• 02 Dec
    • 【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 エントリー予想&区間予想

      【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 エントリー予想&区間予想 ど~も、太郎です。 今日は、山梨学院大です。 出雲駅伝2位、全日本3位と好調を維持していますが、 果たして箱根駅伝ではどうなのか?見てみましょう。 それでは、今季のレースを振り返ると 出雲駅伝1区 上田健太    区間3位 23:26 2区 秦   将吾    区間3位 16:54 3区 佐藤孝哉    区間9位 25:27 4区 市谷龍太郎 区間5位 17:45 5区 永戸  聖     区間3位 18:03 6区 ニヤイロ     区間1位 29:05 全日本大学駅伝1区  上田健太    区間6位  44:02 2区  佐藤孝哉    区間5位  38:44 3区  秦  将吾     区間3位  27:30 4区  市谷龍太郎 区間7位  41:54 5区  熊代拓也    区間13位 36:14 6区  永戸  聖     区間5位   36:17 7区  河村知樹    区間8位   35:26 8区  ニャイロ      区間1位   56:43 上尾ハーフ上田健太     1:02:01 PB 佐藤孝哉     1:02:28 PB 永戸  聖      1:03:01 PB 小山祐平     1:03:54 PB 熊代拓也     1:03:57 PB 藤田義貴     1:04:05 PB 片山優人     1:04:07 PB 久保和馬     1:04:20 PB 首藤貴樹     1:04:51 古賀裕樹     1:04:54 市谷龍太郎  1:05:14 井上広之     1:06:14 学連記録会永戸  聖      2年  29:06:89 PB 熊代拓也     4年  29:17:81 PB 伊藤淑記     4年  29:34:75 中村幸成     1年  29:52:20 PB 首藤貴樹     1年  30:10:81  片山優人     2年  30:11:88 古賀裕樹     3年  30:19:69 小山祐平     4年  30:32:37 井上広之     1年  30:32:39  市谷龍太郎  3年  30:35:45 久保和馬     2年  31:06:91 それでは、エントリー候補選手を見てみましょう。 ニャイロ選手が中心なのはいいとして 日本人エースは上田選手ですね。 出雲、全日本では共に1区を走り区間上位でした。 不安感がなくなりましたね。 上尾ハーフでも62分01秒と素晴らしいタイムでした。 それに続くのが佐藤選手でしょうか 駅伝ではイマイチ不安な点がありますが上尾ハーフで62分28秒といいタイムでした。 今季は、両駅伝で区間1桁と中心選手らしい走りでした。 そして、今季注目なのが永戸選手です。 1万m29分06秒、ハーフで63分01秒と記録を一気に伸ばしておりチームの中心選手になりつつあります。 箱根では往路区間を走りそうです。 それに引き換え心配なのが上村選手と市谷選手です。 本来なら上田選手に並ぶ戦力ですが 上村選手は故障により、今季は駅伝への出場がありません。 回復しつつあるようですが、欠場となると前回10区5位の戦力を失うことになります。 なんとか走ってもらいたいです。 もう一人の心配は、市谷選手です。 出雲では、4区区間5位とまずますでしたが全日本は、4区区間7位とイマイチでした。 問題は、上尾ハーフで65分台学連記録会でも30分台と元気がありません。 一時的なものならいいのですが 昨年も、出雲では良かったのですが全日本で落ち込んでしまい そのまま箱根まで引きずり結局7区13位と惨敗でした。 精神的なもので立ち直り可能だと願いたいですが、心配ですね。 2年続けて同じパターンだけは勘弁して欲しいです。 後は、秦選手と河村選手もメンバー入り間違いなしだと思います。 全日本を走った熊代選手も上尾、学連と連続して自己ベストを出しています。 後は、上尾ハーフで63分台を出した小山選手 学連記録会で良かった伊藤選手も入りそうです。 それから、持ちタイム上位ですが調子が上がってこない古賀選手はギリギリ入るかな~ 下級生からは、上尾ハーフで64分台を出した 2年生の久保、藤田、片山の3選手と1年生の首藤選手でしょうか エントリー選手はこうなりました。 佐藤孝哉     4年  28:26:70  1:02:28 秦  将吾      4年  29:43:86 上村純也     4年  28:54:32  1:03:40 伊藤淑記     4年  29:24:42  1:04:08 熊代拓也     4年  29:17:81  1:03:57 小山祐平     4年  29:57:18  1:03:54 上田健太     3年  28:48:92  1:02:01 市谷龍太郎  3年  28:55:14  1:03:31 河村知樹     3年  29:13:05  1:03:50 古賀裕樹     3年  29:15:60  1:03:50 ニャイロ       2年  27:56:47  1:00:50 永戸  聖      2年  29:06:89  1:03:01 藤田義貴     2年  31:02:94  1:04:05 久保和馬     2年  29:44:48  1:04:20 片山優人     2年  29:53:88  1:04:07 首藤貴樹     1年  30:10:81  1:04:51 1万m28分以内が5人ハーフ63分以内が10人 なかなかいいですね~ それでは、区間予想をしましょう 1区  上田健太     3年 2区  ニャイロ       2年 3区  佐藤孝哉     4年 4区  永戸  聖      2年 5区  藤田義貴     2年 6区  秦  将吾      4年 7区  市谷龍太郎  3年 8区  熊代拓也     4年 9区  河村知樹     3年 10区上村純也     4年 やはり5区がわかりませんね(笑)とりあえず藤田選手を入れました。 5区にはトップでつなぎたいですね。 以上、山梨学院大でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①【箱根駅伝2017】 早稲田大学 エントリー予想 関連記事②【箱根駅伝2017】 駒澤大学 エントリー予想&区間予想 関連記事③【高校駅伝2016】 速報 高校3年生の進路情報 ~~~~~~~~~~~~~~  

      NEW!

      9
      2
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 【箱根駅伝2017】 駒澤大学 エントリー予想&区間予想

      【箱根駅伝2017】 駒澤大学 エントリー予想&区間予想 ど~も、太郎です。 今日は、駒澤大学です。 今シーズンは、出雲5位、全日本4位と珍しく3位以内を取れてません。 エース中谷選手の故障など心配な点はありますが それでも上位に食い込むポテンシャルは十分あります。 それでは、戦力を見てみましょう まずは、結果から 出雲駅伝 1区 西山雄介  区間9位 23:39 2区 高本真樹  区間6位 17:20 3区 工藤有生  区間4位 25:16 4区 下   史典  区間2位 17:39 5区 浅石祐史  区間8位 18:12 6区 大塚祥平  区間4位 30:14 全日本大学駅伝 1区  工藤有生   区間3位    43:47 2区  西山雄介   区間7位    38:49 3区  紺野凌矢   区間12位  28:23 4区  下  史典    区間4位    41:13 5区  中西亮貴   区間8位    35:42 6区  片西  景    区間6位    36:23 7区  伊勢翔吾   区間6位    35:21 8区  大塚祥平   区間3位    58:03 上尾ハーフ 高本真樹     1:03:25 中村佳樹     1:03:38 PB 堀合大輔     1:03:54 PB 中村大聖     1:04:07 PB 紺野凌矢     1:04:21 山下一貴     1:04:44 PB 学連記録会 下  史典      2年  28:56:24 PB 川戸拓海     3年  29:25:60 片西  景      2年  29:30:73 PB 佐々木聖和  1年  30:11:58 1万mベスト101位  中谷圭佑  28:17:56 2位  工藤有生  28:23:85 3位  大塚祥平  28:34:31 4位  下  史典   28:56:24 5位  西山雄介  28:58:01 6位  高本直樹  29:11:68 7位  川戸拓海  29:14:97 8位  中村佳樹  29:26:14 9位  片西  景   29:30:73 10位藤木悠太  29:33:60 ハーフベスト101位  中谷圭佑  1:01:21 2位  工藤有生  1:01:25 3位  大塚祥平  1:02:32 4位  西山雄介  1:02:43 5位  高本直樹  1:03:10 6位  中村佳樹  1:03:38 7位  伊勢翔吾  1:03:45 8位  下  史典   1:03:50 9位  堀合大輔  1:03:54 10位紺野凌矢  1:04:05 チームのトップ3は中谷、工藤、大塚の3選手です 現在では互角かもしれませんね。 それに続くのが、 下選手と西山選手 今季の駒澤大学では、この5人は欠けると非常事態になる中心選手です。 実際に中谷選手を欠いた出雲、全日本では、3位以内に入れませんでした。 問題は、ここからです。 6人目は高本選手でしょうね経験がありますからね。 後は、今季駅伝経験を積んだ 3年 紺野、中西 2年 片西、伊勢 この4人も間違いないでしょう。 前回の箱根を走った4年生の中村選手は上尾ハーフで63分38秒の好タイムでした。 同じく、63分台を記録した堀合選手64分07の中村大聖選手も入りそう 出雲、全日本とエントリー入りした藤木選手も有力でしょうね。 後は、ハーフ64分台の川戸選手 最後の一人は4年生の金尾選手にします。 エントリーはこうなりました。 中谷圭佑  4年  28:17:56  1:01:21 大塚祥平  4年  28:34:31  1:02:32 西山雄介  4年  28:58:01  1:02:43 中村佳樹  4年  29:26:14  1:03:38 金尾圭祐  4年  14:10:09  1:06:44 工藤有生  3年  28:23:85  1:01:25 高本直樹  3年  29:11:68  1:03:10 川戸拓海  3年  29:14:97  1:04:53 藤木悠太  3年  29:33:60  1:05:19 中西亮貴  3年  29:34:70  1:04:31 紺野凌矢  3年  29:38:62  1:04:05 下  史典   2年  28:56:24  1:03:50 片西  景   2年  29:30:73  1:04:45 伊勢翔吾  2年  30:57:60  1:03:45 堀合大輔  2年  14:19:81  1:03:54 中村大聖  1年  30:32:10  1:04:07 1万m28分台が5人ハーフ63分以内が9人 昨日の早稲田大学同様に16人を選ぶのは難しくなかったですね(笑) それでは、区間予想ですが 中谷選手の状態次第ですが往路を走れる状態として 1区  中谷圭佑  4年 2区  工藤有生  3年 3区  片西  景   2年 4区  下  史典   2年 5区  大塚祥平  4年 6区  中村大聖  1年 7区  西山雄介  4年 8区  高本直樹  3年 9区  伊勢翔吾  2年 10区中村佳樹  4年 3区と6区、8区以降は不透明ですが 本来なら3区に西山選手か高本選手を入れたいんですけど そうすると、復路が心配過ぎますので2枚は復路に残しました。 6区は、思いつかなかったので1年生を入れると面白いかなと 下級生だとしたら、よっぽど適性アリでしょう。 そうじゃない限り起用はなさそう恐らく上級生を走らせるんでしょうね。 中谷選手が1区を走らない場合1区は西山選手くらいしか思い浮かびません。 そうすると、中谷選手は3区を走れるとラッキーでしょうね。 その場合、復路が手薄になるので 総合的に見ると、1区中谷選手に賭けるしかない気がします。 以上、駒澤大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①【箱根駅伝2017】 早稲田大学 エントリー予想 関連記事②【高校駅伝2016】 速報 高校3年生の進路情報 関連記事③【箱根駅伝2017】 今年のルーキーはどこまで来てるのか ~~~~~~~~~~~~~~

      9
      7
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 早稲田大学 エントリー予想

      【箱根駅伝2017】 早稲田大学 エントリー予想  ど~も、太郎です。 箱根駅伝のエントリー発表まであと10日になりました。 今日からは、各チームのエントリーを予想してみますね。 第1弾は、早稲田大学です。 それでは、始めます。まずは、今シーズンを振り返ると 出雲駅伝1区 平  和真      区間13位 24:12 2区 新迫志希     区間12位 17:43 3区 武田凜太郎  区間7位   25:21 4区 鈴木洋平     区間1位   17:34 5区 光延  誠      区間5位   18:07 6区 井戸浩貴     区間10位  31:23 全日本大学駅伝1区  武田凜太郎 区間2位  43:45 2区  平  和真      区間2位  38:27 3区  鈴木洋平     区間2位  27:28 4区  永山博基     区間1位  40:37 5区  新迫志希     区間2位  35:12 6区  藤原滋紀     区間3位  36:04 7区  太田智樹     区間3位  35:05 8区  安井雄一     区間5位  59:33 上尾ハーフ武田凜太郎  1:01:59 PB 平  和真      1:02:14 PB 鈴木洋平     1:02:18 PB 太田智樹     1:02:48 PB 佐藤  淳      1:03:04 清水歓太     1:03:08 PB 井戸浩貴     1:03:25 藤原滋紀     1:03:38 光延  誠      1:03:44 PB 今井開智     1:04:44 八王子ロングディスタンス永山博基  28:25:85 PB 1万mのトップ101位  永山博基     28:25:85 2位  平  和真      28:46:04 3位  井戸浩貴     28:54:84 4位  光延  誠      29:03:47 5位  藤原滋紀     29:03:96 6位  武田凜太郎  29:04:20 7位  安井雄一     29:07:01 8位  新迫志希     29:07:06 9位  鈴木洋平     29:19:76 10位佐藤  淳       29:20:04 ハーフのトップ101位  武田凜太郎  1:01:59 2位  平  和真       1:02:14 3位  鈴木洋平     1:02:16 4位  井戸浩貴     1:02:33 5位  太田智樹     1:02:33 6位  佐藤  淳       1:02:49 7位  永山博基     1:02:55 8位  安井雄一     1:02:55 9位  清水歓太     1:03:08 10位藤原滋紀     1:03:23 それでは、 チームの中心選手は、出雲、全日本の両方に出場した武田、平、鈴木の4年生3人でしょう。 それに続くのが、出雲全日本に出た 4年 井戸 3年 藤原、光延、安井 2年 永山 1年 太田、新迫 今季駅伝出場がありませんが上尾ハーフで好走した佐藤選手 前回6区6位でしたが、エントリー入り間違いないでしょうね。 上尾ハーフで63分08秒を出した清水選手もいます。 後は、6区候補との情報がある3年生の石田選手 駅伝未経験ですが、ハーフで64分前半の記録を持つ車田、今井選手も候補でしょうね。 そして、最後の一人は。。。浅川選手です。 これで16名揃いました。 早稲田大学は選手数が少ないのでエントリーを絞るのが簡単でした(笑) それでは、エントリーの16名は 平  和真     4年  28:46:04  1:02:14 井戸浩貴    4年  28:54:84  1:02:33 武田凜太郎 4年  29:04:20  1:01:59 鈴木洋平    4年  29:19:76  1:02:16 佐藤  淳     4年  29:20:04  1:02:49 浅川倖生    4年  29:47:25  1:05:49 今井開智    4年  29:48:83  1:04:27 光延  誠     3年  29:03:47  1:03:44 藤原滋紀    3年  29:03:96  1:03:23 安井雄一    3年  29:07:01  1:02:55 石田康幸    3年  29:42:09  1:04:13 永山博基    2年  28:25:85  1:02:55 車田  颯     2年  29:26:69  1:04:02 清水歓太    2年  29:49:47  1:03:08 新迫志希    1年  29:07:06 太田智樹    1年  29:27:92  1:02:48 一万m28分台は3人ですがハーフの63分以内が8名と強烈なインパクトがあります。 軽く区間配置を考えみると 1区 鈴木 2区 武田 3区 平 4区 永山 5区 安井 6区 佐藤 7区 太田 8区 光延 9区 井戸 10区 藤原 1~4区は暫定ですけど このメンバ―でオーダーが組めれば青山学院にも十分対抗できそうです。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①【高校駅伝2016】 速報 高校3年生の進路情報関連記事②【箱根駅伝2017】 今年のルーキーはどこまで来てるのか ~~~~~~~~~~~~~~

      9
      6
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 【高校駅伝2016】 速報 高校3年生の進路情報

