●天使の流産

テーマ:

●天使の流産

 

 


流産と言っても、原因は色々あります。

 

 

ただ、3回流産を繰り返した場合、習慣流産の疑いがあり、

 

 

母体に何らかの原因があるかもしれないので、検査が必要となります。

 

 

 


例えば、

 

 

高プロラクチンというホルモンの値が高い場合、流産を繰り返す事が有りますし、

 

 

双角子宮、弓状子宮、重複子宮など,

 

 

子宮の形に異常があると流産しやすい事があります。

 

 

 

また、以前中絶の経験がある時、

 

 

その手術による子宮内腔癒着症や子宮頸管無力症が

 

 

起きている場合も流産しやすいので、手術で治しておく必要があるかもしれません。

 

 

 

よく切迫流産という事を聞きますが、この場合は、まだ赤ちゃんは死んでいません。

 

 

流産の兆候である出血や、お腹の張りなど流産の兆候があるのですが、

 

 

いぜん妊娠は継続中で、そんな時に切迫流産と告げられるます。

 

 

ただ、これはまだ流産の一歩前で、まだ流産にはなっていないという状態です。

 

 

早期に気がつき対処出来れば、問題無く出産でき、その後の影響もありません。

 

 

 

 

 

 

 

子供の誕生を楽しみにしていた家族にとって、

 

 

流産はとてもショックな出来事です。

 

 

特に最初の子供を失った悲しみは、経験者にしか分からないでしょう。

 

 

 

 


そんなお母さんが、相談に来られる事もあります。

 

 

子供を流産して失ってしまった悲しみに加え、

 

 

自分に何か不注意があったのではないか、

 

 

自分がもっと注意していれば流産させずに生ませてあげる事が出来たのではないか。

 

 

と、自分を責めている人が少なくありません。

 

 

 

 


確かに、妊娠中は、

 

 

■重い物を持たない様にする。

 

■立ち仕事はなるべく控える。(電車やバスでも)

 

■便秘しない様にする。

 

■階段の上り降りも控える。

 

■激しいSEXはしない。

 

などの注意点はあります。

 

 


しかし、流産してショックを受けている様なお母さんは、

 

 

大概そんな注意は十分はらっている方々です。

 

 

 


それでも流産してしまったのです。

 

 

 

 

もし、貴方の友人が、最初の子供を流産してしまい悲しんでいたら、

 

 

貴方だったら、何と声をかけてあげますか?

 


貴方がカウンセラーだとして、少し考えてみてから、先をお読み下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


色々答えはあるでしょう。

 

 


どれが正解とは断言出来ませんが、

 

 


もし、貴方の言葉に、友人への愛が籠っていれば、それは正解なはずです。

 

 

 

 

 

 

 

では、私はなんと彼女に言ったかと言うと、

 

 

 

 

実は、人生最初の出産というのは、

 

 

戦国で言えば、いわば先陣の将です。

 

 

他にこの世に産まれたいが、最初は危険だからなぁ。と尻込みしている子に対して、

 

 

危険を承知で向かっていく、勇敢な魂でもあります。

 

 

流産の危険も承知で、貴方の子供に産まれて来る勇気ある子なのです。

 

 

 


だから、例え流産して生れて来れなかったとしても、

 

 

決してお母さんを怨んだりはしていません。

 

 

 

 


アメリカの霊能者の方は、そんな流産の事を、

 

 

天使の流産と呼んでいました。

 

 

 

 

 


「ママは、自分が妊娠出来るのか、悩んでいる時期があったよね。

 

 

ボクはこの世に生まれる事は出来なかったけど、

 

 

ママがちゃんと妊娠出来る事を証明したんだよ。

 

 

だから泣かないで。



ママは大丈夫、また頑張ってね。

 

 

バイバイ。ママ。」


END

 

AD

●まず、理解。そして希望を。

 

 


今日は何を書こうかとテレビを見ていると、未だに、

 

 

大手広告代理店の女性社員の過労自殺の事が色々な方面に波紋を呼んでいました。

 

 

 


占い師の所にも相談に来られる人の中には、家族の深刻な問題を抱えている方もいます。

 

 

その一つが、やはり家族や知人、恋人の自殺です。

 

 

 

 

自殺は成仏しにくい場合が多いので、その後霊障が起きたり、

 

 

周りの人に多大なショックと、嫌な思い出として残ってしまう事が多いのです。

 

 

 


そんな時、普通に亡くなった人と同じように成仏を祈っても、

 

 

