新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…


テーマ:







はじまりは…






終わり…






終わりは…






はじまり…






こんにちは…また明日…





もう…





出てこないで…






ありがとう…






さようなら…







 









1

















































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:






「僕の…お客さんが…ひるまさんのblog読んでるみたいです…」





「……へぇ…どなた?」





「…たぶん…ご存知ないです…大きな企業の…私も2回しか…お会いしたことない方です…」





「…なんで…僕のこと知ってるの?」





「さぁ…2度目にお会いした時『ひるまさんってひと…知ってる?』って聞かれたんです…」





「…うん…それで?」





「はい!先輩です!って言ったら…『あのひとの…blog好きなんだ…』って言われて…」






「!!!!」





どこで…どうやって…このblogにたどり着いたのかは…わからないけれど…





こんな…自己愛…マスターベーションblogに…





逢ったこともない…知らない読者が…いるらしい…





どうせ…誰も読んでないだろう…見ちゃいないだろう…と…





たかをくくっていた…





だから…好き勝手…過剰に…





誰にも見せない…恥部を…ぶちまけていた…





吐き出すことが…快感だった…





もし…知り合いが目にすれば…





僕の内面が…わかるのだから…





多少の…面白さもあるのかもしれない…





でも…





見ず知らずのひとにとって…





面白いblogであるとは…とても思えない…





どちらかといえば…





見せてはいけない…blog…





書いてはいけない…blog…





読んではいけない…blog…





そんなことに…





ようやく気がついたから…





知らない読者には…申し訳ないのですが…





このblogを…





殺してしまうことに…しました…














1






8年前…




このblogをはじめたきっかけは…




あなたへの…私信だった…




まだ…僕は…新宿で…生きています…




伝える手段が…なかったから…




ここで…精一杯…叫んでいた…




いつしか…




僕自身の…精神安定剤になり…




書くことが…マスターべーションへと変わっていった…




それから…日々は流れ…




去年あたりから…




書けなくなった理由は…寿命…




あなたへの私信でもなく…




僕の快楽の手段でもなくなった…




役割の終えた…blog…




ゴミは…春の訪れとともに…





消えゆく定め…










 



















































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



真夜中…





突然の…修羅場は…





僕が…仕掛けた…





もう…無理…





すべてを手放し…





僕を…消してしまうしかない…





破滅への重力に…フラリ…引き寄せられた…





砂…





砂上の楼閣…






幻…





浮世の幻…






救いは…






いったい…どこにある?