      【高校駅伝2016】 速報 高校3年生の進路情報  ど~も、太郎です。 高校3年生の進路情報が一部判明しましたのでお知らせします。 チーム別にまとめてみました。 青山学院大吉田圭太     世羅高校  13:50:67 神林勇太     九州学院  13:59:14 市川唯人     伊賀白鵬  14:16:44 長嶺龍之介  世羅高校  14:21:21 鶴貝彪雅     白鵬足利  14:21:29 大蔵洋人     九州学院  14:31:32 森川弘康     自由ケ丘  14:34:63 新号健志     秋田中央  14:36:15 中山大樹     樹徳高校  14:39:13 松葉慶太     浜松日体  14:40:37 東海大名取燎太     佐久長聖  13:52:61 塩澤稀夕     伊賀白鵬  14:01:80 上村良太     西脇工業  14:26:78 渡辺雄図     保善高校  14:37:71 鈴木恒介     八千松陰  14:44:73 東洋大大森龍之介  佐野日大  13:54:25 飯島圭吾     山学大付  14:06:38 大沢  駿      山形中央  14:19:26 小田太賀     浜松商高  14:22:99 吉川洋次     那須拓陽  14:25:25 田中流誠     遊学館高  14:30:42 杉村宗哉     八頭高校  14:38:66 小倉知也     浜松商高  14:42:82 駒澤大加藤  淳      西脇工業  13:59:03 吉村晃世     小林高校  14:16:14 小島海斗     市船橋高  14:17:41 伊藤颯汰     大分東明  14:19:48 若林大輝     倉敷高校  14:21:43 小林  歩      関大北陽  14:37:79 青山尚大     中京大附  14:43:34 明治大前田舜平     倉敷高校  14:01:30 小袖英人     八戸光星  14:16:98 長倉奨美     宮崎日大  14:32:88 寺前友喜     西脇工業  14:35:70 樋口大介     伊賀白鵬  14:42:68 中央大畝  拓夢      倉敷高校  14:12:26 真田  翼      浜松商高  14:18:26 加井虎造     西脇工業  14:21:98 池田勘汰     玉野光南  14:30:17 岩原智昭     仙台育英  14:43:00 帝京大小野寺悠     加藤学園  14:12:47 谷村龍生     西京高校  14:25:78 吉田律哉     京外大西  14:29:48 鳥飼悠生     市船橋高  14:31:56 境  勇樹      西脇工業  14:31:67 福島健斗     武蔵越生  14:39:49 増田  空      小豆島高  14:44:08 東京国際大高橋光晃     藤岡中央  14:15:24 中島哲平     水城高校  14:26:90 前川優月     浜松商高  14:32:14 内田  光      佐久長聖  14:37:68 三浦大和     学法石川  14:39:81 草場大地     鶴崎工業  14:43:69 大西莞詠     那須拓陽  14:44:03 順天堂大清水颯大     洛南高校  14:16:43 多久和能広  平田高校  14:23:66 前田智広     名経大高  14:37:86 森下舜也     佐野日大  14:41:05 神奈川大井出孝一     鳥栖工業  14:16:87 山田大翔     伊賀白鵬  14:38:13 原塚友貴     西脇工業  14:40:77 日体大池田燿平     島田高校  14:18:23 小松直生     水島工業  14:28:97 中央学院大戸田豪琉     武蔵越生  14:18:83 中野皓上     中央学院  14:19:93 河崎耕平     鶴崎工業  14:36:65 石綿宏人     市立松戸  14:36:82 日東寺毅     富里高校  14:42:13   山梨学院大志村仁夢     山学大附  14:29:46 安藤主税     鹿児島実  14:31:18 轟木太郎     指宿商高  14:31:51 斎藤有栄     白鵬足利  14:36:43 吉川敦史     山学大附  14:38:58 吉田  巧      山学大附  14:41:39 瀬戸祐希     興国高校  14:46:27 長谷川孝太  山学大附  14:46:34 早稲田大吉田  匠      洛南高校  14:29:28 森田将平     修道高校  14:40:69 とりあえず、以上ですが まだまだ決まっていない選手も多いし14分45秒前後までしか集計していません。 判明していない主な選手は 西山和弥     東農大二  13:54:16 斎藤  椋      秋田工業  14:03:86 宍倉健浩     早稲田実  14:04:54 岩見秀哉     須磨学園  14:06:39 ちなみに、高校No1の遠藤日向選手は実業団の住友電工です。 青山学院大に13分台が2名なので圧倒的に勝ち組かと思いましたが 今のところはうまく分散している印象はありますね。 昨日の記事で書いたように14分20秒前後までを持っていれば 1年目から13分台28分台は出せるようになる確率は高いですからね。 後は、トラック、ロードで得意不得意もあり 現時点でも持ちタイムは関係なかったりしますが、 今季の東海大学を見てもいい選手が集まれば相乗効果でみんなが伸びるというのも言えます。 まあ、現時点ではよく分かんないですからね。 今のところは、早くも来年以降を見渡していろいろ想像するのが楽しいって感じでしょうか(笑) 以上、高校3年生の進路についてでした。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      12
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 今年のルーキーはどこまで来てるのか

      【箱根駅伝2017】 今年のルーキーはどこまで来てるのか  ど~も、太郎です。 もう少し残っていますが記録会シーズンも終わったので 1年生の状況を整理したいと思い立ちました。 現時点での五千mと一万mのランキングを高校時代のベストと並べてみます。 それでは、まずは五千mからタイムは現在のベスト、高校ベストの順です。 關  颯人      東海大学  13:41:28  13:51:85 鬼塚翔太     東海大学  13:43:61  13:56:47 新迫志希     早稲田大  13:47:97  14:00:45 舘澤享次     東海大学  13:48:89  14:00:70 舟津彰馬     中央大学  13:50:79  14:27:78 阪口竜平     東海大学  13:51:69  14:16:66 横川  巧      中央学大  13:52:45  14:08:84 羽生拓矢     東海大学  13:52:98  13:52:98 鈴木塁人     青山学院  13:53:20  14:12:31 相澤  晃      東洋大学  13:54:75  13:54:75 中村友哉     青山学院  13:56:81  13:56:81 阿部弘輝     明治大学  13:57:15  13:57:15 西川雄一朗  東海大学  13:58:54  14:03:51 難波皓平     順天堂大  13:59:33  13:59:33 これ以下は伸びが目立った選手長谷川柊     専修大学  14:04:13  14:41:30 中川翔太     日本体育  14:07:66  14:29:61 橋本龍一     順天堂大  14:08:44  14:21:06 岩佐壱誠     帝京大学  14:10:57  14:28:74 吉田祐也     青山学院  14:13:78  14:26:75 まず、13分40秒台が4名いきなり出たのはビックリですね。 特に關選手と鬼塚選手が45秒を切ったのは素晴らしいと思います。 13分台を出した選手の中で一番ジャンプアップしたのは 中央大学の舟津選手です。14分27秒→13分50秒 高校時代のベストは50位以下でしたが現在は5位 この伸び方は異常な数値です(笑) 1年生にしてキャプテンを任されたその自覚が上手く作用したんでしょうね 東海大の阪口選手も伸び率はいいですね14分16秒→13分51秒です。 逆に高校時代13分台のベストを持っていた7名のうちベストを更新したのはわずか2名、關選手と鬼塚選手でした。 入学時の上位30位までをみてもわずか11名しか更新出来ていません。 高校時代のベストタイム別に 更新した人数の割合は ~13分59秒 2名/8名 ~14分10秒 3名/11名 ~14分15秒 6名/11名 ~14分20秒 5名/12名 ~14分25秒 5名/12名 それでも例年よりは順調にタイムが伸びている気はします。 続いては、一万mです。タイムは一万ベスト、高校時のベストの順 鈴木塁人     青山学院  28:31:66  14:12:31 關  颯人      東海大学  28:48:63  13:51:85 高砂大地     中央学大  28:54:13  14:14:09 鬼塚翔太     東海大学  28:55:26  13:56:47 髙田凜太郎  東海大学  28:57:91  14:20:35 松尾淳之介  東海大学  28:59:65  14:11:24 渡邉奏太     東洋大学  28:59:77  14:08:63 野田一輝     順天堂大  29:00:06  14:19:49 舟津彰馬     中央大学  29:02:63  14:27:78 阿部弘輝     明治大学  29:03:00  13:57:15 新迫志希     早稲田大  29:07:06  14:00:45 川澄克弥     大東文化  29:11:21  14:19:86 三輪軌道     明治大学  29:11:88  14:04:08 奈良凌介     大東文化  29:12:01  14:07:56 土方秀和     國學院大  29:13:56  14:46:20 中島怜利     東海大学  29:16:18  14:14:62 二井康介     中央大学  29:16:51  14:31:11 宗  直輝      神奈川大  29:16:83  14:14:44 浦野雄平     國學院大  29:17:94  14:36:81 現在一万m28分台は7名 渡邉選手を除く6名は五千mで高校のベストを 更新済みです。 高校時代13分台を持っていた7名の中で既に28分台に入っているのは2名 關選手と鬼塚選手ですね。 五千で13分、一万で28分台を同時に達成しているのはわずか3名 ちなみに2年生年代で28分台は8名ですから今年の1年生はレベルが高いのはわかります。 高校時代から急激に伸びているのは 國學院大の土方選手14分46秒→29分13秒 高校時代のタイムがいつ出されたものか疑いたくなる感じです(笑) 東海大学勢に勢いを感じます。 それじゃあ、チーム別に集計しましょう。タイムは、五千、一万mの順にベストです。 青山学院大鈴木塁人  13:53:20  28:31:66 吉田祐也  14:13:78  29:44:58 中村友哉  13:56:81  29:51:51 東洋大渡邉奏太  14:08:63  28:59:77 中村  駆   14:02:85  29:20:87 相澤  晃   13:54:75  30:48:17 駒澤大学中村大聖  14:03:48  30:32:10 中村大成  14:15:26 山梨学院大首藤貴樹  14:24:57  30:10:81 井上広之  14:16:92  30:32:39 早稲田大新迫志希  13:47:97  29:07:06 太田智樹  14:05:92  29:27:92 東海大關  颯人      13:41:28  28:48:63 鬼塚翔太     13:43:61  28:55:26 髙田凜太郎  14:11:25  28:57:91 松尾淳之介  14:08:14  28:59:65 中島怜利     14:06:95  29:16:18 郡司陽大     14:15:36  29:22:13 西川雄一朗  13:58:54  29:36:46 羽生拓矢     13:52:98  29:44:58 舘澤享次     13:48:89  29:50:67 阪口竜平     13:51:69  30:12:64 順天堂大野田一輝  14:19:49  29:00:06 難波皓平  13:59:33  29:22:55 橋本龍一  14:08:44  29:55:74 日本体育大山口和也  14:23:02  29:30:62 中川翔太  14:07:66  29:38:84 廻谷  賢    14:19:65  29:57:11 中央学院大高砂大地  14:03:83  28:54:13 長山瑞季  14:29:00  29:51:81 横川  巧   13:52:45  29:52:88 藤田大智  14:25:93  29:52:88 大東文化大川澄克弥  14:19:86  29:11:21 奈良凌介  14:07:56  29:12:01 中央大学舟津彰馬  13:50:79  29:02:63 二井康介  14:22:28  29:16:51 安田一平  14:25:41  30:18:92 帝京大岩佐壱誠     14:10:57  29:37:84 平田幸四郎  14:16:13  29:38:68 田村岳士     14:21:97  29:42:13 法政大田上鷹弥  14:28:90  29:38:83 増田蒼馬  14:18:59  29:43:63 青木涼真  14:31:99  29:44:18 坪井  慧   14:12:82  29:48:33 明治大阿部弘輝  13:57:15  29:03:00 三輪軌道  14:04:08  29:11:88 中島大就  14:04:13  29:36:00 斉藤寛明  14:13:68  29:56:19 神奈川大学宗  直輝   14:14:44  29:16:83 越川堅太  14:11:22  29:20:95 安藤  駿   14:17:31  29:52:64 國學院大土方英和  14:25:04  29:13:56 浦野雄平  14:36:81  29:17:94 青木祐人  14:17:11  30:04:48 以上、今日は1年生の活躍を振り返ってみました。 それでは、明日もお楽しみに~  

      8
      8
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 学連記録会&八王子LDの結果

      【箱根駅伝2017】 学連記録会&八王子LDの結果  ど~も、太郎です。 11月26日開催された学連挑戦競技会と八王子ロングディスタンスの記録をお知らせします。 各チームともかなりいい記録がたくさん出ています。 それでは、まずは 学連記録挑戦競技会 総合結果は、 1位   田村和希 青山学院  28:18:31 2位   デレセ      拓殖大学  28:19:16 3位   鈴木塁人  青山学院  28:31:66 4位   堀尾謙介  中央大学  28:34:54 5位   一色恭志  青山学院  28:36:51 6位   ワンブア    武蔵野大 28:41:43 7位   下田裕太  青山学院  28:42:88 8位   板東悠汰  法政大学  28:48:61 9位   安藤悠哉  青山学院  28:49:73 10位 梶谷瑠衣  青山学院  28:52:94 11位 藪下響大  明治大学  28:53:46 12位 平賀喜裕  駿河台大  28:53:52 13位 高砂大地  中央学大  28:54:13 14位 下  史典   駒澤大学  28:56:24 15位 末次慶太  明治大学  28:56:64 16位 前田将太  大東文化  28:59:86 17位 舟津彰馬  中央大学  29:02:63 18位 阿部弘輝  明治大学  29:03:00 19位 土井大輔  法政大学  29:06:65 20位 照井明人  東京国大  29:06:85 大学別に集計しました。 青山学院大田村和希  3年  28:18:31 PB 鈴木塁人  1年  28:31:66 PB 一色恭志  4年  28:36:51 下田裕太  3年  28:42:88 安藤悠哉  4年  28:49:73 PB 梶谷瑠衣  2年  28:52:94 PB 池田生成  4年  29:10:07 富田浩之  2年  29:11:75 PB 茂木亮太  4年  29:14:25 林  奎介   2年  29:15:58 PB 山田滉介  2年  29:22:53 PB 秋山雄飛  4年  29:25:60 生方敦也  1年  29:26:81 PB 橋間貴弥  2年  29:31:10 PB 吉永竜聖  3年  29:39:51 PB 橋詰大慧  2年  29:43:36 PB 吉田祐也  1年  29:44:58 PB 中村友哉  1年  29:51:51 PB 田村健人  4年  30:06:76 田村選手は強烈な走りでしたが最近の調子を見ても、妥当なタイムな気がしますね。 鈴木選手も先日のハーフのタイムを見たら、驚くほどじゃない気もします。 もちろんすごいタイムですけど(笑) これで1万mはチーム3位ですからねルーキーの中では頭一つ抜けたかもしれません。 一色、下田、安藤の3選手も順調そうですね。 一番うれしかったのが、梶谷選手の復帰これで、エントリーには入れそうですね。 心配なのが、秋山選手と吉永選手です。 あと、吉田選手は5区の噂がありますが ここで走っているということは今回は無いのかもしれませんね。 今回の上位選手に、山を担当する選手海外レースに出た中村、森田選手を加えたあたりがエントリーに選ばれそうです。 駒澤大学下  史典      2年  28:56:24 PB 川戸拓海     3年  29:25:60 片西  景      2年  29:30:73 PB 佐々木聖和  1年  30:11:58 下選手がようやく28分台に入りました。これでやっと5人です 川戸選手と片西選手もメンバー入りが 見えてきました。 東洋大山口弘晃  4年  29:48:32 定方  駿   1年  30:08:92 小室  翼   1年  30:18:46 中村  駆   1年  30:21:56 相澤選手、渡邉選手に続く1年生がエントリー入りは難しそうですね。 山要員でもない限りは、この時点でこのタイムでは、さすがに難しいかな~ 山梨学院大永戸  聖      2年  29:06:89 PB 熊代拓也     4年  29:17:81 PB 伊藤淑記     4年  29:34:75 中村幸成     1年  29:52:20 首藤貴樹     1年  30:10:81 PB 片山優人     2年  30:11:88 古賀裕樹     3年  30:19:69 小山祐平     4年  30:32:37 井上広之     1年  30:32:39 PB 市谷龍太郎  3年  30:35:45 久保和馬     2年  31:06:91 永戸選手はもう一息で28分台でした。一気に突破して欲しかったな~ 古賀選手は、間に合ったのか微妙な感じです。 市谷選手はどうしちゃったんだろ?? 中央学院大高砂大地  1年  28:54:13 大森  澪   3年  30:23:64 お~、高砂選手が28分台ですね。チームで唯一の28分台です。 大森選手はイマイチでしたね。 早稲田大大木皓太   1年  30:30:12 大東文化大前田将太  3年  28:59:86 PB 原  法利   3年  29:08:16 PB 川澄克弥  1年  29:11:21 PB 奈良凌介  1年  29:12:01 PB 谷川貴俊  2年  29:20:09 PB 山本翔馬  3年  29:28:87 PB 鈴木太基  4年  29:33:54 PB 下尾一真  4年  29:38:74 またまた28分台が出ましたね前田選手は五千でも13分台を出して今絶好調です。 他の選手も調子が上がっています。 この勢いでガンガン行って欲しいです。 明治大学藪下響大     4年  28:53:46 PB 末次慶太     3年  28:56:64 PB 阿部弘輝     1年  29:03:00 PB 田中龍太     2年  29:08:75 PB 三輪軌道     1年  29:11:88 PB 射場雄太朗  4年  29:12:55 PB 吉田  楓      4年  29:14:46 東島清純     2年  29:33:46 PB 中島大就     1年  29:36:00 PB 竹山直宏     2年  29:36:51 PB 江頭賢太郎  4年  29:48:90 磯口晋平     3年  29:50:43 斉藤寛明     1年  29:56:19 PB 岸  哲也      1年  30:01:97 角出龍哉     2年  30:23:82 PB やっと28分台が出たと思ったら一気に2人もです。 全日本で落ち込んでいた調子が戻ったようですね。 後は、坂口選手の復活を待つだけです。 法政大板東悠汰     2年  28:48:61 PB 土井大輔     2年  29:06:65 PB 矢島謙悟     2年  29:14:03 PB 足羽純実     4年  29:15:15 城越洸星     4年  29:16:69 PB 東福龍太郎  2年  29:31:59 PB 狩野琢己     2年  29:35:64 PB 田上鷹弥     1年  29:38:83 PB 篠村政寛     4年  29:46:57 PB 坂田昌駿     4年  29:56:65 法政大も28分台が出ました! 2年生を中心に下級生が伸びてきています。 この調子を維持して欲しいですね。 とりあえず、学連記録会はこれくらいにして。 続いては、 八王子ロングディスタンス 6組工藤有生 駒澤大 29:18:53 服部弾馬 東洋大 29:32:28 5組大塚祥平 駒澤大 DNS 4組永山博基 早稲田大 28:25:85 PB 山藤篤司 神奈川大 28:29:43 PB 3組石川颯真 日本大学 28:43:11 PB 大山憲明 創価大学 28:57:62 PB 小山直城 東京農大 29:09:16 6組の2人は、27分台を目指した組に入っていましたが、共にダメでしたね~ 早稲田大の永山選手は、やはりガツンときましたね。 全日本の4区であのタイムですからね 1万でもそれにふさわしいタイムが出ました。 神大の山藤選手もすごいタイムを出してきましたね。 箱根本番が非常に楽しみです。 もう一つ、11月27日に開催された 甲佐ロードレース10マイル 1位  神野大地     コニカ       46分38秒 7位  塩尻和也     順天堂大  46分55秒 21位 栃木   渡     順天堂大  47分19秒 43位 阪口竜平     東海大     47分45秒 45位 西澤卓弥     順天堂大  47分49秒 49位 西川雄一朗  東海大     47分56秒 塩尻選手は実業団選手に混じっても引けを取らない走りでした。 栃木選手もまずまずのタイムです。 東海大の1年生2人も悪くないと思いますが 箱根のエントリー入りを目指すのなら栃木選手のタイムぐらいが欲しかったですね。  以上、記録会の結果でした。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      10
      9
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 ここら辺で 区間配置予想まとめ

