●貴方の参考になった記事がありましたら、いいね。をお願いします。なるべくいいねが多い記事を参考にして次を書くようにしています。



すみません。現在、企業と独占契約中で、

個人の方のは診ることができません。



すみません。携帯から私のブログへのコメントができない設定になっています。

私の顔写真の上に、検索機能が出来ました。

例えば、そこに「階段」と入れて検索をクリックすると、

私が書いた「階段」が含まれる全てのブログの一覧が出てきます。

他にも「水子」とか「」とか「」とか「」とか、

貴方の気になる言葉を入れて、ご利用下さいね。



夢占い貴方の見た夢の意味クリック1つ分かるホームページ


ピグ友誰でもOKです。 自由お手伝いに使ってね。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-30 00:00:09

●詮索好き奥さんの落とし穴

テーマ:占いの一種かも

●詮索好き奥さんの落とし穴




ニオイから霊の存在が分かる現象で、一番頻繁に起こるのが、

お線香の臭いです



最近部屋でお線香など焚いた事が無いのに、お線香の臭いがはっきり分かります。


その場合、ご先祖様や身近で亡くなった人が、

供養して欲しい場合や、今近くに来ましたよ。と教える場合に来る時が多く。

悪い霊では無いと思っていいでしょう。




こんな時は、仏壇がある家庭は、仏壇に本当にお線香を焚いてあげて、

成仏を祈ってあげる。


仏壇が無い人は、来たと思われる故人の写真を前に、名前を言ってあげて、

お礼と成仏を祈ってあげるといいでしょう。








 

では、お線香以外のニオイがする時は、どうかと言うと、

多分、ケース バイ ケースだと思うので、

1つ例をあげてみましょう。









ある時、電話相談者が、


「最近、部屋でガスの臭いがするんですよねぇ。」という話が出ました。


最初に気がついたのは、彼女のお母さんで、

娘さんに、「ガス使った?」って聞いてきたので、

「使ってないよ。」と言うと、

「ガスのニオイしない?」と言われたという。





そんな事が、3度ほどあり、

これはもしかしたら、どこかでガス漏れしているのかもしれないと思い、

ガス会社の人に来てもらって、調べてもらったという。




ところが、ガス会社の人が来て、家の中も外も調べてもらったのだが、

どこも異常は無く、ガスが漏れている箇所は無かったという。





結局彼女も、きっと母の勘違いだろうと思い、気にしなかった。

しかし、それから1週間くらいした夜の事、

彼女が母親から借りていた時計を返しに、母親の寝室に入ると、

なんと、ガスの臭いがしたのだという。





台所や居間ならいざ知らず、寝室それも夜中にガスなど使うはずも無く、

これはさすがオカシイと思った。



母に言うと、「やっぱり臭うでしょ。ガスのニオイ。」と言われたという。


 

