新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…


テーマ:




おまえのせい!おまえのせい!




おまえのせいだ!




言っただろ!伝えただろ!




こうなったのは…




すべて…おまえのせいだ!








聞いてません…覚えてません…




気がつきません…わかりません…




知りませんでした…








どれだけ…正直に…答えても…




それは…ありえない…赦されざること…なのだろう…




すみません…すみません…




いたらない人間で…すみません…




僕に…




反論の余地など…ありません…







1







痛い…




苦しい…




哀しい…





怖い…





誰と…どれだけ向き合っても…





結局は…





怯え…





いっそう…臆病になってゆくばかり…





気がつかなくて…すみません…





気持ちがわからず…すみません…





ダメな人間で…





本当にすみません…















































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:





「あら…ゆうにゃん…風邪?」




「うん…具合悪い…いま…忙しいから…ツラいよ…」




「こっち来て…腰にカイロ…貼ってあげる…」




絶賛…年末進行突入中…




身体が…悲鳴をあげている…




たまたま…事務所に遊びに来ていた…お友だちは…




僕の腰に…カイロを貼ってくれた…




「あ…ありがとう…」




「背中にも貼ると…キモチいいわよ…」




「…いいよ…そんなにもらうの…悪いよ…」




「いいから!」




強引に…僕の背中にもカイロを貼ってくれた…




「あったかい…キモチいいね…」




「でしょ…アタシいつも貼ってるわよ…」




「ありがとう…本当に…優しいね…」




「なに言ってるの?こんなの…優しい…とは言わないの!」




「…そ…そうかな…優しい…と思うけど…」




「あたりまえのこと!普通のことなの!」




「………」






僕の体調を…心配してくれて…




自分のカイロを…2つも差し出す行為を…




優しさと…言わない…ならば…




いったいなんと…言うのだろう…







1










他者への行為における…動機には…





善い男に見られたい…





モテる男に見られたい…デキる男に見られたい…





強い男に見られたい…金持ちに見られたい…





エラい男に見られたい…優しい男に見られたい…





さまざまな…打算が…渦巻いているだろう…





そんな打算から離れた…純粋な行為…




それを…




愛…と呼ぶのかな…








































































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




「…赤ちゃん…できたんです…」














彼女は…静かに微笑み…




お腹を指さして…言った…




「……えっ…お…おめでとう…」




「…ハイ…」




「予定日は?」




「来年の2月…」




「お祝いに…なにか美味しいものを…食べに行かない?…ご馳走するよ…」




「ほんとですか!!!」




20歳の…人妻を…





ナンパした…










1








「美味し〜い!お肉…だーい好き…」と…





フィレステーキを…頬張る姿を見て…





それだけで…満たされた…





この店にしてよかった…





「…あたしの実家には…牛が…たくさん…いるんですよ…」





「…ほう…牧場?」





「酪農です…」





「…いいな…故郷…結婚…そして子ども…あなたは…とてもシアワセだね…」





「はい…シアワセです……もう少し…お金があれば…」





「少し足りなくらいが…丁度いい…」





彼女は…





高校を卒業して…新宿へ出てきて…





結婚をして…子供まで授かった…





牛に囲まれていた数年前は…想像もできなかっただろう…





「明日…はじめて…上野動物園に行くんです…」





「そりゃ…いいね……ずっと…仲良くやるんだよ…シアワセ…離しちゃダメだよ…」





ちょっと…説教くさくなってしまったのは…





いろいろ…眩しすぎて…





嫉妬したから…だろう…





でも…





この嫉妬は…とても気分がいい…









































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





新宿駅東口の…みどりの窓口で…




わずか4席しか発売されない…プレミアムチケット争奪戦に参戦するため…




もう…2時間…じっと待っている…




この先…待ち構えている運命に…




僕の主体的な意思を…反映できることが…あるとすれば…




発売時間の…午前10時…




端末の操作を…




4人のうち…誰に託すか…くらいだろう…













カウンターの向こう…JR職員は4名…




一番奥は…




脂ギッシュで…声も体格も大きい…40代男性…




流暢な英語で…外国人を…次々と捌いている…




隣は…20代男子…




典型的な草食系…声も態度も…弱々しい…




その隣は…20代女子…




リップのグロスが…ちょっとミスマッチ…




仕事よりも…おしゃれやデートに夢中かな…




一番下手の席は…




