新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…


テーマ:





左目が…よく見えなくなって…



あれよ…あれよという間に…



生まれてはじめて…手術を…受けることになった…



実施される医療行為は…網膜光凝固術…



裂孔が発生してしまった…網膜の周辺に…



レーザーを…撃ち込み…焼き固める…らしい…



目玉に…レーザーなんて撃ち込んでいいのかよ?



網膜の標的を外したら…一瞬で失明しちゃいそう…



出逢ったばかりの…医師の腕は…確かなんだろうか…



熱くないの?痛くないの?怖くないの?



考えるほど…腰がひけるけれど…



息子と約束したのだから…



仕方なく…午後3時…ひとの少ない…待合室へ戻る…



看護婦さんが…



瞳孔を開く目薬と…麻酔の目薬を…差してくれる…



いよいよ…はじまる…



「入ってる?」



「わ…わかんない…たくさん…入れてください…」



「もう…十分入ってるはずです!」



「ホント…効いてるの?痛くない?…怖いの…」



「大丈夫!すぐ終わります…」



治療室へゆくと…医師が待っていた…



医師は…静かに…高揚している…



これから…神の手で…僕の目を…施さなければならないのだから…



多少…興奮してくれているほうが…人間らしくて…信頼できる…



先生…素敵な…佇まいです…



僕の目玉…お預けいたします…



「10分くらいで…終わりますよ…」



「…よ…よろしくお願いします!」



「まずは…レンズの装着…これが最初のヤマ…」



「ひぃっ…せ…先生…コンタクトレンズとか…怖くて…つけたことないんですぅ!!」



「ぶっ…大丈夫ww…痛くないから…上を見て……そうじゃなくて…目玉だけ上に!」



僕は…あせってる…緊張してる…パニクってる…



治療室は…照明がおとされているうえ…



次の展開が…一切読めないから…身構えて…全身硬直してしまう…



「……ここに…両手で…持つところあるから…」



「は…はい…」



まるで親の仇のように…しっかり握る…



絶対に…動くもんか!



どうか…痛くありませんように…



医師の手で固定され…



閉じることができない…瞳の中に…



黄緑色の…レーザー光が生き物のように…蠢いている…



医師の指先が…躊躇なく…発射ボタンを押す…



バシュッ…



グワンと…目玉の奥に…重い…鈍痛…



痛み…というより…衝撃波…



これが…網膜が焼かれる…痛みか…



自然界にある…痛みではない…



初体験の…デジタルの痛みだ…




「痛い?」




「い…痛いです…なんか重い…衝撃…」




「我慢して…」




この無情さこそ…医師の強さ…



怯えようが…



バシュッ…バシュッ…バシュッ…



肩をすくめようが…



バシュッ…バシュッ…バシュッ…



まるでゴルゴ13のように…



左目網膜の裂孔へ…レーザーを…正確に撃ち込んでゆく…



バシュッ…バシュッ…バシュッ…



撃たれ…衝撃波に備え…強張り…



動くな…と怒られ…



バシュッ…バシュッ…バシュッ…



50発…いや…もっと撃たれたか…



だんだん…気持ち悪くなってきて…



心が…折れそうになって…



先生…ちょっと無理…休憩したい…と口から出かかったとき…



「はい…おしまい…これだけ撃てば…大丈夫…」



10分ほどの…手術は…終わった…







1








ぐったり疲れ…放心状態のまま…




診察室へ戻る…




医師は…じっくり…僕の左目を…視診して…




術後の状態に…大変満足そう…




「問題なく…終わりました…では…1週間後に…来てください…」




僕は…絞り出すように…ひと言だけ…




「せ…先生……このあと…さ……酒…飲んで…いいですか?」




名医は…




「ほどほに…」





カルテに目を落としたまま…言い捨てた…









◉関連記事

裂 孔
































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:







