きぼうのうた

地球と共に歩く。
希望の国・日本 ☆ 希望の惑星・地球へ。
みんなで歩いていこう♪
この希望のとき、希望の道のりを♪

~きぼうのうたキラキラ

みんなが地上にいる間、希望と共に輝いて過ごしていきますように願いをこめて、舞い降りる声たちと共に綴っていきたいと思います。

また、2012年の夏~体験した体と精神の移り変わりの日々についても追々綴っていきます。

愛しいこの体験の日々、語り合った日々。

内なる光との出会い、大勢の仲間の愛、みんなと語りあった言葉の中には、たくさんの愛とこれからを歩く大切なヒントがちりばめられていたように感じています。

これらの日々、みんなから語られた声の数々、

そして今を生きる私たちに届けられる声の数々(大天使アリエル、女神ガイア 他みなさん)を記していきたいと思います。

みなさんの今に希望の光がここに現れますようにキラキラ星キラキラ


年に7~8回ほど、大天使アリエル、天使界、宇宙からの仲間たち、アイン・ソフ評議会、他などから光もたらされるセッションを予定しています。

詳細は、このブログにて案内させていただきます。

→お問い合わせ…kibou@tiara.ocn.ne.jp

 

遊びに…キラキラ
      (ケンタロウ 犬)
 
こんばんは。
ケンタロウは、朝から昼すぎまで、日向ぼっこをして、気持ちよさそうに眠っています。
今の住まいは、午後2時近くになると、陽があたらなくなるのですが、ケンタロウの姿を見ていると、一日中、陽の光を感じられるお家がいいな~と、思い描いたりしています。
 
今週のある夕方、普段よりも、足を延ばして散歩をし、出会う人や犬たちと戯れ、自然がある場所では、草や土に、鼻を突っ込むようにして過ごし、ずいぶん、時を満喫して過ごしていたように見えたケンタロウ。
普段の夕方は、5、6キロほどの散歩ですが、この日は、すでに7キロを超え、歩き回り、さあ、帰ろう♪と、ケンタロウと、家へ向かっていたところ、ケンタロウは、いつものように、川沿いのベンチに座って、『ゆっくりしていこう♪』と言います。
 
私は、その夜のうちに、確定申告の準備を終えておきたいと思っていたこともあり、さっさと、帰りたい気分。
ケンタロウに、「今日は、遊びすぎじゃない?」と言うと、
ケンタロウは、『遊びに、“過ぎる”は、ないんだよ。』と言います。わんわん
 
その途端、私のまわりの空気がとまったような、広がったような。
なんだか、ケンタロウのひと声が、もっともらしく聞こえ、そう言われてみれば、そんな気がしてきます。
 
日を改めて、もう一度、ケンタロウに、「遊びに、“過ぎる”は、ないの?」と、聞くと、
ケンタロウは、『ないんだよ。』と、当然といったように、こたえていました。わんわん
 
ケンタロウのひと声は、へりくつのようにも聞こえ、格言のようにも聞こえ、
やっぱり、真実のような気がしてきます。(笑)
 
春本番が近づく中、空気がずいぶん冷たくなったりするこの時期、
朝夕など、皆さま、あたたかくして、お過ごしください。
 
キラキラ キラキラ キラキラ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

昨年から、体に関する取り組みがつづく中、私も、『体を信じること。愛すること。いたわること。』を意識しながら、日々を過ごしていました。

体を愛することを見ているとき、体は、なんとも、まろやかな幸の空間だったのが、印象に残っています。

また、3つが揃ったときにあらわれる奇跡…そんな、みなの語り掛けにもあったように、奇跡のような光景を前にしたり、体感したり、体験したりの毎日だったように記憶しています。

 

体全体の移り変わりの頃、それまで知らなかった次元との融合がつづいた日々に、体験していたことを、再び、体験したり、言語を用いない、ただここに在ることが自然に感じられる日々がつづく中、外に出れば、近所の人たちと、いつものようにお話したり、散歩に行けば、散歩友達たちと話をし、普通に、言語を用いて、会話をすることもできることを確認しながら、再び、体全体が、移行へと歩みだしているように見えました。

