●平等に可愛がる

テーマ:

●平等に可愛がる

 

 

 


このお話は、昨日のブログ(●不運を招いた意外なもの)の続きです。

 

 

 

従って、昨日のブログ(http://ameblo.jp/hirosu/entry-12226336805.html

 

 

 


を先にお読みください。


そしてから下をお読み下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[前回までのあらすじ]

 

 


それは東京で独り暮らしをされている若い女性の方で、

 

賃貸マンションで暮らしているという方でした。

 

独り暮らしをしてからもう3年という彼女ですが、

 

ここ1年は、とても運勢が良く無いといいます。

 

仕事も、恋愛もここ1年は絶不調で、先週彼氏にフラれたという事でした。

 

そこで、マンションの見取り図だけではなく、部屋の中の写真も見せてもらう事にしました。

 

私の目が止まったのは、彼女の寝室の写真でした。彼女寝室にある棚には、

 

沢山のヌイグルミが飾ってあったのです。数にして大小50体ぐらいでしょうか。

 

ほとんどが、動物のヌイグルミです。犬、うさぎ、ゾウ、猫、パンダなど。

 

彼女は動物のヌイグルミが大好きで、独り暮らしを始めた3年前から集めているといいます。

 

他にも色々な部屋の写真を見せてもらいましたが、やはり、

 

寝室のヌイグルミが一番気になりました。なにしろ、多いというのと、あともう1つ、

 

寝室には、50体くらいのヌイグルミが飾ってあったのですが、

 

2体だけ、ベッドの上の枕の横に置いてあったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、ここまでお話しして、

 

 

「あっ、うちにもいっぱいヌイグルミがある!」とドキッとした方も、

 

 

結構いらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

でも、原則、部屋にヌイグルミがいっぱいあってもいいです。

 

 

 

 

家でヌイグルミを置いてはいけないのは、原則3ヵ所だけです。

 

 

家の外。

 

 

例えば、玄関先とか、庭とかで、外風にさらされている場所に置いておくのは、

 

 

よくありません。つまり、夜中も家の外にある状態というのは、

 

 

浮遊霊がその中に入ってしまう事も希にあるからです。

 

 

洗って、外に干して、夜になる前に家の中に仕舞うのであれば大丈夫でしょう。

 

 

また、取り込むのを忘れても1・2日なら、そんな急に浮遊霊が入るという、

 

 

確率も少ないと思うので、大丈夫だと思います。

 

 

 

玄関。

 

原則、霊は玄関から皆入っています。

 

 

直ぐ出て行きますが、ただ玄関に人形や目のあるものがあると、

 

 

入ってそこに留まってしまう事があるのです。

 

 

ただ、もし玄関に人形とヌイグルミがあったら、

 

 

まず、普通は人形に入ります。

 

 

なぜなら、霊はもう一度、生き返りたいと思っていますから、

 

 

人間に近いものに入るのです。そして、人形が無いという場合に、

 

 

次に入ろうと思うのが、目と足のあるヌイグルミという事になる訳です。

 

 

 

お墓か、幽霊屋敷が見える窓の側

 

 

こちらから、お墓や幽霊屋敷が見えるという事は、

 

 

あちら側からも、人形やヌイグルミがよく見えているという事です。

 

 

 

 

 

という事で、今回の相談者の場合、

 

 

上のどれにも該当していなかったので、部屋にいっぱいヌイグルミがあっても、

 

 

問題は無いという事になるのです。

 

 

 


では、なぜ私は、

 

 

寝室にあった50体位のヌイグルミの内、2体だけ、

 

 

ベッドの上の枕の横に置いてあったのを、問題視したのでしょうか。

 

 

 


実は、ヌイグルミでも宝石でもそうですが、

 

 

とても大事にすると、その物に自分の念が籠る時があるのです。

 

 

それは普段自分が気に入って使っている物で、愛着がわいているものであれば、

 

 

