動や汚染がれきの受け入れ反対の
声をあげていた市民
が、
警察によって
不当逮捕・勾留》されてきているように、
誰か〉を《恣意裁量的に不当に逮捕》し、
逮捕・勾留した相手〉を基点にして、
芋づる式に共謀罪で捕まえる》ことで、
市民運動の広がりに対する《委縮効果》に
公権力側〉が成功する

あるいは、

カンパ」および
カンパの為の預金引き出し」に対してすら
「《共謀罪解釈が可能となる」ことで
市民活動を《カンパ兵糧攻め》にすることに
成功することだけでも

政府に暴走させない為の行動止める》ことに成功することになります。


さきの〈報道〉や〈情報供給〉は、
立憲デモクラシー社会においては、
市民や主権者にとっての〈インプット/入力〉で
もう一方の、
集会・結社などの〈行動/抵抗〉のほうを
(学習機会・交流機会でもありますが)
アウトプット/出力〉と
位置づけることができるとすれば、
政府の暴走による惨禍》を
行動でもくい止める」には、
情報インプット〉と
行動アウトプット〉とが、
必要になってくるはずですが、
いまの《アベ政治》は、

禍々しく歪め見事に破壊している》のを
目の当たりにしているような気がします。


【つづく】

◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇
「戦争のつくりかた」
アニメーションプロジェクト
-What Happens Before War?-
―――――――――――――――――――
ネットプリント番号を更新しました!
共謀罪の危険性を伝えるプラカード(8種)を用意しました!デモ、スタンディング、街宣等で御活用を
http://sogakari.com/?p=2472
(総がかり実行委員会)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【2/27~3/3 RCEP交渉会合@神戸を機に、
国内外から豪華ゲストが神戸に集結!】
--------------------------------------------
〈2/26日開催!RCEP交渉会合@神戸 関連企画〉
RCEP会合前日!
ジェーン・ケルシーさん特別講演会
アジア太平洋のメガ自由貿易協定の行方と私たちの未来
==RCEP交渉の現状と問題点を語る==

--------------------------------------------
https://www.facebook.com/events/414897845518373/
米国のトランプ大統領の登場によって崩壊したTPP。
しかし米国はその中身を二国間協定に持ち込み、
日本を含む各国にさらに強い要求をする流れになっています。
一方、世界にはTPP以外にも、
米国とEUのTTIP、サービス分野の交渉であるTiSAなど、
メガFTAが並行して進んでいます

その一つであるRCEPは、
ASEAN10ヵ国と日本、中国、韓国、インド、豪州、NZの6カ国の計16カ国で交渉中の貿易協定です。
「中国主導」と言われ米国からも警戒されていますが、
果たしてその実態どのようなものなのでしょうか?
 2月27日~3月3日まで神戸で開催される
第17回RCEP交渉会合には、
交渉参加国から600~700名も交渉官が参加し、
関税、サービス、投資など幅広い分野で交渉を行いますが、
その詳細は「秘密」です。
RCEPには経済力や文化、社会、歴史も多様なアジア諸国が
参加しており、日本の私たちの暮らしへの影響だけでなく、
途上国や新興国の人々にも直接影響を与えかねません

そもそも、アジアの一国である日本は、
この地域で経済だけでなく社会・文化面も含めて
どのような協力関係を結び、どのような「アジア」を
構想すべきなのでしょうか?
また現在交渉中のRCEPの中身は、
平和で持続可能なアジアの実現に果たして寄与するものなのでしょうか?
RCEP交渉会合直前のこの日、
TPPやTiSA,RCEPなどのメガFTAを長年ウォッチし、
国際市民社会のメンバーとして活躍するジェーン・ケルシーさんをお招きし、
RCEP交渉の現状と問題点についてお聞きします。
TPP、TiSAなど他のメガFTAの最新情勢も交えながら、
世界の貿易協定の実像を知り、
私たちの対案をご一緒に考えましょう。
■日時:2月26日(日)14:00~16:30
■場所:兵庫県保険医協会 会議室(元町駅から南 徒歩10分)
http://www.hhk.jp/pages/access.php
■参加費:1,000円
■講師 ジェーン・ケルシーさん
(ニュージーランド・オークランド大学教授)
★他、RCEP会合に合わせ来日する海外NGO、国内豪華ゲストを予定!
★「RCEPに対する国際市民会議」の神戸での活動紹介とご案内もいたします。
■ウェブサイト:http://rcepinfojp.blogspot.jp/ 
■共催:RCEPに対する国際市民会議
RCEPに対する国際市民会議・神戸実行委員会
■連絡先: (東京) 事務局:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC) 
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
1月2日放送TOKYO-MXTV「 #ニュース女子 」による「のりこえねっと」および共同代表・辛淑玉を誹謗中傷する虚偽報道に対する抗議声明
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
『2・19総がかり行動 -格差・貧困にノー!!
みんなが尊重される社会を!-』
19日13時半~ 日比谷野外音楽堂
※集会後、銀座パレード

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☟クリックするとリンク移動します☟
署名協力をお願いします

《山城ヒロジさんたちの保釈金
や弁護士費用、そのほか費用の
カンパの呼びかけ》

●ゆうちょ銀行・郵便局からの振込
記号 17050 番号 18292851
(口座名)
オスプレイ・ヘリパッド建設阻止高江現地実行委員会
―――――――――――――――――――――――


「ヘリパッド建設に反対する緊急行動」
【振込先】
銀行名:ゆうちょ銀行
●ゆうちょから
記号:14400 番号:49707101
●他銀行から
店名:四四八
預金種目:普通
口座番号:4970710
口座名義: 沖縄・北部訓練場のヘリパッド建設強行に反対する若者有志の会
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