 

『きらめく体へ』のセッション期間中や終了後、『小さな光が見える』 そんな声が、いくつか届いてきましたが、私も、何度か、鮮明に、きらきらとあちこちに光を前にしていました。

 

昨年の老化に関わる取り組み以来、年を重ねていく姿の味わい深さ、素敵さを、ますます知り、とても愛おしく見える日々が続いています。

ある日、見たこともないほど、たくさんの白髪があるように見え、「あら~、こんなに、白髪がいたのね。」自分の年齢をおもい、白髪がたくさん現れても不思議ではないわ。と、味わい深く思った瞬間、髪の毛の上に、たくさんの小さな光たちが、きらきらと現れました。そして、翌日、あんなにたくさんあったはずの白髪が、どこへやら。ちらちらと、もちろん隠れて存在していますが、たくさんあった姿は、見えなくなっていました。

いつか、また、表れてくれるかもしれません。

 

ある夜は、歯磨きをした後、長年、一緒にいてくれる歯や歯茎に、ありがたいなあ。こうして、歯や歯茎がいてくれることが奇跡のようにおもい見ていたら、その瞬間、小さな光たちが、歯や歯茎を覆うように、たくさん現れ、何か活動をしてくれているように見えました。

 

この小さな光たち、これまでも居てくれたのかもしれない、と思ったある夜、こんな話が、ここに現れました。

 

 
 
体の周りに現れる小さな光たちキラキラ
     
彼らは、当たり前のように、これから、あなた方の前に、姿を現すかもしれません。
 
彼らは、愛の粒子から成る存在たち。
体の周りに、現れるとき、彼らは、最良の姿になるよう、体をつくり上げている粒子たちと、共にはたらき、万全な姿へと導いていくのです。
 
彼らは、そういう存在。
あなた方、地球に生きる人間を愛し、いつも、応援しています。
 
間もなく、彼らと共に生きる、人生を楽しむ人が、地上に現れ、
その数は、次第に、増えていくでしょう。
 
彼らと共に生きる人たちの人生が、彩られ、
また、楽しさ湧き、深みあり、奥深さあり、発見あり、
ユーモアと共に過ごすことは、間違いないでしょう。
 
キラキラ キラキラ キラキラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
今朝は、雪が、ちらちらと舞う中、散歩に出かけ、一時間もすると、真っ白な景色になりました。ケンタロウの冷たくなったピンク色の肉球を拭きながら、冷たくない?と聞くと、ケンタロウは、『冷たいよ。それが気持ちいい♪。』のだそうです。
雪のおかげで、いつもより、くんくん匂いをかぐのも、走り回りのも楽しいようで、家に着くころには、すっかり明るくなりはじめていました。
ここ数日、もう、食べることはいいかな~と、思う時があり、そう思いながらも、体と話しながら、食事の内容をきめ、食していると、のどが、こんな話をしてくれました。
 
 
のどの本来の役割キラキラ
       (喉からの声)
     
のど(そこにある器官や組織)は、本来、奏でるために存在していた。
 
奏でたいの。
この体、筒、美しい管を通して、鳴り響く音を。
 
かつて、人は、言語を、今のように、数多く持っていなかった。
代わりに、こののどを通して、鳴り響く音で、会話をしたものなのよ。
 
自慢のように、うたい、(自慢はすてきなことよ♪)
みな、うたい、
奏で合い、
響かせる音、音、音。
 
この頃の人の発声は、奥深く、ゆたかで、発する音そのものが、愛を表現しているようだったの。
 
今、現代において、のどは、食べ物を通すことが、主な役割にみえる。
 
表現の自由。
ほんとうに、望んでいることを、人々が、音にして、発し始めたら、
 
のどは、最盛期の頃のような、神秘うたう、奏でる役割を、
また、取り戻すかもしれないわ。
 
うたってちょうだい。
現代に生きる人たちで。
 
各々のリズム、音。
発声、発音、とても広がりゆく。
今とは、違ったものになるわ。
 
キラキラ キラキラ キラキラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)