マスクをしているメガネ女子…




ショートカットで…化粧っ気もなく…




この4人の中では…キャラが一番わかりづらい…




さて…




僕の運命は…誰に託すのだろう…




本命は…




一番奥…ベテラン…オタク職員…




マルスを鮮やかに操作する姿からは…自信すら漂っている…




二番手は…草食系男子…




新人の研修かと思ったが…




マルスを敏捷に…操作する手つきを見て…ちょっと見直した…




端末の操作は…ゲーム慣れしている…若い男子のほうが…上手かもしれない…




すみませんが…




2人の女性は…はじめから…眼中にない…




プレミアムチケットを手に入れたい鉄ヲタ…そして…それを託される職員…




この2人の…チームプレーなくして…チケット争奪戦に…勝てるわけがない…




鉄ヲタの…熱き思いは…女性と共有しづらいから…




できれば…男性と…チームを組みたい…




午前9時55分…




「一番目の…指定券のお客様…どうぞ…」




先頭に陣取っている僕に…声がかかる…




手を挙げ…僕の運命を…引き受けてくれたのは…




まさか…まさかの…




一番下手に座る…メガネ女子だった…









1







黙って…申込み用紙を…差し出す…




僕には目もくれず…メガネ女子は…




申込み用紙を受け取り…




軽快に…マルスを操作する…




メガネ女子を…じっと見つめる…




(あんた…自信あるんだろうな…この列車…この指定券が…どれだけプレミアムか…知ってるよね…)




マスクもしているので…ほとんど表情は読めない…




それに…




まだ…ひと言も…会話していない…




目すら…合わせていない…




時は…刻々と迫ってくる…




まずい…まったくシンクロできていない…




もはや…祈るしかない…




頼む…頼む…頼みます…




僕の手を離れた…僕のむきだしの運命が…




時報とともに…ピークを迎える…




心臓が…口から出てきそうだ…




「9ジ…59フン…50ビョウ…プ……プ……プ……ポーン」




メガネ女子が…緑色のボタンを…




ゆっくり…1度だけ…深く…押した…












………………………………










「…入りました!」




弾ける笑顔を…はっきりと感じた…




可愛らしいひと…




「!!!!おおーっ…あ…ありがとうございます!ありがとうございます!!!!」




「ふぅーーーーーキンチョーしましたぁ……は…発券だけさせてください!」




メガネ女子も…興奮を隠せない…




「ほ…本当に…ありがとうございます!僕は…今年一番キンチョウした…一番嬉しい!!」




「ほんと…これは…なかなか…取れないんですよ…ふぅーーーキンチョーしました…」




「あなたのおかげです!本当に…ありがとうございました…」




「…いえ…お客さまの…運です…」




ちょっと自慢げ…それでも…




冷静に…返答しようとする…メガネ女子を…




好きになってしまいそうだった…















































































































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





「…9ジ59フン…40ビョウ…50ビョウ……プッ…プッ…」











新宿駅東口…




みどりの窓口では…




時報アナウンスが…高らかに…響き渡っている…




「…プッ……ポーン……10ジ…チョウドデス…」




弾かれたように…マルスを叩く…4人のJR職員…




カウンター越しに固唾を呑む…4人のお客…




沈黙…




ゆくすえを託した…JR職員の表情を…伺う…




沈黙…




耐えられない時間…




チケットが取れなかった未来がよぎる…




うなだれ…途方にくれ…カウンターを離れる…金髪男…




30人以上並んでいるひとたちからは…




(だっせぇ…1番で並んで…取れなかったのかよ…)と失笑すら…聞こえるかもしれない…




イヤだ…そんな未来はイヤだ…




職員の顔が…瞬間…緩む…




「!…はい…取れました!」




時報から…わずか…20秒か30秒ほどのこと…だったけれど…




とても長く…感じた…




いま頃になって…手が震えだす…




「あ…ありがとうございます!!!本当にありがとうございます!!!!」




「…よかったです…とても緊張しました…」




職員は…さわやかな笑顔…達成感でいっぱいの笑顔…




ほんとうに…素晴らしい仕事ぶりでした…




「…お会計は…1040円になります…」




この…1枚520円の…指定席券こそ…




至福の時への…入場券…









1






以前と違って…




新宿駅のみどりの窓口では…




全国の…鉄ヲタ相手の…チケット争奪戦を…




リアルに…体感できる…




2時間並んで…勝負は一瞬…




勝敗のゆくすえは…




マルスを叩くタミングや…時間…




そして…JR職員…誰もが口を揃えて言う…




「…運…」




時報が鳴り響くなか…




いま…この瞬間…




日本全国のみどりの窓口…旅行代理店…




端末を叩く職員…そして…お客さん…




どれだけのひとが喜び…




どれだけのひとが悲しんだのだろう…








息子よ…




旅立ちは…確定できたぞ!
















◎関連記事

発 表


勝 負

































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。