●病気の意外な原因

テーマ:

●病気の意外な原因

 

 

 

 


このお話は、昨日のブログ(●乳がんで全摘。病気ばかりで死にたい。)の続きです。

 

 

 

従って、昨日のブログ(http://ameblo.jp/hirosu/entry-12192513029.html

 

 

 


を先にお読みください。


そしてから下をお読み下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[前回までのあらすじ]

 

 


私の事をひいきにしてくださっている会社の取締役の娘さん(恵美さん)が、

 

 

乳がんになって、とても落ち込んでいて死んでしまいたいとまで家族に漏らしたという。

 

 

恵美さんは、社会人になって3年目には胃ガンになり手術、

 

 

その後、子宮筋腫で子宮全摘する事になり、そして、今度は乳がんになったという。

 

 

家族5人の中で、こう病気ばかりしているのは、彼女だけで、

 

 

恵美さんも、何で自分だけが病気ばかりと嘆いているという。

 

 

家族で彼女だけが何故、何度も病気になるのか、もしかして、

 

 

霊的に何か彼女に悪い物が憑いていないか、診て欲しい。そんな相談だった。

 

 

彼女は現在、乳がんの告知を受けたばかりだったが、

 

 

口調から判断するととても元気そうだった。死んでしまいたいとまで家族に漏らしたというが、

 

 

会って感じたのは、「この子は自殺しないだろう」という事。

 

 

多分、乳がんの告知直後のショックからつい出た言葉だろう。

 

 

彼女の家に行って、彼女の部屋とか家も見せてもらったのだが、

 

 

特に問題は無かった。何かに憑依されている感じも無い。

 

 

これはよいよ私には、何も出来ない案件だなと思いかけていた。

 

 

ところが、雑談している内に、彼女が働いていた頃の話になり、

 

 

仕事場での悩みとかも聞いてあげていた時に、

 

 

ふと、彼女の乳がんを始めとする、

 

 

度重なる病気の原因がなんとなく分かった感じがしたのである。

 

 

生れて来なければ良かったと思った事もあったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


彼女は、大学を卒業後、父親の会社に入社した。

 

 

一応面接と入社試験は受けたが、実際はコネ入社だったという。

 

 

右も左も分からない大学卒業したばかりの彼女には、難しい職場だったらしい。

 

 

最初は、そんな事も出来ないのかと怒られた事もあったが、

 

 

彼女が取締役の娘だと知れ渡ると、皆、腫れ物に触る様な扱いになったという。

 

 

後から入社してきた後輩に、どんどん仕事を取られ、

 

 

途中から、「自分は不要な人間じゃないか。」

 

 

「この会社にとって、まったく役にたっていない。」と思う様になったという。

 

 

上司に頼まれたコピーの仕事も、ホチキス機能やソート機能が分からなくて、

 

 

自己嫌悪に陥る事は毎度の事だったという。

 

 

 

 

 

どうやら、そんな仕事環境が3年ほど続いた頃、胃ガンになったという。

 

 

 

 

私はそこまでの話を聞いて、気になったので、

 

 

彼女が幼少の頃の話も聞いてみた。

 

 

 

 

 


彼女には、お兄さんとお姉さんがいるというが、

 

 

兄と姉は、彼女と違ってとても優秀で、

 

 

小さい頃から、勉強もスポーツも出来た兄と姉だったという。

 

 

それに比べて、彼女は勉強もダメ、スポーツもダメ。

 

 

兄と姉と出る運動会は、自分だけが活躍出来ず、毎年苦痛だったという。

 

 

兄妹の中で、自分だけ何の取り柄も無い子だったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が作り出す力の中には、念力と言うものがある。

 

 

誰かを憎いとか、邪魔だと思うと、そんな念が飛ぶ事がある。

 

 

邪念が生霊を作り出し、相手を怪我させてします事も希にあるくらいだ。

 

 

 

 

 

 

 


ところが、彼女(恵美さん)の場合、

 

 

責める矛先が、全部自分なのである。

 

 

 

 

