夜回り先生・水谷修氏は次のように述べておられます。

「では、ここで質問です。18歳未満の少年同士が合意の上で
性的な関係を持つ事、これは犯罪ですか?犯罪じゃないですか?
高校生同士がエッチする事は犯罪ですか?犯罪じゃないですか?

犯罪だと思う人、手を挙げて下さい。殆どいませんね。
では犯罪じゃないと思う人、手を挙げて下さい。大勢いらっしゃいますね。

・・・・・・・・・日本はおしまいですね。犯罪ですよ。
それを不純異性交遊と呼ぶんです。刑法犯ではないですが立派な犯罪で、
日本では18歳未満の子どもがエッチをする事は禁止しているんです。
ですから、それを繰り返すと虞犯といって、しかるべき施設に更生保護されます。
 この事を子ども達も完全に見失っている。皆さん方が見失っているのだから、当たり前ですね。
 困ったものです。


____________________________________


なんかおかしいな・・・刑法詳しくないけどなんか違う気がする。
法律クラスタの方コメントよろしくです
AD

映画「告白」みてきた。

テーマ:
ツイッターでこの映画の感想が多くて気になってたので見てきた。
原作は一度読んでいて、これはこれで傑作なのだけどなんか読んだ人がシリアスな感想を書いているのが前から気になっていた。どちらかというと筒井康隆のようなスラップスティックだなーと思ったので。これ読んで真面目に少年法がどうこういう人とはちょっと・・・。
だって中学の先生がマジになってこれでもか、といわんばかりに生徒をいじめまくるのだ。復讐という大義名分があってもそれはないだろう、と半笑いで読んだ。けど勿論傑作です。
さて映画はどうなんだろう、と思って見てみると冒頭からいきなり生徒が物凄く煩い・・・。僕は荒れた学校てのを経験してないのでこういう描写があるといつも嘘っぽく感じてしまう。ああいうのにリアリティを感じる中学生というのはほんとにいるのだろうか・・・。
とはいえ松たか子の立ち姿は物凄くかっこよく、段々引き込まれていく。
話は小説のストーリーを外さないのだけど小説よりかなりシリアスに描かれていて、そしてホラー映画の演出を借りながら進むのでめちゃ怖い!血とか・・・R指定とかされてたっけ・・・。

小説よりいいところ!
1:役者が素晴らしい。
これはもう、小説より全然いいところで、中心人物となる中学生数名と松たか子がめちゃめちゃいい!
今時なのに歯並びが悪い少年Bもいいし少年Aの子も妖しくてよい。
そしてぐっとくるのが美月役の女の子。めちゃめちゃかわいい・・・・。そして私服になると笑っちゃうぐらいのギャル服!このギャップにやられました・・・。そして悲劇に死ぬとか悲惨すぎ!あとで調べたら熊本出身だそうで・・・。いやーかわいかった。存在感が違った。

そして圧巻は松たか子で意外に出演シーンが少ないので存在が際立った。「私にも大切なものが壊れる音聞こえましたよ、パチンじゃなくてドッカーン!ですけどね」とか「なーんてね」のところはすごい!
映画監督が使いたがる女優さんな理由がわかりました。

2:ショッキングシーンがめちゃめちゃホラー!
んまーびっくりするぐらい血がでます!そんで少年たちがほとんど悪魔!な描かれ方。80年代アメリカホラー映画な感じです。幼児を投げるシーンとかいじめシーンとかすごかったなぁ。陰険だよなーああいうのは日本でしかないよなー。キャリーで生理用ナプキン投げるとかかわいいいもんだったね。

3:音楽がいい。
AKBの曲があんなに効果的に使われるとは・・・笑 他にも生徒が踊るシーンとかがよいです。もっとあっても監督ぽくてよかったけど自重したんだろうな。

4:美月ちゃんがとにかくかわいい。いちゃいちゃするシーンが健全だけどエロい。
これで終わります笑 おすすめですよー。でもデートには向かなそうだね・・。

AD