テーマ:
バオレルとして学生たちと共に過ごした日々もとてもかけがえのないモノに。

ABCカフェではアンジョルラス、マリウスがその時の立場で違うベクトルで盛り上げてくれていますが、アンジョの想いにいち早く気付くであろうコンブフェール、クールフェラック、フイイの幹部的な存在がしっかり出ていると相乗効果でカフェの全ての学生たちの振り幅も広がるのではないかと思っています。

そこで自身がフイイの時に助けられ、いろいろ感じる事のあった名のない学生たちの存在。

今度は自分がそれとなり彼らを盛り上げる事でマリウスをアンジョ、グランテールを浮き立たす事が出来たら、振り幅自由に存在出来たらと、毎回とても楽しくカフェでノート書き書き、彼らの表情を肴に軽く酒を飲んでました♪


眼鏡で書記のバオレルくん。

2013のクールキャラから15、17とだんだんと明るく溌剌としていきました。
徐々に原作寄りに(^-^)

創る役作りのベースを元にキャラクターの振り幅の自由さを活かして、その期、その時のメンバーの雰囲気によって、

【関係性】
★対アンジョ、対マリウス、対グラン、対皆との関係性はどうだったのか。
★また他の関係性を見て自分はどうなのか(アンジョのグランへの対し方によって自分の居方が変わったり、アンジョ・マリウスの関係性でマリウスへの関わり方の想いが変わったり)等々。

【思想傾向】
★革命に対してどういう考えなのか。武装派と非武装・非暴力派のどちら寄りで、その割合が何対何なのか。
★共和制のどこまでを理想とし、現実はどこまでいけると思ってたか。
★これを社会経験のない(もしくはどの程度あるのか)学生がどのくらいの本気度の割合で望んでいるのか。等々。

【タイプ】
★表に感情を出す、内に秘めるの傾向とその割合。
★表現するならどういう表現をするのか。皆とディスカッションしようとするタイプなのか、個々とのやり取りを好むタイプなのか。その割合がどの程度なのか。等々。

(取り組み様はまだまだこれ以上無限にあるでしょうが)これらを相対的に見て、 ABCのシーンをエネルギーとその勢いがよりよいモノとなるよう、存在出来たらいいなと思っていました。


今期の地方のアンサンブルはほぼ固定の2チームの中どちらも経験出来たのですが、それぞれ皆の佇まいの違いが凄まじく、同じ作品同じシーンでも積み上がっていくさまの多様性にとても感動(最初は戸惑い笑)し、精一杯で食らいつきながら楽しく演じる事が出来ました♪



『人間』は1人では『生きら』れませんねぇ。

関係性がABCの学生の中だけでもどれだけ複雑に絡み合えるのか♪


物語の中で複雑に運命的に絡み合う登場人物たち…。

バルジャン…

ジャベール…

ファンテーヌ…

コゼット…

マリウス…

エポニーヌ…

テナルディエ夫妻…

アンジョと学生たち、ガヴローシュ
市民、子供たち…


役者のあり様で広がる無限の可能性を全て受け止めてくれる、レミって本当になんて懐の深い偉大な作品なんでしょうか(T-T)




毎日、毎回が、3人のアンジョ、3人のマリウス、2人(プルベール3人)皆とのかけがえのない瞬間でした(^-^)


ありがとう!!

















【その3】へ続く…!?



どこかにご観劇してくれた2011司教/レーグルの清原さん(清原邦仁さん)が今blogの特別ゲスト♪笑

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017年レ・ミゼラブル全日程終わりました。終わってしまいました。

支えて下さった皆さま、ご声援下さった皆さまのお陰です。
誠にありがとうございました。

TohoChannelさんより

日本初演30周年の今期、30年の歴史の中で出演者関係者の皆さまとお客さまと本当に多くの数え切れない方々の愛に包まれている作品なのだと改めて感じました。

この偉大な作品が持つ普遍的なテーマと秀逸な楽曲が我らを集め、そして互いに呼応し合って昇華されていく様は、なんて神秘的で美しいんでしょう…。

スペシャルウィークにて歴代の先輩方、お客さまと同じ空間であの時を共有出来た時、この作品の歴史のほんの一端を微力ながら担えた事が誇りです。



この時は同時に大好きなレジェンド方を前に個人的に浮かれてハシャいでしまいそうだったので、本舞台に集中しなければとそれをグッと堪えなければともなりましたが(^o^;


