●お泊り予知

テーマ:

●お泊り予知

 

 

 


これはある奥さんの不思議な体験である。

 

 

 


電話相談をしていると、

 

 

たまに、私でも滅多に体験した事が無い様な事を、体験なさっている方に出会う。

 

 

 

 

この日も、相談をしている合間に、

 

 

「聞いて下さい。以前こんな事があったんです。」と、

 

 

彼女は、数年前に体験したある不思議な話をし始めた。

 

 

 


それはまだ、娘さんが小学生だった頃、

 

 

よくお友達が、お泊りに来ていたという。

 

 

 

 


というのも、

 

彼女の家が、小学校の校門から歩いて1分という場所にあったので、

 

 

翌日学校で大切な行事、

 

 

例えば遠足や自然体験の日、社会見学の日などの時、

 

 

みんなでおやつを買いに行って、そのまま我が家にお泊りしたり、

 

 

早夕飯を食べて、集まって来る事もある。

 

 

そして、翌日みんなで学校に行くという事がよくあったのだという。

 

 

普通は2人がお泊りする事が多いのだそうだが、

 

 

多い時になると、お友達5人がお泊りする。

 

 

それは別にかまわないのだが、

 

 

 


そんな時、彼女は不思議な体験をしたというのである。

 

 

 

 


それは、娘が最初にお泊りの友達を連れて来た事から始まった。

 

 

娘の親友の1人に、妙子(タエコ)ちゃんという子がいた。

 

 

その子は、お祖父ちゃんお祖母ちゃんに育てられていて、

 

 

家も学校から一番遠い子だったので、

 

 

お泊りする前から、度々家に寄って漫画を読んだり、

 

 

一緒に遊んでから家に帰るという事があったという。

 

 

そんな妙子ちゃんは、とても猫が好きで、家でも猫を二匹飼っていて、

 

 

彼女のトレードマークは、今で言う「猫ミミヘア」だったという。

 

 

だから、奥さんも娘さんと話す時は、

 

 

彼女の事を妙子ちゃんでは無く、猫ちゃんと呼んでいたという。

 


最近は、芸能人が猫ミミヘアなどにしたりするので、

 

 

かなり有名らしいが、当時私が彼女から猫ミミヘアと聞いても、

 

 

何だろうと、予想もつかなかった。

(猫ミミヘアhttps://www.youtube.com/watch?v=RytbNGYDc4Y

 

 

 

 

 


そんなある日の事だった。

 

 

彼女が家で、午後、夕食の用意をしていると、

 

 

ふと、

 

 

「あっ、猫ちゃんが泊まりに来る。」と思ったという。

 

 

猫ちゃんとは、娘の友達の妙子ちゃんである。

 

 

 


なぜ、そう思ったのか、

 

 

なぜ、そう感じたのか、まったく分からない。

 

 

ただ、猫ちゃんが、家に泊まりに来るんだなぁ。と思ったのだという。

 

 

 


それから数時間後、

 

 

娘が帰宅して出迎えると、娘の後ろに妙子ちゃんが居たのである。

 

 

そして、娘が、

 

 

「妙子ちゃん、お泊りしてもいいよね。」と言ったのである。

 

 

それから程なくして、妙子ちゃんのお祖母ちゃんから電話があり、

 

 

「よろしくお願い致します。 」と頼まれたという。

 

 

 


つまり彼女は、妙子ちゃんのお泊りを数時間前に、予知したのである。

 

 

通常、夢で見た事が現実なる、夢予知はよく聞くのだが、

 

 

彼女の場合は、夕食を作っている最中に予知したのである。

 

 

 


後で娘に聞くと、前日学校で妙子ちゃんが、

 

 

「家遠いから、明日遅刻しないか心配。」と言ったので、

 

 

彼女が、じゃあ、今日帰ったらウチに泊まっていいか、お祖母ちゃんに聞いてみて、

 

 

もしいいって言ったら、着替え持って泊まりに来なよ。と言ったという。

 

 


もちろんお母さんが、そんな事情はまったく聞いていなかった。

 

 

だから、妙子ちゃんの初めてのお泊りを予想する事など不可能だったのに、

 

 

それを予知したのである。

 

 

 

 

 