と、電話ではそういう相談だった。






この時点では、話を聞いた私も真相は分からない。





ただ、ガスの臭いがまったくしないはずの寝室で、臭う事や、

2人の人物が同時に臭いに気がついた事などからして、

霊が居る可能性が高いと感じた。







そして、霊が居るとしたら、

ガスの臭いによって

自分の事を思い出して欲しいという霊の意思表示である場合が考えられる。





そこで、彼女に、

「ご先祖の方で、ガスに関連して亡くなった人はいませんか?」と聞いてみた。





ここでもし、

「はい。居ます。」という返事が返ってきたならば、

その人の臨時仏壇を作って、1週間ほど供養してあげて下さいとなるのだが、

母親に聞いてみても、「そういう先祖はいない。」との事だった。





ニオイがするという霊現象の場合、

もう1つ原因を突き止める、手がかりがある。



それはいつから、ニオイ始めたかである。


彼女に聞くと、最初に母親がガス臭いと言い出したのは、1ヵ月前だと言う。

そこで、今度は、

「今から1ヶ月~半年前までに、ガスで亡くなった人はいますか?」と聞いてみた。



それも特にお母さん絡みで知っている人を聞いてもらった。

しかし、それでも心当たりが無いという。







ここまで心当たりが無いと言われると、手詰まりである。

普通なら、ここで、「ちょっと私にも分からないですね。」と言ってしまうのだが、

この時は、もう一歩踏み込んで聞いてみようかと思い、

「ガス自殺した人知らないか。お母さんに聞いてみて。」と、

一気に可能性を狭めて聞いてみました。




すると、半年前に3軒隣の家で、奥さんがガス自殺したという。

ただ、その奥さんとは立ち話する程度で、そんなに仲が良いという関係でもなく、

他のご近所に聞きまわっても、その奥さんが、

なんで自殺したかも分からないのだという。





ただ、ここでガス自殺という事実が出て来るのは、偶然では無いと感じた。

そこで尚も突っ込んで聞いてみた。

「お母さん、そんなにそのガス自殺の事、近所に聞きまわったの?」



すると、娘さんは、

「ああ、母はとても噂好き・詮索好きで、

 近所の奥さんと、井戸端会議はしょっちゅうするし、長電話もするし、

 ガス自殺があってから1ヵ月は、

 いつもガス自殺の事を話題にしていたという。」




私はその話を聞いて、「寄って来たのかな。」と思った。





実は、噂話とかで、生きている人の事を話題にするのはまだいいのだが、

死んだ人の話題、特に自殺した人の事を

あれこれ詮索して聞きまわるのは良く無いのである


「なんで自殺したんだろうね。」とか、

「自殺した理由知ってる?」とか詮索して聞きまわっていると、


本当にその自殺した本人が、理由を教えに来たりする事があるのである。



そして、酷い場合には、居ついてしまう。

つまり、お母さんが、そのガス自殺した人の事をしつこく詮索した事によって、

自分でその未成仏霊になっているガス自殺した奥さんの霊を、

呼び寄せてしまったのかもしれないと思った。




そこで、彼女とお母さんに、一ヶ所供養する場所を作って、

そのガス自殺した人の名前を短冊に書いて、1週間真剣に、

その人の成仏を一緒に祈ってあげる様にアドバイスした。






すると、はやりそれが原因だったのか、

供養を始めてからは、ガスの臭いはしなくなったという。

END

AD
いいね!(158)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-05-29 00:00:01

●臭いと占い

テーマ:占いの一種かも

●臭いと占い





臭い(ニオイ)が占いに影響する事は結構ある。



 

