相続問題に役立つ情報~トラブル解決に向けて~

高知県四万十市中村の藤田司法書士事務所が書いています。
借金(債務整理、過払い)・相続・未払い給与残業代・家賃未払い・消費者その他の
問題で困っている方の解決に日々努めています。
藤田司法書士事務所ホームページ http://www.hf-j.net


テーマ:

みなさん こんにちは

当事務所で相談の多い相続に関するテーマを取り上げ、解説しています。

 

今回もよく相談される事例ですが、生命保険金についてです。

相続人間で遺産分割をする際に、生命保険金を遺産分割の対象とする場合もあるようですが、法律上(相続税法を除く)生命保険金は相続財産となりません。

 

私(A)の父がなくなり、相続人は、私と母と弟、妹です。

父が生前保険掛金を支払っていた生命保険があるのですが、受取人は妹だけであり、私や母は保険金を受け取れませんでした。

保険金は相続財産ではないのでしょうか?

 

被相続人が契約していた生命保険の保険金は受取人の固有財産であり、相続の対象とはなりません。

しかし、特別受益(特定の相続人が、被相続人から婚姻や生計の資本として生前贈与や遺贈(遺言により、遺言者が死んだ時に遺言者の財産全部又は一部を贈与することです)を受けている場合、その財産の価額を相続財産に含めるとする民法(903条)で定められている制度です。詳しくは本ブログ第6回をご覧下さい。)に該当するかどうかが問題です。

 

 

判例(裁判所が示した法律的判断)は生命保険金は原則、特別受益に該当しないとする判例が多いようですが、特段の事情があれば特別受益に該当するとした判例もあります。

特別受益に該当するか否かは保険金の額、遺産総額に対する比率、被相続人に対する貢献の度合い等諸般の事情を総合的に考慮して公平であるか否かが判断基準になっているようです。

また、生命保険金は、法律上相続財産には含まれませんが、相続税法上の課税対象の相続財産に含まれます(みなし相続財産)

 

相続税上の課税対象になる財産については、また改めてテーマとして取り上げる予定です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hiroshihouさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。