お茶碗に…ご飯粒を…残したわけじゃないけれど…




目が潰れる…と医者に言われ…




怖くなって…お酒に逃げた…酔狂の夜は…




練馬のキャバクラで…締めた…




両の目で拝む…おっぱいも…今晩が…見納めかもしれない…




店を出て…ふらふら歩いて…




ぼんやり…ラーメンを食べたような…記憶…




朝…目覚めたら…家の寝室だった…




二日酔いのせいか…目がよく見えない…




いえ…違うよ…




網膜剥離…ああ…ヤバいんだ…僕の目…




まだ…お酒が抜けていないから…




恐怖は…あまり…感じない…




よし…紹介された病院へ…行くだけ…行ってみよう…




相変わらず…病院は…キツい…




痰の絡んだ咳を繰り返す…爺さん…




付き添いの女性を…英語で怒鳴りつける…車椅子の婆さん…




手術の不安を…家族にあたる…中年おやじ…




いつまでたっても…名前を呼ばれる気配はないけれど…




このあと…僕の目に…どんな審判が下されるのだろう…




不安と不快…辛さと痛みが…重く淀む…待合室は…




ただ…座ってるだけで…消耗してしまう…




ようやく…名前を呼ばれ……昨日と同じ…いくつもの検査を…受けるが…




昨日と違って…この病院は…視診に…かなり時間をかけてくれる…




「…どこから…出血したかが…問題です……はい!もっと…もっと…上を見て…」




光を操り…拡大鏡を手に…僕の目玉を視診する…医師からは…




症状を…原因を…徹底的に解明してみせる!という気迫を感じた…




この医師に…僕の目玉を預けても…後悔はないだろう…




「…うーん……今日は…このあと…時間…ありますか…」




医師に聞かれた…




「?……え…は…はい…」




「…難しい判断ですが…簡単な手術を…受けたほうが…賢明です…」




「!!!!え…ひ…ひぇ…しゅ…手術…」




医師の腕を…思わず掴んでしまう…




「病名は…網膜裂孔…網膜剥離の一歩手前…」




失明する前に…目の前が真っ暗…





「………」




「網膜が剥がれ…穴があき…出血し…血液が…硝子体に流れたのです…」




「は…はい…」




「このままだと…穴が…広がり…さらに網膜が剥がれる可能性があるので…


レーザーを照射して…穴の周囲を…焼き固めて…進行を予防します…」




「痛いの?痛いの?痛いの…怖いの…」




「いえ…痛い…という話は…聞いたことがありませんね…」




「…その手術をすれば…網膜剥離にならないの?」




「いえ…完全ではありません…術後に…網膜剥離に進行してしまう割合は…5%…」





「なぜ…僕は…網膜裂孔に…襲われたのでしょうか?」




「…ひと言で言えば…老化…でしょう…」




「…ふふふ…なるほど…OK!やりましょう!」




「では…本日午後3時に…施術いたします…」




今日の今日に…手術とは…




あまりに…急な話…





この…判断は…正しいのかな…




まあ…いいや…




どうせ…酔っているもの…




まともな判断なんて…できっこない…







1








もう何年も…健康診断をしていないけれど…




今年に入って…ずっと感じていた…









そろそろ…僕は…大きな病に…襲われる…










そんな…胸騒ぎが…あったから…




タバコも…簡単にやめることができた…




これだったか…





さてさて…




息子を…手術室に見送ったことは…何度もあるけれど…




僕は…生まれてはじめての…手術…




医師から…説明を受け…




同意書にサインを…するとき…




ちょっとだけ…手が震える…




急すぎるよ…考える時間がないよ…酔ってるし…




いえ…この病院を…この医師を…信じたんだから…大丈夫…




怖いよ…泣きそうだよ…




弱いなぁ…こんなことでビビっていたら…




手術…6回を数える…16歳の息子に…笑われてしまう…




「オヤジ…今日の午後3時に…目の手術決定!…へへ…怖くないもん!」




息子に…LINEを送った…




僕が…このあと…




ひとり…生まれてはじめての…




未知なる手術に…身を委ねることを…




息子だけは…知っている…




それだけで…心強い…




すぐに…着信…




もちろん…息子からだった…




「だ…大丈夫?」




「…オヤジは…行ってくるぜ!」




「おぅ!ガンバレ!オヤジ…手術が終わったら…18きっぷの旅しようよ!」




「!!!!えっ旅…できるの?嬉しい!うん…うん…ガンバルぜ!!」




息子と一緒の…旅のことを…考えれば…




怖いものなど…あるわけが…ない…











◉関連記事


墨 汁




































































































































































































































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






目薬と間違えて…



目の中に…墨汁を垂らしてしまったように…



左目に…黒い影が…蠢いている…



飛蚊症?