ABCカフェの中に立ちたいと夢に描いていた憧れの舞台、幸運に恵まれ出演出来てから4期。
沢山の想いが溢れますが、何よりもまず感謝です。

ご声援下さった皆さま
支えて下さった皆さま
関わって下さった皆さま

全ての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです
誠にありがとうございます。


↓ここから止め処ない吐露が、オチのない話が長く続きます~。
溢れる想いだと思っていただき、ご容赦を笑



レミを考える時、『生きる』とは…、『人間』とは…、『愛』とは…、『赦す』とは…、何なのか…。

頭をぐるぐる廻る。


出演初回のフイイの時、無我夢中でその時の精一杯で役を作品を解釈し挑んだ。
今期も変わらず挑み続けながら、まずは数期いただいた役回りバマタボアを通して、彼を、作品を、仲間たちを観る。

なんて贅沢で貴重な日々、時間、一瞬一瞬。

ファンテーヌのお三方には大変お世話になったと同時に勉強させてもらいました。

三者三様の存在に刺激を沢山いただいた。

彼女らの悲劇から娘の幸福を見守る笑顔へと続く物語の助けが少しでも出来ていたなら嬉しいなぁ…笑


彼はどんな境遇だったのか、どういう家庭環境だったのか…。

彼の存在を考えた時、どんな辛い境遇だろうと真っ当な人はいくらでもいる訳で、あそこまでに変質的な歪んだ性格が進んでしまう理由が全然理解は出来ないので、自分のただの上っ面な偏見かもしれないけれどしかたない、片親がいないとか両親に溺愛されて我が儘放題で育ったとか、安易な想像から自分の中にもあるダークサイドな面を広げる作業を行いました。

彼にとっての安らぎは…?癒やしは…?救いは…?

ただダラダラと生きる彼は『生きて』いたのか。
空っぽの彼がカラむ『生きよう』とするファンテーヌ。

あの娼婦街で一瞬の出来事かもしれませんが、ただ奇をてらった気持ち悪さだけで楽しむ姿でお客さまの前にいたくない、それだけでファンテーヌと接したくないなという想いが強くありました。

男には分からない敏感な女性の感じる生理的に受け付けない具合…。

いただいた2017版の演出【2013、15は紳士風の割合が強く、今期はその紳士風にもう少しキザな要素が多め&威厳(小さなプライド)を保とうとする方向(←このお陰で今期はより歌いながらでも周りの娼婦たちの存在を感じられるように!!)だと捉えています。ブチキレた時は暴力性・幼児性・威厳をどう守るか保つかのバランスを楽しんでいました。】これに添いながら、上っ面装って中身粗雑な薄っぺらい男が、その日もいつものように来ていつものように楽しもうとして、たまたま、しかしああなるべくしてああなった。
その姿がご覧下さった方に異質さやアイツ気持ち悪いッ!!と自然と思ってもらい、ファンティーヌに自然と感情移入する手助けとなれていたら!!

語弊があるかもしれませんが(^o^;

雨の中棄てられている小犬のような潤んだ瞳の知念ちゃん(知念里奈ちゃん)
悲壮感ハンパない和音ちゃん(和音美桜ちゃん)
気は人一倍強いが気付いたら知らぬ間にソコに立っていたかのような愛(二宮愛ちゃん)

それぞれのステキな個性を舞台上でバマタボアとして感じる事が少しは出来たかな…。


役作りはあくまでも手段であって、目的はファンティーヌの悲劇の一役なのですが、ついつい役作りの最中ダークサイドを広げ過ぎて自身がどよ~んとしてしまいあの場で彼を楽しませきれず本末転倒な事になりかねない時も(^o^;