■日曜アクション (第2、4の日曜日開催)
※2月12日は、
前日(11日)に講演会開催のため中止します。
〇2月26日は、
新宿アルタ前街頭宣伝は行います。
(16時~17時)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「くにたち上原景観基金1万人の会」発足

当時、オール国立の立場で、
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめ、
大学通りの景観を守ろうと、
市民の立場に立った上原公子市長(当時)に対して、
最高裁判所は、昨2016年12月13日に、
上原公子さんが
国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、
上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
国立市にはなんら損害がないことであるにもかかわらず、
上原さんを丸裸にし、身ぐるみを剥ぐような「いじめ」を、
国立市はしているに等しいです。
元市長個人に対する賠償の結果
(遅延損害金含めて約4,500万円)は、
驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。
新たに発足する会に集う人々は、
その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。
その決意に対して、
各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になりました。
また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
子どもたちに平和と未来を
パレスチナ 子どものキャンペーン

パレスチナ難民500万人、シリア難民500万人
中東の危機は、
今や世界全体に突き付けられた問題です。
パレスチナ・ガザ地区では、
2014年夏のイスラエル軍による軍事侵攻によって
10万人が家を失いました。
その後、封鎖された状況下で復興は遅れ、
6万5千人が半壊した家などでの避難生活を
いまだに続けています。
また、例年、冬は嵐や洪水に見舞われ、
更なる困窮状態に置かれる人たちが多くいます。
軍事侵攻で負傷した子どもたちへのリハビリ支援などに加え、
避難を続ける人たちがこの冬を乗り切るために
衣食住の緊急支援が必要です。

〇レバノンの越冬支援
〇シリア難民支援
〇ガザ緊急支援
〇ろう学校支援
〇児童館支援
〇ガザ農業支援
〇パレスチナ難民支援
〇東北支援
〇パレスチナ刺繍などのネット販売
〇その他の支援
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈保健所〉や
〈犬猫救済ボランティア〉さんから
イヌネコ達のいのちを
譲り受けましょう

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「未必の故意による黙示的共謀」って⁉︎
共謀罪成立前にしてこの法の濫用
共謀罪どうなる⁉︎
岩上安身による平岡秀夫・元法務大臣
市民の党・斎藤まさし代表 インタビュー!
2017.1.30⇒IWJ記事
――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
20170118 UPLAN「共謀罪」なんていらない?!
これってホントに「テロ対策」?
―――――――――――――――――――――
1-2 基調講演【山下幸夫弁護士】共謀罪法案に騙されないために(第91回草の実アカデミー)2017.01.21
―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―

あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは

OurPlanet-TV本ページ
―――――――――――――――――――
〈Web記事〉小笠原みどり「スノーデンの警告“僕は日本のみなさんを本気で心配しています”~なぜ私たちは米国の「監視」を許すのか~
―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―

映画『スノーデン』 予告編
――――――――――――――――――――
米国の同盟国をやめた瞬間に、CIAのマルウェアが日本中のインフラを崩壊させる!?スノーデン証言の真偽は⁉︎ーー映画『スノーデン』のオリバー・ストーン監督に岩上安身が直撃質問!
2017.1.18
―――――――――――――――――
オリバー・ストーン監督の日本への警告
20170118 NEWS23 ―――――――――――――――
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

医療介護関係の記事は、
あと1~3本ほど書いて、
いったん締めたいと思っています。

あと2、3本くらいで、
いったん締めくくれるのですが、
今国会で《共謀罪》が狙われているようですし、
そしてまた、
オリバー・ストーンの『スノーデン』が上映中ですので、
日本をもちろん含んだ世界の監視化状況について
急ぎ御紹介したいと思います。


今回は、
その世界の監視社会化事情を御紹介する前に、
パノプティズムに見られる統治技法》と
《「共謀罪期待される統治技法》の性格と、
電子テクノロジーの発達によって可能になった、
ポスト・パノプティズム/パノプティズム以後の
監視技法
》との、
合計〈3つ〉の統治技法の峻別を、
監視社会における統治技術を整理するために、
行なっておきたい、と思います。


「陽の下に、新しきものは無し」
という言葉があるように、
高樹が思いつく位ですから、
とっくの昔に、どなた様かが、
以下に述べるような整理や指摘が、
あるいは、それどころか、
それ以上のスケールの厚みをもった提示が
行なわれている可能性は大きいでしょう。

にもかかわらず、
「バカの強みを活かして」申し上げるのは、
監視的統治に関して、その統治技法を
もうちょっと分類したほうがいい」かも、
と思うことがあるからです。
――もっと分類したほうがいいのに、という不満が
ある訳ではありません。
不満があるのは、未分類のほうに、ではなく、
共謀罪やマイナンバー制度など、
監視社会化を進める動き」のほうに!です――


さっそく本題に入ります。

最初にあげた〈パノプティズム〉は
ミシェル・フーコー『監視と処罰/監獄の誕生』で
紹介され有名になった統治技法です。
功利主義者のジェレミー・ベンサムが考案した、
パノプティコン一望監視施設」という
監獄についての画期的で理想的なアイディアに象徴される監視技術です。

  その原理仕組みは、次のとおりです。

監獄建物の中心に監視塔が位置し、その監視塔を
囚人の各独房が、ぐるりと取り囲む格好
の建築様式をとっています。
こんな格好の建築様式です。

団地の各部屋のように並ぶ一個一個の独房は、
外界の光が差す外壁の窓を背にして、
監獄の中央に位置する監視塔に向かう格好で
おおっぴろげに内窓が開放された間取りになっています。
その事から、自分が収容されている独房は、
監視塔の看守からすれば、「丸見え」の状態です。
こんな感じです☟