      【箱根駅伝2017】 ここら辺で 区間配置予想まとめ  ど~も、太郎です。 各チームの予想記事書くのも疲れて来たので(笑) ここら辺でまとめてみようかと ネタ切れでは決してありません(笑) それじゃあ、各チームの区間予想を書いてみると 青山学院大1区 下田裕太    3年  2区 一色恭志    4年 3区 森田歩希    2年  4区 田村和希    3年 5区 吉田祐也    1年  6区 小野田勇次 2年  7区 茂木亮太    4年  8区 池田生成    4年 9区 中村祐紀    3年 10区安藤悠哉   4年 早稲田大1区 鈴木洋平     4年 2区 武田凜太郎  4年 3区 平  和真      4年 4区 永山博基     2年 5区 安井雄一     3年 6区 佐藤  淳      4年 7区 新迫志希     1年 8区 光延  誠      3年 9区 井戸浩貴     4年 10区藤原滋紀    3年 駒澤大1区 中谷圭佑   4年 2区 工藤有生   3年 3区 片西  景    2年 4区 下  史典    2年 5区 大塚祥平   4年 6区 浅石祐史   4年 7区 西山雄介   4年 8区 伊勢翔吾   2年 9区 高本真樹   3年 10区中村佳樹  4年 山梨学院大1区 上田健太     3年 2区 ニャイロ       2年 3区 佐藤孝哉     4年 4区 市谷龍太郎  3年 5区 久保和馬     2年 6区 秦  将吾      4年 7区 永戸  聖      2年 8区 熊代拓也     4年 9区 河村知樹     3年 10区上村純也     4年 東洋大学1区 服部弾馬  4年 2区 櫻岡  駿   4年 3区 堀  龍彦   3年 4区 小笹  椋   2年 5区 山本修二  2年 6区 渡邊奏太  1年 7区 口町  亮   4年 8区 竹下和輝  3年 9区 野村峻哉  3年 10区山本采矢  4年 東海大学1区 鬼塚翔太  1年 2区 關  颯人   1年 3区 廣田雄希  4年 4区 國行麗生  3年 5区 舘澤享次  1年 6区 中島怜利  1年 7区 川端千都  3年 8区 湊谷春紀  2年 9区 石橋安孝  4年 10区林竜之介  4年 とりあえず、書きだしてみたものの特に何も考えていないという(笑) とりあえず、青山学院の予想を変更します。 青山学院はいろいろと情報が入ってきているのですが、 4年 一色 安藤 3年 田村 下田 2年 小野田 この5人が5区を除く2区から7区を走りそうです。 あくまでも、1区は鈴木選手で決まりという前提ですが。。。 そうなると、 2区 一色 6区 小野田は決まりとして 3区、4区、7区の組み合わせがよ~わからん感じになります。 田村 下田 安藤がいい気もしますが 原監督が「7区が重要」だと言っていて そうなると下田選手を7区は大いにあり得るので その場合は、安藤 田村 下田となります。 3区で一気に引き離すもしくは、1区で遅れた時に3区で追いつくには田村選手もアリかもしれません。 その時は、田村 安藤 下田もしくは田村 下田 安藤ですね。 原監督が4区をどう見ているのか?かがポイントなんですよね。 ここは、下田選手を7区にしましょう! そうなると、3区と4区は、安藤→田村の順でしょう 改訂版青山区間配置は 1区  鈴木塁人     1年 2区  一色恭志     4年 3区  安藤悠哉     4年 4区  田村和希     3年 5区  吉田祐也     1年  6区  小野田勇次  2年  7区  下田裕太     3年 こんな感じですね。 それじゃあ、1区から見てみますか~ 青山学院   鈴木塁人  1年 早稲田大   鈴木洋平  4年 駒澤大学   中谷圭佑  4年 山梨学院   上田健太  3年 東洋大学   服部弾馬  4年 東海大学   鬼塚翔太  1年 こうなりますね。 他のチームも気になりますが とりあえず、全日本を見ても服部選手が強そうですね。 しかし、2分とか離せるかといえばそれは難しそうです。 前回は、区間5位が38秒差区間10位1分11秒遅れ う~ん、ここに挙げたチームだと区間5位がリミットですね。 2区は強いけど、5区が弱点の青山学院と山梨学院は出遅れは厳しくなるだけです。 逆に、5区が計算できる早稲田と駒大は2区次第ですが それでもトップから30秒以内が限界でしょうか。 どこも遅れると厳しいってことですね(笑) 次は2区 青山学院  一色恭志     4年 早稲田大  武田凜太郎  4年 駒澤大学  工藤有生     3年 山梨学院  ニャイロ       2年 東洋大学  櫻岡  駿      2年 東海大学  關  颯人      1年 ここは、ニャイロ選手と一色選手の 区間賞争いが見ものです。 1区がトップから30秒以内ならトップに立てそうです。 それに続くのは、武田選手と工藤選手 ですね。 一色選手から30秒以内が目標かな 櫻岡選手と關選手は1分以内か 1区で全員がトップから30秒以内に収まったとしたら 2区終了時点で トップと一番下位のチームでもその差は、1分から1分30秒くらいの接戦になりそうです。 そうなると3区がポイントになりそうです。 青山学院  安藤悠哉  4年 早稲田大  平  和真   4年 駒澤大学  片西  景   2年 山梨学院  佐藤孝哉  4年 東洋大学  堀  龍彦   3年 東海大学  廣田雄希  4年 ここは、安藤選手と平選手が抜けている気がします。 堀、廣田、佐藤選手は、当たればデカいって感じですか(笑) 駒澤は少し厳しくなるでしょうね。 2区終了時点で、順調なら 山梨トップ、青山が2位で追い早稲田、駒澤が遅れずついて行き少し遅れて東洋と東海 こんな展開を予想していますが 3区で、青山と早稲田が抜けだすのか? 面白くなりそうです。 区間賞を取った方が1位で4区に繋ぎそうです。 勝負の分かれ目4区は、 青山学院  田村和希     3年 早稲田大  永山博基     2年 駒澤大学  下  史典      2年 山梨学院  市谷龍太郎  3年 東洋大学  小笹  椋      2年 東海大学  國行麗生     3年 ここは、田村選手が抜けていますね。 後は、それほど力の差はないかなと 東洋小笹選手は少し厳しいかもしれませんね。 田村選手が順調に区間賞を取れば一気に抜け出すでしょうね。 早稲田は永山選手がどこまで粘れるかですが ここでトップを奪えなくてもトップに近いところに位置すれば 5区での逆転が見えてきます。 駒澤大も同様ですね。 3区の分を巻き返し、5区が逆転可能な位置で渡せるかがポイントです。 山梨、東洋、東海の3チームは、 3区と4区をセットと考えてともかく区間5位以内をキープする これが現実的なところでしょうね。 そして、最後は5区ですが 青山学院  吉田和也  1年 早稲田大  安井雄一  3年 駒澤大学  大塚祥平  4年 山梨学院  久保和馬  2年 東洋大学  山本修二  2年 東海大学  舘澤享次  1年 ここは、大塚選手でしょね。 安井選手もいいですけど、全日本の走りを見ると大塚選手が抜けている気がします。 それに続くのが、安井選手、山本選手でしょう。 青山学院は、未だ良くわかりませんが吉田選手が第一選択肢に近いのは間違いない気がします。 山梨学院も同様ですね。誰かいい選手が出てくればいいですが 東海大学も不透明ですね。強いと思いますが。。。 区間賞3位以内か区間10位以下とか極端な気がしないでもない(笑)  一応、往路区間を見てみました。 こうして並べてみるのも必要ですね。いろいろとわかりました。 3区がポイントのような気がしてきました。5区もいろいろありそうですが(笑) 3区に強力な駒を入れることが出来そうなのは、 青山学院と早稲田大 他のチームは、そこまで手が回らない感じですね。 そういう意味でも、順調ならがこの2チームが往路優勝を争うのかなと思います。 後は、キッチリ嵌まった時の山梨学院も上位争いが可能かと 駒澤大学は、3区に西山選手辺りと注ぎ込めれば面白いですが。。。。 絶対やらないでしょう(笑) それでも、1区と2区で飛び出せたらわかりません。 東洋大も、口町選手が万全なら往路で使えるんですが それでも1枚足りないか。。。 いや、相澤選手が出てきましたね。東洋大は配置を見直す必要がありますね。 東海大は、全くわかりません(笑) 上級生の状態が上がらないことには予想もままならない感じです。 強気には行けない気分です(笑) という事で、ネタ切れにまかせて思い付きを書いちゃいました(笑) それでは、明日もお楽しみに~ 

      9
      11
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 日本大学 全日本とか予選会の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 日本大学 全日本とか予選会の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日も昨日に引き続き予選会→全日本組の日本大学をお送りします。 予選会と同様に3人目以下が奮わない構図は変わりませんでした。 さすがにこれは厳しいかも とりあえず、全日本の結果はこちら 1区  石川颯真    区間4位    43:58    2区  ワンブイ      区間4位    38:43 3区  岡野祐輝    区間22位   29:23 4区  川口賢人    区間8位     41:59 5区  石井健登    区間17位   36:34 6区  清水目大貴 区間12位   36:56 7区  松木之衣    区間14位   35:53 8区  山崎一輝    区間10位 1:00:19  スタートは良かったんですけどね最後は、総合12位で終わっちゃいました。 それじゃあ、細かく見てみましょう。 1区は石川選手区間4位と実力通りの結果を出しました。 最後、集団から抜け出したところは素晴らしかったです。 区間トップから15秒差ですからね会心の走りだと思います。 続く2区は、ワンブイ選手でした。 当然のようにアンカーだと思っていたのでもしかして欠場かと疑いました。 予選会の時からよくなかった様ですね。 それでも、キッチリ区間4位は確保です。最低限の走りはしてくれました。 早く本調子を取り戻して欲しいです。 3区は、岡野選手区間22位でしたが、どうしちゃったんでしょう 短い3区で区間賞から2分08秒差う~ん、どうしたらいいですかね 4位から一気に12位まで順位を落としてしまいました。 4区には川口選手でした。 区間8位とまずまずの走りでしたね。区間トップとは1分22秒差 順位を一つ上げました。 悪くない結果だと思います。 5区は石井選手でした。 結果は区間17位とイマイチでした。4区が良かっただけに 頑張って更に流れを引き寄せて欲しかったんですけどね 6区は清水目選手でしたが 区間12位と微妙な結果でした。 区間賞から1分17秒ですから良くも悪くもない感じでしょうか 7区は松木選手こちらも区間14位でした。 区間賞からは59秒差と1分以内に収めましたが 順位は一つ落としちゃいました。 でも、1年生ですからね大健闘でしょうね。 そして、アンカーは山崎選手区間10位と良かったと思います。 タイムも60分19秒とまずまず 最後に一つ順位を上げたのも良かったですね。 全体的には、ワンブイ、石川選手以外はこのままでは箱根では厳しそうです。 今回出場しなかった選手もいますがレベル的には同様ですから う~ん、これから大変です。 続きまして、予選会の結果も 1位   ワンブイ       2年   58:15 7位   石川颯真     4年   59:38  76位  山﨑一輝     3年 1:01:21  92位  川口賢人     3年 1:01:35   127位 岡野佑輝    3年 1:02:06 130位 清水目大貴 4年 1:02:08  131位 村田誠児    4年 1:02:08 155位 町井宏行    3年 1:02:38  174位 畔栁  揮     4年 1:02:51  220位 金子智哉    1年 1:03:37 250位 高野千尋    3年 1:04:08 289位 石垣陽介    1年 1:04:59 100位以内がわずか4名よくこれで予選を通過出来たと思います(笑) ワンブイ選手と石川選手の力ですね。 この2人頼みの構図は変わりませんがやはり、これに続く選手が出て欲しいです それじゃあ、箱根駅伝への展望を エントリー候補は 石川颯真     4年 清水目大貴  4年 畔柳  揮      4年 村田誠児     4年 岡野祐輝     3年 高野千尋     3年 山崎一輝     3年 川口賢人     3年 石井健登     3年 町井宏行     3年 新関涼介     3年 ワンブイ       2年 加藤拓海     2年 野田克哉     2年 石垣陽介     1年 松木之衣     1年 金子智哉     1年 二本柱のワンブイ選手と石川選手はいいとして、 後に続く選手がガツンと来る必要がありますよね。 候補は、山崎選手と川口選手でしょう。 あとは、1万mで石川選手に続く記録を持つ加藤選手の復活が待たれます。 昨年の全日本で3区5位と素晴らしい成績でデビューしましたが結局箱根は走れませんでした。 今回こそは箱根を走って欲しいです。 それ以外は、 4年 清水目、畔柳 3年 岡野、高野、町井この選手達です。  それじゃあ、区間予想しましょう。 まず1区は、石川選手でしょう。 トップと30秒以内でつなげば2区でトップに立てそうです。 2区はもちろんワンブイ選手 予選会で総合1位だったようにロードでも結構強いですからね 2区終了時点でトップを狙って欲しいです。 続く3区には、加藤選手です。ここで粘れるかが勝負の分かれ目です。 何とか復活してもらって走って欲しいです。 そして、4区は山崎選手 4区は重要区間です。遅れる訳にはいきませんので 山崎選手を投入して勢いをキープして5区に繋ぎます。 5区は川口選手でいきます。 ここに川口選手を注ぎ込むくらいの勢いがないとシード権は厳しいので 適性とかよくわかりませんが区間1桁で走って欲しいです。 そうすれば、 シード権内で往路を終えられる気がします。 6区は、前回に続き町井選手ですね。 前回区間5位ですからね~今回もこの位置はキープして欲しいです。 次は7区です。ここからが勝負のポイントです。 前回は7区以降が大荒れでシード権を逃しましたからね 前回走った石井選手は止めておきます 区間18位でしたからねさすがに勇気が要ります。 なので、1年生の松木選手はどうでしょうか? 賭けですけど、全日本も順位は悪かったですが、 内容は悪くないので何とかつないで欲しいです。 8区は清水目選手です。 ここからは、持ちタイムで決めます。 全日本でまあマシだった清水目選手をここで起用します。 前回走った岡野選手ではちと厳しいので そして9区に石井選手です。 ここら辺でガツンと来る走りを期待しましょう。前回のリベンジをして欲しいです。 最後10区は、高野選手です。 岡野選手と悩みましたがさすがに全日本の結果では起用できませんでした。 消去法で高野選手に決まりました。  それじゃあ、区間配置はこうです。 1区  石川颯真     4年 2区  ワンブイ       2年 3区  加藤拓海     2年 4区  山崎一輝     3年 5区  川口賢人     3年 6区  町井宏行     3年 7区  松木之衣     1年 8区  清水目大貴  4年 9区  石井健登     3年 10区 高野千尋    3年 3区以降は不安でしかないですが(笑) 往路で一桁順位なら復路次第ですがシード権も狙えるかも ポイントは5区と8区以降です。 以上、日本大学でした。それでは、明日もお楽しみに~  関連記事①【箱根駅伝2017】 早稲田大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事②【箱根駅伝2017】 東海大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③【箱根駅伝2017】 4区と5区の距離が変更した件