数日前に…突然襲われたけれど…



ほっとけば治ると…特に気にせず…放置してた…



そもそも…極端に視力が悪いくせに…



メガネもかけず…ずっと裸眼で過ごしてる…



パソコンの画面さえ見えれば…仕事ができる…



仕事ができれば…



街で…知り合いを見つけられなくても…美人さんを盗み見れなくても…



映画館で…映画を見れなくても…車の運転ができなくても…



駅で…急行列車の発車時間とホームの番号が…わからなくても…



生きていける…



ただ…目をあけても…閉じても…



不快な黒い影が…生き物のように…動くので…うっとうしい…



毎月…健康雑誌に…原稿を書いてるスタッフに…聞いてみた…



「歳をとってからの…飛蚊症はマズイです…すぐ医者行ってください!」



「イヤだね…医者はキライ…ほっとけば治るんでしょ…」



「突然の…飛蚊症は…マズイんですよ…網膜剥離…とか…」



「フン!そんな…立派な病に…襲われるわけないね!…ボクサーでもないのに…」



「…失明…するんですよ…診てもらったほうがいいですよ…」



口では…つっぱるものの…内心はビクビクしてた…



医者キライだし…眼科なんていったことない…



目玉の治療なんて…考えただけで…ゾッとする…



なんとか仕事をこなした…翌日…



ウチの朝礼に出るために…看護婦さんが…偶然…遊びに来てくれた…



いつもより…ひとり多い朝礼は…



みんなの報告が盛り上がり…立ったまま…気がつけば1時間…



最後に…僕が…飛蚊症の症状の報告をした…



「すぐ…病院にいきなさい!」



特別ゲストの…看護婦さんに…一喝されて…目が覚めた…



そのまま…



新宿駅近くの…眼科の門を…おっかなびっくり…叩いてみた…







1








このビル…数年前に建ったばかり…




テナント料が高そうな…こんな綺麗なビルに開業しているのだから…名医かもしれない…




受付の女子は美人さん…




でも…感情がなくて…機械とやりとりしてるよう…




まるでホテルのロビーのような…明るく…大きい待合室に…わずか先客2名…




最新検査機器が…ズラリと並んだ検査室にも…患者さんがいない…




検査技師も…美人さん…




「ねぇ…この機械で…僕の目の何を調べるの?」




「……え…そ…それは…難しいです…」




一言で説明できないような技師に…僕の目の計測などできるのだろうか…




いくつかの検査を受けた後…ようやく…眼科医と…面談…




医師は…検査結果を見て…少し青い顔して…




「紹介状を…書きますので…今すぐにでも…大きな病院に行ってください…」




「え…飛蚊症じゃないんですか…」




「網膜が剥がれ…出血してます…急がないと…取り返しのつかないことに…」




「………」





なんだよ…いきなり白旗かよ…




逃げんるんじゃねぇよ…医者だろ…治してみろよ…




いえ…それくらい…ヤバイってことなの?




もやもやしたまま…




紹介状をもらい…会計を済ませ…




その足で…三平食堂へ行く…




僕の行く末は…網膜剥離で…失明ですか…




ウチのスタッフの言った通りだ…優秀だなぁ…




右目だけで…仕事続けられるかな…写真撮れるかな…




瓶ビールを飲みながら…考える…




手術とか…検査とか…イヤ…




主食を…納豆から…ブルーベリーに変えようかな…




アスカ・ラングレーと…丹下段平は…黒い眼帯…




デビッド・ボウイは…義眼…




目玉のひとつくらい…潰れたって…生きているひとは…たくさんいる…




そうだよ…不自由なんてない!




