テーマ:
年末旅行に行ってきました!!

行き先は、小豆島!

小豆島は初めて・・・

まずは、港で牡蠣三昧

牡蠣天に牡蠣丼、海鮮丼
{D5B207E5-6698-4787-B46A-CE7838D37103:01}

岡山県は、牡蠣の養殖が盛んなところ

ホタテの貝殻を沈めておくと、牡蠣の稚魚が貝殻をベットにして巣を作るそうです。

なので、港にはホタテの山

{7138F16A-51AA-4408-A619-7C4CF04AD44B:01}

さて、フェリーに乗って向かったのは・・・

{6E97654B-22F9-4AE5-831B-226D8FAC46A3:01}


小豆島旅行Part①【なかぶ庵】

小豆島は、オリーブや醤油が有名ですが

そうめんも有名なのです。


日本三大そうめん(兵庫の「揖保乃糸」、奈良の「三輪そうめん」、香川の「小豆島そうめん」)のひとつである小豆島の製麺所「なかぶ庵」では、なんと「生(なま)」のそうめんを食べることができます


{07489B9E-4BE1-4AC1-A946-9A7B18FE8E23:01}

小豆島で、オリーブと醤油のソムリエをしている
黒島慶子さんと合流し、島を案内してもらいました!

{0667DC14-FC00-44DB-83D8-7CC6F0D6D58C:01}


ここでは、生のそうめんが味わえるのです。
また、なかぶ庵さんの特徴は、ごま油をつけて伸ばすこと


{D2EE201B-73A1-4241-8047-FAECCBBC8669:01}

この年越しの時期
そばも作っていました!!!笑

{957246CB-BB19-4801-9511-2502A138DCFE:01}

実は私・・・
そうめんが嫌いだったのです・・

が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この生そうめん!!いつも食べているものとぜんぜん違うのです。

いつも油の味と小麦の味が気になってたべれなかっtのですが、これはおいしい!!




今までのそうめんの常識を超えた新食感。独自の工夫で、プリプリ、コリコリと表現したくなる弾力のある麺のコシ。のど越しの良さと、噛むともっちり感が加わります。 その触感は今までにない美味しさです

{B7A408A9-27F1-498D-9E6B-62C8C51CFF6A:01}



{D39A6666-12F4-4EA3-8D2A-86A5E01D3650:01}


オリーブ入りのそうめんもあります。


工場ではそうめん作りの体験コースもあります。(要予約)、

そうめん箸分け体験

  • 箸分け体験・工場見学・食事1,100円(材料費・食事込)/所要時間 約60分

  • 箸分け体験・工場見学600円(材料費込)/所要時間 約50分

  • 工場見学300円/所要時間 約30分

平成26年1月現在
金額はお一人様(税込)
所要時間は10名様での目安。

  • ※休み:定休日 月曜日(月曜日が休祭日の場合は火曜日休み)・年末年始
  • ※お客様にゆっくり楽しんでいただくため、1回のコースに人数を限らせていただいています。
  • ※臨時の休館や、材料の準備も必要ですので必ず、お電話でご予約・確認下さい。


生そうめんを食べてみたい方は、こちら!

オンラインショップ
http://nakabuan.shop-pro.jp/?pid=23051453




株式会社中武商店
http://www.shodoshima-nakabuan.co.jp/
所在地
〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町安田甲1385
TEL
0879-82-3669

FAX
0879-82-5808

素麺の製造・販売
オリーブの栽培・製造・販売


いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)