尾仲さん・・・

テーマ:
大和選手のFAの保証により阪神移籍に。去年の今頃DeNAに入団したばかりなのに厳しい世界です。
今年全体で見るとプロの壁にぶち当たったシーズンですが、カープ戦サヨナラ3連発の呼び水となった好投(これがプロ初勝利)など、ポイントでの好投はありました。また2軍では途中からストッパーを務め、圧倒的な成績を残しました。
期待されているからこその移籍であり、本当に頑張って欲しいです。ただリリーフの層の厚さのあるチームだけにより競争は厳しくなりますが。まずは昨年以上の成績を残せるよう、何より怪我なく1年を過ごして欲しいです。
AD
 

15km 男子30歳代の部

順位 23位/121人

記録 1時間8分51秒

 

 
 
 
参考までにガーミンの時計で計測した奴を。今年で7回くらい出ていて、うち15kmになってから4回目…だったと思いますが、スタート・ゴール地点の宮島学園の改修工事などの事情で、今回が最後の開催となりました。という話を開会式の時に聞いたので「とにかく後悔のないように走ろう」というのが目標でした。
状態的には前の週のベイマラソンの疲労が思ったよりも残っていて、平日中に思うような練習が積めない中で臨むこととなりました。左足のかかとに加えて甲が痛くなり、強い練習をしていない中でどういう反応をするのか不安いっぱいでした。
ここはスタートで渋滞すると後が大変なので意を決して前列でスタートし、順調にスタートを切れました。入りの1キロは理想といえば理想で、足も痛いけど気になるほどではなくホッとしました。が、まさかこれが一番早いラップになるとはねぇ(笑)。
今回は高低差も出しましたが、4~5kmとその折り返しにある高低差100mの登りは相変わらずきつかったです(笑)。10kmの頃はここだけを越えれば…という部分があってそこまで苦労しなかったのですが、距離が伸びてからここから続くアップダウンをきっちり配分しながら進まないと後半大変なことになりますので。そんなこんなで10kmまではある程度落としながら進みました。
帰りの最大のアップダウンの頂上は、最後ということもあって「ここで9割は使い切る」という思いで脇腹痛い、足全体的にきつい(特に太もも)という中で無理やりペースを上げて突破しました。で、その分11kmまでの下りが息が詰まって壊滅し、残り4kmも思った以上に足が回らずもがきながらゴールでした。
ベイマラソンの調子から考えたら狙えるかと思っていた自己ベストには1分30秒届かず、その意味では悔しさは残りました。やはり練習不足は痛かったなぁ、と思います。4kmくらいから自分の時計の距離表示とコースの距離表示がずれはじめ、最後は700mくらいずれていたのでどちらが本当なのか不明ですが、ペースをつかみにくかったのは事実です。だからと言って疲労から考えるとこんなもんでしょうが。
 
ほぼ半世紀にわたって大会を開催された広島壮年走ろう会の皆様をはじめとして、宮島の方々など、運営に携わった人に本当に感謝を申し上げたいです。紅葉シーズン真っ最中に開催するし、いろいろ苦労も多かったと思いますが、本当にありがとうございます。トレランほどきつくなく、でも高低差の多いコースで、海あり山あり鹿のギャラリーもありで美しさと厳しさを兼ね備えた他にない大会です。できることなら復活を望むのはわがままなことですかね。とにかく、今までありがとうございます。
 
 
行きの宮島口の桟橋から宮島を望む。
 
 
宮島学園小中学校吹奏楽部の演奏です。少人数ですが毎回息の合った演奏で、ここに来る楽しみの一つでした。
 
 
昼飯。今年はカキ汁はなくお汁粉でした。おにぎり、ひじきなどなどは母親作です。
 
 
スタート地点からコースを望む。毎年走らせていただき本当にありがとうございます。