ひろせカウンセリング若手ブログ

吃音自助グループ廣瀬カウンセリング東京教室の、若手メンバーによるブログです。


テーマ:

こんばんは。先週土曜日に11月教室がありました。

 

その後の懇親会で中華屋さんに行ったのですが、同じテーブルに美大出身のkikiさんや現役生のSさんがいて、美術の話で少し盛り上がりました。

 

そのなかで、中川一政のことを少しお話しました。この人のことを、私は下記の対談で初めて知ったのですが、すごくいいセンスをしています。

 

中川一政 ✕ 野口晴哉 : 勘を育てる――教育における「機」「度」「間」

 

整体師の野口晴哉との対談で、「気」とか「勘」といったワードが飛びかっており、科学的な観点からすると万人にお勧めできる内容ではないのですが、全編にわたって2人のセンスがほとばしっており、カウンセリングの参考になる箇所がいくつもあります。

 

主だったところを抜き出すと…

中川: 先生っていうのはね、僕は岡倉天心なんかのやり方がいいんじゃないかと思うんです。あのう、美術院のね、研究所っていうのは広いんですよ。そこへ来て、横山大観だとか、下村観山だとか、偉い人たちがみんな並んで、出品制作を描くんです。毎朝、岡倉天心が廻ってくるんです。岡倉天心は、絵描きじゃないですからね、絵描きの細かいことが判らない訳です。ただ廻って来て、一言なんか言う。それで、平安朝のお姫さまを描いていた人がいたんです。そこへ来て毎日、「まだ、鈴虫の音がきこえませんね」って言うんだって。絵描きのほうがいい加減考えちゃうんです。そのやり方が僕はいいんじゃないかと思うんです。

野口:そうですね。それは一番いいです。

中川:普通、自発心を妨げるような教え方をするでしょう。それを自発心を出すような教え方をしているというのはいいんじゃないか。結局、教えないのが一番いいんですよ。教えるってことはただ目に見えるだけのことで、本当のことは教えられないですからね。こういうふうに描いたとしても、これは先生の描き方なんですよ。その人の描き方というのはないんです。

中川:初めにちゃんとした純粋な勘を持っている人が、勘を鈍らせられるということはあるんでしょうか。

野口:こうしなければならない、こうしてはならない、こうしては笑われる、こうしたら褒められるというのは、みんな勘を鈍くします。

野口:春夏秋冬の駒ヶ岳……春夏秋冬を離れた駒ヶ岳が欲しいですね。ずっと通して同じもの、変わらない駒ヶ岳。

中川:ああいうふうな山を描いていても、山と自分とがこう一緒になっちゃう……普通の絵描きが描くと、山は山、自分は自分と分かれちゃっている。僕なんかのやり方だと、山と一緒になっちゃうんですよね。

カウンセリングには、ここで書かれている「勘」が必要です。感性といってもいいでしょう、どんなに知識があっても、勘(感性)がなければどうにもならない。

 

勘が働いていると、今この瞬間にこれを言えば相手に通じる(相手が変わる)というのが咄嗟に分かることがあります。私にもそういう瞬間がめったに無いですが、ごくまれにあります。そういう時は劇的なことが起こることが多いですね。

 

以前に、教室が終わった後に、えぬさんが言友会の会場使用料をまとめて封筒に入れる作業をしていたことがありました。お金を入れて、いざ封をするとなった瞬間に、私がおもむろにセロハンテープを差し出したところ、「さすがですね」と褒めていただきました。

 

「テープを取ってください」と言われてから取るとか、テープを探している姿を見て自分も探すとか、そういうのではダメなんです。

 

相手をよく見ていれば、いまそこで何を欲しているのかが、聞かなくても、直観的に分かるはずなんです。これがすごく高いレベルでできるのが、優れたカウンセラーです。

 

また廣瀬先生を持ち上げて終わってしまうのですが、廣瀬先生はそれが極めて高いレベルで自然にできた人でした。一種の芸術、傑物の域に達していました。廣瀬先生が教室に来られていたときは、その身動き、話しぶりに、「たいしたものだな」と感嘆しながら見ていたものです。

 