      10
      4
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 大東文化大学 全日本振り返りと箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 大東文化大学 全日本振り返りと箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日は、大東大 箱根駅伝予選会トップ通過から全日本ではまさかの15位 明治大もそうでしたが、この組み合わせは難しいのでしょうか それでは、全日本の結果をみましょう。 1区  原  法利      区間18位   45:18 2区  奈良凌介     区間16位   40:38 3区  下尾一真     区間8位     27:59 4区  川澄克弥     区間20位   43:56 5区  新井康平     区間20位   37:01  6区  山本翔馬     区間14位   37:02   7区  鈴木太基     区間4位     35:16  8区  谷川貴俊     区間11位  1:00:36 う~ん、みなさん悪すぎて評価のしようがないですね。 3区の下尾選手と7区の鈴木選手が合格点ってところです。 特に、鈴木選手は、全日本予選、箱根予選、全日本と好調を維持しています。 本番も楽しみですね。 1年生の奈良選手と川澄選手を2区と4区に使った点を見ても 実験的なところもあったのかと思ったりします。 次は、箱根駅伝予選会の結果です。 9位    原  法利   3年   59:44 20位  下尾一真  4年  1:00:22 32位  谷川貴俊  2年  1:00:33 39位  川澄克弥  1年  1:00:42 55位  山本翔馬  3年  1:01:00  56位  鈴木太基  4年  1:01:02 61位  鴇澤駿介  4年  1:01:05 68位  新井康平  2年  1:01:12 70位  林  日高   3年  1:01:13 73位  奈良凌介  1年  1:01:14 113位北村一摩   4年  1:01:50 126位齋藤  諒    2年  1:02:06 箱根駅伝もこの12人が中心になると思われます。 あと、上尾ハーフで自己ベストを出したのが 林  日高   1:02:54 中神文弘  1:03:31 石橋優哉  1:03:46 北村一摩  1:04:24 牧田侑大  1:04:37 それじゃあ、箱根の展望を見てみます。 エントリー候補は 北村一摩    4年 下尾一真    4年 石橋優哉    4年 鴇澤駿介    4年 鈴木太基    4年 原  法利     3年 山本翔馬    3年 林  日高     3年 牧田侑大    3年 前田将太    3年 齋藤  諒     2年 新井康平    2年 谷川貴俊    2年 中神文弘    2年 大久保陸人 2年 奈良凌介    1年 川澄克弥    1年 エースは、原選手ですかね。 それに続くのが下尾選手と谷川選手でしょうか あとは、予選会の選手が入ってくるでしょうね。 それじゃあ、区間予想をしましょう。 まず、2区は原選手でしょう。 全日本1区の区間18位を見ると心配になっちゃいますが(笑) 予選会ではチーム唯一の59分台前回は9区で10位でした。 やってくれると思います。 続いては、6区に鴇澤選手です。 前回この区間で区間8位と健闘しました。今回も期待しましょう。 5区は奈良選手 他に候補が思いつかなかったのもありますが、登りに強いと聞いています。 適性アリと見ました。 1区は、どうしましょうか? 経験者は、前回の新井選手くらいですが区間19位では、今回もってのは難しいかな~ 今回は、齋藤選手にしましょう。 一万mはチーム2番目のタイムですし ハーフも自己ベストを更新して今伸び盛りですから、この勢いに賭けます。 3区は、1年生の川澄選手です。 予選会チーム3位でしたし、全日本でも4区を任されました。 結果はイマイチでしたが、やってくれそうな気がします。 次の4区は、谷川選手 全日本8区を区間11位とまずまずの成績でした。 予選会もチーム内3位とこちらもよかったですからね。 期待したいです。 それじゃあ、次は7区ですが鈴木選手です。 全日本ではいい走りでしたので箱根でも引き続き好走を期待しましょう。 続く8区は、林選手です。 林選手も前回の経験者 前回は5区を走りましたが区間19位と大変な事になっちゃいました。 でも、登りには適性があると思いますので8区に起用します。 こちらも上尾で62分台を出したので調子は上向きです。 9区は、下尾選手 全日本と予選会共に良かったですからね復路のエース区間に置きたいです。 そして10区が北村選手です。 昨年も走っているので経験を活かして欲しいです。 という事で、区間配置はこうなりました。 1区 齋藤  諒  2年 2区 原  法利   3年 3区 川澄克弥  1年 4区 谷川貴俊  2年 5区 奈良凌介  1年 6区 鴇澤駿介  4年 7区 鈴木太基  4年 8区 林  日高   3年 9区 下尾一真  4年 10区北村一摩  4年 う~ん、予選会の成績はよかったけどここ数年本番では冴えませんからね 前半で流れに乗ればいいんでしょうけど 2区原選手に期待したいです。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①青山学院大の箱根駅伝予想記事はここです。【箱根駅伝2017】 青山学院大 全日本の振り返りと箱根への展望 関連記事②東洋大学も予想記事あります、ここからどうぞ【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③今一番読まれているのはこの記事です。【箱根駅伝2017】 4区と5区の距離が変更した件 ~~~~~~~~~~~~~~

      6
      3
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 日本体育大学 全日本振り返りと箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 日本体育大学 全日本振り返りと箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日は、日本体育大学です。出雲駅伝での6位を受けて全日本でも上位に食い込めるのか 期待されましたが、結果は13位と残念でした。 たまたま調子が合わなかったのだと思われます。 実力はありますからね。 それでは、全日本を振り返りましょう。 1区  冨安  央     区間13位   44:30    2区  小松巧弥    区間  6位   38:45 3区  辻野恭哉    区間  7位   27:58 4区  吉田亮壱    区間14位   42:36  5区  宮崎勇将    区間19位   36:39   6区  室伏穂高    区間11位   36:54  7区  小町昌矢    区間  1位   34:54  8区  小野木俊    区間15位  1:01:35  出雲駅伝に出た選手は、ことごとく調子が悪かったですね。 それでは、一人づつ見てみましょう。 1区、冨安選手ですが 区間13位ですからね、あと20秒良ければ、区間10位前後 それくらいなら合格点って感じですが 出雲でも3区8位ともう一息でした。 1区には少し厳しい結果でしょうね。 2区は小松選手でした。 出雲の1区区間賞から比べると区間6位はイマイチでしたが 区間3位に4秒差ですから、悪いなりによく粘りましたね。 本来なら区間賞を狙って欲しかったのですが。。。 順位を5つも上げましたからね役割は十分果たしたと思います。 続く3区は辻野選手区間順位は7位、 区間賞からは43秒遅れと微妙な結果でした。 でも、ここは出場して区間一桁だったということで十分でしょう。 箱根でもメンバー入り出来そうですね。 そして、4区が吉田選手でしたが区間14位で順位も落としちゃいました。 区間賞からは1分59秒遅れちょっと厳しい走りでした。 出雲では5区4位と良かったのにな~ 昨年も全日本で良くなかったですが箱根では8区5位と好走しましたので期待しましょう! 5区は宮崎選手区間順位は19位。。。 でも、区間賞からは1分32秒と大ブレーキってほどじゃないですが それにしても、一体何があったんだろ? そして、6区は室伏選手でした。 区間11位は微妙な感じです。もう一頑張りなんですよね~ こんなものか、という気もするし 出雲駅伝も4区で区間7位とこれまた微妙な空気を出してました(笑) ガツンと来るモノがないという印象です。 7区は小町選手見事な区間賞獲得でした。 駅伝での初めて区間一桁が区間1位ですからね。 コレで一気にブレークして欲しいです。 箱根で断然期待したくなりました。 そして、アンカーが小野木選手 区間15位で順位を2つ落として結局13位 ちょっと心配になるタイムと順位でしたね。 全体的には、あまりにも悪すぎて、箱根に向けてどう評価したらいいのか迷っています。 ただ、小町選手の復活はいいニュースでした。 逆にいうと、それくらいしかなかったとも言えますが。。。 それじゃあ、昨日もお知らせしましたが 上尾ハーフの結果はこちら 小松巧弥     1:02:04 吉田亮壱     1:03:02 秋山清仁     1:03:03 小野木俊     1:03:03 中川翔太     1:03:04 城越勇星     1:03:20 宮崎勇将     1:03:26 小町昌矢     1:03:37 室伏穂高     1:03:50 山本航平     1:03:51 三原卓巳     1:03:55 重松尚志     1:04:10 大手敬史     1:04:13 森崎拓海     1:04:14 住田優範     1:04:43 全日本でイマイチだった人が出てる気がします。 全員63分以内ですから心配しなくてよさそうです。 それでは、箱根駅伝への展望を見てみましょう。 まず、エントリー候補は 小松巧弥  4年 小野木俊  4年 秋山清仁  4年 大手敬史  4年 山本航平  4年 小町昌矢  3年 冨安  央   3年 吉田亮壱  3年 辻野恭哉  3年 城越勇星  3年 重松尚志  3年 宮崎勇将  2年 室伏穂高  2年 三原卓巳  2年 中川翔太  1年 山口和也  1年 廻谷  賢   1年 中心選手としては今シーズン絶好調の小松選手でしょう。 それに続くのが小町選手、吉田選手辺りでしょうか? あとは、 4年 小野木、秋山 3年 辻野、冨安、城越 2年 宮崎、室伏 1年 中川 あとは、大手選手、三原選手あたりもメンバー争いに加わるかも それじゃあ、区間予想をしましょう。 まず、6区秋山選手ここは間違いないですよね? 前回区間賞でしたから今回も区間賞いけそうです。 次は、1区ですが 小松選手に行って欲しいけどそうすると2区が心配なので小町選手にします。 前回も1区を走り区間11位ですし今回は区間一桁を狙って欲しいです。 そうすると、2区は小松選手でしょう。 現時点ではエースですからね 上尾ハーフでも62分04秒と素晴らしいタイムを出しました。 区間上位を狙えそうです。 3区は、中川選手です。 一万もハーフもタイムを伸ばして距離の心配は無さそうです。 そして、4区に吉田選手をもってきます。 前回は8区で区間5位と良かったのでついに往路デビューです。 私イケると踏んでいます。 5区は、室伏選手です。 前回は残念な結果(区間17位)でしたが 今回は、距離も短くなるし期待できそうな気がしています。 7区は辻野選手です。 6区が勢いをつけてくるのでその流れを受け継げる選手という事です。 8区には小野木選手です。 最近勢いを感じるのでやってくれるでしょう。 ちなみに、前回は10区7位とまずまずの走りでした。 期待しましょう。 そして、9区に冨安選手です。 復路の重要区間を任せたいですね。 全日本で1区を任されたように信頼度は上がっています。 最後10区は、宮崎選手です。 出雲、全日本と走っているのでどこかでは出場すると思います。 ただ、ここしか残っていませんでした。 それじゃあ、区間配置は 1区 小町昌矢  3年 2区 小松巧弥  4年 3区 中川翔太  1年 4区 吉田亮壱  3年 5区 室伏穂高  2年 6区 秋山清仁  4年 7区 辻野恭哉  3年 8区 小野木俊  4年 9区 冨安  央   3年 10区宮崎勇将  2年 なかなかいい感じに仕上がりました。これは期待できそうですね。 以上、日本体育大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      9
      6
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 速報 上尾ハーフの結果 好記録続出