それに…眼帯や…義眼って…厨二っぽくて…憧れる…




最悪の事態の覚悟が…ぼんやり…できたので…




恐怖に打ち勝つために…




このまま…とことん…お酒を浴びることにした…




紹介先の病院に行くか…行かないかは…




明朝…起きた時の気分に…任せることにした…




































































































































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






「ねぇ…どっかいこうよ…18きっぷで…」




「オヤジ…ボク…夏休みは…忙しいんだ…」








高校2年の長男と…



この夏も…ふたり旅と…誘ってみたけれど…



あっさり…断られた…



「…えっ…え…そ…そうなんだ…学校で補習とか?」



「違うよ…オープンキャンパス巡り…」



「!!!ひゃぁ!だ…大学かぁ…」



「もう…いくつか行ってみたよ…」



「へぇへぇ…どこの大学?学部は?専攻は?」



「…理系だよ…生命化学とか…バイオサイエンスとか…僕に向いていると思うんだ…」



「?????……」






僕は…生まれたときから…



数字を…計算式を…数学を…



理解する能力が…備わっていない…



いまだに…



2桁の足し算すら…暗算できない…欠陥脳…



数学や…物理…化学…科学…



理系に…一切触れることなく…



生きてこれた…



いえ…



理系を…避けてきたから…



いま…生きることが…不器用で…苦しいのかもしれない…







「お…オヤジは…本が好きで…感情を大切にする…バリバリの文系人間…」



「うん…知ってるよ…」



「理系のことは…まったくわからないんだ…」



「…ボクは…本を読むより…数学や実験が…好きなんだ…ダメ?」



「ダメなわけないだろ!…驚いているんだ…誰に似たのかな…」



「ふふ…オヤジには似ていない…」



「…まあね…それにしても…理系かぁ…ひととあまり関わらない…研究者とか…いいかもね…」



「…でしょ…」





また…驚かせてくれたね…



また…たくましくなったね…



また…遠くに行ってしまうんだね…



僕は…



父親の呪縛に…



ずっと怯えて…生きてきたから…



キミは…



オヤジなんて…気にもせず…



自分の道を…勝手に進め!



それが一番いい…








1








作者の気持ちを考えることと…積分の計算は…



相容れることはない…



僕が…



影響を受けた…絵画…映画や本…それに音楽を…



キミと…



共有できる日は…来るのかな…




あ…



死んでしまった父は…



群馬大学工学部卒業…だった…



父は…理系じゃん…



僕は…父と…



なにかを…共有しただろうか…



父とふたりで…旅はもちろん…お酒すら飲んだことないというのに…



僕は…父と…



なにを…共有できたのだろうか…

















































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





もう…無理と…



キレて…壊れて…離れても…



時が経てば…



すべては…僕の未熟さのせいと…反省し…



やっぱり…好きだから…



懲りずに…また…戻ってしまう…



それは…間違い…なのかな…



打ち合わせでも…会議でも…お酒を飲んでも…



変わらぬ…意識の声が…



聞こえてくるの…









おまえは…



売れないフリーランス…



仕事を…くれてやってるんだから…言うことを聞け…



おまえは…



ポンコツデザイナー…



生まれ持ったセンスなんかに…価値はない…



創れ…創れ…手を動かせ!



考えろ…考えろ…アイデアを出せ!



オレだけを…満足させろ!



おまえの価値は…オレが決めてやる!



聞こえる…聞こえる…



そんな声が…聞こえてくるの…



いいデザインだとか…アイデアだとかはどうでもよくて…



安く…安く…こき使うことに…



アイデンティティを…感じるのでしょ…



わかるけれど…伝えたい…



デザインは…



生まれ持ったセンスで…簡単に…創ってるんじゃない!



知識と技術を身につけ…経験を重ね…



ひたすらの…努力…努力…努力…



生まれ持ったセンスなんて…むしろ邪魔なの…



創ることって…



逃げも…隠れもできないの…



安いからって…手を抜くことなんて…できないの…



僕が…どの程度の人間であるかを…



嘘偽りなく…さらけ出すってことなの…



僕以上のものは…創ることができないから…



苦しいよ…辛いよ…本当にしんどいよ…



僕の限界が…いつも…さらされるのだから…



怖いよ…怖い…



気が狂れてしまうほど…怖ろしい…







1







どれだけ…伝える努力をしても…




たぶん…伝わることは…ない…だろう…




関わることは…苦しむこと…




好き…という感情は…




とても…やっかいだ…































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。