観察していると、自然な感じで雑談をしつつ、教室に来ている人に満遍なく声をかけていくんです。私としばらく話して、「今月こいつは大丈夫だ」と分かると、自然な感じで次の人にいきます。そうやって、全員のケアをしているわけです。しかもそれは、病院の診察のようなそれと分かるものではなく、あくまでも雑談とか自然な声掛けとして進んでいきます。悩んでいる人や落ち込んでいる人がいると、じっくり聞くモードに入ります。それはもうカウセリングになっているんです。

 

私もそれに少しは近づいて終わりたいものですが、果たしてできるかどうか。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週末の土曜日に、東京教室の25周年式典がありました。

 

東京教室の現役生、修了生、函館・札幌教室のメンバーにも来ていただき、開催することができました。参加者は、一次会33人、二次会24人と盛況でした。

 

参加された皆様、大変お疲れ様でした。

 

また、会場をお貸しいただいたOBのAさん、準備に携わられた準備委員会の皆様、ありがとうございました。

 

廣瀬先生が逝去されてから3年、教室が一定規模を保ちつつ活動を続けていることはまことに意義深いことだと思います。

 

次なる5年間もどうぞよろしくお願いいたします

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネットで吃音について調べていると、吃音者の方が書いた文章やコメントを見かけることがあります。

 

そこで気になるのは、みなさんが「治る」という言葉を、どのような意味あいで使っているかということです。

 

緊張したときや咄嗟に話すときには、吃音でない人でも言葉が突っかかることがあります。これは言葉がよほど流暢でないかぎり、ほとんどの人にあるはずです。

 

治るというのが、このくらいのレベルを指しているのであれば、私は特に吃りやすい場面以外では「治った」といえるでしょう。

 

しかし、どのような場面でもよほどのことが無い限り吃らないというレベルを「治った」というのであれば、私は治っていません。

 

「治る」ということが、自分にとってどのくらいのレベルを指しているのか、ということを改めて見直してみる必要があるように思います。

 

もしかすると、普通の人でもあり得ないほどの流暢さを「治った」状態であると見なし、それに至らないことで、いたずらに苦にしているということはないでしょうか。

 

それから、吃っているとしても、それが実生活上、どれだけ支障があるかという観点も大事です。

 

吃ることが許されないとか、マイナス評価されるとか、からかわれるとか、そういう場面はたしかにあります。

 

しかし、そうでない場面もある。理解のある同僚や友人の前など、吃ってもマイナスにならない場面で吃ることを苦にしているとすれば、それはその人の受け止め方しだいで楽になれる余地があるかもしれません。

 

たしかに吃音であることは社会生活のさまざまな場面でマイナスになったり損をしたりすることもあります。しかし、そうでない場面もある。過度に吃音を苦にすることは、その人のQOLをいたずらに下げることになります。

 

わざわざそういうことをしなくてもよいのではないか、というのが私の印象です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。昨日はまた学会発表してきました。学会というのは地方であることが多いですが、今回は東京23区内でした。

 

アクセスのよさのためか、朝一番の発表にも関わらず25人くらいの方が集まり、大学の研究者だけでなく官公庁の専門家も集結するという、なぜか豪華なメンバーでした。

 

そんな中で発表したのですが、会場のかなりの方と面識があったためか、一箇所つまづいた以外は吃りませんでした。普段の大学での授業のほうがよほどアウェーという感じでした。

 

吃るかもしれないという不安もありませんでした。

 

むしろ、時間にうまく収められなかったのが残念でした。今回は他の報告者全員が時間を超過しており、自分だけがやってしまったという感じにはならなかったですが。

 

国内での学会発表については、その分野では一角の地位を占めてきたこともあり、強い予期不安だとか実際に吃るということは、ほとんど無くなってきつつあります。

 

「これが吃音の克服というものか」という感じがしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

 

以前のブログで、「幼少期に「おもちゃ」をまだ知らなかった頃、私達はなんでもない石ころを、車に見立てたり、人間に見立てたり、お金にしてみたり、何にでも変えて遊ぶことができました。ところが、いったん車のおもちゃだとか、お人形を知ってしまうと、もう石ころはただの石にしか見えなくなってしまいます。」という文章を書きました。