そして、この様な予知は、その一回だけでは無いというのだ。

 

 

それから2か月後の遠足の時も、

 

 

娘から聞く前に、「あっ、妙子ちゃんが泊まりに来る。」と感じると、

 

 

その数時間後には、娘と妙子ちゃんが泊まりに来たのである。

 

 

 


また、社会見学の時も、

 

 

「あっ、猫ちゃんが泊まりに来る。」と感じたという。

 

 

 


そして、逆の事もあったという。

 

 

ある時、娘が明日友達3人が泊まりに来てもいい?と聞くので、

 

 

いいよ。と答えたのだが、

 

 

不思議とその日だけは猫ちゃんが来るという感じは受けなかったという。

 

 

 

 

すると、

 

 

なんと猫ちゃんだけ風邪をひいて、珍しく泊まりに来れなかったのである。

 

 

 

 

 

しかし、彼女が予知出来るのは、

 

 

妙子ちゃんの事だけだという

 

 

 

しかも、学校の帰りに家に寄ってくるという場合には何も感じず、

 

 

妙子ちゃんが家に泊まりに来る時だけ、なぜか予知出来るのだというのだ。

 

 

そして、昔から奥さんには霊感など無く、他の友人には何も感じないし、

 

 

夫が帰宅する時や、親戚が家に泊まりに来るという時もまったく何も感じないという。

 

 

 

 

 

なぜ、猫ちゃんだけを予知できるのでしょうか?

 

 


彼女は今までずっと不思議に思っていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は彼女が説明した上ある一文が気になった。

 

 

 

 

そして、それがこの予知の真相ではないかと感じたのである。

 


後半は、明日のブログに続く。

AD

●占い師から見た、森友学園問題

 

 

 

 

 

今日は何を書こうかとニュースをみていると、

 

 

最近のニュースと言えば、何かと森友学園問題が取り上げられている。

 

 

 


元々の問題は、

 

 

直ぐ隣の国有地9500㎡が、 14億2300万円だったのに、

 

 

森友学園は、8770㎡の同じような広さの土地を、1億3400万円で買った事だ。

 

 

これは誰が聞いても安すぎるだろうという事になった。(国民の土地を。)

 

 

 

 

すると、どんどん隠れた問題が出て来たのである。

 

 

森友学園は、始めその土地を借りていた。その賃料は、

 

 

不動産鑑定士が地代の鑑定評価をし、賃料が年額4200万円と査定されていたのだが、

 

 

5ヶ月後には、財務局と森友学園が賃料をなぜか、2730万円に減額して契約した。

 

 

それはいくらなんでも、減額し過ぎだろうと思われた。

 

 

 

 

しかも、本来、借地には小学校が建てられないのに、

 

 

小学校設置認可を巡り、借地上の校舎建設計画をなんと、

 

 

大阪府私立学校審議会(私学審)が「認可適当」と判断したのだ。

 

 


これは政治家の口利きがあったのではないかという問題になった。

 

 

 


すると、昭恵夫人が名誉校長問題や、安倍首相の名前で寄付行為問題などが、

 

 

取り上げられる様になったのである。

 

 

 


対する森友学園側の言い分は、こうだ。

 

 

土地が安かったのは、その土地にゴミが大量に埋まっていて、

 

 

その撤去費用に8億1900万円かかるので、安くなったのだという。

 

 

 


ところが、その大量のゴミを処分するには、トラック4000台の搬入が必要で、

 

 

周囲に確認した所、そういう沢山のトラックは見た事が無いという。

 

 

またある業者の人は、ゴミを取り出したが、またそこに埋め戻したと供述する人も現れ、

 

 

実際は、何もしていないのではと、これまた問題になったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この問題を占い師が考えるとどうなるか。

 

 

 


私が依頼者から相談されると、

 

 

まず考えるのは、いつから運勢が悪くなり始めたかである

 

 

 


そこで学校法人森友学園を考えた場合、

 

 

始めは幼稚園を設立経営して、その後2011年には保育園を設立、

 

 

とても順調な歩みだった。

 

 

つまり、ここまでは悪い兆候はみられないと判断してもいいだろう。

 

 

 

 


ところが、瑞穂の國記念小學院を作り始めてから、災難が始まった。

 

 

