カナダで働く自動車部品メーカー社員のブログ

カナダ5年目。新米パパ。仕事、家庭の両立を目指す36歳の奮闘記。


テーマ:

いよいよカナダ最後の週末となった。

 

振り返るとやはり早いなぁとしか思えない。きっと

自分が引退するときや死ぬ時なども同じようなことを

思うのだろうか。

 

18歳のときに初めて海外に行った場所もカナダだった。

それ以来、海外で仕事をすること、英語を使って仕事をすることを

目標に走ってきた。

 

その夢が5年前に叶い、晴れて海外での仕事がスタートし、

今に至るわけだ。夢は叶ったかもしれないけど、自分をもっと

成長させたいという意欲はまったく衰えていない。むしろ、

強まっている気さえする。

 

そうでないど、きっとあとは落ちていくだけになってしまう。

死ぬまで自分を高める努力を継続できる人間でありたい。

 

遠くに目標をおいてきた若いころとは違い、今は1日1日を

大事にすることに集中するようになった気がする。

 

遠すぎる夢を追うよりも今日をやりきる、明日だけを見ることを

これからも意識していきたい。

 

カナダらしく最後の週末は雪。この写真も一つの通過点だっとと

また将来振り返れるようにまた次のスタートに備えたいと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

カナダでの生活が秒読み段階に入ったと

言ったら少し大袈裟かもしれないが、残り33日。

 

まだ振り返るのは早いのかもしれないけれど、

何か今の心境をブログに綴っておくのは、自分に

とって意味があることかもしれないから、久しぶりに

更新している。

 

といっても何かネタがあるわけでもなく、これと言って

書きたいことがあるわけでもない。自分以外の方には見るに

値したい文章だろう。

 

ただ、今日は本当に久し振りに知人とブランチを楽しみ

充実した休日を過ごした。

 

 

「5年先の自分をイメージしておくといいよ」

 

 

そんなアドバイスをいただいた。目標を常に掲げて

努力していても、あまり5年先を明確にイメージしている

かと言われるとゼロに近い。

 

どんな方面に進んでいきたいのか、今の自分の努力の仕方は

将来の自分が目指したい場所へ向かっているのか。そんなことを

考えた。

 

一方でプロフェッショナル 仕事の流儀で見た、歌舞伎役者の

坂東玉三郎氏はむしろ逆のことを言っていた。

 

 

「遠くを見ない。明日に集中する」

 

 

先を見すぎるよりも今の俺にはこっちのフレーズがしっくりくる。

ぼんやりでも先はイメージしつつ、やはり日々のやるべき努力を

継続していくことでしか、道は拓けない。

 

「一日一生」の気概で日々を過ごせる自分になりたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとりぼっちになった家。

 

ブログを綴る時間。

 

昨日、家族が日本へ帰った。無事に到着したという

連絡も入り、ホッとすると同時に俺のまた新たな「生活」が

始まった。

 

この「生活」はおそらく忘れられない時間になるのではないか

という予感がするんだ。不安と期待で胸を膨らませながら、

海外赴任生活が始まったことはまるで昨日のように思い出せる。

 

そして俺はその生活の「終わり」を迎えようとしているんだ。

あと2ヶ月半。この時間は神様がくれた特別な時間になる。

 

だからいろんなことを考えたいと思う。将来のこと。家族のこと。

両親のこと。友人のこと。ここで出会ったたくさんの人。

そしてここで過ごした時間のこと。

 

松下幸之助さんの自叙伝を聞いた。人間にはそれぞれ運命があると

この経営の神様はおっしゃるのだ。人間に生まれたこと、このことが

すでに運命である、と。

 

俺が今から身長を180センチに伸ばせることはない。100メートルを

9秒台に走ることもできない。童顔を治すこともできない。自分が

コンプレックスなことも治せないものがほとんどだ。でも、この経営の

神様はそれを運命と捉えて「承認」することが自分の可能性を伸ばす、

最初の一歩だとおっしゃった。

 

自分の天命は今の自分を「承認」した上で、はじめて訪れるのではないか。

7割、下手をすれば8割は自分で変えることのできないこと。だからこそ

それを認めて、残りの2割を自分の努力で自分の将来を切り開いていく。

 

36歳という年齢はほぼ人生というフルマラソンでハーフを終えたような

段階だとするならば、まだまだ先は長いし、だからこそ拳を突き上げて

喜ぶような感動もまだまだあるということ。

 

やってやる。家族のために、社会のために、自分以外の人から

「ありがとう」と言っていただけるために、この命を目一杯、活用しよう。

 

まだまだ先は長い。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。