☝の図では、
図の真ん中にいる〈囚人〉が、
正面向こうにある、建物の中央に位置する
〈監視棟〉に向かって「ひざまずいて」います。

「独房」は、ですから、
各独房の〈各囚人〉は、
一人ひとりが内壁で「隔離」されていて、
ほかの囚人と接触することはできない」建築様式になっています。
その事から、
囚人〉は、四六時中孤独な状態」で、
建物中央の〈監視塔の看守=監視者〉から
いつ何時でも見られてもいい状態に置かれている」ことになります。

もういちど、
最初のほうのパノプティコンの画像2枚を
見ていただきたいのですが、
独房の外壁の窓から中央の監視塔に向かって
外の光が差す
格好になっていて、
外壁の窓から差す光を背にする〈囚人〉は
監視塔からは
「独房の中の囚人の様子はよく見える
」が
他方、独房の囚人からは
「監視塔の様子は分からない
」、
それどころか、
「監視塔に看守がいるかどうかさえ確認できない
設計になっています。

その事から、〈囚人〉は
建物の中央に位置する監視塔の〈看守〉から
つねに監視されてもおかしくないこと」を、
いやでも常に意識せざるをえなくなります》。

すると、仮に監視塔内に「看守が“いなくても”、
監視下に置かれている意識感覚」で、
〈囚人〉は
自動的にみずからを管理し律する》動きをするので、
そのアイディアを思いついた功利主義者の
ベンサムにとって、
パノプティコン/一望監視施設》がもつ統治技法は
画期的で理想的、と思われたのでした。

この《パノプティコン》という仕掛け/装置をもって、
囚人など〈監視される側被‐監視者〉が、
意識の中で勝手に自分を見張らせる》ワザは
監視される側みずからを自己監視=管理させること」で「自己監視/自己管理させる」、
看守など〈監視者/統治者〉の
手間ヒマを省いてくれる」点で
コストパフォーマンス優れています”が、
強いて言えば、弱点ひとつあります。

それは、
この〈パノプティズムという権力技法〉が、
監視される側
被‐監視意識ひとつ懸かっている
という点です。

つまり、この〈パノプティズム〉は、
被‐監視者〉の「意識」に
依存しないと、成り立たない」点です。

しかし、
いか意識依存しているとはいっても、
開き直って好き勝手しているのが見つかったら、
罰則を受けるので、
罰則を受けることも
みずから勝手に計算に入れる」ことをします。


つぎに、
共謀罪》でもって
〈統治側〉が「期待していると思しき効果」について
考えてみます。

たとえば、《共謀罪》による「委縮効果」も、
みずからが勝手に自分を管理・自律する
という点で、
さきの《パノプティズム》の統治技法と重なります。

しかし、《共謀罪》には、
相互監視」や「相互疑心」や
ギスギスとした空気をもたらしてしまう
という“破壊的な創造性”を、
仕掛け装置として有しており、
その事から、
パノプティズム》に「おさまりきらない性質」を
持っていると思われます。

それは、
〈フセイン時代のイラク〉や〈旧東ドイツ〉や
〈旧ソ連〉など海外事例ばかりでなく、
戦中の日本〉でも見受けらたように思います。


そのことを、以下に見ていきたいと思います。

以前に一度引用させてもらったことがありますが、
いま一度、今回は、
この文脈で引用・御紹介したいと思います。

―――――――――――――――――
特定秘密保護法案 沖縄への影響を考える2

(琉球朝日放送 報道部)
http://www.qab.co.jp/news/?p=48174&print=1?TB_iframe=true&

・・・・沖縄戦の研究する石原教授は、
今回の法案に強く反対する一人です。
それは、沖縄の住民がスパイだ虐殺される根拠になった法律
軍機保護法」をなぞる内容だからです。

石原「軍機保護法を下敷きにしたと思われる秘密保護法が
制定されようとしているのは
沖縄にとっては本当に沖縄戦再来の前夜。」

軍機保護法」。明治32年に交付された、
軍の機密を犯す者を罰する法律で、
日中戦争さなかの昭和12年に改正された時には
外国のために行動する者に漏洩したら死刑」と極刑になります。
沖縄戦の住民虐殺の根拠になったのは、この改訂版です。
(中略)

石原「軍民雑居で、陣地作りに総動員されていったということで、
軍人同様軍事機密を知ってしまった
だから敵に捕まる前に死んでもらう。」
生きて虜囚の辱めを受けず」という精神論表向きで、
住民が捕虜になって機密が漏れるよりは
スパイ容疑処刑する」か
自決に追い込む
軍の機密を知る住民
不都合な存在とする「軍機保護法」が生んだ悲劇でした。
スパイ虐殺が頻発した慶良間諸島では、
住民がこんな自衛策をとっていました。
(中略)
三上「暁部隊のマークですか?」

宮城晴美
「そうそう。座間味の座の濁点を撮って「」としてある。
これを芋版で造った各家庭に人数分配ったんです。
道を歩く時には、切って胸元とか袖に貼り付けて
私はスパイではありませんというものに使われたらしいんですね。」

暁部隊。特攻艇をもつ秘密部隊が駐留した座間味島は、
島まるごと秘密基地でした。
海をうろつけば島の漁師でも疑われかねないと、
この印を着物に付けたのです

宮城「ちょっと、血がついているんですよ。
集団自決この子亡くなったんですよ。
血の跡がやっぱり洗えないというか。
洗ったら申し訳ないような気がして。」
亡くなった子供の母親は、宮城さんの祖母です。
祖父が、妻と3人の子供ののどを切りましたが、
命を落としたのは11才の長男ひとりでした。
これは集団自決を生き延びた子供たち。
暁部隊のマークを付けてスパイじゃないと証明しても
結局住民たち我が子を手にかけ
機密を守るよう追込まれた
のです。
宮城さんはさらに、
住民
住民をスパイだと密告する
暗黒社会に陥っていた
重視します。

