テーマ:

アンブロシア採血キットでIgG抗体検査!!
96種類もの食品の遅延型アレルギーを調べることができるのですって。



アレルギー反応には、即発型であるIgE抗体と遅発型であるIgG抗体の2型あります

最近、体の不調の原因として、フード(食物)アレルギーが関わっていることが、注目されています。
フード(食物)アレルギーというと、特定の食べ物を食べた後に、蕁麻疹が出たり、気分が悪くなったりといったように、すぐに症状がでるものを想像します
しかし、これとは別に、フード(食物)アレルギーには、遅延型といわれるもう一つのタイプがあります。
これが、隠れ食物アレルギーと呼ばれるものらしいです。



IgG抗体は、血液中で最も多くみられる抗体です。炎症のプロセスは数時間から数日間と緩やかであるため、このタイプの反応は「遅延型」と呼ばれます。免疫細胞が即時に、これらの免疫複合体を処理しますが、その能力には限界があります。 抗原を体から排除しようとする免疫細胞の能力を、過剰な抗原が飽和してしまう場合があり、その結果、免疫複合体が長期間にわたって体内を循環し、体組織への沈着が起こります。


遅延型アレルギーの症状は、体の内外を問わず多岐に渡り、一般的にアレルギー症状とは認識されないものも多く含まれます。
さらに、メンタル面への影響や肥満との報告も報告されています。


原因不明のじんましん、湿疹(しっしん)、過敏性腸症候群など、慢性的な不調に、食物アレルギーの可能性があると注目されています。 アレルギーの症状が現れるまでに、数時間から数日間と時間がかかり、また反応が弱いため、なかなかアレルギーであると気づかれにくい傾向があります。

肥満にも関係しています。遅延型フードアレルギーのある食べ物を食べると小腸が炎症を起こしサイトカインという炎症や免疫に関わる物質が増え脂肪細胞にダメージを与え脂肪細胞が肥大化し太ってしまうこともおこる可能性があるらしいです。



という事で、私も興味があり、調べることに!


{26DBCD3F-44F5-4F79-A735-5514E6EF4545}


以下の食品についての結果が出てくるそうです。


■乳製品
カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
■フルーツ
リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ(ミックス)、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ
■ナッツ・穀類
アーモンド、キドニー豆、グリンピース、大豆、さやいんげん、そば粉、カシューナッツ、トウモロコシ、小麦グルテン、緑豆、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、玄米、白米、ライムギ、ゴマ、クルミ、全粒小麦
■野菜
筍、もやし、苦瓜、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、ピーマン、サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃ、ほうれん草、トマト
■肉類
牛、鶏、卵白、卵黄、ラム、豚
■魚介類
あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、カキ、バラフエダイ、ホタテガイ、サーモン、シーバス、エビ、マグロ
■スパイス
カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ(カイエン)、バニラ
■その他
カカオ、さとうきび、コーヒー、蜂蜜、製パン用イースト、醸造用イースト

{F20A14E5-1DCF-461F-AA28-BE52D6441DDC}


アレルギー自覚症状がまったくない私、
果たしてどんな結果が出るか楽しみ!!!

ちなみにキットはこちらから購入できます
http://www.ambrosia-kk.com/index.html

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)