多少なりとも自分の念が入っています。

 

 

つまり、愛着=自分の念だったりするのです。

 

 


そこで、彼女の寝室を見た時に、2体のヌイグルミだけベッドにあったので、

 

 

50体の中で、あの2体だけ大事にしているのかな。と思い、

 

 

彼女に聞いてみたのです。

 

 

「あのベッドにある2体のヌイグルミだけ大事にしているの?」

 

 

「はい。」

 

 

「他のヌイグルミは、一緒にベッドで寝たりはしないの?」

 

 

「いえ、今はあの2体だけですが、以前は、他のヌイグルミと寝ていました。」

 

 

 


聞くと彼女は、最初はお気に入りのミニーのヌイグルミと寝ていたそうですが、

 

 

その後に購入した犬のヌイグルミがお気に入りになり、

 

 

現在は、さらに後に買った猫とウサギのヌイグルミと一緒に寝ているとの事。

 

 

 


こういう場合、彼女のヌイグルミ50体の内、

 

 

ミニーと犬のヌイグルミと、猫とウサギのヌイグルミに彼女の念が入っていると、

 

 

思ってもいいでしょう。

 

 

普通、部屋にあるだけでは、念は入りません。

 

 

もし、部屋にあるだけで念が入るのであれば、

 

 

デパートで売っている段階で、売り場の人や買い物客の念で一杯になってしまいます。

 

 

念が入る為には、一緒に寝たり、名前をつけて可愛がったり、

 

 

いつも眺めて大切にしたりしないと、なかなか入らないものです。

 

 


では、今回の彼女の様に、5体も異常に大切にしていたヌイグルミがある場合、

 

 

どうしたらいいでしょうか。

 

 

 


答えは簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その大切にしていた5体のヌイグルミを平等に可愛がる事です。

 

 

つまり、彼女の場合で言えば、1週間置きに順番に一緒に寝てあげるとか。

 

 

昔可愛がっていたのに、今はのけ者という場合、

 

 

自分の念が入った物を自分で阻害しているので、運勢が停滞する事があるのです。

 

 

そこで、自分の念が入っている物は、

 

 

時々思い出した様にして可愛がってあげると運は停滞せずにまわります。

 

 

 


ちなみに、こういう事は、ヌイグルミに限りません。

 

 

例えば、猫や犬を2頭以上飼っている方も、

 

 

最近、運勢が悪いという場合、余り可愛がっていない猫や犬はいませんか。

 

 

1匹だけエコヒイキしていないか、考えてみて下さい。

 

 

みな平等に愛し始めたら、運勢が良くなったという方もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、彼女のヌイグルミで問題だったのは、それだけではありませんでした。

 

 

彼女に、「ヌイグルミは全部自分で買われたの?」と聞くと、

 

 

1体だけ元彼とデートした時に買ってもらったヌイグルミがあるといいます。

 

 

それは、リスのヌイグルミだそうです。

 

 

 


別に元彼から貰ったヌイグルミがあってもいいですが、

 

 

ただ例外として、その元彼と別れる時に、怨まれて別れていると、話は別です。

 

 

円満に別れていたり、普通に別れているなら別に問題はありませんが、

 

 

彼女の場合は、元彼を振って、他の男性に乗り換えたので、

 

 

ちょっと怨まれているかもしれないとの事でした。

 

 

 

 


こういう場合、もし元彼が貴方を呪っていたり、

 

 

貴方の今後がうまくいかない様に願っていたりすると、

 

 

その彼に怨念が、彼がプレゼントしたヌイグルミや、一緒に写った写真を介して、

 

 

彼女の今後の恋愛を邪魔する事があるのです。

 

 

ただし、元彼から貰った物全てがこういう現象を引き起こすとは限らない。

 

 

元彼の性格に寄るのである。

 

 

■まず、貴方を諦めていない別れ方をした場合で、

 

 