自分の自意識で手段にだけ囚われている時は苦しみました~。
快楽にのみどっぷりハマり込む『ジキル&ハイド』のハイドに恐怖するジキルのように笑


歌も本当に大切で、芝居要素も大事かもですがそれによってさじ加減はありますが音を外していいという事にはなりませんよね。
苦手な(笑)あの奇怪なメロディーが言葉は違っても同じ形で繰り返される楽曲の妙・意味を踏み外さぬよう、且つそれを利用した無限にある表現を楽しめるよう(←超理想)とても苦労しました。
音感悪しなので笑

歌の確認を音楽スーパーバイザーのBillyさん(山口Billy琇也さん)、歌唱指導の船研さん(船橋研二さん)、ヴォーカルリーダーのマダム育代ちゃん(本田育代さん)&同じくなっちゃん(柳本奈都子ちゃん)に助けていただきながら、日々毎日歌と芝居の、行っては戻る、三歩進んで二歩下がるの繰り返しでした。

感謝しかな~いッ



一役から見ても、どこまでも突き詰められいろんな世界を感じさせてくれる懐の深い作品。

本番前のある日、先輩がレミはいくら演っていてもやり尽くすという事がない、飽きる事がないと。

『このミュージカルはあなたとあなたを愛する人の人生を変える』

出会え、関われたこと幸せに思います。



【その2】に続く…。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前共演した後輩が企画したライブをちょこっとお手伝い致します!

何曲かと、演出的なアドバイスなども少々。

大学のミュージカルコースと演劇コースに通う彼らが自分達でつくり出していくライブ。
これからに向けてどんどん勉強してほしい!!
経験した事全てが大きな糧に(^-^)

僕も彼らの頑張りを少しでもサポート出来たらと思っています!



ミュージカルライブ『Episode0』

【日程】
8月27日
13:00〜
17:00〜
★全席自由
★開場は公演30分前からとなります。

【会場】
OMEGA TOKYO
JR荻窪駅西口南側出口より徒歩7分ほど。

【料金】
★前売
一般 2500円
学生 2000円
★当日 2700円
(学生の方は学生証をお持ちください)

【キャスト】
宮﨑  真衣子
溝手  優希
冨田  熙
守谷  茉倫
倉元  奎哉

須佐  光昭
上森  真琴
宇部  洋之

【企画・制作】
劇団蛹の家
溝手優希 守谷茉倫 

【お申し込み予約フォーム】


日にち間もないですが、もしご都合宜しかったらぜひ。
お会い出来ましたら嬉しいです(^-^)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
やはり『愛』だろうか…。

両親の溺れたそれではなく。


ミュージカルでの彼は原作よりいろいろな意味でだいぶハード。

工場長からセクハラ・パワハラの限りを尽くされ追い出され職を失い、持っているモノ全てを失い、娼婦となったファンテーヌが最初に身体を売るのがあれだけの仕打ちをされた工場長…。
そのファンテーヌが速攻で嫌がるバマタボアって、どんだけ!?(笑)

娼婦たちの間ではそのサディスティックな性的嗜好のため忌み嫌われ、拒絶したファンテーヌはボコボコにするドブネズミ。


彼が極端な性的倒錯、加虐性淫乱症を発症するに至った要因は何だったのか。
彼に必要なモノは何だったのか。
彼に何が足りなかったのだろうか。


〈いただいた演出と原作を踏まえて創ったウベタボア設定フィクションを元に〉

幼児・児童期に現れることがある罪悪感のない草花をむしる虫を殺すなどの暴力性を、両親の歪んだ愛情で保護され続けた彼は、今大人となりそれを何の疑いもなくそのまま性的快感を得るための方法へと移していった。


性的興奮をした何か決定的な出来事があったのだろう。
初めて同い年くらいの女の子の首を絞めた時のその苦悶する表情と感触だったのか…
ステッキで何度も叩きつけた若い家政婦の抗えない泣き顔にか…

そのいびつな性的興奮も、足りない何かを埋めるためか…。


社会的にはその位の高い家柄を最大限に利用し、経済的精神的な甘えが半端ない生活を送っているにも拘わらず、いつまでも自分を子供扱いで必要以上に過保護な両親を軽蔑し、故に10代の反抗期さながら意にそぐわない時の両親、特に母親への癇癪はいくばくか…。


外ではいくら着飾りキザにかっこつけようと、同階級の女性たちには全く相手にされない自分の言動に自分で酔う稚拙な男は、家の中での振る舞いと同じように出来る場所に逃げるしかなかった。


性的サディズムに走る彼には、そこにいる娼婦たちは何に見えているのか。

性的処理の道具として、面白いかそうでないか…。

彼女たちを傷付ける罪悪感は…?