脳科学などの研究から、女性の方が男性よりも、

臭いに敏感だと言われている。





と言うのは、そもそも女性の方が、男性よりも、

臭いの情報を処理する脳の細胞の絶対数が多いのと、


女性は、生まれた時から、

男性よりも嗅覚を司るニューロンの数が1.5倍も多いからだと言われている。





そして、この女性が男性よりも臭いに敏感であるという事は、

占いにも結構反映されるのである。





例えば、相性判断というものがあるが、

女性は臭いで、男性を選ぶという事がある。

だから、女性の相談者の話の中で、

「彼の臭いが好き。」とかという言葉が出て来て、

なおかつ占いの結果が普通よりも相性が良いと出れば、

まず2人は相性が良いと言ってもいい。




また、占いをしていると、美女と野獣ではないが、

お嬢さんと肉体労働者みたいなカップルや、

可愛い女性と黒人の男性というカップルに遭遇するが、



これも臭いに関係する事がよくある。





女性は子孫を残す為に、自分が持っている遺伝子の形と、

違う遺伝子を持つ男性を選ぶ傾向にある為、

本能的に、自分とは真逆の人種を、臭いで選ぶ事がよくあるのである。





だから、男性の占いの相談者が、

彼女に臭いが嫌いとか、クサイとか言われた。という場合は、

男性へのアドバイスとして、

まず、今の臭いを毎日風呂に入ってよく落とす事、

そして、彼女の好きな臭いを少し付けるなどの努力が必要と付け加える事にしている。



そうしないと、どんなに男性が努力しても、

結局は別れてしまう場合が多いからだ。




ただ、女性の臭いの識別には、1つ不思議な変化があると言われている。

それは、結婚するまでは、

上の様に、自分が持っている遺伝子の形と、

違う遺伝子を持つ男性を選ぶ傾向にあるのに、


結婚して、子供を出産すると、今度は逆に、

自分と同じ遺伝子を持っている男性の臭いを好ましく感じ始めるという。



だから、男性からの相談で、

妻が出産後、特に何も怒らす様な事などしていないのに、

私を避ける様になったとか、SEXしない様になったという場合、

まず、今の臭いを毎日風呂に入ってよく落とす事、

そして、彼女の臭いに近づけてみる事もアドバイスに加える事がある。






また、ニオイを嗅ぎ分ける鼻の機能が無くなると、

死期が近づくという昔からの言い伝えがあるので、

相談者の話の中で、例えば最近、母が鼻がまったく利かなくなったとか、

父が臭いが分からなくなったとかという話を聞くと、

そのお母様やお父様の寝室を、

花の香りで充満させてみて下さいとアドバイスする事がある。




これは現在深刻になっていて、

高齢者の5人に1人が認知症になるという問題にも有効です。

欧米の言い伝えで、花屋で働く人は認知症になりにくい。というものがあり、

やはり、最近忘れっぽくなったお母様やお父様や祖父母が居るという相談には、

その人の寝室や風呂場を、花の香りで充満させて、

車に同乗する時も車の中を花のニオイにしたりして、

鼻を花の香りで毎日鍛えていると、

認知症になり難くなりますよ。とアドバイスしている。




ちなみに、花の匂いは本物の花でなくても、

また高いアロマオイルや香水でなくても、普通にマツモトキヨシやD2などで、

売られている安い芳香剤でもかまわない。

ただし、匂い慣れしない様に、1ヵ月に1度違う匂いに変えると良い。




最近忘れっぽい現象が酷くなってきているご両親が居たら、

特に大金がかかる方法では無いので、試してみてはどうでしょうか。

END

P.S.
明日は、部屋でしたニオイで、
憑いている霊の存在が分かったという話を致しましょう。












 

 

AD
いいね!(166)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-05-27 00:00:03

●壺と山林

テーマ:占いの一種かも

●壺と山林



 


このお話は、昨日のブログ(●呪いが憑いた遺産)の続きです。

 

従って、昨日のブログ(http://ameblo.jp/hirosu/entry-12164090299.html

 


を先にお読みください。


そしてから下をお読み下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





















 

[前回までのあらすじ


もう何年も前になるが、ある人から、遺産相続の相談を受けた事があった。

父親が残した遺産を、子供達と奥さんが相続して分ける事になったのだが、

父親が急死だった事もあり、明確な遺書が残されていなかった。

いざ話し合いをしてみてると、奥さんは家と絵画が欲しいとか、

兄は車と別荘が欲しいとか、やはりそれぞれの遺産の値段を算出して、

価値を数字で比べる必要性があるという事になり、

1ヵ月かけて遺産の有無と見積もりを依頼したという。

そして、先日その弁護士によって、遺産目録なるものが出来上がって、

後日また家族会議が開かれ、誰がどの遺産をもらうか希望を聞いた上で

分ける事になったのである。私は、その家の次女に依頼されて、

その遺産の中のどれを相続したら良いのか診て欲しいという相談だったのである。















 

 

 

 

 


今回の様に、その家の主人が亡くなると、

遺産相続の問題が起きる事がよくある。



と言っても、相続税には基礎控除というものがあり、

例えば、子供が2人いた場合、

奥さんを入れた3人が亡き夫の財産を相続する訳だが、

日本では、3000万円が初めから控除されるので、

3000万円+(3人×600万円)=4800万円が控除される。

つまり、夫が残した財産が4800万円以下なら税金は0円である。

だから、私も数年前に父を亡くした時、税金は0円だった。

(嬉しいのか、悲しいのか複雑)






きっと皆さんは、財産が多い程、遺産トラブルは激しくなると思っているだろう。

でも、実際は違うらしい。

知り合いの弁護士さんに聞くと、

一番相続問題でトラブルになるのは、相続が6000万円以下の家庭だという。

確かに、多少少なくても頭にきても、1億もらえばいいかとなるかもしれない。

やはり、諺(ことわざ)にある様に、「金持ち喧嘩せず」だ。




 