      【箱根駅伝2017】 速報 上尾ハーフの結果 好記録続出 ど~も、太郎です。 今日は、本日開催された上尾ハーフの結果をお送りします。 好記録がたくさん出ました。 箱根駅伝に向けて盛り上がって 来ますね~ それでは、総合20位まではこちら 1位 武田凜太郎  早稲田大  1:01:59 2位 上田健太     山梨学院  1:02:01 3位 鬼塚翔太     東海大学  1:02:03 4位 小松巧弥     日体大     1:02:04 5位 相澤  晃      東洋大学  1:02:05 6位 平  和真      早稲田大  1:02:14 7位 鈴木洋平     早稲田大  1:02:16 8位 松尾淳之介  東海大学  1:02:17 9位 佐藤孝哉     山梨学院  1:02:28 10位櫻岡  駿       東洋大学  1:02:44 11位太田智樹      早稲田大  1:02:48 12位小田智哉      國學院大  1:02:49 13位林  日高       大東文化  1:02:54 14位永戸  聖       山梨学院  1:03:01 15位吉田亮壱     日体大      1:03:02 16位秋山清仁     日体大      1:03:03 17位髙田凜太郎  東海大学   1:03:03 18位小野木俊     日体大      1:03:03 19位佐藤  淳      早稲田大   1:03:04 20位中川翔太     日体大      1:03:04 13位までが62分台と、こりゃあ良すぎですね(笑) さすがにこれは。。。割り引いて考える必要がありそうです。 それにしても、1年生の活躍が目立ちます。62分台が4人ですからね。箱根が楽しみです。 それでは、大学別に見てみましょう 早稲田大学 武田凜太郎  1:01:59 平  和真      1:02:14 鈴木洋平     1:02:18 太田智樹     1:02:48 佐藤  淳      1:03:04 清水歓太     1:03:08 井戸浩貴     1:03:25 藤原滋紀     1:03:38 光延  誠      1:03:44 今井開智     1:04:44 上位3人は、順調そうですね。 実力的にもこの順番でしょうけど、 やはり、武田選手が一番強よそう。平選手と鈴木選手は差がなさそうですね。 1年生太田選手の62分台はいいっすね~ 井戸、藤原、光延選手はまあまあ 佐藤選手の63分04秒をみて安心しました。 山梨学院大 上田健太     1:02:01 佐藤孝哉     1:02:28 永戸  聖      1:03:01 小山祐平     1:03:54 熊代拓也     1:03:57 藤田義貴     1:04:05 片岡優人     1:04:07 久保和馬     1:04:20 上田選手と佐藤選手はいいですね。 永戸選手の記録もビックリです。2年生が調子を上げてきましたね 久保選手もいいですが、でも、もう一息かな~ 東海大学 鬼塚翔太     1:02:03 松尾淳之介  1:02:17 髙田凜太郎  1:03:03 春日千速     1:03:10 湯澤  舜      1:03:22 郡司陽大     1:03:34 宮本甲斐     1:03:41 林竜之介     1:03:53 垂水  隆      1:04:09 中園誠也     1:04:15 島田良吾     1:04:27 小林和弥     1:04:32 鬼塚選手は、来ましたね~ジュニア歴代2位らしいです。 松尾選手のタイムもいいですね。髙田選手もあと一息で63分切り 1年生の頑張りが光りました。 それから、一番うれしいニュースは春日選手が自己ベストの63分10秒 もしかして、箱根に間に合うかも 郡司選手もよかったです。 日本体育大 小松巧弥     1:02:04 吉田亮壱     1:03:02 秋山清仁     1:03:03 小野木俊     1:03:03 中川翔太     1:03:04 城越勇星     1:03:20 宮崎勇将     1:03:26 小町昌矢     1:03:37 室伏穂高     1:03:50 山本航平     1:03:51 三原卓巳     1:03:55 重松尚志     1:04:10 大手敬史     1:04:13 森崎拓海     1:04:14 住田優範     1:04:43 日体大も大騒ぎになっています。 自己ベストを更新していない選手を 探すのが難しい程です(笑) 中でも、駅伝シーズン好調を保っている小松選手がまたもや好記録です。 63分前半の選手も数多くおり日体大としては、充実したレースになりました。 この勢いを箱根まで保って欲しいです。 東洋大学 相澤  晃      1:02:05 櫻岡  駿      1:02:44 小早川健     1:03:04 竹下和輝     1:03:30 堀  龍彦      1:03:46 牧浦聖士     1:03:51 中尾聡志     1:03:53 菅原有聖     1:04:38 相澤選手が凄い記録を出しチームのトップになっちゃいました。 これは、箱根がたのしみです。 櫻岡選手も自己ベストですので悪くないです。 後の選手も全員が自己ベスト 中でも、堀選手の復活は東洋大にとっていいニュースですね。 中央学院大 横川  巧      1:03:05 市山  翼      1:03:31 福岡海統     1:03:47 藤田大智     1:04:00 伊藤  翼      1:04:27 藤花尚之     1:04:28 箱根でメンバ―入りを目指す選手が数多く出場しました。 中でも、横川選手は好タイムでしたね。これは、イケるかも 駒澤大学 高本真樹     1:03:25 中村佳樹     1:03:38 堀合大輔     1:03:54 中村大聖     1:04:07 紺野凌矢     1:04:21 山下一貴     1:04:44 他の大学に比べると、若干地味です(笑) 堀合選手と中村大聖選手はこれで距離の心配がなくなりました。 メンバー争いに加わりそうです。 明治大学 田中龍太     1:03:41 竹山直宏     1:03:57 この2人はエントリー入り出来そうですね。 ついでに、世田谷246ハーフの結果も 青山学院大 鈴木塁人     1:02:55 吉永竜聖     1:03:36 林  奎介      1:03:52 池田生成     1:03:53 吉田祐也     1:03:55 山田滉介     1:04:04 秋山雄飛     1:04:50 近藤修一郎  1:05:03 富田浩之     1:05:19 橋詰大慧     1:05:37 茂木亮太     1:05:49 田村健人     1:05:54 橋間貴弥     1:06:51 下田裕太     1:07:41 安藤悠哉     1:07:41 上尾ハーフよりタイムが出にくい 世田谷で62分台を出した鈴木選手は1区いけそうですね。 吉永選手もメンバー入りが近づいた気がします。 池田選手はボチボチですが 秋山選手はどうなんだろ?って感じです。 吉田選手も順調かも 駒澤大学 西山雄介     1:03:08 下  史典      1:04:01 廣瀬  匠      1:04:47 板橋賢吾     1:05:45 山口優樹     1:05:56 佐々木聖和  1:06:21 西山選手は、いいですね 下選手はもう一頑張りして欲しいところでしたね。  以上、上尾ハーフの結果でした。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      12
      9
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 明治大学 全日本の結果と箱根の展望

      【箱根駅伝2017】 明治大学 全日本の結果と箱根の展望 ど~も、太郎です。 久しぶりに、戻ってきました今日は明治大学です。 今年は、予選会に出場しての全日本でしたが 結果は残念ながら11位 このスケジュールは、なかなか難しいみたいですね。 それでは、全日本の結果を見てみましょう。 1区  阿部弘輝    区間17位    45:14 2区  江頭賢太郎 区間14位    40:09 3区  三輪軌道    区間11位    28:17 4区  末次慶太    区間11位    42:19 5区  中島大就    区間3位      35:26 6区  的場雄太朗 区間4位      36:10 7区  磯口晋平    区間10位     35:34 8区  藪下響大    区間8位    1:00:10 いくら予選会が終わってすぐとは言え1区から4区までは壊滅状態ですね。 救いは、5区と6区でしょうか それでは、順に見てみましょう。 1区は1年生の阿部選手 昨年の坂口選手の再現を狙ったんですがあえなく玉砕でした。 ただし、トップとは1分40秒離されましたが東海大、中央学院大辺りとは1分ちょっとの差でしたので、 まだまだの望みはありました。 でもまあ、箱根の1区は難しいでしょうね 2区は江頭選手ここでも区間14位と浮上できませんでした。 区間賞の田村選手からは2分02秒差となかなか厳し結果となりましたね。 1区が遅れただけにここでの踏ん張りが欲しかったのですが。。。 順位は一つ上がって16位でした。 3区は、1年生の三輪選手でした。区間順位は11位 区間賞は同じく1年生の東海大舘澤選手でしたが、1分02秒遅れ しかし、区間5位からは33秒差とそこまで悪くない印象です。 順位も3つ上げて13位でした。 少々レベルの低い話の気もしますが(笑) 続いて4区は末次選手です。 ここも区間11位と残念な結果でした。区間賞からは1分42秒遅れ 末次選手も区間6位の東海大石橋選手とは28秒遅れですから、 まあまあなんでしょうか? 5区は、これまた1年の中島選手なんと区間3位でした! 区間2位だった新迫選手には及びませんでしたが、大健闘だったと思います。 同じ世羅高校出身ですが、中島選手の方が駅伝では強かったですからね。 箱根が非常に楽しみです。 6区は的場選手でした。区間4位とよかったですね。 区間3位の早稲田藤原選手との差がわずか6秒ですから 非常にいい走りだったと思います。 4年生にして初めての駅伝出場でしたがこれは、箱根に向けて期待できそうです。 7区は磯口選手でしたが区間10位とまあまあの結果でした。 一万mではチーム内6位とトラックではいいタイムを持っていますが 駅伝では出場機会がなかったですからね。 予選会でもチーム8番目でしたしメンバ―入りしそうです。 そして、8区は藪下選手区間8位とこちらもまずまずです。 昨年は、区間9位でしたので順位は一つ上げました。 贅沢ですけど、区間5位くらいを期待していたんですけどね。 でも、まあまあの結果でしょう。 全体的には、1区が17位で始まったにも関わらず、 最終的には11位にまで順位を上げてきたことからわかるように 実力はあるんですけどね。 前回の箱根駅伝でも同様でしたが前半で躓くとうまくいきません エースの坂口選手の欠場が痛いのはわかりますが、相変わらずというか。。。 明治大学らしいなと思いますが(笑) 続いては、箱根駅伝予選会の結果ですが こちらです。 21位 江頭賢太郎  4年 1:00:22 25位 籔下響大     4年 1:00:26 35位 阿部弘輝     1年 1:00:38 37位 末次慶太     3年 1:00:41  38位 射場雄太朗  4年 1:00:41 43位 中島大就     1年 1:00:46  47位 磯口晋平     3年 1:00:53   69位 三輪軌道     1年 1:01:13  74位 吉田  楓      4年 1:01:17  75位 皆浦  巧      3年 1:01:20  80位 東島清純     2年 1:01:27 124位竹山直宏    2年 1:02:01 結局、上位8人がそのまま全日本に出場したので、 予選会の結果は、もはや参考にならない気がします。 それでは、箱根駅伝のエントリー候補ですが 吉田  楓      4年 藪下響大     4年 江頭賢太郎 4年 的場雄太朗 4年 磯口晋平     3年 末次慶太     3年 皆浦  巧      3年 坂口裕之     2年 田中龍太     2年 東島清純     2年 竹山直宏     2年 角出龍哉     2年 阿部弘輝     1年 三輪軌道     1年 中島大就     1年 河村一輝     1年 斉藤寛明     1年 ここ辺りでしょうかこれで17名ですが、下級生が中心です。 エースは坂口選手でしょうが故障が長引いていて姿が見えません。 しかし、坂口選手を欠いて箱根を戦うのは厳しいと思われます。 何とか復活して欲しいですね。 中心となるのは、予選会に出場した選手でしょう。 4年 藪下、江頭、的場 3年 末次、磯口 2年 東島、竹山 1年 中島 阿部、三輪 ここに、吉田、皆浦、田中選手辺りに1年生が絡んでくる感じでしょうか。 人数的には足りていますよね。 レベル的には微妙な感じですが それでは、区間配置を予想します。 まず、坂口選手をどうするのか?が問題になってきます。 私は、ギリギリ間に合うと予想してます。 ですが、1区や2区では使いづらいので3区にします。 1区は、中島選手にします。 上級生に任せられる選手がいないのもありますが、 中島選手の駅伝力にここは賭けます。 問題は2区です。 予選会でトップだった江頭選手にしましょう。 4区には末次選手ですね。 全日本でも主要区間の4区でしたからね信頼度が上がっている証拠です。 区間10位以内なら十分ですのでそれなら何とかなるのかなと思います。 5区は、藪下選手がリベンジです。今回こそは区間上位を狙って欲しいです。 前回は、悪夢の区間20位でした。 しかし、今回は大丈夫区間5位くらいはいけると思います。 6区は、阿部選手です。 予選会で、長い距離も走れることがわかりました。 スピードを活かして欲しいです。 7区は、磯口選手ですね。 全日本でも7区を無難に走りましたうまく繋いでくれそうです。 8区には、吉田選手 前回は、この区間を走り区間8位とまずまずの成績でした。 今回はもう少し順位を上げられれば良いんですが 期待しましょう。 9区は的場選手です。 予選会、全日本と調子がいいのでその勢いを箱根でも見せて欲しいです。 前回の齋田選手は区間4位でした。 的場選手にもここら辺を狙って欲しいですね。 そして10区は、皆浦選手です。 ここだけが決め手がありませんでした。 ハーフのタイムで決めました。チームで4番ですからね。 ということで、区間配置はこうです。 1区 中島大就     1年 2区 江頭賢太郎  4年 3区 坂口裕之     2年 4区 末次慶太     3年 5区 藪下響大     4年 6区 阿部弘輝     1年 7区 磯口晋平     3年 8区 吉田  楓      4年 9区 射場雄太朗  4年 10区 皆浦  巧     3年 現実的には、3区坂口選手はアテにしてはいけないと思うので無難な3区に配置しました。 もしくは7区でしょうか? ダメだった場合でも 東島、竹山、三輪、田中など交代がいますからね。 全体的には、上位争いするには厳しい戦力ですね。 以上、明治大学でした それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①東海大学の箱根駅伝予想記事はこちら【箱根駅伝2017】 東海大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事②箱根駅伝の予想記事 東洋大学はここです。【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③今、一番読まれているのはこの記事です。【箱根駅伝2017】 4区と5区の距離が変更した件 ~~~~~~~~~~~~~~

      7
      8
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 【高校駅伝2016】 早稲田大スポーツ推薦の結果とかいろいろ

      【高校駅伝2016】 早稲田大スポーツ推薦の結果とかいろいろ ど~も、太郎です。 久しぶりに高校駅伝の話題を書いてみようかと思っています。 まず、先程キャッチした 早稲田大学競争部スポーツ推薦の合格者について少し 競争部全体でこの8名です。 伊東利来也  成田高  小久保友裕  桜丘高 小山佳奈     橘高 渕田拓臣     桂高 南山義輝     小倉東高 村木渉真     千種高 森田将平     修道高 吉田  匠       洛南高 駅伝部門に関係するのは 渕田拓臣     桂高 森田将平     修道高 吉田  匠      洛南高この3人だと思われます。 詳しく紹介しますね。 まず、洛南高校の吉田選手は五千mの自己ベストが14分29秒28 洛北高校のキャプテンを務めています。インターハイ3000mSC3位でした。 高校駅伝京都予選では、洛南高校が優勝 吉田選手は、4区を走り区間賞を獲得 しました。 続いては、同じく京都の桂高校の渕田選手です。 五千mの自己ベストは14分27秒 京都予選では桂高は惜しくも2位でしたが、淵田選手は3区を走り区間賞を獲得しました。 インターハイでは3000mSC予選敗退 3人目の修道高校森田選手です。 五千mの自己ベストは不明ですがインターハイには3000mSCで出場予選敗退でした。 高校駅伝広島予選では、1区を走り区間8位 五千m13分台の選手とかいないんでしょうかね? ちなみに去年は 大木皓太  成田高 太田智樹 浜松日体高 新迫志希 世羅高 でしたから、今年は何だか派手さに欠ける印象ですね。  続きましては、 高校駅伝都道府県予選の結果です。 全国トップタイムで予選を通過したのが岡山県の倉敷高校です。 タイムは、2時間05分38秒 全区間で区間賞を獲得する圧勝でした。 1区 畝  拓夢   3年 30:26 2区 若林大輝  3年 08:29 3区 ムァゥラ    3年 23:06 4区 前田舜平  3年 24:16 5区 宍戸来嘉  1年 09:13 6区 北野太翔  2年 15:06 7区 名合治紀  2年 15:02  昨年優勝した世羅高校も広島県を制しました。 タイムは2時間06分55秒と まずまずでしたね。 ちなみに、昨年のタイムは 2時間03分26秒 さすがにここには届かないな~ こちらも区間賞を独占しました。 1区 吉田圭太     3年  29:58 2区 前垣内皓大  1年  09:09 3区 グレ            2年  23:20 区間新 4区 長嶺龍之介  3年  24:22 5区 愼  颯斗      2年  09:10 6区 幟立晃汰     2年  15:23 7区 梶山林太郎  1年  15:33 もう一校注目のチームがあります。 それは、長野県の佐久長聖高 長野予選の結果はもちろん1位優勝タイムは2時間06分00秒 大会記録が2時間04分56秒ですから まあまあのタイムでした。 区間賞も独占しました。 1区 名取燎太  3年  29:38 区間新 2区 松崎咲人  1年  08:34 3区 相馬崇史  3年  24:55 4区 内田  光   3年  24:41 5区 中谷雄飛  2年  08:14 区間新 6区 本間敬大  2年  14:50 7区 高木航志  2年  15:18 佐久長聖高が一躍注目チームになったのは、 五千m上位7名の平均タイムがダントツトップになったからです。 それまでは、まあまあのタイムでしたが 先日の日体大記録会で13分台が一気に2名出たことで突き抜けちゃいました。 そのタイムは、14分12秒です。 倉敷高校は14分21秒世羅高校は14分23秒 ですから飛び抜けたタイムなのがわかります。 ちなみに、現在高校生の13分台は 遠藤日向    3年 学法石川  13:48:13 吉田圭太    3年 世羅高校  13:50:67 名取燎太    3年 佐久長聖  13:52:61 西山和弥    3年 東農大二  13:54:16 大森龍之介 3年 佐野日大  13:54:25 中谷雄飛    2年 佐久長聖  13:54:65 加藤  淳     3年 西脇工業  13:59:03 神林勇太    3年 九州学院  13:59:14 この8人です。 佐久長聖は、この2人以外にも1年生の松崎選手も14分11秒などタイムを一気に上げてきました。 ちなみに、その7人のタイムはこちら 名取燎太  3年  13:52:61 中谷雄飛  2年  13:54:65 本間敬大  2年  14:09:87 松崎咲人  1年  14:11:48 内田  光   3年  14:21:17 相馬崇史  3年  14:28:30 丸山幸輝  2年  14:29:31 倉敷高校に十分対抗できそうです。 しかしまあ、今年より来年の方が楽しみな気がしますが(笑)  以上、最近の高校駅伝のニュースをお送りしました。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      9
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 4区と5区の距離が変更した件