「自分には何の取り柄も無い。」

 

 

「自分は必要とされていない。」

 

 

「自分は何の役にも立っていない。」

 

 

「自分は生れて来なければ良かった。」

 

 

「子供の頃から、出来ない子だった。いい子じゃ無かった。」

 

 

「自分を好きになれない。」

 

 

 


こういうのは、自虐的というのだが、

 

 

実は、自分を責める。自分を攻撃する事は、

 

 

自分自身の体を、病気にしてしまうのである。

 

 

 

 

 

 

 


これは彼女に限った事では無い。

 

 

 

他の相談者の中にも、

 

 

「自分は母親として失格だ。」

 

 

「自分は女としてもダメだ。」とか、

 

 

「子供が産めない自分は、もう結婚出来ない。」

 

 

など、自分を責める期間が長いと、やがて病気になってしまうケースが多いのである。

 

 

 

 


私は彼女の話を聞いて、彼女と接していて感じたのは、

 

 

彼女は自分で、自分の体を攻撃している。

 

 

彼女は自分で、病気を作り出している。 そう感じた。

 

 

 

 


そしてその究極が、死んでしまいたい。という言動に現われている。

 

 

 

 

 

 

 


こういう場合、自分を好きになってくれればいいのだが、

 

 

彼女の長い自虐の歴史から考えて、そんな急に変われれるものでは無いだろう。

 

 

私は彼女に、自分の好きな所を1つ挙げてもらった。

 

 

しかし、彼女は自分の好きな所は1つも無いという。

 

 

背も低いし、目も小さいし、一重だし、鼻も丸いし、肌も荒れていて、

 

 

ニキビやホクロも沢山あり、足も太いし・・と悪い所ならいくらでも言えるという。

 

 

 

 

 


自分が好きな所が1つも無いとは、かなり重症かもしれない。

 

 

そこで、彼女には、日記をつけてもらう事にした。

 

 

ただし、その日記には5つ以外の事は書いてはいけない。

 

 

■今日、嬉しかった事。

 

 

■今日、感謝された事。

 

 

■今日、感謝した事。

 

 

■今日、好きになれた事。

 

 

■今日、得した事。

 

 

 

とにかく、彼女には、もう自分で自分を責めない事。

 

 

たまには、自分で自分の事を褒めてあげる事。

 

 

最初はウソでもいいから、自分の事を褒めてあげて下さい。

 

 

よくやったね。よく頑張ったねって。

 

 

 

 


そして、ウソでもいいから、なるべく多くに人に感謝の言葉を言ってみましょう。

 

 

人に感謝すると、自然と感謝される様になります。

 

 

そうすれば、自分は感謝される人物なんだと、思う様になります。

 

 

 

 


彼女は、私の話を聞いて、

 

 

病気は、自分が作り出していたのかもしれないと感じてくれたのか、

 

 

これからは、自分を責めない様にします。と約束してくれた。

 

 

 

 

 

 

 


最後に、

 

 

現在彼女は、乳がんだと言うので、

 

 

私の個人的な意見であるが、

 

 

2つの事を彼女に勧めた。

 

 

 

■まず1つが、水素水の常用。

 

 

水素水(http://ameblo.jp/hirosu/entry-12138460178.html

 

 

それと、にんにくと、キノコ類を食べる事。

 

 

キノコは、乳ガンのリスクを大きく低減させる効果がある。

 

 

 

■もう1つは私独自の考え方だが、

 

 

乳を欲張らない事。

 

 

昔から何でも、必要以上に欲張ると、良く無いとされています。

 

 

それは乳でも同じ事が起きると、私は思います。

 

 

●例えば、女性が妊娠して、子供が産まれると授乳出来る体になります。

 

 

その状態は、いつもよりも必要以上に乳がある状態です。

 

 

ところが、そんな状態なのに子供に授乳させないでいるのは不自然な状態となります。

 

 

特に、あまり授乳させない状態で、子供二人育てると、乳がんに注意した方がいいです。

 

 

 

 

上は、子供を出産したケースですが、

 