しかし、小学校はまだ始まってもいない。

 

 

建設途中で頓挫しているのだ。

 

 

 


つまり、もっと言えば、

 

 

その小学校の建設予定地の土地を買ってから森友学園の災難は始まったと言えるのだ。

 

 

 


どんな占い師が見ても、これは土地に問題があったと言わざるを得ない。

 

 

森友学園は、あの土地を買ってから災難が始まったのである。

 

 

 

 

 


では、あの土地は、どんな土地だったのだろうか。

 

 

 


森友学園が雇った土木工事会社の代表いわく、

 

 

あの土地を掘り起こすと、

 

 

「家庭ゴミ、マヨネーズのフタ、靴、靴下、いろんなものがあって、

 

 

 アンモニア臭がきつかった」という。

 

 

ある従業員は、「生ごみが腐ったような強烈な臭いだった」と言った。

 

 

土砂は茶色で、靴下や調味料の容器、タイルなどのごみが多数混入し、

 

 

それに、表面にさっと土をかけて埋めた程度なので、

 

 

今も5~10㎝下に汚染土があるはず。子どもでも掘り出せる。という。

 

 

 

 


詳しくは分からないが、

 

 

多分大阪中から集められたゴミが埋まっているのかもしれない。

 

 

 


私は以前から、ゴミが埋まっている土地は良く無いという事を述べて来た。

 

 

例えば、●ゴミ屋敷の怪 http://ameblo.jp/hirosu/entry-11341224197.html

 

 

の様に、ゴミの種類にもよるが、特に良く無いのは、仏具関係の物を埋めた時である。

 

 

その他、動物の死体とか、無念の念が籠っている物(人を切った刀とか)。

 

 

 

 

では、普通の方が、

 

 

こんなゴミ問題がある土地を買ってしまったら、どうしたらいいのか。

 

 

 

 


私は、今回の森友学園の様な広大な土地のゴミ問題を扱った事が無いが、

 

 

小さい土地でのゴミの埋め立て問題に直面した事がある。

 

 

 

 


今日は、その時の事をお話しいたしましょう。

 

 

 

 


その方とは、土地を探す時から相談されていました。

 

 

そして、いざその土地に家を建てようと、基礎工事の段階で、

 

 

土地を掘っている時に、大量のゴミが埋まっているのに気がついたのです。

 

 

 

 


そこで、どうしたらいいでしょうか?

 

 

という相談をされたのです。

 

 

 

 


私が下したアドバイスは、

 

 

まず、これから5日間の天気予報をよく見てから、

 

 

ゴミが埋まっていると思われる部分の表面の土をどけて、

 

 

そのゴミ穴を、土を除いた状態で表に出す事。

 

 

そして、その穴の前に、お線香を10本位点し、

 

 

ゴミの上に、大量の塩(1袋)と大量のお酒(1瓶)をかけ、

 

 

お許し下さい。3日後に燃やしますから、どうか成仏なさって下さい。

 

 

とお祈りして、3日後に燃やす事です。

 

 

たとえゴミの中に不浄なものが混じっていても、

 

 

燃やしてあげる事で、浄化する場合が多いのです。

 


その後、家は問題無く建ち、暮らしているとの事です。

 

 

 

 

 


さて、


今回の森友学園の問題では、

 

 

個人的に言って、最後に1つだけ疑問が残りました。

 

 

 

 


それは、今まで順調だった幼稚園、保育園経営をしていて、

 

 

運勢も順調だった森友学園が、

 

 

なぜ急に、悪い土地を掴んで失敗してしまったのか。

 

 

なんで、運勢が良かった人が、そんな悪い土地をつかんでしまったのか

 

 

それが不思議でした。

 

 

 

 

 


それは詳しく調べて診ないと分かりません。

 

 

 

 

しかし、

 

 

この前こんなニュースが流れたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

森友学園の保育園で虐待の疑い。

 

 

そして、補助金不正受給も。

 

 

 

 

園児に不適切な対応をしていた疑いがあるとして、

 

 

大阪市は近く、児童福祉法などに基づき保育園に立ち入り調査する方針を固めた。

 

END

AD

●水や牛乳が減る怪現象

 

 

 

 

皆さんは、脳梗塞(のうこうそく)という病気をご存じでしょうか。

 