 

これに通じるメッセージが込められているレゴの広告がありましたのでご紹介します。↓のような広告です。

 

 

なんでもない2つのブロックですが、その影は船になっています。このブロックは、それで遊んでいる側から見ると、船に見えているということなんですね。

 

ブロックは、ただ見ているだけではブロックに過ぎませんが、そこに無限の想像力を込めると、こんなふうに船になったり、あるいは車になったり飛行機になったりと、何にでも変えることができます。

 

子供の創造性を伸ばすという観点からすると、具体的な形のあるおもちゃではなくて、こういったブロックで想像を巡らしながら遊ぶほうがいいのかもしれませんね。

 

吃音に当てはめてみるとどうでしょうか。吃音の人は、言葉のつっかかりを吃音としか認識することができません。そのために、実は吃音ではない、普通の人も緊張したときに起こる言葉の乱れも、吃音として認識したりします。そんなふうに、特定の一つの考え方・見方に固着しているのが吃音のよくある特徴です。

 

そうではなくて、ブロックを船にしてみたり、あるいは車や飛行機にしてみるような豊かな見方ができれば、その人から見える世界はまったく違うものになるはずです。

 

まだ幼く、言葉の突っかかりに「吃音」という名前をつけることもなく、自分が吃音であると意識することもなかった頃、私たちの思考や発想はもっと自由であったと思います。それがいつしか凝り固まって、ブロックをブロックとしてしか見られなくなってしまう。

 

大人になると、いろんなことが当たり前になってしまっていますが、それは本当にそうでしょうか。一つ一つ見直してみて、解きほぐしていくと、新しいことが見えてきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

 

私の勤務先である大学では、そろそろ前期が終わる時期になります。

 

学生は期末試験の勉強をしている時期ですが、私は教員側なので、この一週間は期末試験の問題作成や、その実施に時間を費していました。

 

期末試験を行うさいは、開始前に注意点を説明したり、終了後に回収して成績評価の仕方を説明したりします。

 

この一週間はそれをずっとやっていたのですが、思い返してみると、吃るかどうか気にしていた記憶がありません。普通に喋る分には、吃音が意識に登ることはもはやほぼ無くなったといえます。

 

不意に吃ることはもちろんありますが、それをほぼ気にしていないというのが、かつてと比べての違いだと思います。

 

そういうふうにしてみると、吃音というのは、吃ること自体が問題なのではなくて、それをどう経過するかが問題なのではないか、と思いました。

 

吃音者は吃ることを極度に恐れますが、人間が成長していく過程において失敗することはむしろ当たり前です。人間以外の動物も、本能だけで生きている生物を別にすれば、失敗と成功を繰り返しながら成長していきます。

 

動物が狩りを覚える過程にしても、絶対に失敗しながら身につけていきますよね。最初から最後まで成功し続ける動物は見たことがありません。

 

そういうふうにしてみると、失敗しないことにエネルギーを注ぐよりも、いかに失敗を活かすかとか、失敗をタブー視しないといったことが大事になってきます。

 

吃音というのはその逆をやっているので、それは生きにくくなりますよね。吃ってはいけない、ということを突き詰めると、最終的には言葉を発しないとか、引きこもるしかなくなります。

 

これは吃音以外のことにもいえることで、勉強とか、学歴とか、職業とか、年収とか、社会的地位などを、「◯◯でなければならない」と考え始めると、とたんに生きづらくなります。

 

こうした「◯◯でなければならない」という規範的な意識を外していくと、人間はどんどん生きやすくなっていきます。ロジャーズの人生も、伝記を読むとよく分かりますが、だんだん自由になっていく過程でした。

 

代表的なロジャーズの伝記である諸富祥彦先生の『カール・ロジャーズ入門』も、副題は「自分が“自分”になるということ」になっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は、内向性と外向性ということを書きました。

 

書いた後に、自分がそれ以外に気を付けている性質はないかと思い返してみると、父性と母性、論理性、権威性、(情緒の)安定性などを見ていることに気付きました。

 