      【箱根駅伝2017】 4区と5区の距離が変更した件 ど~も、太郎です。 最近、箱根駅伝の予想をしていて気になっていた 4区と5区の距離が変更になった件 について書いてみます。 ちなみに、私が予想した青山学院のオーダーはこちら 1区 下田裕太    3年  2区 一色恭志    4年 3区 森田歩希    2年  4区 田村和希    3年 5区 吉田祐也    1年  6区 小野田勇次 2年  7区 茂木亮太    4年  8区 池田生成    4年 9区 中村祐紀    3年 10区 安藤悠哉  4年 こういう風にオーダーを決める時に頭を悩ませたのは、4区と5区でした。 今までは、 4区が短くて、その分5区が長い という距離構成でしたが、 2006年からですから、約10年ぶりに元の距離に戻りました。 こうなると、問題になるのは4区と5区の重要度が変わることです。 今までは、5区は最重要区間って位置づけでしたが 今回の変更で、 4区の重要度がどこまで上がり5区の重要度がどこまで下がるのか? ここの見極めが勝負の分かれ目になりそうです。 で、ここで言う重要度とは 「どれだけタイム差が稼げるか」ということです。 区間の距離や難易度により タイム差がつきやすい区間とつきにくい区間がある訳です。 その典型が、今までの5区ですよね。 青山学院の神野選手みたいにずば抜けた戦力を持っていれば 1区間で5分でも逆転可能だったりします。 逆に、1区や2区で5分を逆転するのはほぼ不可能です。 まあ、コンデションや順位など条件はいろいろとあるんでしょうけど 差がつきやすいところに強い選手を配置して対策する これは当然の戦略です。 それが、2区にエースが集まるようになった要因ですし、5区も同じですよね。 しかし、コレってホントなのか? 客観的に確かめてみたいと思い、あるデータを出してみました。 それは、区間ごとの1位と10位のタイム差のデータです。 統計的に差がつきやすい区間に 強い選手を配置出来れば大きなアドバンテージを得られているはずと推測しました。 距離が変更になった2006年以降は 2008年が1区 0:17 2区 3:18 3区 1:42 4区 1:17 5区 4:29 2012年は1区 1:10 2区 1:54 3区 2:18 4区 1:46 5区 5:51 この様に、4区のタイム差が少なく5区が大きいのがわかります。 これに対して、2006年以前では 2002年が1区 0:22 2区 1:31 3区 2:40 4区 3:13 5区 5:33 2005年は1区 0:33 2区 2:11 3区 2:15 4区 2:38 5区 4:41 2000年以降に顕著な傾向がありまして 1区は全く差がつかない2区は差が激しくて3区~5区は3区<4区<5区の順で差が大きく特に5区は3分以上の差がつく というパターンでした。 やはり、4区が重要区間なのは間違いないようです。 じゃあ、どれくらい重要なのか?ですけど、 3区と比較してみると 3区では、2000年以降2016年までにで3分以上の差が付いたのはわずか2回ですが 4区では、2005年までの6大会で2度もあります。 それ以前には4分や5分という大差がついたこともあるんですよね。 この結果を見ても、4区は差がつきやすい区間だというのはわかります。 という事は、 エース級を投入すれば、他のチームに大差をつけられる可能性が高いことになります。 ただし、他のチームも同様に考えると 2区で大差が付きにくいように同じ現象が起こることになります。 そして、忘れてはならないのは5区です。 4区以上に差がつきやすいという事実は間違いありません。5分とか6分もの大逆転とかは不可能としても依然として難易度は高いのは変わりません。 距離が短くなりましたが、相変わらず厳しい区間という事ですね。 全体的にみると、 「負担が増えた」これが私の印象です。 とりあえず、前回までの3区と4区レベルの選手を選んで入れ替えちゃえばいいんじゃないの では通用しないって事です、 往路に強い選手をもう一人追加する必要が出た訳です。 となると、有利なるのは選手層が厚いチーム このルール改正は、青山学院などの上位チームほど優位になる気がします。 冒頭の青山学院のオーダーを再び見てみましょう。 1区 下田裕太    3年  2区 一色恭志    4年 3区 森田歩希    2年  4区 田村和希    3年 5区 吉田祐也    1年  6区 小野田勇次 2年  7区 茂木亮太    4年  8区 池田生成    4年 9区 中村祐紀    3年 10区 安藤悠哉  4年 もし、前回までのままなら 5区には下田選手とか配置したかも例えば区間配置は 1区 鈴木 2区 一色 3区 田村 4区 森田 5区 下田 こんな感じかもしれません。安心感がありますよね。 しかし、今回は 4区の重要度が増したため田村選手級を4区に入れたいですね 難易度が少し下がった5区には登りが得意な選手で対応します。 でも5区はやはり不安ですので保険をかける意味で、1区には下田選手を配置して出遅れを防ぎます。 青山学院でさえ、5区がどうなるのか不透明ですから 他のチームが青山に対抗しようとしたら往路に戦力を注ぎ込まないといけません そうすると、復路が手薄になっちゃいます やはり、今回の区間変更によりタイム差は拡がる気がしますね。 それじゃあ、駒澤大のように 5区に計算できる選手がいればどうなるのか?ですけど 駒澤大学の予想オーダーは 1区 中谷圭佑  4年 2区 工藤有生  3年 3区 片西  景   2年 4区 下  史典   2年 5区 大塚祥平  4年 6区 浅石祐史  4年 7区 西山雄介  4年 8区 伊勢翔吾  2年 9区 高本真樹  3年 10区 中村佳樹  4年 距離が以前のままの場合なら 1区 中谷 2区 工藤 3区 下 4区 片西 5区 大塚 こんな感じですので往路に関しては不安がなく 青山学院に対しても十分対抗出来そうな気がします。 しかし、距離が変更になったため上記のオーダーとなったんですが 5区の負担が楽になったのなら「大塚選手を平地に移せばいい」という意見もありそうですが そうすると 1区 中谷 2区 工藤 3区 下 4区 大塚 5区 誰か って感じになります。 こうなると、5区のリスクは急上昇です。 大塚選手のように実績があれば 距離が短縮されたとはいえ5区に配置して、ここで差をつける方向性が自然です。 そうすると、3区は不安だし 4区も大塚選手ほどの信頼感はないので不安要素になっちゃいます。 しかし、3区を強化しようとすると復路に戦力が残りません。 この様に、駒澤大学であっても距離変更は、リスクが増えるという結果になります。 以上、4区5区距離変更についてでした。 見る方からしたら見所が増える訳ですからね 各チームがどういう戦略で来るのか楽しみで仕方ないです(笑) それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①青山学院大学の箱根駅伝予想記事はこちらです【箱根駅伝2017】 青山学院大 全日本の振り返りと箱根への展望 関連記事②箱根駅伝予想記事 駒澤大学はここからご覧ください【箱根駅伝2017】 駒澤大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③早稲田大学も箱根予想記事あります。【箱根駅伝2017】 早稲田大学 全日本の結果と箱根への展望 ~~~~~~~~~~~~~~

      9
      16
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 順天堂大学 箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 順天堂大学 箱根への展望 ど~も、太郎です。 きょうは、順天堂大学です。 全日本大学駅伝は予選敗退して出場できませんでしたが、 出雲駅伝には出場して7位とまずまずの成績でした。 それじゃあ、 とりあえず出雲駅伝の結果を振り返ってみましょう。 1区 西澤卓弥  区間8位   23:38 2区 栃木  渡   区間7位   17:21 3区 塩尻和也  区間2位   24:51 4区 金原弘直  区間10位 18:12 5区 野田一輝  区間6位   18:09 6区 作田直也  区間7位   30:56 総合成績は7位でしたが、 4位の中央学院大との差は59秒ですから、結構混戦でした。 取っとしたミスが順位とタイム差を生んだと思います。 まあ、距離の短い出雲ですから難しいですよね。 1区の西澤選手は区間8位でしたがトップとは15秒差と合格点でした。 2区の栃木選手はその逆で区間7位でしたが、区間賞からは57秒遅れと、今一つの出来でした。 まあ、順位も2つ上げているし悪くないけど もう少しの頑張りが欲しかったです。 3区の塩尻選手は区間2位でした。 区間賞とは1秒差でしたので文句ない走りでしたね。 順位は2つUPしました。ここまでは順調でした。 続く4区は金原選手でしたが惜しくも区間10位 7位まで落ちちゃいました。 でも、区間賞からは38秒差とそこまで落ち込んではないですが やはり、17分台じゃないと順位を落としてしまいますね。 5区は、ルーキーの野田選手ですが区間6位と上々の出来でした。 そして、アンカーは作田選手区間7位とまずまずの成績でしたが タイムは31分をギリギリ切った位あまりいい走りではなかったです。 後ろの順位のチームはさらにタイムが悪く、 追い上げられることがなかったのはラッキーでした。 続きましては、10月16日の高島ロードも振り返ってみましょう。 結果は、 1位  塩尻和也    0:59:36 2位  西澤卓弥    0:59:48 3位  作田直也    1:00:20 6位  花澤賢人    1:00:50 11位 金原弘直    1:01:07 12位 栃木  渡     1:01:13 14位 聞谷賢人    1:01:41 15位 甲斐智樹    1:01:42 25位 中村陵介    1:02:21 33位 山田  攻     1:02:42 40位 亀山隼吾    1:02:53 42位 吉岡幸輝    1:03:11 47位 馬場ス・恵   1:03:25 49位 山下智貴    1:03:27 51位 小畠隆太郎 1:03:29 52位 野田一輝    1:03:34 出雲駅伝の翌週にも関わらずトップ3を独占したし、なかなかの結果でした。 この3人は力がありますよね。 あと、20位以内くらいまでは順調そうです。 その他にも、11月12日に行われた日体大競技会でも好記録がでました。 10000m塩尻和也  28:42:96 栃木  渡   28:44:38 PB 西澤卓弥  29:08:75 PB 作田直也  29:26:15 PB 栃木選手がようやく28分台に入りました。素晴らしい記録です。 西澤選手、作田選手も自己ベスト この4人が今期の中心なのは間違いないでしょう。 それじゃあ、箱根駅伝の予想に移りますが まず、エントリー候補は 西澤卓弥 4年 森  湧暉   4年 聞谷賢人 4年 作田直也 4年 甲斐智樹 4年 栃木  渡   3年 花澤賢人 3年 城西  廉   3年 塩尻和也 2年 馬場ス恵 2年 吉岡幸輝 2年 金原弘直 2年 江口智耶 2年 難波皓平 1年 野田一輝 1年 橋本龍一 1年 これで16人ですが、ギリギリ揃ったって感じでしょうか 中心選手は、 エースの塩尻選手と4年の西澤、作田、聞谷の3選手に栃木選手を加えた5人でしょうね。 あとは、復活が待たれる花澤選手が回復してくれるといいのですが こちらは期待しないで待ちましょう(笑) この5人続くのが森選手辺りでしょうけど その後は、出雲を経験した金原選手と野田選手くらいで あとは、横一線でしょう。 それじゃあ、区間配置してみましょう。 まず、2区に塩尻選手は決まりですね。 今回はどんな走りをしてくれるのかすごく楽しみです。 1区も前回の経験者西澤選手がいます。 区間一桁を期待しましょう。好調なので大丈夫じゃないかと思っています。 それから、5区には栃木選手ですね。 前回は4区で区間3位と素晴らしい走りでしたので、今回も期待しましょう。 続く6区にも前回の経験者がいます6区は森選手でしょう。 過去2年は区間2桁に終わっていますので今度こそ区間1桁を期待しましょう。 それから、作田選手は9区でしょう 前回は10区で区間2位と好成績でした。復路のエース区間を任せましょう。 10区は、聞谷選手ですね。 過去2回経験していて、共に区間一桁と安定していますので、期待できますね。 8区には、前回も走った甲斐智選手です。今度こそ区間1桁で走ってくれそう。 残りは、3区、4区、7区ですが、 7区に花澤選手を使いましょう。 そろそろ復活してもいい頃です。 高島ロードの結果を見てもケガとかじゃなさそうなので大丈夫でしょう。 ダメなら、吉岡選手です。 その次は4区4区は金原選手です。 昨年から期待されていますからねそろそろ凄い走りを見せて欲しいです。 最後3区は、1年生の難波選手です。 ここは、完全に好みです(笑) 期待を込めてここに入れてみました。 それでは、区間配置はこうなります。 1区 西澤卓弥  4年 2区 塩尻和也  2年 3区 難波皓平  1年 4区 金原弘直  2年 5区 栃木  渡   3年 6区 森  湧暉   4年 7区 花澤賢人  3年 8区 甲斐智樹  4年 9区 作田直也  4年 10区 聞谷賢人  4年 3区と4区を乗り越えれば前回同様の成績が見込めそう 7区は期待を込めての起用ですが 花澤選手が復活すると面白くなりそうです。 他にも、江口選手、野田選手、馬場選手辺りも使ってみたいですが 距離に適応できるかがネックですね。 まあ、まだ時間があるので ハーフなどで好記録を出せば3区、7区あたりに入ってきそうです。 以上、順天堂大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①山梨学院大の箱根駅伝展望と区間予想記事はこちら【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事②箱根駅伝予想 東洋大学はこちらです。【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③東海大学の箱根区間予想記事はここです。【箱根駅伝2017】 東海大学 全日本の結果と箱根への展望 ~~~~~~~~~~~~~~