 

●子供を出産しなくても良く無いというケースがあります。

 

 

それは自分の乳の状態が十分なのに、

 

 

 

それ以上に牛乳やチーズなどの乳製品を必要以上に摂取するのは良く無いという事です。

 

 


つまり、恵美さんのケースは、

 

 

子供を産んでいないのに、乳がんになったという事は、

 

 

現在、自分の乳の状態が十分すぎるのに、なおも牛乳やチーズなどの乳製品を、

 

 

取り過ぎていると思われるので、

 

 

今後、乳がんを治す為にも、乳製品は取らない様に勧めました。

 

 

 

 

 

 


この後者の考え方は、私だけでなく、

 

 

イギリスのジェイン・プラント(Jane Plant)教授も主張している事です。

 

 

 

彼女は、応用地球化学の教授で、医師ではありません。

 

 

つまり、医学に関してはまったくの素人でした。

 

 

そんな彼女が、42歳で乳がんになり、乳房切除をしました。

 

 

その後、放射線照射をし、抗がん剤治療をしましたが、

 

 

4回も再発をし、最後は余命宣告まで受けたそうです。

 

 

そんな絶望の中、彼女はもともと教授だったので、最後に自分がなった乳がんを、

 

 

自分で研究してみようと思いました。

 

 

そこで色々と調べている内に、1つの事が気になったそうです。

 

 

それは、欧米人に多い乳がんでしたが、

 

 

何故か、中国人に乳がんが少ないという事が気になったそうです。

 

 

そこで色々調べると、中国人は乳製品をあまり食べないという事が分かったそうです。

 

 

彼女の長年の勘から、

 

 

「乳がんは乳製品によって起こるのではないか」という仮説が思い浮かんだと言います。

 

 

 

そこで自分の体で試してみようと思いました。

 

 

自分はもう余命宣告されていますから、どんな事もやれます。

 

 

彼女は乳製品を完全に断ちきりました。

 

 

牛乳、アイスクリーム、チーズ、バター、ヨーグルトはもちろんの事、

 

 

乳牛の肉までも食べるのを止めました。

 

 

すると、余命宣告までされた彼女の乳がんが消えたのです。

 

 

 

この事は、2000年に『YOUR LIFE IN YOUR HANDS』という本で発表されました。

 

 

(日本語版でも『乳がんと牛乳−がん細胞はなぜ消えたか』として出版された)

 

 

すると、医者でも無い女が、そんな大それた事を発表して!!と、

 

 

各方面から、そしてアメリカ、イギリス、日本など各国から、攻撃されたのです。

 

 

しかし、その後、

 

 

彼女の説が正しいという検証が次々出て来て、

 

 

彼女の証明した事実は、イギリスの医療界で高く評価される事になり、

 

 

2005年、彼女の発見を称えて、何と英国王立医学協会の終身会員に

 

 

推挙されたのでした。 (現在、世界16ヵ国で翻訳出版されている。)

 

 

医者でもない彼女が、英国王立医学協会の終身会員になるというのは、

 

 

極めて異例の事だそうで、彼女の乳がんの研究に対する貢献が、

 

 

いかに大きなものだったかを物語っています。

 


END

AD

●乳がんで全摘。病気ばかりで死にたい。

 

 

 

 


これは比較的最近の相談事案である。

 

 

 

 

 

私の事をひいきにしてくださっている会社の、

 

 

取締役の娘さん(仮に恵美さんとしておきます)が、

 

 

乳がんになって、とても落ち込んでいて、死んでしまいたいとまで家族に漏らしたという。

 

 

 

 


恵美さんは、社会人になって3年目には胃ガンになり手術、

 

 

その後、子宮筋腫で子宮全摘する事になり、

 

 

そして、今度は乳がんになったという。

 

 

 


家族5人の中で、こう病気ばかりしているのは、彼女だけで、

 

 

恵美さんも、何で自分だけが病気ばかりと嘆いているという。

 

 

 

 


家族で彼女だけが何故、何度も病気になるのか、

 

 