サイコパス的な人を人とも思わない、生き物の『生命』への敬虔な想いは全くないのだろうか…。


毎回出来うる限りバマタボアでいようとすると、どよんとした鬱的なテンションになる時も(≧◇≦)

誰か助けて~~~(笑)



そんなドブネズミでも、この作品にあってその存在意義はファンテーヌの若く愚かだったかもしれないがどんな苦境でもコゼットのために強くあろうとした物語のため、ただ一点。

今期は性的サディズムに走るに至った経過を深く突き詰め『そこに存在する事』が、ファンテーヌに出会って早々「嫌な奴、嫌!放してよ!!」と言わざるをえない生理的に受け付けない嫌悪感を与え、自分勝手ないざこざを起こす事でその後の物語(ファンテーヌとバルジャンの再会、そしてバルジャンがコゼットを引き取り育てていく物語)へと繋がって行くと信じて、突き進む。


そこには、作品への相手役への『愛』しかないよな。

『愛』の欠片もないヤツを演じるのに一番必要なのが『愛』か。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前にミニミュージカルをやらせていただき今回が本公演となります(^-^)

夏目漱石さん、昨年が没後100年今年が生誕150年となり、新宿区には記念館も開館する予定だそうです。

僭越ながら夏目漱石を演じさせていただきます。
全曲書き下ろしのオリジナル曲で、台本をいただきましたが僕は今のところ12曲程関わるようです♪
やりがいのある人物、内容に気合いがッ!!

今回のために創立された漱石座の子どもたちと共に、共演には前回からのがうち(東宝さん『エリザベート』や地球ゴージャスさん、新感線さん『髑髏城の七人~鳥~』(出演予定)などでご活躍の上垣内平くん)、13年からレミで共演させていただいてるもっちー(持木悠くん)、劇団ひまわりミュージカル『銀河鉄道の夜』でお世話になったかんじろさん(村上勧次朗さん)、昨年の六本木クラップスでのライブで共演した沙織(瀬戸沙織ちゃん)、毎年うえの夏まつりご一緒のダンスチームSOUL Freedom♪

1度だけですが漱石座さんでお芝居のワークショップをやらせていただいた先生としても、子どもたちの手本となれるように、導き手となれるように…。

そしてなによりお越し下さる皆さまに楽しんでいただけますようキャスト・スタッフ団結して作品創りを行っていきたいと思います!


★夏目漱石生誕150年記念オリジナルミュージカル★
早稲田漱石座
『夕暮れ過ぎまで ~漱石先生に出会った木曜日~』

【公演日時】
9/18(月・祝)
①13:30開場
14:00開演 ★完売★
②17:30開場
18:00開演

【会場】
角筈区民ホール

【料金】
★前売
大人2500円
こども1500円
★当日
大人3000円
こども2000円
★全席自由

【キャスト】
宇部 洋之
上垣内 平
持木 悠
村上 勧次朗
瀬戸 沙織
SOUL Freedom

<早稲田漱石座>
塚田 ひより
吉田 妃御
切石 りんご
天堵 萌結
日吉 紫音
前田 晴奏
松茂 愛
岩崎 栞奈
片山 美迦
長谷川 琴子

【スタッフ】
作       清水 洋子
演出   Zikko
作曲   砂本 典子
歌唱指導 村上 勧次朗
振付   相沢 香
     Maya(SOULFreedom)
     清水 洋子
舞台監督 間下 信宏(Office DO)
照明   宇津野 一成
音響   小沢 高史
グラフィックデザイン 日吉明香(L.A.M.F.inc)
衣装・制作 早稲田漱石座
プロデューサー 森田 千史