宮城「住民虐殺というのも、
直接日本軍がもちろん
手を下してたくさんの人を殺していますけれども、
そこにまた住民が訴えたという
そういう風に訴えることによって、保身ですよね
自分の保身のためには
誰かを裏切らなければいけない
という。」

石原教授も、声高な秘密保護は監視社会を生むと警告しています。

石原「廻りからこの人はおかしい、変だなあと。
そういうのは非国民になっていく
わけですよ。
それが軍に知れて非国民スパイ視されて
殺されていく例
というのが沖縄戦では幾通りもあった
この法律制定されて稼働し始めたら
とたんに空気がらっと変って
ですね
自由にものが言えない雰囲気
国家権力、官憲に目をつけられないようにと
自発的な服従心生まれてくる
ことは
100%間違いないですね。」

棚原「小さな島で、
軍隊に協力したから当然機密を知っている
それが、敵がきたら軍機密が漏れる」と殺される
軍隊の情報と隣り合わせに生きる恐怖
改めて感じます

「秘密を漏らすものは厳罰に処す」
という軍機保護法根底にあったんですね。」
――――――――――――――――――

以上のような光景や現象を、
どのように理解整理すればいいのか、と
その手がかりを探る場合に、
高樹がもつ手持ちの知識の中では、
杉田敦『権力論』による権力案内が、
近道のように思います。

がしかし、そのまま、
その考察を当てはめる訳には行かず、
すこし考え直す必要がある
ように思います。
それは、いま現在のところ、
上記の《軍機保護法》の下に晒された
戦中の沖縄〉では、
杉田敦『権力論』でみた「権力空間」とは
またひとつ別種類権力空間」の成立を、
見たような気がするからです。

この言いかたが、
良い線を行っているかどうか、
まったく自信も手応えも無いのですが、
すくなくとも、「権力空間」を
新たに二つに分類する〉ために、
日常時における権力空間〉と
疑心暗鬼下/相互密告社会下での権力空間〉と
敢えて言い分けたい、と思います。

なぜ敢えて二つに分けたのか、というと、
杉田敦『権力論』で、
権力空間が、ある所で一旦成立すると、
まるで竜巻のように周囲の人間を巻き込んで行く

という点と、
戦略的関係性」という点との重要な案内・指摘は、
この場合も、当てはまる(と思う)のですが、
その一方で同時に
軍機保護法》の餌食になってしまった
戦前の沖縄〉で、
沖縄住民が、自分の保身のために、
誰かを裏切らなければならなくなって、
誰か他の住民をスパイだと密告する 暗黒社会空間

のケースも、見てしまったからには、
その“暗黒”の権力空間》は、
自己保身や自己維持のための戦略的意図の関係性」ではあっても、
人々の協同的な関係で共有された格好〉で、
というよりもむしろ、
お互いがお互いを引っ張り合う緊張関係
と言いうるからです。
つまり、
協同によって支え合っている〉側面よりも、
ピンと張り合っていることで成立せしめている
ように見えるからです。
個々人が、
個々の都合で、何かを得るための戦略関係
〉で
成り立っておらず
この《暗黒社会空間》では、
《「囚人のジレンマ」のような、
足を引っ張り合う戦略関係》が成立しているように
見えるからです
――〈どちらの戦略関係〉も、
フーコーの『知への意志』で案内されたように
「戦略的意図の関係性」と言えるかもしれません――。

ただし、社会全体として眺めた場合、
この《囚人のジレンマ的な緊張した権力空間だけ
社会が持続するようには思えないので、
社会全体における一面で
囚人のジレンマ的空間》が成立しつつ、
そのほかの面で
協同的権力空間〉が、
社会全体支えているかもしれません
――現に敗戦直後に伊丹万作が書いた文章は、
町会、隣組、警防団、婦人会などの民間の組織が、
熱心にかつ自発的に支配的論理/空気に協力して、
連続的に自分たち圧迫しつづけ、苦しめつづける
協同関係」を形成した“自己欺瞞”を指摘しています――。


そこで、ですが、《共謀罪》というものが、
日本社会に「埋め込まれてしまった」場合を、
実際に想定した場合、
やはり、人間の心理からすれば、
疑心暗鬼の囚人のジレンマに苛まれる》位ならば、
いかに《専制国家体制》や《独裁体制的に
政治が運営
されようとも、
「《共謀罪》に“触れないように”、
共謀罪》と“無縁であるべく
いっさいモノを言わずただただ隷従するだけ
という、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ること
ないやうにすることを、
個々人の存続戦略の都合から「放棄」することと
なるのではないでしょうか。

共謀罪》にある《密告》や《司法取引的要素》は、
囚人のジレンマ・ゲーム》を“繰り広げさせて”、
人間関係を「悪循環にズタズタに引き裂き
お互いに破壊し合わせる」点で、
芸術的なまでに悪魔的”です。


自民党が目ざす“美しい国”とは、
旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の「悪魔」に
とって“住み心地のいい冷たい国」”なのでしょうか?

文字数制限があるため、
電子テクノロジーの発達による
《ポスト・パノプティズム》
」、
――“ポスト・パノプティズム”という表現が、
注目を集めるための筆をすべらせ気味の表現だとすれば、少なくとも、社会学者のマーク・ポスターが表現した《スーパー・パノプティコン》というべき監視形態――は、
次のページで叙述展開することになります。


つづく


「戦争のつくりかた」
アニメーションプロジェクト
-What Happens Before War?-
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「安保法制、南スーダン派遣中止を安倍政権に求める国会前抗議行動」

【場所】国会正門前にて(憲政記念会館側)
 (最寄り駅)
丸ノ内線・千代田線
国会議事堂前駅徒歩5分
霞ヶ関駅徒歩5分、
有楽町線・半蔵門線永田町駅徒歩5分、
有楽町線桜田門駅徒歩3分
呼びかけの方の連絡によるとコールのみだそう。
ドラムなど持参できる方は是非。
プラカードも各自手書きやデジタル制作など幅広く持参ください。
◇メディア関係の方は
ぜひ報道のほどよろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
《共謀罪》を考える勉強会