      7
      7
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 東海大学 全日本の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 東海大学 全日本の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 ついに来ましたよ!今日は東海大学です。 出雲では大健闘の3位から一転全日本ではまさかのシード落ち 7位に沈んでしまいました。 いろいろと事情は聞いていますが 「シード落ちはね~だろ!」というのが第一印象でしたね。 まあ、それは置いといて 全日本の結果を見てみましょう。 1区  鬼塚翔太    区間10位 44:09 2区  川端千都    区間13位 40:08 3区  舘澤享次    区間1位   27:15 4区  石橋安孝    区間6位   41:51 5区  高田凜太郎 区間5位   35:29 6区  國行麗生    区間2位   35:54  7区  羽生拓矢    区間14位 35:53  8区  林竜之介    区間9位 1:00:16 前回の箱根駅伝の再現か?と思うほど、 途中までの展開が似ていました。 スタートで出遅れて、2区で追い打ちを掛けられるみたいな。。。 選手が揃わなかったのでしょうがちぐはぐな戦いでしたね。 一応1区から振り返ってみます。 1区の鬼塚選手ですがトップから35秒差の区間10位でした。 途中苦しそうでしたが、よく粘ったと思います。 出雲の再現を願っていたので少し期待外れの感がありますが このくらいのレベルなんでしょう。 大きく遅れずに、走り切ったところを評価したいです。 続く2区は川端選手でした。 結果は、区間13位で区間賞からは2分01秒遅れ 順位も13位まで後退です。 調子は上向いていたと感じられたのでここまで悪いのは意外でした。 体調不良を押して出場したんなら救いがありますが 万全で走ってこの成績だったら不安しか残りませんね。 3区は舘澤選手 見事な区間賞でしたね。 13位まで落ちた順位を8位まで急上昇させました。 これで箱根駅伝での期待度が急上昇しました。 4区は石橋選手でしたが 区間6位と微妙なところでした。 区間賞を獲得した早稲田永山選手から1分14秒差と離されましたからね 1人抜いたけど、一人に抜かれ結局、順位はキープ出来ました。 そして、5区は髙田選手 区間5位でしたが、区間3位との差がわずか3秒でしたので内容的にはよかったと思います。 しかし、区間7位には11秒しか差を広げられないなど 混戦状態だったので順位は変動なしでした。 続く6区は、國行選手ですが区間2位と素晴らしい走りでした。 順位を2つ上げて6位とようやくシード権内に入りました。 区間1位とは15秒差でしたのでさすがの走りを見せてくれました。 箱根が楽しみです。 7区は、羽生選手まさか走るとは思いませんでした。 ギリギリのメンバーだった様ですので万全な状態ではなかったんでしょう 区間14位と苦しい走りになりました。 ここで順位を一つ落として再びシード圏外です。 そして、アンカーは林選手 区間9位でした。 6位東洋大学の山本選手が区間4位の好走でしたからさすがに届きませんでしたね。 全体的にみると、 前半で沈んでしまうと浮き上がるのが大変だって事ですね。 まあ、当たり前のことですが。。。 区間5位以内が3区間だけで区間二ケタが3区間でしょ まあ、当然の結果でしょうね。 今やエースと言っていい關選手の欠場は大きかったですね。 恐らく2区を走る予定だったんでしょう。 關選手でジャンプアップを狙いたかったけど、 欠場により逆に大幅ダウン。ここで計算が狂いました。 前にも言いましたけど、今回は、走る以前の勝負で負けですよね。 ケガや不調で選手が欠けるのは理解できますけど 風邪を代表とする感染症が蔓延して選手が揃えられないのは チームマネジメントの甘さが原因です。 そういう、ベースとなる事さえできないとなると、この先が不安で仕方ないです。 まあ、いいや続けましょう。 それじゃあ、エントリー候補ですが多過ぎて選べませんね(笑) 廣田雄希     4年 石橋安孝     4年 林竜之介     4年 土屋貴幸     4年 川端千都     3年 春日千速     3年 國行麗生     3年 阿部敬明     3年 湊谷春紀     2年 湯澤  舜      2年 三上嵩斗     2年 關  颯人      1年 鬼塚翔太     1年 舘澤享次     1年 髙田凜太郎  1年 松尾淳之介  1年 中島怜利     1年 郡司陽大     1年 羽生拓矢     1年 西川雄一郎  1年 阪口竜平     1年 まだまだ居そうですけど これくらいにしておきます。 これまでの実績と今シーズンの駅伝の成績から 中心となるのは 4年 廣田、石橋、林 3年 川端、國行 2年 湊谷、三上 1年 關、鬼塚、舘澤 この10人でしょうね。 ただし、上級生の調子が全く上がっていませんのでメンバー選考は不透明です。 他にも、 調子が上がらない春日選手1万mで自己ベストを出した湯澤選手 あとは、1年生が多数です(笑) 山の人選も絡んでくるのでエントリー16人さえ予測不能です。 ですけど、区間予想しますよ(笑) まず、決まっている区間から1区は鬼塚選手でしょう。 出雲、全日本で走りましたのでそのまま箱根でも1区に入ると予想します。 区間順位は問いませんから先頭集団から30秒以内をキープ これ、希望します。 そして、2区は關選手でしょう。 68分前後で5位辺りで走ってくれたら上出来でしょう。 3区は廣田選手です。 今シーズンは、未だ駅伝での出番がありませんが、 箱根には合わせて欲しいですね。 2年連続3区を走っているので期待したいです。 そして4区が國行選手 全日本では好調でしたのでこのまま維持して行って欲しいです。 5区には舘澤選手です。 本来なら春日選手とか湊谷選手が5区を走り、 舘澤選手は4区を走って欲しかったのですが それだと5区が心配過ぎて具合が悪くなりそうなので(笑) 自信を持って任せられる舘澤選手を注ぎ込みます。 続いては復路です。 まず6区には中島選手ですね。 先日の20キロで長い距離にも対応できることがわかりましたし 下りに強そうなので大丈夫でしょう。 楽しみな区間の一つです。 そして、7区が川端選手 コンデションさえよければ区間上位で走れます。 区間賞を狙って欲しいですが、ここまでの流れを見ると絶好調まで回復するのは難しいかも それでも区間5位以内なら可能だと思います。 8区は、湊谷選手です。 川端選手同様に、不安がつきまといます。流れに乗れていない感じでしょうか? 本来なら往路を走る選手です。少しでも調子を上げて欲しいです。 そして、9区には石橋選手でしょうかもう少し調子が上がれば結構イケるのかなと 前回も4区で区間2位でしたからキッチリ調整してくるでしょう。 最後10区には林選手です。 前回も8区で区間6位と良かったので期待が持てますね。 それでは、区間配置はこうなります。 1区 鬼塚翔太  1年 2区 關  颯人   1年 3区 廣田雄希  4年 4区 國行麗生  3年 5区 舘澤享次  1年 6区 中島怜利  1年 7区 川端千都  3年 8区 湊谷春紀  2年 9区 石橋安孝  4年 10区 林竜之介  4年 不安が残る主力選手を負担が軽い3区、7区、8区に配置して 下級生特に1年生と交代しても無理がないように配慮しました。 さっきも言いましたが 5区が結構ポイントかも 安心して任せられる選手がいるのかいないなら、舘澤選手を使うしかないです。 まあ、その前に關選手に2区を任せないといけない時点で厳しいんですよね~ 4位には入って欲しいです。 それでは、明日もお楽しみに~ 

      18
      7
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 中央学院大学 全日本の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 中央学院大学 全日本の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日は、昨日出来なかった中央学院大です。 出雲駅伝では4位、全日本でも5位 素晴らしい結果が続いています。 ここまでの2つの駅伝で区間2桁は、 出雲の1区の10位のみあとは全て区間一桁でした。 一気に流れを変えられるエースはいませんが、 この安定感が好成績の要因でしょう。 それでは、まず全日本の成績ですが、 1区  大森  澪     区間9位   44:09  2区  横川  巧     区間8位   39:01 3区  樋口  陸     区間6位   27:48 4区  高砂大地    区間3位   41:00 5区  藤田大智    区間9位   35:43 6区  廣  佳樹     区間8位   36:44 7区  福岡海統    区間9位   35:29 8区  村上優輝    区間6位   59:42 1区から見てみますね。 1区は大森選手ですが 持ちタイム的にもチームのエースと読んでいいと思います。 結果は区間9位ですがトップの東洋大との差は35秒 東海大の鬼塚選手と同タイムだし 慣れない1区を無難に乗り越えたと思います。 続く2区は、1年生の横川選手区間8位は上出来だと思います。 区間首位の青山学院田村選手から54秒差と少し離されましたが 区間3位のデレセ選手とは21秒差駒澤大西山選手とは12秒差 箱根でも往路区間で使えるかも 3区は、樋口選手でしたが区間6位とまずまず 調子がイマイチでしたがこの順位ですからね 箱根に向けて上出来の走りでした。 そして、4区はルーキー高砂選手 出雲ではアンカーに起用されたのもビックリしましたが、 区間3位と好走してさらにビックリさせられました。 さらに、全日本の4区で区間3位はビックリを通り過ぎて、驚異を感じました。 それにしても、ロードでの強さはハンパないですね。 箱根では、まさかの2区は無いと思いますが、 もしかしてと思わせる素晴らしい走りでした。 次は5区、ここもルーキー藤田選手 区間順位は9位と無難に切り抜けました。 区間2位だった新迫選手は別として 東洋大の渡邉選手から3秒遅れ東海大髙田選手から12秒遅れと 悪くないんですね~楽しみな選手がまた一人出てきました。 続いての6区は、廣選手でした。 出雲では5区区間7位今回は区間8位と安定感がありますね~ 中央学院らしい選手だと思います。 残念ながら順位は一つ落としましたが見事につないでくれました。 7区は福岡選手でした。 区間順位は9位ですが 駒大伊勢選手からは8秒遅れ東洋大小早川選手には5秒先行と こちらも大健闘の走りでした。 そして、アンカーが村上選手 出雲では4区で区間4位と好成績を出したので調子はいいと思っていましたが 全日本でもやりましたね。 区間6位ですが59分42秒と60分を切っていました。 ニャイロ選手にかわされて順位は一つ落としましたが 東洋大の追い上げをかわし5位をキープする好走でした。 ここに来て一気に安定感が出てきた気がします。 箱根が楽しみです。 全体的にみると、 主要選手を何人も欠く中での戦いになりましたが みんな自分の役割を果たし 予定通りの結果を残したと思います。 今回走らなかった選手が戻ればさらにパワーアップしますからね 箱根駅伝が楽しみになりました。 それでは、箱根駅伝の予想をしましょう。 まず、エントリー候補は 海老澤剛  4年 村上優輝  4年 久保田翼  4年 海老澤太  4年 藤花尚之  4年 大森  澪   3年 細谷恭平  3年 新井翔理  3年 坂元大介  3年 水野  優   3年 森田智哉  2年 樋口  陸   2年 福岡海統  2年 廣  佳樹   2年 高砂大地  1年 横川  巧   1年 藤田大智  1年 1万m29分台の選手が20名以上いますからね~ 他にも候補はいるでしょうね。 中心選手は、大森、村上、高砂の3選手ですね。 ここまでのレースの主要区間で安定した走りを見せてくれています。 それに続くのが、 4年 海老澤剛、久保田 3年 細谷、新井 2年 樋口、森田、福岡、廣 1年 横川、藤田 ここら辺りがメンバー争いに入ってくるでしょう。 それでは、区間予想してみます。 中央学院の区間予想で悩むのは1区と2区ですよね。 特に1区は、前回まで4年間潰滝選手が担当していましたからね~ 候補としては、全日本の1区を走った大森選手かなと思いますが 前回2区を走って区間10位とまずまずだったんです。 となると、大森選手は2区で出雲で1区だった横川選手を1区にとも考えられるし う~ん、難しい ここは、横川選手に賭けましょう! そうなると、2区は大森選手ですね。 今シーズンは好調をキープしています。 安心感が増しまして、2区を任せても大丈夫な気がします。 注目の高砂選手は4区ですね。 3区も考えましたが、ここは思い切って距離の伸びた4区に投入します。 順位を上げて5区に渡して欲しいですね。 そうなると、3区には新井選手がいいかなと出雲の2区で区間4位とよかったので その後故障したようですがまだ時間もあるし、間に合うでしょう 5区は、細谷選手でどうでしょうか? 前回8区で区間3位と好成績でした。 登りが得意かはわかりませんがイケそうな気がしています。 6区はもちろん樋口選手でしょう 区間賞を狙って来るでしょうね。 青山学院の小野田選手や日体大の秋山選手は強敵ですが 負けないで欲しいです。 続く7区は、昨年に同様に海老澤太選手 ここ2年走っているので期待できます。区間順位も11位→7位と上げてますので 今回は区間5位以内ですね(笑) そして、8区は好調の村上選手です。 1区に横川選手が入ったことで村上選手をここに配置出来ました。 これは、復路もいいですよ! 9区は、海老澤剛選手です。 太選手同様に前回も走っています。 ちなみに前回は区間6位と良かったですからね。 今回はもっと上の順位を狙うでしょう。 最後10区は、経験者の久保田選手です。 全日本を走った廣選手でもいいかも ここだけが決め手が無くて迷っています。 それでは、区間配置はこうなります。 1区 横川  巧   1年 2区 大森  澪   3年 3区 新井翔理  3年 4区 高砂大地  1年 5区 細谷恭平  3年 6区 樋口  陸   2年 7区 海老澤太  4年 8区 村上優輝  4年 9区 海老澤剛  4年 10区久保田翼  4年 1区が心配と言えば心配です。 樋口選手を1区にして横川選手を6区にするという案も考えましたが 樋口選手の全日本での走りに、ガツンと来るモノがなかったので この案は撤回しました。 往路で耐えて、復路で追い上げるこんなイメージでしょうか? 上位陣に食い込みそうな予感がしちゃいますね。 以上、中央学院大でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①東洋大学の箱根予想記事はこちらです。【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事②箱根駅伝予想記事 駒澤大学もあります、こちらから【箱根駅伝2017】 駒澤大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③山梨学院大の記事もありますよ、どうぞ【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 全日本の結果と箱根への展望 ~~~~~~~~~~~~~~

      8
      12
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 東洋大学 全日本の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日は、全日本大学駅伝で5位だった中央学院大の予定でしたが 急遽6位の東洋大学にします。 中央学院大学は後ほどお送りしますお楽しみに それでは、東洋大学ですが メンバーが揃わず、厳しいチーム編成でしたが、 シード権獲得の6位と大健闘だったと思います。 全日本大学駅伝の結果を見てみます。 1区  服部弾馬    区間1位   43:34 2区  櫻岡  駿     区間11位  39:14 3区  相澤  晃     区間4位    27:40 4区  小笹  椋     区間9位    42:03 5区  渡邉奏太    区間7位    35:40 6区  竹下和輝    区間10位  36:50 7区  小早川健    区間10位  35:34 8区  山本修二    区間4位    59:14 それぞれ見ていきましょう。 まず、1区の服部選手は区間トップでしたので、何も言うことはないです。 特に、青山学院の下田選手に30秒の大差をつけたのは大きかったです。 続く2区は櫻岡選手でしたが う~ん、どうしちゃったんでしょうか 区間賞を取った青山学院田村選手とは1分07秒もの大差をつけられて一気に6位まで順位を落としました。 正直、ここで10位とかまで落ちちゃうんじゃないかと思ってしまいました(笑) チームの2本の柱のうち1本が倒れたって感じですもんね でも、続く3区で相澤選手が 区間4位の好走を見せてくれました。 順位も2つ上げて4位 この時点でトップ早稲田大との差は48秒と粘りをみせました。 そして、4区は期待の小笹選手 しかし、期待に反し区間9位で順位も7位まで落ちちゃいました。 区間賞の早稲田永山選手とのタイム差は1分26秒 かなり残念な結果でした。 2位青山学院とは1分07秒差をつけられ山梨学院にも先行されています。 この時点で、3位以内に入るのは限りなく厳しい状況になりました。 続く5区は1年生の渡邉選手でしたが 区間7位ながらトップとは33秒差と大健闘の走りでした。 順位も2つ上げ、再びシード権内に戻しましたしね。 6区は、竹下選手でした。 結果は、区間10位で7位に後退でした。う~ん、うまくいきませんね 区間賞の青山学院森田選手からは1分11秒遅れ もはや、3位とか言っている場合じゃない シード権を確保するのも厳しいかもという状況でした。 7区は、小早川選手でしたが ここでも区間10位になっちゃいます。 ただ、6位周辺のチームのタイムも伸び悩んだため、順位は1つUPして6位に上がりました。 ここはラッキーでしたね。 そして、アンカーの山本修選手が59分14秒の好タイムで区間4位 しっかり6位をキープしました。 5位の中央学院との差は13秒でしたが、 まあ、シード権内に入れたってことでOKでしょう。 口町選手他の欠場で選手が揃わない苦しい状況の中 シード権確保ですから健闘したといえます。 それじゃあ、箱根の区間予想をしましょう。 まず、エントリー候補は 櫻岡  駿   4年 口町  亮   4年 服部弾馬  4年 橋本  澪   4年 山本采矢  4年 成瀬雅俊  4年 小早川健  3年 竹下和輝  3年 野村峻哉  3年 高森建吾  3年 堀  龍彦   3年 小笹  椋   2年 山本修二  2年 渡邉奏太  1年 中村  駆   1年 相澤  晃   1年 今西駿介  1年 これで17人ですから選手層は厚いんですよね。 エースは服部選手 それに続くのが櫻岡、口町、山本修の3選手でしょうか あとは、出雲、全日本を走った 4年 山本采 3年 野村、小早川、竹下 2年 小笹 1年 中村、渡邉、相澤 そして、出遅れていますが 堀選手や橋本選手も忘れちゃいけませんね。 これだけでも12人ですから ケガなどがなければチームのポテンシャルとしては高いと思います。 それじゃあ、区間配置を考えます。 まずは、服部選手の区間から決めましょう。 服部選手の力を一番生かせるのは1区じゃないかと思いました。 前回の全日本での戦いをみても 先頭近くで常に勝負すると東洋大学は力を発揮します。 1区から遅れるのを避けるためと先手を打つためにも 服部選手を1区に起用したいです。 そうなると、2区は櫻岡選手しかいません。 今シーズンは、未だ結果が出ませんが力はありますから 調子さえ合わせられれば、2区でも十分戦えると思います。 その次は、5区ですが ここは山本修二選手ですね。 全日本8区で結果を出しましたし登りに強いと言われています。 距離が短くなったとはいえ5区が重要区間なのは間違いないですから、山本選手を注ぎ込みます。 次は口町選手ですが、7区です。故障明けを考慮して復路にしました。 3区は、堀選手ですね。 今シーズンは、まだ駅伝でも出場はありませんが 走れば区間上位が期待できます。 そして、4区が小笹選手です。 山本修二選手と共に次世代のエース候補です。 全日本では苦しい走りになりましたが大丈夫でしょう。 次は、復路です。 復路の問題は6区でしょうね。 全くわからんですが(笑)渡邉選手はどうでしょうか? 次は、8区ですがここには、竹下選手です。 そして、9区が野村選手で 10区が山本采選手。 区間配置はこうなりました。 1区 服部弾馬  4年 2区 櫻岡  駿   4年 3区 堀  龍彦   3年 4区 小笹  椋   2年 5区 山本修二  2年 6区 渡邊奏太  1年 7区 口町  亮   4年 8区 竹下和輝  3年 9区 野村峻哉  3年 10区 山本采矢  4年 3区、4区次第のところが怖いですが(笑)復路も6区は不安要素です。 しかし、もし1区2区でトップに立てば案外スムーズに行くかもしれません。 東洋大は、箱根には強いですからね 以上、東洋大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①青山学院大の箱根展望と区間予想記事はこちらです。【箱根駅伝2017】 青山学院大 全日本の振り返りと箱根への展望 関連記事②早稲田大学も気になります。こちらからどうぞ【箱根駅伝2017】 早稲田大学 全日本の結果と箱根への展望 ~~~~~~~~~~~~~~  