 


長嶋茂雄さんや、西城秀樹さんや、

 

大橋未歩アナウンサーがなった病気でもあり有名ですが、

 

 

原因は、減量や過労などによる脱水症状と言われています。

 

 

 

脳梗塞とは、脳の血管が詰まって、

 

 

脳への血のめぐりが低下して、脳組織が酸素欠乏に陥り、

 

 

その状態がある程度続くと、脳組織が壊死しまう現象です。

 

 

 


上の3行の文章の中で、大切な部分があります。どこだか分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

その状態がある程度続くと、」という部分です。

 

 

 


つまり、

 

 

例え人は脳梗塞になった状態に陥っても、その状態がある程度続かないと、

 

 

脳梗塞で倒れる事は少ないとも言えるのです。

 

 

 


脳梗塞の約40%は、寝ている時に起きると言われています。

 

 

またその次に脳梗塞が起きやすいのが、朝起きてから2時間までの時間です。

 

 

 


なぜなら、

 

 

寝ている時は、血圧が下がり、血のめぐりも鈍くなっています。

 

 

そして、体から水分が抜けてゆき、

 

 

だいたい人は就寝中にコップ一杯の水を体から出すと言われていて、

 

 

朝起きた時が、一番血液がドロドロしている状態です。

 

 

 

 

その為、ダイエットをしている人や、太っている人や、お年寄りの方

 

 

お酒をベロベロになるまで飲んで帰宅した人などは、

 

 

特に脳梗塞になりやすい状態になっている場合が多いのです。

 

 

 

 


そして、そんな時、

 

 

夜中にトイレに起きて、おしっこや大便をする時に、

 

 

力んだ瞬間に、血圧が上昇して、脳梗塞や脳出血を起こしてしまったり、

 

 

朝起きる時に、一気に起き上がった時に血圧が上がって脳梗塞になったりするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それを防ぐ簡単な方法があります。

 

 

 

 

 

それが、寝る前のコップ一杯の水と、朝コップ一杯の水です。

 

 

もちろん、夜中にトイレに起きた時にも水を飲むといいです。

 

 

これだけで、脳梗塞を防げるといいます。

 

 

 


また、朝一杯の水は、美容にもよく、

 

 

朝一杯の水は、排便を促し、お肌も綺麗になり、ダイエット効果もあるので、

 

 

良い事だらけですね。

 

 


特に、ご主人がベロベロに酔った状態で帰宅した時など、

 

 

そのまま寝かせて、朝起きたら脳梗塞や脳出血を起こしていたなんて事にならない様に、

 

 

無理にでも、水を一杯飲ませてから、寝かせましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

そんな寝る前と、朝一杯の水が脳梗塞や美容にも良いという訳で、

 

 

それを実践していた方からの電話相談があった事があります。

 

 

今日はその時の事を書いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

電話をくれた彼女は、脳梗塞予防と美容の為に、

 

 

夜寝る時に、水をコップ一杯枕元に置いて寝るそうです。

 

 

そして、夜中にトイレに起きた時に少し飲み、

 

 

朝起きた時に残りを飲むというのが習慣だったそうです。

 

 

 

 

 


ところが、ある朝起きた時に、

 

 

水を飲もうとしたら、コップに一杯入っていた水が、

 

 

半分に減っていたそうです。

 

 

 

 

 


「あれ?

 

 

 昨夜は、一度もトイレに起きて無いのに、

 

 

 なんで減っているんだろう。」  そう思ったそうです。

 

 

 

 


でも、それは覚えていないだけで、もしかしたら夜中に起きていたのかもしれない。

 

 

そう思って、その時は、特に気にしなかったそうです。

 

 

 

 

 


しかし、それからも、そんな事が度々あったといいます。

 

 

 

 


隣に寝ている夫に聞いても、飲んでいないといいます。

 

 

と言うのは、夫の枕元にも夫用の水が置いてあるからです。

 

 

 

 


そんな不思議な現象は、夫の水には起きた事は無いといいます

 

 

なぜか、私の水だけ減っているのです。

 

 

 

 


そんなある時、

 

 

テレビの番組内で、朝一杯の牛乳の方が、

 

 

より排便を促し、美容には良いという事を耳にして、

 