―――――――――――――――――――
ネットプリント番号を更新しました!
共謀罪危険性を伝えるプラカード(8種)を用意しました!デモ、スタンディング、街宣等で御活用を
http://sogakari.com/?p=2472
(総がかり実行委員会)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
1月2日放送TOKYO-MXTV「 #ニュース女子 」による「のりこえねっと」および共同代表・辛淑玉を誹謗中傷する虚偽報道に対する抗議声明
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
『2・19総がかり行動 -格差・貧困にノー!!
みんなが尊重される社会を!-』
19日13時半~ 日比谷野外音楽堂
※集会後、銀座パレード

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☟クリックするとリンク移動します☟
署名協力をお願いします

《山城ヒロジさんたちの保釈金
や弁護士費用、そのほか費用の
カンパの呼びかけ》

●ゆうちょ銀行・郵便局からの振込
記号 17050 番号 18292851
(口座名)
オスプレイ・ヘリパッド建設阻止高江現地実行委員会
―――――――――――――――――――――――


「ヘリパッド建設に反対する緊急行動」
【振込先】
銀行名:ゆうちょ銀行
●ゆうちょから
記号:14400 番号:49707101
●他銀行から
店名:四四八
預金種目:普通
口座番号:4970710
口座名義: 沖縄・北部訓練場のヘリパッド建設強行に反対する若者有志の会
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


講演「福島 風評にすり替えられる実害
-ひろがる健康被害、分断と苦悩-

日時)2月11日(土曜)13時30〜
場所)渋谷JR新南口1分(光塾
【講演者】阿部憲一さん(広野町 議員)、
渡辺 紀夫さん夫妻(郡山市)

■日曜アクション (第2、4の日曜日開催)
※2月12日は、
前日(11日)に講演会開催のため中止します。
〇2月26日は、
新宿アルタ前街頭宣伝は行います。
(16時~17時)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「くにたち上原景観基金1万人の会」発足

当時、オール国立の立場で、
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめ、
大学通りの景観を守ろうと、
市民の立場に立った上原公子市長(当時)に対して、
最高裁判所は、昨2016年12月13日に、上原公子さんが
国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、
上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
国立市にはなんら損害がないことであるにもかかわらず、
上原さんを丸裸にし、身ぐるみを剥ぐような「いじめ」を、
国立市はしているに等しいです。
元市長個人に対する賠償の結果(遅延損害金含めて約4,500万円)は、
驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。
新たに発足する会に集う人々は、
その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。
その決意に対して、
各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になりました。
また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。
集会には、それぞれの代表者が参加されます。
 皆さま、どうぞ、お誘い合わせの上、お出かけください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
子どもたちに平和と未来を
パレスチナ 子どものキャンペーン

パレスチナ難民500万人、シリア難民500万人
中東の危機は、
今や世界全体に突き付けられた問題です。
パレスチナ・ガザ地区では、
2014年夏のイスラエル軍による軍事侵攻によって
10万人が家を失いました。
その後、封鎖された状況下で復興は遅れ、
6万5千人が半壊した家などでの避難生活を
いまだに続けています。
また、例年、冬は嵐や洪水に見舞われ、
更なる困窮状態に置かれる人たちが多くいます。
軍事侵攻で負傷した子どもたちへのリハビリ支援などに加え、
避難を続ける人たちがこの冬を乗り切るために
衣食住の緊急支援が必要です。

〇レバノンの越冬支援
〇シリア難民支援
〇ガザ緊急支援
〇ろう学校支援
〇児童館支援
〇ガザ農業支援
〇パレスチナ難民支援
〇東北支援
〇パレスチナ刺繍などのネット販売
〇その他の支援

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈保健所〉や
〈犬猫救済ボランティア〉さんから
イヌネコ達のいのちを
譲り受けましょう

AD

テーマ:


 「未必の故意による黙示的共謀」って何⁉︎
共謀罪成立前にしてこの法の濫用!
共謀罪後はどうなる⁉︎
岩上安身による平岡秀夫・元法務大臣
市民の党・斎藤まさし代表 インタビュー!
2017.1.30⇒IWJ記事
――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
20170118 UPLAN「共謀罪」なんていらない?!
これってホントに「テロ対策」?
―――――――――――――――――――――
1-2 基調講演【山下幸夫弁護士】共謀罪法案に騙されないために(第91回草の実アカデミー)2017.01.21
―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―

あなたも監視されている~スノーデンの暴露とは


〈Web記事〉小笠原みどり「スノーデンの警告“僕は日本のみなさんを本気で心配しています”~なぜ私たちは米国の「監視」を許すのか~

―◇―◇―◇―◇―◇―◇―◇―

映画『スノーデン』 予告編
――――――――――――――――――――
米国の同盟国をやめた瞬間に、CIAのマルウェアが日本中のインフラを崩壊させる!?スノーデン証言の真偽は⁉︎ーー映画『スノーデン』のオリバー・ストーン監督に岩上安身が直撃質問!
2017.1.18
―――――――――――――――――
オリバー・ストーン監督の日本への警告
20170118 NEWS23 ―――――――――――――――
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

医療介護関係の記事は、
あと1~3本ほど書いて、
いったん締めたいと思っています。

あと2、3本くらいで、
いったん締めくくれるのですが、
今国会で《共謀罪》が狙われているようですし、
そしてまた、
オリバー・ストーンの『スノーデン』が上映中ですので、
日本をもちろん含んだ世界の監視化状況について
急ぎ御紹介したいと思います。