1










寒さが…救い…






春の…訪れが…






これほどまで…怖い…なんて…

























































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






「助けて…」


















「……」





目の前の相手は…




小さく頷き…取り繕うものの…




内面は…拒否しているので…




視線が…交わることは…決してない…




このひとなら…と勇気を出してみたけれど…




拒絶され…




一気に…絶望の階段を…転げ落ちた…








「………なんてね…いえ…ちょっと言ってみただけ…すみません…気にしないでください…」







固まって…宙に浮いたままの言葉を…




作り笑いを浮かべて…自ら…回収する…




このひとと…今後…




もう…気軽に飲むことは…ないだろう…




関係も…壊れてしまっただろう…




どうして…




正直に…助けて…と口にしたとたん…




水が引くように…ひとは離れてゆくのだろう…




すべては…自業自得…




僕は…他人と…そんな関係しか創ることができなかった…ということ…













1








また…ここぞとばかりに…





傷口に…指を突っ込み…





ぐちゃぐちゃかき回し…





「オマエがいけない!オマエがダメだ!オマエがクソだ!ザマーミロ!!!!」





罵倒され…





「不届き者め!悔い改めよっ!!!!」




回心を…強要されたりもする…





堕ちて…堕ちて…





這いつくばって…





どうにかこうにか…顔をあげても…





見渡す限り…





地獄…





助けて…なんて言葉は…





決して…口にしてはいけない言葉…























タ・ス・ケ・テ・ク・ダ・サ・イ…
































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





ずっと…借りっぱなしだった…




DVD…




お礼の手紙…お詫びの言葉…




それに…ささやかなプレゼントも…用意できたので…




今日…




ようやく…返却できる…















いままで…




そのひとに逢うたびに…




僕が…謙虚で…丁寧で…いられたのは…




DVDを借りている…安心感だったり…返却できない…負い目だったり…




貸借のバランスが…取れないから…




成立していた関係…だったような…気もする…




もし…




今日…返却してしまったら…




関係も…消えてなくなってしまいそうで…




鉛色の空を眺め…




なんだか…怖くて…うじうじ…悩んでしまう…







1









仕事でもなく…



お金でもなく…



真心でもない…



昔の映画のDVDだって…貸借…



ひとに…なにかを頼んだり…借りたりすることを…



ずっと避けて…生きてきたから…



DVDを借りたことは…かなり珍しい…



借りがあるって…



そんなに…悪いことじゃないのかもしれない…


































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






たったいまの…僕を…



意志の力で…闇に葬り…



目覚めたら…



ザムザのように…変身していた…



なんて…



ありえるのかな…













真夜中…




満腹中枢がイカれた脳みそで…




二郎に突撃して…マシマシを…頼み…




客引きの黒人と…肩を組み…




歌舞伎町を…闊歩し…




知らない誰かと…飲んで歌って…ホテルへ行って…




雑巾のように…どこかに転がり…




朝になれば…




熊野神社に…参拝し…




朝礼を行い…




写真を撮り…デザインをして…




ときどき…




息子と…旅をして…




老いた母と…家の修復の相談をする…僕は…




否定でもなく…肯定でもなく…




希望でもなく…絶望でもなく…




ふわり…




春風に乗って…




また…息吹を感じることが…





できるのだろうか…






1







さよならは…冬がいい…





寒さに…震え…






泣き疲れ…凍った涙も…






柔らかな日差しと…





春風が…






優しく…撫でて…






融かしてくれる…






流してくれる…




























































































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






あなたの強さ…





いえ…





優しさが…






眩しすぎて…





足元に跪き…接吻をしたいほどの…





畏怖を感じます…





また…一歩…





死神が…





近づいてきたのですね…





いっそう覚悟した…あなたの笑顔が…





哀しいほど…美しくて…





眠りを…忘れ…





笑顔を…忘れ…





酒に…溺れてばかりの…僕は…





目を逸らすことしか…






できませんでした…














1
















僕も…






あなたのように…






なれるのだろうか…







勇気が欲しい…























































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



眠ることができぬまま…




朝を迎えた…




哀しい一日が…また…はじまる…



 
着て行く服を考えることもできないまま…




重い体を引きずるように…玄関へゆくと…




高校2年の息子が…靴を履いていた…




「あ…おはよう…」




「…オヤジも…行くの?…一緒に行く?」




「!!えっ…ひ…久しぶり…うん!一緒に行きたい…」




もう…3月だというのに…寒い朝…




息子と…手をつなぎ…いつもと違う道を…歩く…




「おはようございます!」




元気よく…挨拶をしてくれる…みどりのおばさん…





「お…おはようございます…」




知らないひとに…挨拶することで…




じわり…青空が広がる…




「ねぇ…受験は…どう?」




「うん…3年になったら…頑張るよ…」




「…たくさん勉強して…大学入って…やりたい仕事を…見つけたらいい…」




「うん…」





踏切まで…息子と手をつなぎ…青空を眺め…歩く…




なんだか…涙がこぼれてしまう…




「オ…オヤジ…どうしたの?」




「…う…うん…な…なんでもない…」




イヤだ…




壊したくない…守らなきゃ…




生きなきゃ…









1






青空なんて…




どれだけ持続性があるのだろう…




決して手が届かない…青空に…




それでも…手を伸ばしてしまう…




もう…とっくに…青空は消え…




漆黒の闇夜だというのに…







































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




いつか…





宣告されると…思っていた…





だから…





取り乱すことは…なかった…





ああ…死ぬんだ…





僕は…終わってしまうんだ…





怖いな…嫌だな…不条理だな…





子供たちや…スタッフは…どうなってしまうのだろう…






今になって…発狂してしまいそうだ…





逃げ出したい…おさらばしたい…





死ぬ前に…





死んでしまいたい…









1








愚直は…拒絶され…






真面目は…潰される…






ただ…呼吸をすることすら…






苦しみだなんて…





























































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





午後7時20分には…




net上に…合格発表が…掲載されたけれど…




僕は…受験番号を…知らないので…




合否の結果は…




娘からの連絡を待つしかなかった…












7時30分…40分…




携帯が…鳴ることはない…




学校の教育方針…




出逢う友だち…先生…それに授業…




中学校は…娘の将来に…かなり影響を与えるだろう…




だから…合格してもらいたかった…




ずっと…頑張っていた姿を知っているだけに…




天を…呪いたくなる…




小学6年生…はじめての…大きな挫折は…




ちょっと可哀想だけれど…




それもまた…人生…





強くなれ!







1










午後8時…




娘から…着信…




「合格したよ!」




「…おおおーーーーっ!!!!やったぁーーーああああ…おめでとう!!!!!」




「ありがとう!」




「…連絡ないから…ダメだったと思ったよ…」




「…いま…net見たの…」




「とにかく…おめでとう!お祝いしないとね…」




「ううん…いいからっ!他にも…電話するひといるから…もう…切るね…」




「えっ…あ…は…はい…本当によかった!おめでとう…」




待ち望んだ会話は…わずか1分で…




ブチリと…切れてしまったけれど…




それでも…興奮が収まらない…




このまま…仕事を投げ出して…家に帰ってしまいたいくらい…嬉しい…




こんな気持ち…すっかり…忘れてた…




あるじゃない…




生きていれば…




たまには…いいこと…あるじゃない…














































































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。