      9
      12
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 駒澤大学 全日本の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 駒澤大学 全日本の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 今日は、駒澤大学です。全日本大学駅伝の結果は4位 中谷選手を欠いた布陣では予定通りの結果でした。 それでは、まずは全日本の結果から 1区  工藤有生   区間3位    43:47 2区  西山雄介   区間7位    38:49 3区  紺野凌矢   区間12位  28:23 4区  下  史典    区間4位    41:13 5区  中西亮貴   区間8位    35:42 6区  片西  景    区間6位    36:23 7区  伊勢翔吾   区間6位    35:21 8区  大塚祥平   区間3位    58:03 合格点は、工藤選手と大塚選手 及第点が下、伊勢、中西、片西選手 落第点が紺野選手と西山選手 という感じでしょうか。 個別に見ていくと 1区工藤選手は、良かったと思います。 東洋大服部選手には最後離されちゃいましたが それでも区間3位14秒差でしたのでまずまずでしょう。 中谷選手がいないチーム事情では トップでタスキをつなぐのがノルマだったんでしょうけど 相手が悪かったという事ですね。 続く2区は西山選手でしたがなんか中途半端な成績でした。 区間トップとは42秒差 中堅チームなら大健闘の成績ですが チームの中心を担う選手としては物足りない結果でした。 特に、2秒前でスタートした早稲田大学の平選手には負けて欲しくなかったですね。 そして、残念な結果だったのが3区の紺野選手です。 区間トップとの差は1分08秒 早稲田大の鈴木選手には55秒差とこの区間で大きく遅れてしまいました。 首位早稲田大との差は、1分19秒まで広げられ、6位まで落ちちゃいました。 もう少し前でレースをしたかった駒澤大学としては計算外でした。 次の4区は下選手ですが 区間4位とまずまずでした。 ただ、区間賞を取ったのが同学年の早稲田永山選手だったので もう少し近づけなかったのと思ったりしちゃいます。 中央学院の1年生高砂選手にも負けましたからね でも、順位も一つ上げました。悪くない結果でしょう。 そして、5区以降ですが3人ともに初駅伝でした。 特に順位を一つ上げた中西選手はよかったですね。 全員が、つなぎ区間の走りとしては及第点だったと思います。 欲を言えば、もうワンランク上の走りが欲しかったですが。。。 3位以内を狙うんなら区間5位以内をキープが最低条件ですから でもね、5区~7区の3区間のタイムをみると、 駒澤大学 1時間47分26秒山梨学院 1時間47分53秒早稲田大 1時間46分21秒 この3区間は、山梨学院を上回るタイムを出しています。 だから及第点ってことです。 しかし、早稲田には負けている ワンランク上の走りとは早稲田レベルってことですね。 早稲田大との差は1分05秒差山梨学院との最終的なタイム差が51秒でしたからね。 でも、中谷選手を欠く布陣では この3区間が厳しくなるのはわかっていたことです。 結局のところ、4区までの前半区間で引き離せなかったのが3位に届かなかった要因でしょう。 やはり、全体的に見ても中谷選手の欠場の影響は大きかったということでしょう。 中谷選手も箱根では万全の状態で戻ってくるでしょう。 その時が駒澤大学本来の姿ですから楽しみに待ちましょう。 それでは、区間予想してみます。 エントリー候補は 中谷圭佑  4年 大塚祥平  4年 西山雄介  4年 中村佳樹  4年 浅石祐史  4年 工藤有生  3年 高本真樹  3年 川戸拓海  3年 藤木悠太  3年 中西亮貴  3年 紺野凌矢  3年 下  史典   2年 伊勢翔吾  2年 片西  景   2年 堀合大輔  2年 中村大聖  1年 中村大成  1年 これで17人か~ 中心となる選手は 4年 中谷 大塚 西山 3年 工藤 2年 下 この5人は区間3位以内で走れる選手達です。 この5人に続くのが 高本、伊勢、片西、中西、浅石この5人くらいでしょうか 駅伝の経験がある選手達です。 あとは、4年生では中村選手3年の川戸、藤木選手 などもメンバー入り候補でしょう。 1年生はどうかな~今年もいなさそうですね。 それじゃあ、区間配置は 絶対に決まているのが 5区の大塚選手でしょう。 昨年区間4位と素晴らしい成績でした。今年は区間賞を狙ってくるでしょう ここが健在なのが駒澤大学の強みですね 2区の工藤選手も決まりでしょうね 大塚選手と同じく前回は区間4位と素晴らしい追い上げを見せてくれました。 そうなると、中谷選手をどこに置くかが全体の配置に影響していますので まず、中谷選手の区間を決めます。 間違いなく1区でしょうね。 3区もアリかもしれませんが、 そうなると1区の人材が見当たらないという状況になっちゃうので 次は4区ですが、ここは下選手です。 出雲、全日本と主力区間を走り結果を残したことで、 箱根でも主要区間を任せられるという信頼感は勝ち取ったと思います。 そうなると、問題は3区ですね。 1区、2区にエースを注ぎ込む訳なので恐らくトップ集団で来ると思われます。 その流れを断ち切らなければ往路優勝が見えます。 なので、信頼感がある選手でないとレースをぶち壊すことになりかねません う~ん、誰でしょう西山選手かな~? ここに西山選手を投入すれば往路優勝が確実になりそうですが 大八木監督は絶対にしないでしょうね。 例え、往路優勝できたとしても復路には戦力が残せませんから そうなると、「下手をすれば惨敗するかも」 こう考えると思います。 なので、「復路に戦力を残しながら往路でも優勝を狙う」 ように見せて 3位キープ出来るようポジションを固めるって感じでしょうか(笑) 大八木監督ってカッコつけですよね。 「カッコ悪い負けは許さない」って思っているのがヒシヒシと伝わってきます。 すみません、話しが逸れちゃいました(笑) なので、西山選手は7区でしょうね。 もしそうなら4年連続ですから今回こそは区間賞を狙って欲しいです。 すると、3区は誰なのか? 全日本を走った片西選手にしましょう。 区間5位以内を目指して欲しいです。そうなれば、往路優勝が見えます。 続いては、9区が高本選手です。 本当は3区辺りを走って欲しいですが復路が心配なので、 昨年も走った高本選手は、ここまで残しておきます。 続く10区が昨年も走った中村選手 今年こそは区間5位以内を狙って欲しいですね。 そして8区は、伊勢選手にしました。 紺野選手とどちらにしようか悩みましたが 全日本の結果を見て伊勢選手に決めました。 最後は6区ですね。 う~ん、ここは全くわかりません(笑)何となく浅石選手かなと 駒澤大学は6区を得意としているのでそろそろ秘密兵器が出てきそうですが 今のところ全く不明です。 区間配置はこうなりました。 1区 中谷圭佑  4年 2区 工藤有生  3年 3区 片西  景   2年 4区 下  史典   2年 5区 大塚祥平  4年 6区 浅石祐史  4年 7区 西山雄介  4年 8区 伊勢翔吾  2年 9区 高本真樹  3年 10区 中村佳樹  4年 3区、6区、8区以降が心配です。 特に6区はどうなるんだろ? でも、大きく外した記憶はないのでなんとかまとめて来ると思います。 いろいろと不透明なところはありますが、往路次第でしょうね。 ガツンと行って欲しいです。 往路優勝からの粘って3位が現実的な目標でしょう。 以上、駒澤大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①青山学院大の箱根予想記事はこちらです。【箱根駅伝2017】 青山学院大 全日本の振り返りと箱根への展望 関連記事②箱根駅伝への展望と区間予想 早稲田大学はここ【箱根駅伝2017】 早稲田大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③山梨学院大学の予想記事もこちらにあります。【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 全日本の結果と箱根への展望 ~~~~~~~~~~~~~~

      9
      3
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 全日本の結果と箱根への展望

      【箱根駅伝2017】 山梨学院大学 全日本の結果と箱根への展望 ど~も、太郎です。 本日は、全日本大学駅伝で3位だった山梨学院大学です。 惜しくも3位だったのかなんとか3位を確保したのか う~ん、どっちでしょうか? それじゃあ、参ります。 まずは、全日本の結果を 1区  上田健太    区間6位   44:02 2区  佐藤孝哉    区間5位   38:44 3区  秦  将吾     区間3位   27:30 4区  市谷龍太郎 区間7位   41:54 5区  熊代拓也    区間13位 36:14 6区  永戸  聖     区間5位   36:17 7区  河村知樹    区間8位   35:26 8区  ニャイロ      区間1位   56:43 まあ、3位に入賞出来たんですから上出来だったんでしょうね。 全体的にみると、ニャイロ選手に助けられた3位という結果でした。 区間順位と走りの内容が合っていない場合が多くて、評価に困ります。 細かく見てみましょう。 1区の上田選手に関しては合格点でしょうね。 区間6区は微妙な感じですが(笑)トップとは28秒差 青山学院には2秒先行でしたから、役割は果たしたと思います。 2区を走ったのは佐藤選手でした。 出雲駅伝では3区を走り区間9位と優勝を逃した原因を作ってしまいました。 今回は順位も一つ上げたし区間順位も5位でしたし 「及第点かな~」 と考えていたんですが 2区の区間成績を見てみると 区間賞だった青学田村選手と佐藤選手のタイム差は37秒差 この差は評価が分かれるところですね。 アンカーニャイロ選手に、最悪でも1分30秒差以内で渡すと想定したら 2区終了時点で35秒差というのは厳しい状況だと思いませんか? 私、実は 「出雲同様の走りだったら大惨事を引き起こすな」 と考えていました(笑) その予想に比べれば、まだマシだったという評価です。 優勝を狙うチームの2区としては不満3位を狙うチームならまずまず という感覚ですね。 続いては、3区秦選手ですが 区間トップと15秒差の区間3位は予想を上回る結果でした。 青山学院の吉永選手を13秒も引き離した点も素晴らしいですね。 青学との差も22秒差まで迫る好走でした。 これで箱根に向けて期待が持てそうです(笑) そして、問題の4区です 市谷選手の成績は、区間7位 区間賞だった早稲田の永山選手とのタイム差は1分17秒 最悪に近い結果かと思いましたがこの時点で青学とのタイム差は、46秒差 そうなんです、青学の安藤選手も区間5位に沈んでいたため そこまで大幅に引き離されていません。 しかし、本来この区間では同じくらいか、追い上げることを想定していたはず にもかかわらず、タイム差は開いています。 続く5区6区に不安を抱えていた山梨学院としては、 4区までにトップに肉薄する走りが求められていました。 それが、想定外の46秒ですからこの時点でレースプランは崩れかかっていました。 そして、その予感は正しくて 5区の熊代選手が区間13位と大崩れしてしまいました。 しかし、区間トップとのタイム差は1分07秒と予想の範囲内なんです。 もちろん30秒とかが理想ですが想定より少し悪いくらいでした。 ただ、この区間でトップだったのが青山学院だったのが傷口がひらいた原因です。 直接対決で1分07秒差は致命的でした。 5区終了時点での青学との差は1分55秒レッドゾーンに入っちゃいました。 6区の永戸選手も区間5位と健闘しましたが、 これまた区間賞を取ったのが青山学院の森田選手 区間タイムで38秒もの差がつきました。 7区の河村選手は、 区間順位は8位と悪かったんですが、青学との差は9秒しか離されていません。 結果オーライでしょうね。 タイムを見たら、区間賞とは32秒差ですから最低限の走りでしょうね。 ちなみにですが5区~7区のタイム差を比較すると 山梨学院 1時間47分53秒青山学院 1時間46分03秒 その差1分50秒 この差が想定内か想定外かは難しいところですが 恐らくですが、1分30秒を目標としていたのだと思います。 とういう事は、目標より20秒オーバーしています。 ちなみに早稲田大学は1時間46分21秒でした。 早稲田大学は、青山学院にわずか18秒しか負けていません。 箱根駅伝へ向けての課題は選手層の底上げでしょうね。 もちろん、中心選手の更なる頑張りも必要ですが 今回走っていない選手もまだまだいます。 ただし、箱根では区間が増える。 まあ、いろいろな事を考慮すると 現時点では、青山学院や早稲田大との間には ニャイロ選手だけでは埋められない差があるのは確かでしょうね。 それを本番までにどこまで、どうやって埋めるのか? 楽しみですね。 それじゃあ、箱根の区間予想しましょう。 まず、エントリー候補は 佐藤孝哉     4年 上村純也     4年 伊藤淑記     4年 熊代拓也     4年 秦  将吾      4年 小山祐平     4年 上田健太     3年 市谷龍太郎  3年 河村知樹     3年 古賀裕樹     3年 ニャイロ       2年 永戸  聖      2年 久保和馬     2年 藤田義貴     2年 熊谷比呂     2年 井上広之     1年 首藤貴樹     1年 これで17人か~16人集めるのも大変そうですね。 中心となるのは、出雲、全日本を走った選手達ですね。 4年 佐藤、秦 3年 上田、市谷、河村 2年 永戸、ニャイロ 戻ってもらわないと困るのが4年生の上村選手 これで8人ですが残りの2枠を争うのが 熊代、伊藤、小山の4年生と古賀、久保、井上の下級生あたりでしょうか。 それじゃあそろそろ区間配置を考えてみますが 2区のニャイロ選手は決まりですね。 どこまでタイムが伸ばせるかが山梨学院の往路を占います。 67分切りを狙って欲しいですね。 1区も上田選手で決まりです。 今季は、1区を走った 出雲で区間3位全日本で区間6位 と安定しています。 このままの調子で、箱根の1区ではいい走りを見てせて欲しいですね。 そろそろ区間賞が見たい! 4区は、市谷選手かな~ この区間は、距離が伸びて難易度は格段に上がっていますからね。 往路のポイント区間ですから信頼感が抜群の市谷選手ですね。 3区は佐藤選手です。 出雲、全日本とそこそこの走りを見せてくれました。 そして問題は5区は、久保選手を起用します。 すみません、ココは全くわからない(笑) とりあえず秘密兵器として久保選手を入れました。 あと、6区は秦選手に懸けます。 全日本の好走で信頼度は格段に上がりました。 昨年は全くダメでしたが今年はやってくれそうです。 期待しましょう。 次は9区に河村選手です。 復路の重要区間ですからここは河村選手に任せるしかないと思います。 7区には永戸選手を入れます。 出雲、全日本で区間5位以内と 安定した走りを見せてくれましたからね。 続く8区が熊代選手です。 全日本では、まずまずの走りでしたので、 続けて箱根でもいい走りを見せて欲しいです。 そして10区が前回に続き上村選手です。 前回区間5位となかなかの好成績でしたので、今回も期待しましょう。 という事で、区間配置は 1区 上田健太     3年 2区 ニャイロ      2年 3区 佐藤孝哉     4年 4区 市谷龍太郎  3年 5区 久保和馬     2年 6区 秦  将吾      4年 7区 永戸  聖      2年 8区 熊代拓也     4年 9区 河村知樹     3年 10区 上村純也    4年 ポイントは、言うまでもなく5区でしょう。 誰か候補者がいるんでしょうか? 1区上田選手が好調ですから上位でくるでしょう。 そうなるとニャイロ選手がトップに立ちそうですからね。 3区と4区が持ちこたえれば5区頼みに持ち込めます。 区間5位~7位とか微妙な感じでいいので(笑)走ってくれたら 往路優勝が見えてきますよ。 そうなると、 復路にも選手を残しましたので優勝争いに絡んでいけそうです。 「山区間を無難に乗り切る」のが今年のテーマですかね。 3位は狙える気がします。 以上、山梨学院大学でした。 それでは、明日もお楽しみに~ ~~~~~~~~~~~~~~ 関連記事①箱根駅伝への展望&区間予想 青山学院大の記事はこちら【箱根駅伝2017】 青山学院大 全日本の振り返りと箱根への展望 関連記事②早稲田大学の箱根駅伝予想記事です。【箱根駅伝2017】 早稲田大学 全日本の結果と箱根への展望 関連記事③全日本大学駅伝の結果はこちらからどうぞ【全日本大学駅伝2016】 速報 チーム別成績 ~~~~~~~~~~~~~~

      9
      26
      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
2594 位
総合月間
3205 位
スポーツ
17 位
ジョギング・マラソン
4 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。