そんでもって、今回の依頼者は金持ちそうなので、

遺産相続に関しても、あまり問題が無さそうと思っていたのだが、

話を聞くと、お姉さん夫婦に問題が少しあるみたいだった。



お姉さんは、弁護士の人と結婚されていたのだが、

この弁護士という男が、なんか嫌な男で、悪知恵が働く奴だという。

通常、夫が亡くなると、妻が半分を相続し、残りの半分を子供達で分ける。

これが原則なのだが、

悪知恵の働く姉の弁護士夫は、超裏ワザを使ったというのだ。





どんな言い方をして、お父さんを言いくるめたかは分からないが、

お父さんの生前、何度も息子を遊びに行かせて、

いつの間にか、息子を養子縁組させていたのである。

通常、どんなに可愛い孫であっても、孫には相続の権利が無い。

ところが、養子にしておくと、子供扱いになり、相続の権利が発生するのだ。

つまり、妻が半分を相続。残りの半分を子供達+養子になった孫で分ける事になり、

お姉さんは、事実上他の兄弟よりも2倍の財産を受け取る事になった。






相続は、相続する人数が増える程トラブルも増えるという。

今回は、奥さんと兄、次男、長女、次女(私の依頼者)それに長女の孫を含めて、

6人が相続人である。




傍から見ると、長女夫婦対他の家族の争いが始めると思えたが、

そこはやはり金持ち家族、特に問題は起こらず、淡々と相続会議が行われた。

私は相続会議に同席する事は出来ないので、次女と電話でやりとりをする事になった。




元々、亡くなったお父様は、不動産業によって一代で財産を築いた方で、

既に長男が会社を引き継ぐ事は決まっていたので、会社の株式や借地など、

売掛金、営業権、貸付金などは長男が相続する事ですんなり決着していた。

また奥さんの希望する自宅の相続も、反対する家族はいなくすんなり決まった。



残りの自動車3台と、別荘2つ、アパートが一棟。

絵画類と宝石、書画骨董、預貯金、会員権、会社以外の株券、

宅地、山林などをほぼ4人で分ける事になった。





私は1つ1つの相続財産を診て精査する事が出来ないので、

アドバイスとしては、

その財産を、父様がいつ手に入れたのかを考える様に言った。





お父様は、一代で大成功して、お金持ちになられた方である。

つまり、こういう人は、不の財産を先祖から余り引き継いでいない

だから成功したとも言える。

そして、2007年まで会社も大成功。


つまり、お父様が2006年までに持っていた物は、全て問題は無いだろう

むしろ持っていると運が良い物である可能性の方が高い。

問題がある遺産があるとすれば、

お父様は2008年から体を壊し、急死しているので、

2006年以降に手に入れた財産に問題があるかもしれない。





そこで、改めて遺産目録を調べてみると、

2006年以前に持っていた財産は、自動車2台、別荘1つ、

絵画類、宝石、宅地、山林であった。


預貯金、会員権、会社以外の株券は、紙なので元から問題無いとして、

2006年以降に手に入れた、別荘1つ、アパート一棟、書画骨董。

この3つを手に入れてから、お父様の運が低下した可能性もある。



私も写真を見せてもらったのだが、その別荘の隣が空家になっていて、

実際に行ってみた訳では無いが、なんか気持ちが悪かったので、

その別荘は絶対相続しない様に言った。

またそれよりも気になったのが、書画骨董の中に、

中国の壺で3000万円はするという物があったのだが、今回の遺産相続の時に、

改めて鑑定してもらったところ、偽物だと分かったのである。


亡くなったお父様は、土地代金が払えない人から50万円分担保として、

預かったという品物だったそうだが、結果的に騙されていた事になる。

しかも、時期的にもこの壺が家に来てから、お父様は病気になっている。

とても偶然とは思えなかった。




 

普通、呪いは高価な品物に憑く場合が多いいのだが、

上の壺の様に、希に偽物にも強力な呪いが籠っている事があるのであるのだ。

多分、この中国の壺に騙されたのは、お父様だけでは無いだろう。

土地代金が払えなくなってこの壺を担保に入れた男も、

この壺に騙されたのかもしれない。





何人の人達が、この壺に騙されたかは分からないが、

騙される度に、この壺に騙された人の怨念が刻み込まれて、

次にこの壺を手にする人を不幸にしていく、怖い壺と化していくのである。

だから、私は彼女(次女)に絶対にこの中国の壺だけは相続しない事。

まあ、価値としては例え偽物でも1万円はするかもしれないが、



出来れば、直ぐに神社などに供養に出してしまった方がいいとアドバイスした。





結局彼女は、山林と古い車と会員権、宅地、絵画の一部などを相続した。

山林は、ド田舎にあるものでとても売れる様な土地では無かったが、

お父様の先祖代々から引き継いだものだった。

ただ、小さな山の一部だったが、写真を見るととてもいい感じがしたので、

誰も欲しく無さそうだったら、もらったらと彼女に言ってあった。

昔から代々引き継ぐものに、良い先祖霊も一緒に付いて来る場合がある。





その後、彼女は程なくして幸せな結婚をしたという。


END


 

AD
いいね!(205)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。