熊本の行政書士の山下です。

本日土曜日、熊本市のアーケード街での【通行禁止道路通行許可】の問い合わせがありました。

よくいくのでなんだか嬉しい相談です。

以前工事のために【通行禁止道路通行許可】をとったことはあったのですが、今度は催事の搬入のためとのこと。

条件を満たしているかで報酬はかわってきますが、通常2万円から3万円ほどで当事務所承っております。

土日祝日の問い合わせも大歓迎です。お気軽にどうぞ。

096-385-0028
AD
熊本の交通事故専門行政書士の山下です。

5月17日の交通事故相談会は盛況でした。

5/17(土)13:00より熊本鶴屋東館パレアで、『交通事故・障害年金無料相談会』が行われました。

今回は、弁護士・行政書士・社会保険労務士の各専門家が相談員として参加しました。

交通事故による後遺障害等級認定、示談の相談、通勤災害(労災)との調整、障害年金や障害者手帳など、幅広い相談をお受けしました。

相談会に来られる方には程度の差こそあれ、何か「困っている」ことや「解決したい」ことがあります。

そのような悩みに共感し、共に解決の糸口を探していくこと、それにより相談者の方に少しでも「安心」していただくこと。
これこそが、我々、交通事故や障害年金の業務に携わる専門家の使命であると思います。

今回の相談会においても、ご来場いただいた方からは、多数の感謝のお言葉を頂きました。

これを励みに、今後も有意義な相談会を続けていきたいと思います。

今回の無料相談会は、広報誌「すぱいす」・「リビング」に開催案内を掲載させて頂き、事前に多数のお問い合わせをいただきました。

当日は8組のご相談者がお見えになりました。また、当日のご都合がつかず、後日、3件の個別相談を承っております。

今後の開催についてですが、6月は県外でやってみようかなと思っております。よりよい相談会を目指して色々今後も模索していきます。

山下
AD
熊本の交通事故専門行政書士の山下です。

今日17日無料相談会行います。文末に告知掲載しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

病院に通院しているが、物損事故で届け出をだしているケースです。

これは相手方に、どうか物損事故で届けてください、面倒はみますので、とお願いされてる場合が多いですね。あと相手が若い方だったり、運送業やられてるから死活問題になるので、と頼むこまれるパターンも・・・。

ちなみに人身事故にしても診断書が15日未満なら軽傷事故としてほぼ不起訴処分にされています。

免停、行政処分は、加害者の過去の違反歴で決まります。

そして物損事故で届けていれば後遺障害はかなり厳しいです。やはり後遺障害の申請をする際、人身事故にしないぐらい軽い事故だったのではないか?と判断されることが多いので・・。

というわけで被害者が自分のことだけを考えるならば、人身事故で届けるのが最善でしょう。ただし警察の事情聴取などはあります。

さて次回の交通事故無料相談会の告知です。

○平成26年5月17日(土)13時15分~17時

水道町鶴屋パレア10階 第6会議室

交通事故の後遺障害でお悩みの方、

またそれに伴う労災や障害年金などでお悩みの方、
お気軽にご参加下さい。弁護士もボランティア参加していただけます。

※一日7組限定とさせていただいておりますので、ご予約は下記連絡先までお早めにお願いします


連絡先


山下交通事故行政書士事務所 担当 山下

問い合わせ先:096−385−0028 


通話料無料フリーダイヤルは0120−177−576 ※スマホユーザーの方はこちらクリックすると電話がかけれます。




熊本 交通事故 無料 相談会
AD