なかなか受け入れてくれないという事もあります。そして、

 

 

どうしたらいいでしょうか?という相談が来るのです。

 

 

 

 

 


では、どうするのがいいのでしょうか。

 

 

 

 

 


私の場合、例えば、こんな相談がありました。

 

 

あるお母さんからの相談ですが、

 

 

娘さんが自殺してしまったというのです。

 

 

それも会社を亡くなる3日前に辞めた後、自殺したというので、

 

 

お母さんは、何か会社でいじめでもあったのではないか、過労労働があったのではないか、

 

 

そう疑問を抱いていらっしゃいました。

 

 

 

 

 


しかし、私の感じでは、理由は他にある感じがしました。

 

 

と言うのは、もし会社でのイジメや、過労労働があったのであれば、

 

 

その会社を辞めれば、無くなります。

 

 

けじめをつけて辞めてから自殺というのは、ちょっと不自然に感じたのです。

 

 

そこで、お母さんには、辛いかもしれないけど、

 

 

娘さんのパソコンや日記を調べてみて、亡くなる1ヵ月前の彼女の行動や、

 

 

書いていた事などを今一度調べてみる様に提案しました。

 

 

すると、娘さんの通帳から300万円が1ヵ月前に引き出され、

 

 

さらに好きだった人に騙されてフラれていた事が分かったのです。

 

 

遺族にとっては、自殺した娘さんの事を思い出すのも辛い仕事かもしれませんが、

 

 

実は、自殺した理由を遺族や残された人がはっきり分かってあげるのは、

 

 

とても良い供養に繋がっているのです。

 

 

 

 

ただ、位牌やお墓に手を合わせて成仏を祈ってあげるよりも、

 

 

素敵な人と巡り合って、来世では幸せな結婚が出来ますようにね。」と、

 

 

彼女の自殺の理由を理解した家族が、その事を踏まえ、

 

 

彼女の来世に希望を持たせるように言って、成仏を祈ってあげるのです。

 

 

 


そんな真心と理解をもった供養が、自殺した心を段々と和らげていくのです。

 

 

 


また、こんな相談もありました。

 

 

 

今度はお母さんが自殺してしまったのです。

 

 

4年前に息子さんが交通事故に遭い、植物人間になってしまい、

 

 

ずっと看病していたといいます。

 

 

 

嫁いでいた娘さんは、お母さんがそんなに悩んでいたとは知らなかったと悔んでいました。

 

 

 

 


こんな場合も、残された家族の理解と来世の希望が必要です。

 

 

 

間違っても、何で自殺なんてしたんだ。と亡くなった人を責めてはいけません。

 

 

だから、娘さんには、こうアドバイスしました。

 

 

 

まず、理解。そして希望を。

 

 

位牌や仏壇、お墓の前で、真心の籠った合掌をしてあげましょう。

 

 

「お母さん、4年もの間、よく頑張ったよね。偉かったよ

 

 

あとは、私が時々病院に行ってみるからね。心配しないでね。

 

 

来世では、元気な息子と幸せな家庭を作るんだよ。」


END

AD

●今、家に居る病人の死期が早まる

 

 


さて、今日はどんな事を書こうかと、

 

 

最近のニュースを見ていると、ちょっと個人的に驚く記事がありました。

 

 

それは2日前のANNニュースなのですが、

 

 

情報公開で、日本の外務省が今まで極秘扱いだった文書を公開したのです。

 

 

その中には、第二次世界大戦の末期、

 

 

当時、ドイツ領だったケーニヒスベルクの日本総領事館職員が

 

 

1945年6月1日、日本の東郷外務大臣宛てに極秘の連絡をしていました。

 

 

それは、

 

 

「ソ連は対日攻勢に転じるとの確信を持った。」

 

 

という超極秘報告書だったのです。

 

 

しかし、この情報はまったく生かされることなく、

 

 

その僅か2ヶ月後に、ソ連は日ソ中立条約を破棄して、満州に侵攻。

 

 

満州で生活していた多くの日本人民間人が犠牲になり、

 

 

多くの軍人が捕虜となり、シベリアにある125の収容所に送られたのである。

 

 

これがよくニュースなどで話題になる地獄のシベリア抑留(シベリアよくりゅう)である。

 

 

約76万人の日本人が収容所送りになり、その約4分の1の人が、

 

 

寒さと飢えと伝染病で亡くなったとされる。

 

 

当時、モスクワ放送では、「日本人捕虜は日本に送還されても失業問題に直面するし

 

 

住居にも困るであろう。などというふざけた言い訳を言っている。

 