もしかして、霊的に何か彼女に悪い物が憑いていないか、診て欲しい。

 

 

 

 

 


そんな相談だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この相談、

 

 

はっきり言って、私の藩中ではない。

 

 

 

 

ざっと話を聞いた限り、胃ガンになり、子宮筋腫になり、

 

 

今度は乳がんになったという事で、お気の毒だが、それらは全部体の病気であり、

 

 

霊現象が起きたとか、不思議な現象が起きたとか、幽霊を見たという様な話は一切ない。

 

 

悩み事の全てが、病気となると、

 

 

私は医者では無いので、病気になった人を治療する事は出来ない。

 

 

 

 

本来なら、そう言って断る所だが、

 

 

取引先の会社の取締役の娘さんとなると、そうはいかない。

 

 

なにしろ、社長から直々に電話があって、よろしくと頼まれたのだ。

 

 

 

 

 


まぁ、会うだけ会ってみよう。

 

 

 

 


指定された電話番号に電話してみると、

 

 

意外にもそこは病院の一室ではなく、自宅だった。

 

 

乳がん告知されていても、まだ手術にはだいぶ日にちがあるという。

 

 

 

 

 


彼女とはその時の電話だけなく、その後ももう一度電話で話し、

 

 

お見舞いついでに会って話も聞いた。

 

 

 

 

 


彼女は現在、

 

 

乳がんの告知を受けたばかりだったが、口調から判断するととても元気そうだった。

 

 

死んでしまいたいとまで家族に漏らしたというが、

 

 

会って感じたのは、「この子は自殺しないだろう」という事。

 

 

多分、乳がんの告知直後のショックからつい出た言葉だろう。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、よく女性の死亡原因の第一位は「大腸がん」とテレビに出ているが、

 

 

それはマヤカシである。

 

 

女性が1歳~100歳までを考えた場合、確かに大腸がんが一番であるが、

 

 

女性の30歳~60歳を切り取ってみると、

 

 

女性のがんによる死亡原因一位となっているのは、乳がんなのだ

 


つまり、一番働きざかりの女性が注意すべきは、乳がんなのである。

 

 

 

 

恵美さんの場合、早期に入るという事だったが、全摘を医者から勧められたという。

 

 

現在彼女は、インプラントによる乳房再建を考えているとまで話してくれた。

 

 

ちなみに、乳房再建には、自家組織移植とインプラントという大きく2つ方法があり、

 

 

■自家組織移植とインプラントを比べた時、

 

 

インプラントは1時間位の日帰りでも出来る手術に対して、

 

 

自家組織移植は、5時間以上かかる手術で、2週間程度入院するという。

 

 

また、インプラントの見た目の傷は、乳房切除術の傷のみだが、

 

 

自家組織移植の傷跡は大きく残るという。

 

 

ただ、自家組織移植の良い点は、触っても自然な触感で温かく柔らかいの対して、

 

 

インプラントの方は、触るとやや硬く、姿勢によって形が変わり、仰向けに寝ると、

 

 

インプラントの形が分かる事がある。

 

 

また、少なくても2年に一回はの定期的な検診が必要になるという。

 

 

 

 


恵美さんは、インプラントによる乳房再建を選ぶというが、

 

 

医者によると、最近インプラントによる乳房再建を選ぶケースが増えているという。

 

 

それには理由がある。

 

 

 

 

 

実は、乳がんになった女性が、乳房再建をしなかったのには、その費用に問題があった。

 

 

今までは、乳房再建をするのに100万円以上のお金がかかっていたのだ。

 

 

それが、2013年の7月に、乳房再建が保険適用となった為に30万位に下がった。

 

 

それでも乳房再建をしなかった人が多かったのには、もう1つ理由があった。

 

 

保健が降りた乳房再建方法が、日本人の胸にはあまり合わない

 

 

ラウンド型のインプラントだけだったのだ。

 

 

日本人の胸に合う、自然な膨らみになる「しずく」の形の弾力のある新型が

 

 

改良されていたのだが、これは保険適用外だったので、

 