■その元彼が、執念深くて、束縛するタイプの男性である。

 

 

■もしくは、1つの事に集中するタイプで、暗いタイプで社交的で無い人。

 

 

そんな彼と気まずい別れ方をしたら、

 

 

そんな彼から貰った物や彼の写真とも、お別れした方がいいかもしれません。

 

 

 


彼女の場合、最近彼と別れたりして恋愛運が良く無いという事だったので、

 

 

私は彼女に、そのリスのヌイグルミだけは部屋に無い方がいいですよ。

 

 

と言って、処分するか、売るかした方がいいとアドバイスしました。

 

 


さて、処分の仕方ですが、

 

 

まず、売る場合は、他人なら誰でもいいです。

 

 

ただ、人にあげるという場合、他人なら誰にあげてもいいのですが、

 

 

兄弟姉妹にあげるのは、止めておいて下さい。

 

 

次に捨てると決心した場合は、

 

 

●まず、お塩をふって、清めます。

 

 

●そして、お礼を言いましょう。

 

 

「今まで、助けてくれたり、楽しませてくれてどうもありがとう。」

 

 

もし出来れば、捨てると決まってから、

 

 

最後にもう一度使ってあげてから言ってあげるのが理想です。

 

 

●最後に、それをビニール袋に入れて捨てます。

 

 

ビニール袋に入れるのには理由があります。

 

 

それは、捨てたとき、当然、他のゴミも一緒になることでしょう。

 

 

そんなゴミと接触しないようにという配慮です。

 

 

他のゴミの汁とかがしみてきたら嫌ですよね。

 

 

ゴミはゴミでも、「貴方は特別ですよ」という最後の思いやりです。

 

 

小さな配慮ですが、霊が喜ぶような感じがするのです。

 

 

●特殊な例としては、より大切にしていたとか、霊が入っていると感じた、

 

 

目のあるものは、例えば、人形、お面、ぬいぐるみ、人物の絵画や絵、

 

 

そんな目のある物を捨てる時は、目隠しをしてあげてから捨てると良いです。

 

 

自分が捨てられるという所を見せない配慮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまで悪い事ばかり書いたので、

 

 

もうヌイグルミが嫌いになったという方もいるかもしれません。

 

 

でも、ヌイグルミを可愛がっていて、良い事もあるのです。

 

 

■まず、普段の生活で、貴方を癒してくれます。

 

 

中には疲れをとってくれるヌイグルミもあるでしょう。

 

 

念が移る時に、疲れや嫌な思いも移って取ってくれる事があるからです。

 

 

■貴方の健康な時の念が入っているので、

 

 

貴方が病気になった時に、そのヌイグルミがあると、

 

 

普段健康だった時の貴方の念が入っているので、

 

 

それが影響して、病気の治りが早くなる時があります。

 

 

 

実は私が大病になり死にそうになった時に、

 

 

病院にヌイグルミを5体も持って行ったんですよ。

 

 

そのお蔭もあったのか、まだ生かせてもらっています。

 

 

 

 

 

最後に、中古の人形やヌイグルミを買うという場合ですが、

 

 

まず、すぐ買わず、目をつぶって、貴方の守護霊に問いかけてみて下さい。

 

 

この人形を買ってもいいですか?と。

 

 

それから5分位、他を見てまわって、またそこに戻り、

 

 

嫌な感じがしないのであれば買います。

 

 

ただし、5分の間に、邪魔が入ったら、警告だと思って諦めます。

 

 

例えば、早く帰って来いという電話が入ったり、

 

 

まったく関係が無い人が、急に「止めろ!」と叫んでいるのが聞こえたり、

 

 

他の物が欲しくなったり、

 

 

ひょんな所に、「買うな」という文字を見つけたりして、

 

 

これはもしかしたら、買わない方がいいという合図かなと思ったら、止めます。

 

 


そしていざ買ったけど、気になるという場合や、

 

 