このようにして、人をタイプに分けてみる見方はフロイトやユングなど精神分析の世界のもので、ロジャーズ流のカウンセリングではそういうこと(解釈)はしない、ということになっています。

 

なので私も「あなたは外交的だからこうしたほうがいい」とか、そういうことはまず言いませんし、自分の頭でそういうことを考えることもありません。基本的に直感のみで話しています。

 

ただ、相手によって、言ったほうがプラスになりそうな場合には、言うこともあります。

 

自分で気づくのを待っていると著しく時間がかかりそうだとか、言うことによって著しく気づきが進みそうだと感じた場合には、状況をみて言っている場合があります。

 

かつて廣瀬先生と話していたときに、教えるということは基本的にしないほうがいいが、人によっては自分から気づくという働きが著しく弱かったり、ほぼ無い場合があるので、そういう人に対しては教えることも時には必要という趣旨のことを言われたことがありました。

 

廣瀬先生のテーゼは「教えない教育」でしたが、それであっても時には教えたほうがいい場合があったということです。

 

ただ、やはり教えるということは最大限に控えたほうがいいです。

 

なので、相手のタイプを分析してみたり、教えるというようなことは、極力しないようにしています。

 

教えないって簡単そうに見えますが、これは実はすごく難しいんです。吃音がよくなればなるほど、こうすればよくなるというのが分かってくるので、すぐ教えたくなります。

 

それを口に出さないで、何も言わずにそのまま帰っていくというのは、教えることよりよほど難しいんです。教えてしまえば(口に出してしまえば)すっきりすることができますが、黙ったまま帰るとそれができません。

 

なので、だいたいの人は教える(口に出す)ことですっきりして帰ろうとしてしまうんですが、そうすると、その人はすっきりするけれども、言われたほうはあまり気付きがない、ということがよくあります。そこでじっくり機を待てるかどうかが分かれ目になります。

 

こんなふうにやってると、カウンセリングというのはすごく疲れます。しかし、疲れるというのはちゃんと話を聞いているということなんです。話をうわべでしか聞いていなかったり、自分の言いたいことだけを言っていれば疲れません。

 

疲れるかどうかは、相手の話をきちんと聞いてるかどうかのパラメータになります。

 

かつて廣瀬先生に「カウンセリングしているとすごく疲れるんですが、先生はどうですか」と聞いたら、「一日に何度もカウンセリングしても、疲れなんか感じたことない」と言われたことがあります。それで自分ももっとレベルアップすればそうなるのかと思っていたのですが、亡くなった後のご家族の話では、教室の翌日は寝込んでいたそうです。ああ、やっぱりそうだったのかと思いましたね。

 

もちろんクライアントがよくなる姿を見ることによって、元気になる部分もあります。廣瀬先生もそれが楽しみで東京に通っていたのでしょう。ただ、同時に疲れる部分もあるということです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。今日は内向性と外向性ということを書いてみます。

 

カウンセリングの場でも、ふだんの社会生活の場でも、人間には外交的な人と内向的な人がいるのに気づきます。

 

内向的な人は、内省的といってもいいかもしれません。自分の中でぐるぐる思考が働くタイプです。人との関わりは、気を使うのでストレスになったりします。

 

これに対して、外交的な人は、外に出て、人との関わりのなかで元気になるタイプです。人との関わりは苦にならない人が多いようです。

 

私は典型的な(しかも極端に)内向的なタイプです。用事がなければほとんど外出もしませんし、家の中で本を読んだりネットをしている時間が、普通の人と比べて多いです。

 

外交的な人のなかには、家でじっとしているのが耐えられないという人もいますが、私は放っておくと何日でも家にいます。

 

こんなふうに、人間って人によってものすごく差があります。

 

カウンセリングをするときは、相手がどんなタイプかを私なりに感じ取って、それに合わせて話をするようにしています。

 

理屈っぽい人にはそれに合わせて論理を組み立てますし、おおざっぱな人にはふわっとした話をします。

 

内向的だからといって外交的な話ができないかというと、そういうことはなくて、どんなに内向的な人でも外交的な部分があったりします。外交的な人と話をする場合には、自分の中のそういう部分を膨らまします。

 