 

泣く泣くラウンド型にするか、高いお金を払うしか無かったのだ。

 

 

ところが、2014年の1月に、このしずく型のインプラントも保険適用となった。

 

 

しかも乳房再建では高額医療費制度を申請すると適用されるので、

 

 

 

お近くの市役所に高額医療費制度を申請すると、

 

 

わずか9万位で乳房再建が出来る様になった。

 

 

また、乳がんの手術で乳頭と乳輪を切除した場合でも、

 

 

乳房再建の手術から半年位の期間がたてば、

 

 

乳頭と乳輪の再建手術を行う事が出来るという。

 

(がんナビより)http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/201304/530088_2.html

 


ちなみに、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(37)は、

 

 

乳がん予防のために、両胸の乳腺切除の手術をおこない、

 

 

9週間後、乳房のかたちを再建するため、インプラントを埋めこむ手術を受けている。

 

 

 

 

 

さて、だいぶ話が乳がんの方に脱線してしまったが、

 

 

彼女の家に行って、彼女の部屋とか家も見せてもらったのだが、

 

 

特に問題は無かった。

 

 

何かに憑依されている感じも無い。

 

 

 

 

これはよいよ私には、何も出来ない案件だなと思いかけていた。

 

 

ところが、

 

 

 

雑談している内に、彼女が働いていた頃の話になり、

 

 

仕事場での悩みとかも聞いてあげていた時に、

 

 

 

 

 

ふと、

 

 


彼女の乳がんを始めとする、

 

 

度重なる病気の原因がなんとなく分かった感じがしたのである。

 

 

 

後半は、明日のブログに続く。

AD

●お前は恐ろしい女と言われた。

 

 

 

 


さて、今日は何を書こうかとテレビを見ていると、

 

 

やはりどのチャンネルもリオ五輪の話題だ。

 

 

特にどこも取り上げていたのは、吉田沙保里選手の銀メダルの場面だった。

 

 

 

 

 


普通の選手なら、銀メダル取って、喜ぶ所だが、

 

 

彼女の場合は違った。

 

 

 

涙を流し、集まったカメラに何度も謝罪した。

 

 

「沢山の方に応援していただいたのに、銀メダルに終わってしまって、申し訳ないです。」

 

 

「金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい。ごめんなさい。」と泣いた。

 

 

応援に来ていたお母さんと抱き合うと、

 

 

「お父さんに怒られる。」と泣く娘を抱きながら、お母さんは、

 

 

泣かんでいい、大丈夫。」

 

 

「ここまで連れて来てくれたんだから、ありがとう」と慰めた。

 

 

 


テレビでは違う角度で、この銀メダルを分析していた。

 

 

この敗戦には、目には見えない不思議な力が影響しているというのだ。

 

 

 

 

それはジンクス

 

 

 

実は、オリンピックには不吉なジンクスがあるという。

 

 

それは日本選手団の主将になると、苦戦して思い通りのオリンピックにはならないというのだ

 

 

1996年アトランタ五輪の谷口浩美氏(陸上マラソン)まさかの19位に終わる

 

2000年シドニー五輪の杉浦正則氏(野球)日本の野球は金か銀だと言われていた。

 

2004年アテネ五輪の井上康生氏(柔道)間違いなく金と期待されていた。

 

2008年北京五輪の鈴木桂治氏(柔道)金だろうと言われていた。

 

2012年ロンドン五輪の村上幸史氏(陸上やり投げ)自己ベストに遠く及ばずまさかの予選落

 

 

と、これまで5大会連続で、期待されながら、銅メダルさえ取れないという惨敗ぶり。

 

 

そこで今回のリオはジンクスに対抗する為に、女性の主将にしたという説がある。

 

 

 

 

 

それに比べたら、吉田選手の銀メダルは立派なものだが、

 

 

日本中から絶対金メダルと思われていただけに、本人の謝罪会見となったのだろう。

 

 

これは見えない力に脅えて、

 

 