【後援】
新宿区
NPO法人漱石山房


【宇部洋之扱い予約お申し込み方法】
件名に『漱石』と入れていただき、
★御名前
★御名前フリガナ
★お電話番号
★ご希望回・券種(大人orこども)・枚数
★宇部洋之へのメッセージ何でも♪(任意(^-^))
以上を
uubee18@yahoo.co.jp
までお送り下さいませ。

★お手数お掛け致しますが@以下のドメインyahoo.co.jpからのメールをお受け取り出来る設定を宜しくお願い致しますm(_ _)m


皆さまのイメージする漱石さんとはもしかしたら違うかもしれない、スポーツ好きで面倒見が良い人間味溢れるそして魅力も溢れる実際の漱石さんをお届け出来ますよう、精一杯を尽くして創り上げていきたいと思います。

皆さまのご予定の一つに入れていただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前に上げたblogです(^-^)

今期も改めて一言一言、一音一音を大事に、受け取ったバトンの大切さを胸にバマタボアをつとめて参りたいと思います!!




~2015年プログラムより~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
パリから北へおよそ200㎞にある港町モントルイユ・シュル・メール。

ブルジョワの家に生まれた彼は、両親に溺愛され生まれた時からその町にあるモノなら大抵全てのモノを与えられ、何人もの召使いが身の回りの事の全てを行い、何不自由ない暮らしを送っていた。

かなり位の高い家柄で父親はこの町を繁栄させた【かの有名な市長】とも交流があり、【新任の警部】などは挨拶に来る程だった。


幼少期から召使いは何人変わっただろうか…。

途中から人数を数えるのも困難に。
というか最初から召使い達を人だと思っていたかどうか…。


思春期を過ぎ、長年付き添う執事のじぃを困らせる我が儘傍はいか程か。
小心で臆病者のやるありとあらゆる贅沢、セコいひねくれた悪行はやり尽くしていた。

普段の生活でも、性欲的にも…。

問題は全てを父親がもみ消し、屋敷内では母親が甘やかし尽くした。


父親と母親の無尽蔵な溺愛とお小遣いという虎の威を借りた傍若無人ぶりには限度はなかった。



~1823年~

モントルイユ・シュル・メールのカフェに、グレーのシルクハットをかぶりライトブルーのテールコートにイエローの縦縞のベスト、 白い清潔なシャツの首もとにはさらに白く清潔なシルククラバット、ベージュのブリーチスに白タイツの足がオペラ靴を履いている、右手中指に真っ赤なルビーの指輪をはめ、銀の取っ手のステッキをいやらしくつくバマタボアという青年が目的もなく、ただ、入り浸っていた。


1500フランの年金を鼻にかけ、趣味人らしくみせるため、狩猟をやり、タバコをのみ、酒を飲み、嗅ぎたばこを嗅ぎ、玉突きをし、流行を大袈裟に取り上げポンタムソン(フランス北東部の地方都市)を通してパリをまね、中身のない話しかしなかった。


乗合馬車から降りる旅人をじろじろながめ、娼婦にはご馳走するが1スーでもケチった。


ただ、歳を重ね、働かず、役立たず。


浅く広い教養はあるが素養は全くなく、非常に偏った性癖を持つその青年は、社交界で同等階級の女とはまともに付き合う事が出来なかった。

顔に浮き出たあらゆる性病の証である吹き出物やシミ、ニキビを隠す為の白粉と赤いチークのその男とまともに話そうとする者は誰一人いなかったのだ。




ファンティーヌが、首飾りを売り、自慢のブロンドの髪の毛を売り…、そして自分をクビにした工場長に身を売った晩も、彼はいつもと同じように港近くの赤線地帯へとやってきたのだった…


(与えられた新版演出に原作を参考に、考えたウベタボア役作りフィクションです。)


~2013年プログラムより~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
~ファンチーヌのモデルともいえる娼婦をユゴー自身が救った体験談は『見聞録』(第1集1887年,第2集1899年共に死後出版)に収録されている。