これは、男性にも母性的な部分があったり、女性にも男性的な部分があったりするのと同じで、人間というのは一つの相だけを持っているのではなくて、矛盾する複数の側面を持っています(それを自覚していない人が特に吃音者には多いですね)。

 

カウンセリングのときには、そうした自分のなかにある様々な側面を、必要に応じて繰り出すようにしています。

 

私は、話を分かりやすくするために例え話を使うことがありますが、これも事前に話を用意することはせず、できるだけその場で創り出します。事前に用意した話はその場その場に応じたリアルなものではないからです。

 

ロジャーズの文章を読むと、「リアル」という言葉が時々出てきます。その場で感じたことを話すのは「リアル」です。過去に考えたことや持論を話すのはリアルではありません。カウンセリングの場は、徹頭徹尾リアルであるべきです。

 

多様な相手に対して、柔軟に引き出しから繰り出せる人が、優れたカウンセラーなんでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のブログからもう1ヶ月が経過してしまいました。

その間に6月教室があり、期末のパーティーがありました。企画してくださった幹事の皆さま、ありがとうございました。

さて、仕事のほうは、その後なんとかやっています。

最初のうちはとにかく授業をこなすので精一杯だったのですが、最近は問題点や課題が見えてきました。

課題の一つは、例えば声のトーンが弱いということですね。

教室ではみなさん聞いてくれるので、どんな声でも聞いてくれますが、数十人から百人以上になると、話し方しだいで私語が出てきます。

どういうことかというと、この先生は喋ってもいいと思われると、みんな平気で私語をするようになるということです。

このあたり、学生というのは実によく先生を見ています。

仕方がないので、不本意ながらある程度声を低くして、強い口調で喋っています。

すふと不思議、同じことを喋っていても、私語が少なくなるのです。

人間、いかに雰囲気とか空気に弱いかが分かります。

少年刑務所の教育専門官だった廣瀬先生は、現役時代はすごく怖い雰囲気だったそうですが、その背景には、そういう雰囲気にしてないと受刑者からすぐなめられてしまう、というのがあったんでしょうね。

刑務所の受刑者というのは、それこそ荒れた学校などとは比べ物にならないレベルの人間がいたはずで、そういう人達と何十年も向き合い続けたのは大したものです。

さらに、その何十年のあいだ、人間の心に対する希望を持ち続けて、それを生涯貫いたのは、本当にすごいと思います。

教室では私は温厚そうな雰囲気を醸し出してますが、吃音のことになると実はものすごく厳しいのです。もしかすると、吃音に向き合うことに関しては、教室内の誰よりも厳しいかもしれません。一切の妥協を許しませんから。

一度怖い顔をして教室をやってみてもいいかもしれませんね(笑)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。前回のブログで転職したことを書きました。

先々週から新職場(大学)で授業が始まり、2週間が経ちました。

私はこれまで大人数を前に教えたことが無かったので、どうなることかと若干の不安はありました。

しかし、実際にやってみると、意外と普通にこなせています。

一番人数が多い授業では、140人くらいを前に喋っています。

これだけの人数を前に1時間以上喋り続けるというのは、昔は考えられませんでした。

それが割と普通にできている訳ですから、変われば変わるものです。

もちろん時たま吃ることはあります。電話でも自分の名前がなかなか出てこないことはあります。

ただ、それをほぼ引きずらないのが、昔との違いですね。ほぼというか、ゼロに近いです。

ここで大事なのは、吃音が改善したから気にならなくなった訳ではなく、気にならなくなったから吃音が改善した、ということです。この順番を間違えている人が世の中には多いですね。

いわゆる「成功体験」を積むことが大事なのではなく、何でもかんでも失敗とみなす考え方(認知)を変えることが大事です。

考え方が変われば、後は放っておいてもよくなっていきます。

しかし、考え方を変えるのは容易ではない。そこでどうするかということで、この教室ではカウンセリングという方法を採っているということになります。

ところで、授業やってて気付いたのは、私はカウンセリングの場とか普段あまり喋らないですが、喋ろうとすれば延々と喋れるんだということです。

この感じなら、そのうち講演とかを依頼されても大丈夫そうです。今のところそういう予定はないですが。。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。