新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…


テーマ:








「ひるまさん…よいひとに…なりなさい!…よいの字は…良…ではなく…善…よ!」











別れ際…言葉を…投げつけられた…




「………」




ガックリ肩を落とし…歩いた…



強い寒波が…流れ込んだ夜…だったけれど…



このまま…ひとり…家まで…歩いて帰ろうと思った…



罰だ…罰だ…



生きていることの…罰だ…



凍えて…倒れて…朽ちてしまえ!



過ぎてしまった時が…恨めしかった…







うんと昔…



僕が…新人営業マンだったころ…



お客さんに…聞かれたことがある…



「ひるまちゃんは…これから…どう…なりたいの?」



「えっ…自分すか…自分は…ただ…善く…生きたいっす…」



大学を卒業したばかりの…悩めるお坊っちゃまが…



就職…という人生の転機において…考えていたことは…



お金でも…出世でもなく…



仕事を通じ…善いひとになって…善く生きたい…



そんな…経験だけだった…












それから…



30年近く…経ったというのに…



年下の…他人から…



「善いひとになりなさい!」と…猛烈に非難されている…



この現実に…言葉を失う…





僕は…一切の成長がない…





罰を…受けること以外に…



生きている意味が…あるのだろうか…






1











嘘はつきません…



インチキしません…ズルしません…



儲ける…得する…楽することが…嫌いです…



誰かの…何かのお役に立ちたいです…



ただ…善く…生きてみたいです…



なんて…宣言することは…傲慢…



善は…



滲み出るもの…




周りが…感じてしまうもの…




だから…




深く…深く…




凍えています…














































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



このところ…




通勤途中の…




エムのマークのお店が…




朝から…お客さんで溢れている…




どうやら…




コーヒーが無料らしい…




え…無料なら…飲んでみたい…と一瞬思ったけれど…




すぐに…打ち消した…




僕が…




無料のコーヒーを…手にできるわけがない…










たとえば…




自動ドアの前に…立つ…





ドアが開き…





明るく元気な声で…




「…ぃらっしゃいませぇ〜」と声がかかる…




もう…引き返せない…




緊張しながら…列に並び…




僕の番になれば…




可愛らしい制服の女子が…スマイル0円で…




「…ぃらっしゃいませぇ〜お待たせしました…」




なんども…頭の中で…練習した言葉を…口にする…




「…こ…コーヒ…ください…」




「ありがとうございます…ホットですか…アイスですか…サイズは…」




マニュアル通りの問いかけが始まる…




店内なのか…店外なのか…ミルクはつけるのか…いらないのか…




この…矢継ぎ早の問いかけに…




僕は…パニックを起こし…




何も手にすることなく…カウンターから離れてしまうだろう…




そんな…無様な姿を…すぐに想像できたので…




毎朝…




無料のコーヒを手に…ちょっと嬉しそうなひとたちを…




羨ましげに…眺めている…







1






極度の小心者だから…




知らないひとと…会話することや…




把握できない…注文の仕組みを…畏れているだけ…




なんだけれど…




羞恥かな…とも思う…




無料だからと…列に並び…




店員に…




嬉しそうに…堂々と…




100円のコーヒーを…




無料で手に入れる権利を主張する…なんて…




なんだか…





滑稽で…とても恥ずかしいの…









































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





「…今回が…オヤジとの…最後の旅…かもね…」











息子が…




中学1年のときからはじめた…年末年始…青春18きっぷの旅…




来年の元旦は…




大学受験直前だから…




旅に出ることは…ない…だろう…




最後の旅の…はじまりは…




2016年12月29日…23時10分…




東京発大垣行き…臨時快速ムーンライトながら…




翌…12月30日…15時12分…




岡山発高松行き…快速マリンライナー41号に乗車…




「…この車窓は…すばらしい…夕日がいいね…」




「…うん…瀬戸大橋の通過時刻…考えたんだよ…」




「さすが!…この列車…ほんと素晴らしい!」




「うん!ボクも気に入った…」




「…なぁ…いままでふたりで旅した…車窓ベスト3を…決めようよ…」




「いいね!…この夕日の…瀬戸大橋の車窓は…間違いなくベスト3に入るね!」




「…そうだね!あとは…オヤジは…伯備線が記憶に残ってる…」




「うんうん…新見…懐かしい!…ボクは…磐越西線…」




「おお!あの雪深かった…猪苗代かぁ…」




「花輪線もよかった…」




いままで…ふたりで乗った…ローカル線を…




飽きることなく…語り合う…




気がつけば…




目的地…高松まで…あと一駅だった…





1





はじめて降り立った…高松駅は…




階段がまったくない…終着駅のような…




頭端式(櫛形)ホームだった…




パリ…ローマ…ヴェネツィア…ウィーン…バルセロナ…




イスタンブール…カルカッタ…ムンバイ…バンコク…




それに…ニューヨーク…




僕が…大好きになる街には…




だいたい…頭端式の…大きな駅がある…




まずは…




みどりの窓口で…




四国限定の…週末きっぷを購入…




次に…




インフォメーションで…




宿や…スーパー…うどんやさん…それに銭湯の場所の聞き込み…




ついでに…金刀比羅宮への行き方や…地図ももらっておく…




そして…




スーパーで…翌日の食料買い出し…




食パン…ハムとチーズ…それに…みかん…




ようやく…




宿へ向かう…




なぜか…宿には…ひとがいなくて…




17時まで…チェックインできない…らしい…




安宿だから…よくあること…




時間つぶしのため…駅へ戻る途中…海が見えた…




「海だ!海を見にゆこう!」




息子と手をつなぎ…海に面した公園へ…




広がる瀬戸内海…大小の島々…連絡船乗り場…




夕日…オレンジ色に染まる…横顔…




なんと…美しい風景なんだ…




長旅の疲れも…重いザックも…気にならない…




いつまでも…見とれてしまう…




「素晴らしい!ここは…素晴らしい!もう一度来たい…」




「うん…ボクも気に入ったよ…高松…」




「また…来ようよ…いつか…一緒に…ここに…戻って来ようよ…」




「うん…いいね…」




日が沈むまで…ふたりで…海を眺めた…




「…さて…そろそろ…宿へ行こう!」




新宿を出て…17時間…




荷物を降ろし…靴を脱ぎ…体を横にできる時間まで…




あと少し…






1






旅の共有は…




人生の共有…




ふたりの…記憶は…




いつまでも…




色褪せることが…ない…













































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:







善い行い…悪い行い…




素敵な想い…嫌な想い…




強い気持ち…弱い気持ち…




その…




業…のゆくすえ…







1






あけましておめでとうございます…




本年もどうぞよろしくお願いいたします…





2017年 元旦




























































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






タバコは…肺から…離れ…




網膜は…目玉から…離れ…




ヨーガは…新宿から…離れ…




blogから…言葉が…離れた…




仕事は…事務所から…離れ…




お金は…銀行から…離れ…




ひとが…




僕から…離れていった…




なにかが…離れ…




なにかを…離した…




だから…




また…




なにかに…出逢うだろう…




それで…いい…








1











今年の一文字は…




離…




水が引くように…




あれこれ…離れていった1年でした…




2日前の夜に…




新宿を…離れ…




鈍行列車を…乗り継ぎ…乗り継ぎ




どこまでも続く…線路を…




ひたすら見続けて…




まだ…離れたくない…息子と…




いま…高知にむかっています…




1年間…お世話になりました…




どうぞよい年を…お迎えください…











ひるまゆうすけ

























































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。