もう家に中古の物があり、気になるという場合は、

 

 

仏壇にお線香を3本つけて、(仏壇が無い場合は、守護霊と思われる人写真の前で)

 

 

そのお線香の煙の中に、その物をかざし、貴方の守護霊やご先祖に、

 

 

「どうぞ、お守りください。そして、もし、この物に魂が入っているなら、

 

 

 どうか安らかに成仏なさってください。」とお願いしてから使いましょう。


END

 

AD

●不運を招いた意外なもの

 

 


占い師の相談に来られる方は、様々な悩みを抱えていらしゃる。

 

 

 

仕事がうまくいかないとか、恋愛がうまくいかないとか、

 

 

家庭がうまくいっていない。など、

 

 

 

 


その原因も人の数だけあると言ってもいいだろう。

 

 

私も今まで色々書いてきたが、思いもしない意外な事が原因で、

 

 

運が悪くなったり、不運から抜け出せないでいる事がある。

 

 

 


今日は、その中でも、

 

 

最も意外な理由で、運勢が悪くなっていた女性のお話しをいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 


それは電話相談だったのですが、

 

 

東京で独り暮らしをされている若い女性の方で、

 

 

賃貸マンションで暮らしているという方でした。

 

 

 

 

 

 

独り暮らしをしてからもう3年という彼女ですが、

 

 

ここ1年は、とても運勢が良く無いといいます。

 

 

仕事も、恋愛もここ1年は絶不調で、先週彼氏にフラれたという事でした。

 

 

 

 

 

 

そこで、彼女が住んでいる賃貸マンションを診てみたのですが、

 

 

特に悪い家相でも無い様です。

 

 

まぁ、悪い所に住めば、最初の1・2年も悪かったはずですから、

 

 

最初からマンションじゃないだろうとは思っていましたが・・・

 

 

 

 


次に彼女の運勢を調べて診ましたが、ここ数年は良い感じです。

 

 

実際、彼女も、私の所に電話する以前に、

 

 

他の占い師さんに診てもらっていて、

 

 

今年は仕事も恋愛も良い年だと、言われていたそうです。

 

 

それなのに、今年は運勢が最悪だというので、相談してきた様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


そこで、マンションの見取り図だけではなく、

 

 

部屋の中の写真も見せてもらう事にしました。

 

 

 

 

 

 


玄関、トイレ、台所など、全部見せてもらいました。

 

 

全体的に、綺麗です。

 

 

 

大体、最近まで彼氏が居た女性の部屋は、綺麗です。

 

 

それが若干乱れている感じを受けるのは、最近別れたからかもしれません。

 

 

 

 


色々部屋の写真をみせてもらって、

 

 

私の目が止まったのは、彼女の寝室の写真でした。

 

 

 


彼女寝室にある棚には、沢山のヌイグルミが飾ってあったのです。

 

 

数にして大小50体ぐらいでしょうか。

 

 


ほとんどが、動物のヌイグルミです。

 

 

犬、うさぎ、ゾウ、猫、パンダなど。

 

 

 

 


彼女は動物のヌイグルミが大好きで、

 

 

独り暮らしを始めた3年前から集めているといいます。

 

 

 

 


他にも色々な部屋の写真を見せてもらいましたが、

 

 

やはり、寝室のヌイグルミが一番気になりました。

 

 

 

 

 


なにしろ、多いというのと、

 

 

あともう1つ、

 

 

 

 


寝室には、50体くらいのヌイグルミが飾ってあったのですが、

 

 

2体だけ、ベッドの上の枕の横に置いてあったのです。

 

 

 


後で分かるのですが、

 

 

それが彼女に不運を招いた1つの理由でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


しかも、彼女の結婚運をも下げていたのには、

 

 

他にも、ヌイグルミが大いに関係していたのです。

 

 

後半は、明日のブログに続く。

AD

●妊娠9週目の壁

テーマ:

●妊娠9週目の壁

 