今回は、
その世界の監視社会化事情を御紹介する前に、
パノプティズム》に見られる統治技法と
《「共謀罪期待される統治技法》の性格と、
電子テクノロジーの発達によって可能になった、
ポスト・パノプティズム/パノプティズム以後の
監視技法
》との、
合計〈3つ〉の統治技法の峻別を、
監視社会における統治技術を整理するために、
行なっておきたい、と思います。


「陽の下に、新しきものは無し」
という言葉があるように、
高樹が思いつく位ですから、
とっくの昔に、どなた様かが、
以下に述べるような整理や指摘が、
あるいは、それどころか、
それ以上のスケールの厚みをもった提示が
行なわれている可能性は大きいでしょう。

にもかかわらず、
「バカの強みを活かして」申し上げるのは、
監視的統治に関して、その統治技法を
もうちょっと分類したほうがいい」かも、
と思うことがあるからです。
――もっと分類したほうがいいのに、という不満が
ある訳ではありません。
不満があるのは、未分類のほうに、ではなく、
共謀罪やマイナンバー制度など、
監視社会化を進める動き」のほうに!です――


さっそく本題に入ります。

最初にあげた〈パノプティズム〉は
ミシェル・フーコー『監視と処罰/監獄の誕生』で
紹介され有名になった統治技術です。
功利主義者のジェレミー・ベンサムが考案した、
パノプティコン一望監視施設」という
監獄についての画期的で理想的なアイディアに象徴される監視技術です。

  その原理仕組みは、次のとおりです。

監獄建物の中心に監視塔が位置し、その監視塔を
囚人の各独房が、ぐるりと取り囲む格好
の建築様式をとっています。
こんな格好の建築様式です。

団地の各部屋のように並ぶ一個一個の独房は、
外界の光が差す外壁の窓を背にして、
監獄の中央に位置する監視塔に向かう格好に
おおっぴろげに内窓が開放された間取りに
なっています。
その事から、自分が収容されている独房は、
監視塔からすれば、「丸見え」の状態です。
こんな感じです☟

☝の図では、
図の真ん中にいる〈囚人〉が、
建物の中央に位置する〈監視棟〉に向かって
ひざまずいて」います。

「独房」は、「独」房ですから、
各独房の〈各囚人〉は、
一人ひとり内壁で「隔離」されていて、
ほかの囚人と接触することはできない」建築様式になっています。
その事から、
〈囚人〉は、四六時中「孤独な状態」で、
建物中央の〈監視塔の看守=監視者〉から
いつ何時でも見られてもいい状態に置かれている」ことになります。

もういちど、
最初のほうのパノプティコンの画像2枚を
見ていただきたいのですが、
独房の外壁の窓から中央の監視塔に向かって、
外の光が差す
格好になっているので、
外の光によって、
監視塔から
「独房の中の囚人の様子はよく見える
」が
他方、独房の囚人からは、
「監視塔の様子は分からない
」、
それどころか、
「監視塔に看守がいるかどうかさえ確認できない
設計になっています。

その事から、〈囚人〉は
建物の中央に位置する監視塔の〈看守〉から
つねに監視されてもおかしくないこと」を、
いやでも常に意識せざるをえなくなります》。
すると、仮に監視塔内に「看守がいなくても
監視下に置かれている意識感覚」で、〈囚人〉は、
みずからを自動的に管理し律する》動きをするので、そのアイディアを思いついた功利主義者の
ベンサムにとって、
パノプティコン/一望監視施設》がもつ統治技法は
画期的で理想的、と思われたのでした。

この《パノプティコン》という仕掛け/装置をもって、
囚人など〈監視される側被‐監視者〉が、
自らを意識の中で勝手に監視統治する》ワザは、
監視される側みずからを自己監視させること」で
自己監視させる」、
看守など〈監視者/統治者〉の
手間ヒマを省いてくれる」点で
コストパフォーマンス優れています”が、
強いて言えば、弱点ひとつあります。

それは、
この〈パノプティズムという権力技法〉が、
監視される側
被‐監視意識ひとつ懸かっている
という点です。

つまり、この〈パノプティズム〉は、
被‐監視者〉の「意識」に
依存しないと、成り立たない」点です。

しかし、
いか意識依存しているとはいっても、
開き直って好き勝手しているのが見つかったら、
罰則を受けるので、
罰則を受けることも
みずから勝手に計算に入れる」ことをします。


つぎに、
共謀罪》でもって
〈統治側〉が「期待していると思しき効果」について
考えてみます。

たとえば、《共謀罪》による「委縮効果」も、
みずからが勝手に自分を管理・自律する
という点で、
さきの《パノプティズム》の統治技法と重なります。

しかし、《共謀罪》には、
相互監視」や「相互疑心」や
ギスギスとした空気をもたらしてしまう
という“破壊的な創造性”を、
仕掛け装置として有しており、
その事から、
パノプティズム》に「おさまりきらない性質」を
持っていると思われます。

それは、
〈フセイン時代のイラク〉や〈旧東ドイツ〉や
〈旧ソ連〉など海外事例ばかりでなく、
戦中の日本〉でも見受けらたように思います。


そのことを、以下に見ていきたいと思います。

以前に一度引用させてもらったことがありますが、
いま一度、今回は、
この文脈で引用・御紹介したいと思います。

―――――――――――――――――
特定秘密保護法案 沖縄への影響を考える2

(琉球朝日放送 報道部)
http://www.qab.co.jp/news/?p=48174&print=1?TB_iframe=true&

・・・・沖縄戦の研究する石原教授は、
今回の法案に強く反対する一人です。
それは、沖縄の住民がスパイだ虐殺される根拠になった法律
軍機保護法」をなぞる内容だからです。

石原「軍機保護法を下敷きにしたと思われる秘密保護法が
制定されようとしているのは
沖縄にとっては本当に沖縄戦再来の前夜。」

軍機保護法」。明治32年に交付された、
軍の機密を犯す者を罰する法律で、
日中戦争さなかの昭和12年に改正された時には
外国のために行動する者に漏洩したら死刑」と極刑になります。
沖縄戦の住民虐殺の根拠になったのは、この改訂版です。
(中略)