 

しかし、これは明らかに、

 

 

武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に違反するものだった。

 

 

その後1993年、ロシアのエリツィン大統領が訪日した際、

 

 

「ソ連は、明らかに非人間的な行為を多くの日本人にした。」として謝罪の意を表した。

 

 

 


もう当時、日本の敗北は「火を見るよりも明らか」だったのだから、

 

 

満州の民間人や軍人の引き上げをやっても良かったので悔まれる軍部の判断ミスである。

 

 

 


こういう極秘情報が生かされないのは、これが初めてでは無い。

 

 

それより先、ドイツがソ連に侵攻するという情報も、日本の外務省は無視していた。

 

 

1940年、当時スウェーデンに外交官として勤務していた小野寺信大佐は、

 

 

日本に対して、ある極秘文書を送っていた。

 

 

その当時、ドイツ軍がポーランド国内に大兵団の軍隊を集結させていた。

 

 

日本の外務省はドイツいる大島局員がドイツ兵から聞きだしたという、

 

 

「一旦兵士を休息させて、またイギリスを攻める。」という報告を信じていた。

 

 

しかし、小野寺信大佐からの報告は、それとは真逆のものだった。

 

 

彼の報告書は、「ドイツ軍は対英爆撃で航空戦力を消耗している。

 

 

それに、ここポーランドに集結している部隊が、膨大な量の棺桶を準備している。

 

 

このことから、ドイツ軍の「ソ連侵攻」は明らかである。そう報告した。

 

 

しかし、情報は無視された。

 

 

その後1941年6月、ドイツは「独ソ不可侵条約」を破棄し、

 

 

数百万 のドイツ軍が一斉にソ連に侵攻開始した。バルバロッサ作戦である。

 

 

ちなみに、小野寺信大佐の情報は実らなかったのだが、

 

 

当時夫婦でスウェーデンに赴任していた小野寺夫妻が、実らせた情報が1つある。

 

 

それは、奥さんの小野寺百合子さんは、帰国して、

 

 

スウェーデンで知った「ムーミン」を日本に紹介したのだった。

 

 

 


この一連の事実を知って、私はある事を思い出したので、

 

 

今日はその事を書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

上の記事で、ドイツ軍が大量の棺桶を用意したのを見て、ソ連侵攻を見破ったのですが、

 

 

その後の歴史を見れば、このソ連侵攻が、ドイツ敗北を決定つけたものでした。

 

 

つまり、用意した大量の棺桶は、全て自分達の棺桶となったのです

 

 

 


これからお話しする事は、ちょっと怖い事ですが、よくある事なので、

 

 

縁起でも無い話と言われるかもしれませんが、書いておこうと思います。

 

 

どの家庭でも、いつかは病人とか弱った人が出るものです。

 

 

そんな時、病院に連れて行ったり、美味しい物を食べさせたりして、

 

 

早く治って欲しい、早く回復して欲しいと願いますよね。

 

 

病人も早く元気になろうと頑張ります。

 

 

 


でも、そんな願いも虚しく、

 

 

その病人の死期を早めてしまう、何気ない行為があるのです。

 

 

 


それが、棺桶を用意するという事なんです。

 

 

こんな事を言うと、

 

 

病人がいるのに、棺桶なんて買うバカはいないよ。と反論するでしょう。

 

 

でも、結構いるんですよね。

 

 

 

 

 


実は、霊界では四方が木で出来た入れ物はみんな棺桶と同じと捉えられます。

 

 

だから、病人の家に、空の木箱が届けば

 

 

それイコールその家に死人が出る準備が出来ましたと捉えられるのです。

 

 

したの5つの物はすべて棺桶と捉えられます。

 

篠山清掃センターより

 

ちなみに、中が洋服などで詰まっていれば問題ありません。

 

 

だから、既に家にあるタンスなどは問題無い訳です。

 

 

病人が全快するまで、空の木箱が家に届くという現象は避けて下さい。

 

 

 

 

追伸:

こんな話をすると、

 

 

悪知恵のあるやからは、こんな事を考えるかもしれません。

 

 

オレの親父が今病気だ。早く遺産が欲しいから、タンスを買ってみよう。と。

 

 

 

 

 

 


でも、亡くなる人の候補に、

 

 

その病人の親父と、

 

 

タンスを買い求めた悪意の本人も含まれる事があるので注意して下さい。

 

 

病院の親父が生き残り、悪知恵息子が交通事故で死ぬという事もあるんどすえ。

 

END

AD