 

 


このお話は、昨日のブログ(●PPAP)の続きです。

 

 

 

従って、昨日のブログ(http://ameblo.jp/hirosu/entry-12225415008.html

 

 

 


を先にお読みください。


そしてから下をお読み下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[前回までのあらすじ]

 

 


ラップ音が鳴る原因は色々あると思いますが、私が相談を受けた中に、

 

ちょっと面白い相談があったので、今日は、その時の話をしてみたいと思います。

 

それはある若い主婦の方からの電話相談だったのですが、

 

家の中で、ラップ音がするという相談でした。

 

音はとても短く「ポン」という弾ける音がするのだといいます。

 

最初にラップ音が聞こえ始めたのは、1年前頃だといいます。

 

彼女は千葉県の郊外の2階建ての一軒家に、東京から6年前に引越して来たといいます。

 

そして、「ポン」というラップ音は真夜中、寝静まった頃に鳴る事が多いそうです。

 

「多い。というのは、昼間でも鳴る事があるという事ですか?」と聞くと、

 

たまに、彼女が家に独りで居る時に、鳴る事があるといいます。

 

今回の様に夜と、たまに昼間も鳴るとなると、これは本物の心霊現象かもしれません。

 

一番気になったのは、その家の古さと前の住人とかの履歴です。

 

そこで、そこは中古の建物でしょうか?と聞くと、新築だといいます。

 

はたして、「ポン」というラップ音の正体とは・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中で鳴るラップ音というのにも、さまざまな物がある。

 

 

今回の相談の様に、「ポン」と鳴ったり、「パン」と鳴ったり、

 

 

「ドン」と鳴ったり、「チン」と鳴ったり色々である。

 

 

 


その中で、私がまず区別するのが、

 

 

その音が、人間的な音かどうかである。

 

 

例えば、「ゴホン、ゴホン」という音であれば、

 

 

これ、人間の咳(セキ)ですよね。

 

 

そして、その音が階段を降りる音だったり、本をめくる音だったりすれば、

 

 

これもやっぱり、人間がおこしそうな音ですよ。

 

 

こういう人間が起こしそうな音というのは、

 

 

生霊か死霊が作っている音の可能性が高いのです。

 

 

 

 


次に気にするのは、音の大きさですね。

 

 

大きい音というのは、死霊が作っている場合が多く、

 

 

小さい音は、生霊が作っている音が多いです。

 

 


そして、低い音は、良く無い事が多く、

 

 

例えば、ドーンと、ボーリングの球が床に落ちる様な音は、

 

 

悪い知らせだったりします。

 

 

それに比べて、高い音は良い場合が多いという感じがします。

 

 

例えば、チャリンとか、リン、とか鈴の音など、

 

 

高い音の後に仕事が決まったとか、大金が入ったなど、

 

 

良い知らせを聞く場合が多いんですよね。

 

 

 

 


いずれも、私が日本時代と、マレーシア時代と、アメリカ時代を通じての体験と、

 

 

アメリカの霊能者の方に教えてもらった経験上で言わせてもらっている事なので、

 

 

まだまだ知らない事は多いと思います。

 

 

 


では、元に戻って、今回の「ポン」という音ですが、

 

 

ラップ音を聞いたのは誰かという事も結構謎を解くカギだったりします。

 

 

今回の場合、「ポン」というラップ音は、

 

 

真夜中、寝ている時に聞くという場合と、奥さんが家に独りで居る時に聞くといいます。

 

 

という事は、ご主人が独りの時には聞いた事が無いという事だったので、

 

 

この「ポン」という音は、奥さんに関係している音という事になるのです。

 

 

 

 


そして、そんなに大きな音では無いので、生霊の可能性があると思いました。

 

 

では、どんな生霊かという問題になりますが、

 

 

まず、そんな音を鳴らす生霊は2通りあります。

 

 

■1つは、他人からの生霊。

 