石原「軍民雑居で、陣地作りに総動員されていったということで、
軍人同様軍事機密を知ってしまった
だから敵に捕まる前に死んでもらう。」
生きて虜囚の辱めを受けず」という精神論表向きで、
住民が捕虜になって機密が漏れるよりは
スパイ容疑処刑する」か
自決に追い込む
軍の機密を知る住民
不都合な存在とする「軍機保護法」が生んだ悲劇でした。
スパイ虐殺が頻発した慶良間諸島では、
住民がこんな自衛策をとっていました。
(中略)
三上「暁部隊のマークですか?」

宮城晴美
「そうそう。座間味の座の濁点を撮って「」としてある。
これを芋版で造った各家庭に人数分配ったんです。
道を歩く時には、切って胸元とか袖に貼り付けて
私はスパイではありませんというものに使われたらしいんですね。」

暁部隊。特攻艇をもつ秘密部隊が駐留した座間味島は、
島まるごと秘密基地でした。
海をうろつけば島の漁師でも疑われかねないと、
この印を着物に付けたのです

宮城「ちょっと、血がついているんですよ。
集団自決この子亡くなったんですよ。
血の跡がやっぱり洗えないというか。
洗ったら申し訳ないような気がして。」
亡くなった子供の母親は、宮城さんの祖母です。
祖父が、妻と3人の子供ののどを切りましたが、
命を落としたのは11才の長男ひとりでした。
これは集団自決を生き延びた子供たち。
暁部隊のマークを付けてスパイじゃないと証明しても
結局住民たち我が子を手にかけ
機密を守るよう追込まれた
のです。
宮城さんはさらに、
住民
住民をスパイだと密告する
暗黒社会に陥っていた
重視します。

宮城「住民虐殺というのも、
直接日本軍がもちろん
手を下してたくさんの人を殺していますけれども、
そこにまた住民が訴えたという
そういう風に訴えることによって、保身ですよね
自分の保身のためには
誰かを裏切らなければいけない
という。」

石原教授も、声高な秘密保護は監視社会を生むと警告しています。

石原「廻りからこの人はおかしい、変だなあと。
そういうのは非国民になっていく
わけですよ。
それが軍に知れて非国民スパイ視されて
殺されていく例
というのが沖縄戦では幾通りもあった
この法律制定されて稼働し始めたら
とたんに空気がらっと変って
ですね
自由にものが言えない雰囲気
国家権力、官憲に目をつけられないようにと
自発的な服従心生まれてくる
ことは
100%間違いないですね。」

棚原「小さな島で、
軍隊に協力したから当然機密を知っている
それが、敵がきたら軍機密が漏れる」と殺される
軍隊の情報と隣り合わせに生きる恐怖
改めて感じます

「秘密を漏らすものは厳罰に処す」
という軍機保護法根底にあったんですね。」
――――――――――――――――――

以上のような光景や現象を、
どのように理解整理すればいいのか、と
その手がかりを探る場合に、
高樹がもつ手持ちの知識の中では、
杉田敦『権力論』による権力案内が、
近道のように思います。

がしかし、そのまま、
その考察を当てはめる訳には行かず、
すこし考え直す必要がある
ように思います。
それは、いま現在のところ、
上記の《軍機保護法》の下に晒された
戦中の沖縄〉では、
杉田敦『権力論』でみた「権力空間」とは
またひとつ別種類権力空間」の成立を、
見たような気がするからです。

この言いかたが、
良い線を行っているかどうか、
まったく自信も手応えも無いのですが、
すくなくとも、「権力空間」を
新たに二つに分類する〉ために、
日常時における権力空間〉と
疑心暗鬼下/相互密告社会下での権力空間〉と
敢えて言い分けたい、と思います。

なぜ敢えて二つに分けたのか、というと、
杉田敦『権力論』で、
権力空間が、ある所で一旦成立すると、
まるで竜巻のように周囲の人間を巻き込んで行く

という重要な案内・指摘は、
この場合も、当てはまる(と思う)のですが、
その一方で同時に
軍機保護法》の餌食になってしまった
戦前の沖縄〉で、
沖縄住民が、自分の保身のために、
誰かを裏切らなければならなくなって、
誰か他の住民をスパイだと密告する 暗黒社会空間

のケースも、見てしまったからには、
その“暗黒”の権力空間》は、
人々の協同的な関係で共有された格好〉で、
というよりもむしろ、
お互いがお互いを引っ張り合う緊張関係
と言いうるからです。
つまり、
協同によって支え合っている〉側面よりも、
ピンと張り合っていることで成立せしめている
ように見えるからです。
個々人が、
個々の都合で、何かを得るための戦略関係
〉で
成り立っておらず
この《暗黒社会空間》では、
《「囚人のジレンマ」のような、
足を引っ張り合う戦略関係》が成立しているように
見えるからです
――〈どちらの戦略関係〉も、
フーコーの『知への意志』で案内されたように
「戦略的意図の関係性」と言えるかもしれません――。

ただし、社会全体として眺めた場合、
この《囚人のジレンマ的な緊張した権力空間だけ
社会が持続するようには思えないので、
社会全体における一面で
囚人のジレンマ的空間》が成立しつつ、
そのほかの面で
協同的権力空間〉が、
社会全体支えているかもしれません
――現に敗戦直後に伊丹万作が書いた文章は、
町会、隣組、警防団、婦人会などの民間の組織が、
熱心にかつ自発的に支配的論理/空気に協力して、
連続的に自分たち圧迫しつづけ、苦しめつづける
協同関係」を形成した“自己欺瞞”を指摘しています――。