2020年の東京五輪の主将のなりてがいるか問題になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

さて、吉田選手の謝る姿を見ていたら、

 

 

ある相談を思い出したので、今日はその事を書いてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


それはある女性からの相談だった。

 

 

 

元彼から、「お前は恐ろしい女だ。」と言われたという。

 

 

 

 

 

 


元彼とは高校時代1年半付き合って別れたという。

 

 

彼女は彼よりも1歳年上で、当時彼は野球部の選手だった。

 

 

当時別れた理由は、彼女は早稲田大学に行くという夢があったので、

 

 

受験の事や、進む大学もお互いだいぶ違ったので、

 

 

彼女が3年になった時、話し合って別れたという。

 

 

 

 

 

 


ところが、別れてからの彼の人生は急降下に下がり続けたという。

 

 

彼女と別れて落ち込んだのか、それから彼は野球部のレギュラー争いに破れ補欠となった。

 

 

そして酔っぱらって町で乱闘騒ぎとなり、警察沙汰となったという。

 

 

その直後、野球部を退団。

 

 

すると間もなくして、今度は階段から落ちて、足を骨折して入院となった。

 

 

それに対して、彼女は念願の早稲田大学に合格した。

 

 

この状況を憂いだのか、彼は彼女にこう言ったという。

 

 

「お前は恐ろしい女だ!! 男の運を全部吸い取ってしまう女だ!」と。

 

 

「お前と付き合う男は、不幸になるよ!」と吐き捨てたという。

 

 


私はそんな彼女に「貴方は男性を不幸にするという女性では無いですよ。」と言った。

 

 

まず、元彼が野球部のレギュラーに成れなったは、彼の実力だし、

 

 

彼が警察沙汰になったのは、彼がお酒を飲んで、暴れたからです。

 

 

そこに彼女が男性を不幸にするという要素よりも、彼自身の行いのせいなのは明らかです。

 

 

また、彼が野球部を退団したのも、

 

 

当時彼が所属していた野球部は、甲子園大会の予選を戦っていたのですが、

 

 

彼の暴力事件の発覚によって、予選を辞退する事になった責任をとったからだった様です。

 

 

そうなると、それも自分がまいた種です。

 

 

また、最後の階段から落ちて、足を骨折して入院となった事ですが、

 

 

これに関しては、私はまったく違う解釈をしました。

 

 

彼女から当時の話を聞くと、彼は当時、

 

 

野球部が甲子園大会を辞退する事になったのが自分の責任だと分かっていたのに、

 

 

野球部のみんなや先生などに、一言も謝らずに、しばらく学校を休むなどして、

 

 

野球部の退団も自宅から電話しただけだったという。

 

 

 

今まで甲子園を目指して頑張ってきた部員達は、どんな気持ちだったでしょうか。

 

 

多分、その一人ひとりは、彼に対して怨みとも思える感情を抱いた事でしょう。

 

 

その一人ひとりの怨みの感情は、小さいものかもしれません。

 

 

しかし、それが集まると、大きな生霊となる事があるのです。

 

 

私はそれが、階段から落ちて、足を骨折した原因ではないかと思いました。

 

 

 

 

つまり、それも彼の自業自得なのです。

 

 

こういう小さな生霊の集合体が、大きな生霊になるのを防ぐ方法があります。

 

 

 

 

 


それが、謝罪なのです。

 

 

 

もし、彼が野球部員の前で、ちゃんと謝っていれば、

 

 

少なくとも、最後の階段から落ちて、

 

 

足を骨折して入院となった事は避けられたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 


ただ、彼女に付け加えて言ったのは、

 

 

別れ際に「お前と付き合う男は、不幸になるよ!」

 

 

と吐き捨てる様な男性と結婚すると、苦労するから別れて良かったと思いますよ。

 

 

 

 


よく街でナンパされて、

 

 

それ断ったり、黙っていると、

 

 

「チッ! ブスが。」と吐き捨てる男がいますが、

 

 

こういう風に、別れ際に悪口を言う人と結婚すると、とても苦労するのでご注意を。


END

 

AD