■そして、もう1つは、自分の生霊です。つまり自分の念ですね。

 

 

他人の生霊、つまり自分以外の人からの生霊の場合、

 

 

対象者は、自分の両親や兄弟、友達など沢山いますから、

 

 

電話相談の時は、まず相談者自身の生霊かどうかを判断します。

 

 

彼女の場合、最初にラップ音が聞こえ始めたのは、1年前頃だと言いました。

 

 

そこで、彼女に、

 

 

「1年前頃から、何かとても悩んだり、

 

 

深く考え込んで仕舞う様な出来事は、ありませんでしたか?」

 

 

 

 


すると、彼女は実は・・と話し出した。

 

 

 

 

彼女は今から、1年3ヶ月前に、子供を流産してしまったのだという。

 

 

それは、彼女が妊娠8週目の時だったと言う。

 

 

かかりつけの医院からは、安静にする様に伝えられていたのだが、

 

 

どうしてもフライドポテトが食べたくなり、

 

 

家から歩いて10分程度だから大丈夫だと思って、

 

 

コンビニに買いに行った帰りに、つまづいて転んだ表紙にお腹を打ったという。

 

 

それから1週間後位に検診に行くと、流産しているみたいだと言われ、

 

 

詳しく検査すると、やはり流産だったという。

 

 

夫やお義母さんは、彼女を責めなかったが、

 

 

逆にそれが、よりいっそう彼女は自分を責めたという。

 

 

夫もお義母さんも、とっても楽しみにしていたのに、

 

 

私の不注意で、大事な子供を殺してしまった。と。

 

 

 

 


その気持ちは、今も彼女の中にあり、

 

 

今も懺悔の気持ちで、殺してしまった子供に謝り続けていると言う。

 

 

 

 

 

 

 

謎のラップ音の陰に、時折こういう悲しい事実が隠れている時がある。

 

 

 

 

 

 

 


私は、ただの占い師なので、こんな私ごときに何か出来る訳では無いのだが、

 

 

彼女に、優しくこう言ってあげた。

 

 

 

 

 

 

 


「貴方は、子供を殺していませんよ。」

 

 


「貴方は、何も悪い事なんてしていないのですよ。」

 

 

 

 


彼女は黙って聞いていた。

 

 

 

 

 


「妊娠9週目の壁」というのを聞いた事ありますか?

 

 

妊娠9週目は、よくつわりのピークと言われていますが、

 

 

同時に、悲しい事に、流産の70%は、妊娠9週目までに起きるんです。

 

 

しかも、そのほとんどは、妊娠7週目、8週目、9週目です。

 

 

だから、妊娠9週目の壁を超え、

 

 

妊娠10週目を迎えられると、流産の確率はビックリするほど低くなります。

 

 

妊娠9週目の壁を越えられない赤ちゃんは、

 

 

染色体異常の場合が多いので、決して、貴方が転んだからでは無いのです。

 

 

これは防ぎようの無い、その子の運命だったのですよ。

 

 

 

 

だから、自分を責めたり、悲しむよりも、

 

 

例え8週間でも、貴方の子供だったのですから、

 

 

「産まれてくれて、ありがとう。

 

 

今度は頑張って、早くまた生まれ変わってね。」

 

 

と言ってあげましょうね。

 

 

 

 

その後、彼女は不の思いを、前向きな思いに変えていった事により、

 

 

ラップ音は段々としなくなっていったという。

 

 

 

 

 

今回の事は、彼女の不の念がラップ音を鳴らしていたと結論づけてはいるが、

 

 

実際の所は、亡くなった子供の霊か守護霊も多少関与しているかもしれないと、

 

 

私は思っている。

 

 

 

 


例えば、彼女の自分の不注意で殺してしまったという気持ちを否定する、

 

 


声という音かもしれないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

「違うよ。

 

 

ママは悪く無いの。

 

だから、泣かないで。」


END

AD