そこで、ですが、《共謀罪》というものが、
日本社会に「埋め込まれてしまった」場合を、
実際に想定した場合、
やはり、人間の心理からすれば、
疑心暗鬼の囚人のジレンマに苛まれる》位ならば、
いかに《専制国家体制》や《独裁体制的に
政治が運営
されようとも、
「《共謀罪》に“触れないように”、
共謀罪》と“無縁であるべく
いっさいモノを言わずただただ隷従するだけ
という、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ること
ないやうにすることを、
個々人の存続戦略の都合から「放棄」することと
なるのではないでしょうか。

共謀罪》にある《密告》や《司法取引的要素》は、
囚人のジレンマ・ゲーム》を“繰り広げさせて”、
人間関係を「悪循環にズタズタに引き裂き
お互いに破壊し合わせる」点で、
芸術的なまでに悪魔的”です。


自民党が目ざす“美しい国”とは、
旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の「悪魔」に
とって“住み心地のいい冷たい国」”なのでしょうか?

文字数制限があるため、
電子テクノロジーの発達による
《ポスト・パノプティズム》
」、
――“ポスト・パノプティズム”という表現が、
注目を集めるための筆をすべらせ気味の表現だとすれば、少なくとも、社会学者のマーク・ポスターが表現した《スーパー・パノプティコン》というべき監視形態――は、
次のページで叙述展開することになります。


【つづく】


 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

TPPも日米二国間交渉も許さない‼
2月9日官邸前アクション

急なお誘いで恐縮ですが、
一人でも多くの人が
参加して声を上げてくださいますよう、
よろしくお願いします。
ぜひ、自分の思いをプラカードにして掲げてください。
日時)2月9日 12時~13時30分
場所)首相官邸前

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
《共謀罪》を考える勉強会

―――――――――――――――――――
ネットプリント番号を更新しました!
共謀罪危険性を伝えるプラカード(8種)を用意しました!デモ、スタンディング、街宣等で御活用を
http://sogakari.com/?p=2472
(総がかり実行委員会)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
1月2日放送TOKYO-MXTV「 #ニュース女子 」による「のりこえねっと」および共同代表・辛淑玉を誹謗中傷する虚偽報道に対する抗議声明
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
『2・19総がかり行動 -格差・貧困にノー!!
みんなが尊重される社会を!-』
19日13時半~ 日比谷野外音楽堂
※集会後、銀座パレード

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☟クリックするとリンク移動します☟
署名協力をお願いします

《山城ヒロジさんたちの保釈金
や弁護士費用、そのほか費用の
カンパの呼びかけ》

●ゆうちょ銀行・郵便局からの振込
記号 17050 番号 18292851
(口座名)
オスプレイ・ヘリパッド建設阻止高江現地実行委員会
―――――――――――――――――――――――


「ヘリパッド建設に反対する緊急行動」
【振込先】
銀行名:ゆうちょ銀行
●ゆうちょから
記号:14400 番号:49707101
●他銀行から
店名:四四八
預金種目:普通
口座番号:4970710
口座名義: 沖縄・北部訓練場のヘリパッド建設強行に反対する若者有志の会
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


講演「福島 風評にすり替えられる実害
-ひろがる健康被害、分断と苦悩-

日時)2月11日(土曜)13時30〜
場所)渋谷JR新南口1分(光塾
【講演者】阿部憲一さん(広野町 議員)、
渡辺 紀夫さん夫妻(郡山市)

■日曜アクション (第2、4の日曜日開催)
※2月12日は、
前日(11日)に講演会開催のため中止します。
〇2月26日は、
新宿アルタ前街頭宣伝は行います。
(16時~17時)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「くにたち上原景観基金1万人の会」発足

日時)2017年2月11日(土・祝)18:00~20:00
(17:45開場)
場所)さくらホール(商協ビル2F)
JR国立駅南口改札より徒歩1分
(旭通り入口、日高屋ラーメン右のビル)
参加費)1,000円(資料代含む)
当時、オール国立の立場で、
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめ、
大学通りの景観を守ろうと、
市民の立場に立った上原公子市長(当時)に対して、
最高裁判所は、昨2016年12月13日に、上原公子さんが
国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、
上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
国立市にはなんら損害がないことであるにもかかわらず、
上原さんを丸裸にし、身ぐるみを剥ぐような「いじめ」を、
国立市はしているに等しいです。
元市長個人に対する賠償の結果(遅延損害金含めて約4,500万円)は、
驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。
新たに発足する会に集う人々は、
その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。
その決意に対して、
各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になりました。
また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。
集会には、それぞれの代表者が参加されます。
 皆さま、どうぞ、お誘い合わせの上、お出かけください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
子どもたちに平和と未来を
パレスチナ 子どものキャンペーン

パレスチナ難民500万人、シリア難民500万人
中東の危機は、
今や世界全体に突き付けられた問題です。
パレスチナ・ガザ地区では、
2014年夏のイスラエル軍による軍事侵攻によって
10万人が家を失いました。
その後、封鎖された状況下で復興は遅れ、
6万5千人が半壊した家などでの避難生活を
いまだに続けています。
また、例年、冬は嵐や洪水に見舞われ、
更なる困窮状態に置かれる人たちが多くいます。
軍事侵攻で負傷した子どもたちへのリハビリ支援などに加え、
避難を続ける人たちがこの冬を乗り切るために
衣食住の緊急支援が必要です。

〇レバノンの越冬支援
〇シリア難民支援
〇ガザ緊急支援
〇ろう学校支援
〇児童館支援
〇ガザ農業支援
〇パレスチナ難民支援
〇東北支援
〇パレスチナ刺繍などのネット販売
〇その他の支援

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〈保健所〉や
〈犬猫救済ボランティア〉さんから
イヌネコ達のいのちを
譲り受けましょう





AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。