 

翌日から枕元に牛乳を置いたそうです。

 

 

 

 

 


すると、不思議な事が起きたのです。

 

 

それは朝方に近い時間だったと言います。

 

 

 

 


尿意をもようし、彼女はトイレに行こうと起きました。

 

 

そして、起きたついでに牛乳を飲もうと思った時でした。

 

 

 

 

 


なんとコップ一杯についでおいた牛乳が半分に減っているではありませんか。

 

 

今度は目の錯覚でも無く、

 

 

夜中に起きたかもしれないというあやふやな記憶で誤魔化せるものではありません。

 

 

なにしろ、その夜中に起きて、さあ飲もうと思った瞬間ですから、

 

 

自分が飲んだのでは無いのは確かです。

 

 

 

 


じゃあ、夫が私の牛乳を飲んだのかとも疑いましたが、

 

 

すぐに違うと思いました。

 

 

 


なぜなら、もし隣の夫がこの牛乳を飲んだのなら、

 

 

コップの淵に飲んだ唇の跡や、濡れた部分があるはずです。

 

 

それが無いのです。

 

 

つまり、ただ牛乳が半分に減っているだけなのです。

 

 

 

 


気のせいじゃないの?と夫に言われるので、

 

 

実は、1ヵ月前から、絵柄のついたガラスのコップに変えていました。

 

 

そのコップに水や牛乳を入れる時は、

 

 

絵柄の頭の部分までと決めて入れているといいます。

 

 

つまり、印の所まで牛乳をいれて、いたのです。

 

 

だから、減っていれば目算では無く、確実に分かるのです。

 

 

特に牛乳は色がついているだけに、はっきりと異変が分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

この相談を受けた時、私は彼女にこう尋ねました。

 

 

「誰か、その家で、ここ5年以内に亡くなった人はいますか?」

 

 


すると、1年半前に、次女が3歳で亡くなったそうです。

 

 

それを聞いて、私が言ったのは、

 


実は、水等の水分が誰も触らないのに、急激に減るという現象は、

 

 

霊現象である事があるんですよ。

 

 

そして、それは同時に、その霊がまだ成仏していないという時が多いのです。

 

 

また、牛乳が減るというのも、それが子供の霊の可能性が高いとも思いました。

 

 

というのも、例えば、父親が亡くなったという家では、

 

 

入れといたお酒やビールが、減っていたという現象があった事があります。

 

 

つまり、故人が好きな飲み物が減るという場合が多いのです

 

 

 

だから、今回の牛乳が減るという現象と、

 

 

1年前に3歳の次女が亡くなったという事実が、私の中ではリンクしたのです。

 

 

また、幼い女の子の場合、亡くなっても、

 

 

どうしてもお父さんよりも、お母さんを頼りがちです

 

 

だから、お父さんの水ではなく、お母さんの水が減ったのでしょう。

 

 

 


こういう子供の魂が成仏しない原因は色々あるでしょうが、

 

 

彼女に聞くと、子供が亡くなって1年半経った今でも、

 

 

一人で泣いている事があるといいます。

 

 

 

 

ちょっと酷な話ですが、

 

 

幼い子供は、お母さんがいつまでも泣いていると、

 

 

お母さんが心配で、なかなか成仏への道を歩みだせない事があるのです。

 

 

 

 

だから、難しいかもしれませんが、

 

 

早く立ち直って、亡くなった娘さんに元気になった姿をみせてあげる事が、

 

 

娘さんの早い成仏と生まれ変わりをさせてあげられるのです。

 

 

 


また、亡くなった娘さんが、

 

 

もっと牛乳を飲みたかったという気持ちもあるかもしれないので、

 

 


彼女には、まずなるべく泣かない様にして、

 

 

本棚かタンスの上にでも、娘さんの写真を飾り、その前に牛乳を置いてあげ、

 

 

1ヵ月供養してあげる様にアドバイスしました。

 

 

 

「お母さん、これから泣かない様にするね。

 

 

今日から1ヵ月、牛乳を供えてあげるね。

 

 

だから、成仏の道を歩んで、早く生まれ変わって来てね。」

 

 

 

 


それから、段々と水や牛乳が減る現象は無くなったといいます。

 

END

AD