1841年のある雪の夜,街角の娼婦の背中に雪の塊を入れるという狼藉を紳士が働く,娼婦が反撃に出てその紳士に飛びかかり,叩いているところを警官たちに取り押さえられる。
警察署長に罪人扱いされる娼婦を,事のしだいを証言することでユゴーは助ける。

娼婦をファンチーヌに,警察署長をジャベールに,そして自分自身をジャン・ヴァルジャンに,(狼藉を働く紳士をバマタボアに)おきかえて,この体験談はそっくりそのまま『レ・ミゼラブル』(第1部第5編第13章)のなかで使われるのである。~

『「レ・ミゼラブル」を読みなおす』稲垣直樹氏著/白水社P.21~22より抜粋(一部加筆)。


ユゴーが実際に遭遇しモデルとした可哀想な女の子やイヤな奴がいたんですねぇ。


原作者ユゴーは『レ・ミゼラブル』に、自身の若かりし頃の思想の変遷とそれによる葛藤などをマリウスに、熟年以降の熟成された精神的思想をバルジャンに投影させている面があるのですね(^-^)



【↓WANTED!!↓】

この風貌、見掛けたらご注意ですよ!笑
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
沼尾みゆきさんが無事ご出産されたそうです♪

年末の出来事があったので、みゆきさんご本人及び所属事務所社長さんよりごされ丁寧なご報告をいただきました。


お写真拝見させていただきましたが、みゆきママに似て!?(笑)so adorable♪

おめでとうございます!!
ママがんばって下さい☆彡(^-^)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
物語終盤マリウスの「Cafe song」後「マリウス&コゼット」のシーン


バリケード陥落から数ヶ月、身体は徐々に回復しつつあるけれど、心はまだ後悔と虚しさで打ちひしがれているマリウス。

コゼットはかいがいしく看病し続け、そして優しく語りかけます

「プリュメ街でのあの夜を、あの夜の誓いを思い出して、私はここにいるわ、あなたの傍に…」と。


続けて「A Heart full of Love」のリプライズで2人を優しく見守るバルジャンも加わった三重唱となりますが、ここでの彼らが歌う順番やハーモニー、ユニゾン等の構成が好きなんです。


コゼット
「♪溢れる愛」
バルジャン
「♪俺のものじゃない」
コゼット
「♪二人の夜」
バル・コゼのハモ
「若くて自由」
「誓いは真実」

コゼットは見守ってるバルジャンに気付いてないかもしれませんが、彼らのカノンとハモの同じリズムに、自然と父娘の絆と愛を感じます。


そこへマリウスがコゼットの温もりを感じ
「♪コゼット、コゼット」
と応えると、

バル・コゼは
「♪愛は二人のもの」
「♪待つ、あなたを見たわ」
二人のハモでマリウスを迎え入れます。


すると、次は
マリウス
「♪近づく」
バルジャン
「♪全て」
マリウス
「♪君が」
バルジャン
「♪定め」
と、マリウスの存在に感謝し、コゼットを託す決意を自分に言い聞かしているようなバルジャン。


そこへ
コゼット
「♪呼んだ」
とコゼットがマリウスに応えると、

次にはマリウスとコゼットが
「♪夢ではない、夢ではないよ(わ)」
ユニゾン(最後ハモ)となり、
バルジャンは自分は身を引き二人を見送るように半拍そして一拍遅れで
「♪溢れる愛、お前にやろう」
とハモります。


あたかも結婚式当日、いろんな想いに溢れる父とその手に引かれる娘がバージンロードを歩き、未来を託すマリウスの元へたどり着くと娘は若者の傍らへ。二人は希望に輝く誓いを。
そして、それをそっと一歩引いた所で見守る父親。
そんなシーンを彷彿とさせるような三人の歌の構成に…。


これを感じた時の衝撃と感動はいくばくか。


コゼットくらいの子を持っていてもおかしくはない年となった自分はついついバルジャン目線に(笑)


言葉足らずかもしれず、分かりづらかったらすみませんm(_ _)m
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。