2014年05月01日(木)

名監督の条件

テーマ:2014タイガース
私が考える名監督の必須条件は 4つである。

1つ目は 当然 勝てる監督である。
2つ目は 人材を育成出来る監督。
3つ目は その監督が退任しても チームに「~イズム」といった財産を残している監督。
4つ目は 教え子が 現役引退後 良き指導者になる事。

これらが 私の考える名監督の条件だ。ただ、勝っただけでもダメ、選手を育てただけでもダメ、この4つの条件を全て満たして 初めて 名監督と言えると思う。

この条件を満たしている人は 私の中では 野村克也さんだけである。星野仙一さんは まだ 4つ目が定かではなく 立浪や山本昌、2003年のタイガースの優勝メンバーが指導者になった時に はっきり分かるだろう。

野村さんの教え子達は コーチや監督といった指導者になる時 野村ノートを見直す。もちろん、現役時代も調子が悪かったり壁にぶつかった時も そのノートを見直す。

野村ノートとは 野村さんがミィーティングで話された事を 我々 選手がノートに書き写したもので 12・3冊はある。

これは 野村さんの教え子というか門下生にとっては 「教科書」みたいなもので 我々の「宝」である。そこに 「広澤克実」というオリジナリティも加え 今の私がある。

現在、サンスポで評論家として執筆しているが 野村さんが評論している時、 私は 必ず サンスポを買って野村さんの評論を読み 勉強している。本も 随分 購入させて頂いたが 最近は 買っていない。

「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」という ことわざがあるが 監督を退いた後 そのチームに何を残すかが 勝利を重ねると同様に重要だと思う。

今、タイガースが 常に 優勝争いが出来るようになったのは 野村克也さんや星野仙一さんが残していった財産があるからである。しかし、その貯金も 間も無く 底を突くだろう。それから、どんな財産を積み上げられるかが、この後の10年になると思う。

1950年、2リーグ制以降、ジャイアンツの優勝 35回 日本一22回に対し、タイガースは 優勝5回、日本一 1回である。また、ジャイアンツの9連覇に対し タイガースは連覇をしたことがない。

これは ひとえに チームとしての財産の差を物語っている。監督が変わるたびに 1から財産を築くチームと監督が変わっても財産を引継ぎ 次の監督へバトンタッチしていくチームの違いである。

今のドラゴンズを見れば 明らかであろう。タイガースが 優勝回数を増やしていく為には 「勝てる監督」の存在も大切だが 次の監督へ財産をバトンタッチ出来る能力を持った監督の存在も大事である。

「勝てる監督」は 沢山 見てきた。しかし、財産を引継ぎ出来る監督は なかなか 見られない。タイガースの和田監督には 勝てる監督は もちろん 財産を引継ぎ出来る監督になって欲しいと思っている。

厳しいコメントになってしまうのは 高い水準で見ているからで 「名監督」となって欲しいからである。私たちの年代で 名監督になれる可能性のある人間は 和田と秋山と伊東だけである。私なりのやり方で 心から応援したい。

さて、昨日の試合、藤浪は 良かったと思っている。ストレートの走りも スライダーのキレも良かった。右打席の方に すっぽ抜けるボールも無かったし、スライダーの曲がり幅も 大きかった。

上本の悪送球で足元を救われたが 1・2回のピッチングは 明るい兆しがある。これなら 次回は 大丈夫だろう。

交流戦まで あと2試合登板があるだろう。交流戦までに 調子を整え 絶好調で パリーグの打者と対決して欲しい。

藤浪とパリーグの打者が「力と力」の勝負するところと、「これぞ プロ!」というところをファンの皆さんに見せて欲しいと願うばかりだ。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

トラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■どうもです(#^.^#)☆

ブログ見ました!人の記事を読むのが好きなのでまた訪問します☆またの更新を楽しみにしています♪

10 ■ブログ読ませて頂きました^^

ぜひ仲良くしましょう☆ブログの記事、拝見させて頂きました!私は駆け出しの女優、あん♡です。私は日々頑張って私は業界になったキッカケや仕事などについて一生懸命書くようにしています。機会があれば遊びに来られてください!

9 ■森氏 広岡氏

はじめまして、野球後進県の静岡県から何時も拝見し、野球への見方が拡がり、今季は楽しく我らのタイガースを応援しています。
さて、今回のテーマでいえば
西部ライオンズの黄金期を作ってきた、広岡氏と森氏はどうなんでしょうか?
広澤さんが上げる4項目には全てクリアしていると思います。

昨年まででも、渡辺監督、伊東監督、秋山監督等を排出していますし、『…イズム』というか考え方は、ジャパンの小久保監督まで見事に継承されているのではないのでしょうか。
だからといって、両氏に『名監督』というイメージが無いのは、地味だからなのでしょうか?

8 ■ほぐれている

広澤さん、コメントを載せる皆様、こんばんは。

どうしても隣の芝生は青く見えてしまうもので、
他のチームがよく見えてしまう、

しかし、今年のタイガースにあっては和田監督さんに柔軟さが出てきたのではないでしょうか?
何かほぐれてきているような、やりたいことが就任以降一番できていると思うのです。
和田監督さんも野村さんの指導の下で戦ってきたので、息づいていると思います。

今日は負けてしまいましたが、ここまでは上場であると思います。

岩崎投手には次回こそ大瀬良投手との投手戦に勝ってほしいです。きっと修正してリベンジするでしょう!
彼に勝ってその上行きましょ!
(^^ゞ

7 ■下柳さんと山崎武司さん

昨年楽天の日本シリーズのときに下柳さんと山崎武司さんが解説をしていました。
素人ですが、下柳さんは面倒見がよさそうで、今日投げた大瀬良や阪神・松田の故郷の長崎でプロ選手を集めて野球教室をしていました。
山崎さんも野村監督を師と仰いでおり、未知数ですが、人望があると思います。
昨日の野村祐輔は誤算でしたが、幼少期はぜんそくもちとWikiに書いてありました。
昨日と言い、初めで最後の金本氏との対決のとき(9月)もちょっと万全な体調ではなかったように見えます。

一般に、喘息体質の人は、台風のときや梅雨の高温でじめじめしたときに、体調が悪くなりがちですが、ドームのような環境の時はやりやすいのではないかと個人的に思います。
高温多雨の時期だったから、崩れたというのは、他の投手でもあることかもしれませんし、気のせいかもしれませんが。
体調悪そうなときや持ちそうにないときは、岡田彰布さんみたいに、すぐにロングリリーフに変えた方が良かったと思うのですが。

6 ■こんばんは

今日のタイガース戦は21時過ぎに終わったので続けてジャイアンツ戦を見ました。
丁度9回表のスワローズの攻撃でした。
ジャイアンツ2点リードでマウンドにはマシソン投手、キャッチャーはルーキーの小林捕手。あれ?今年も抑えは西村投手じゃなかったっけ?と思いつつ打ち込まれる事が多かったマシソン投手を抑えて使い、セーフティリードという言葉が存在しない東京ドームでしかも2点差で守っているのは阿部捕手では無く小林捕手…
何だか理解出来ない反面、羨ましくさえ感じました。そういえば先日は村田選手の打順を下がったりもあった様で…広澤さんのブログを拝見して、これもジャイアンツで引き継いできたものなんでしょうね。
リアルタイムで見てたのは藤田監督の頃からですかね…タイガースの暗黒と言われる数年前です…ノムさんのクール解説や衝撃的な監督就任の頃のスワローズの緊張感…懐かしいです。
野村監督のお考えや教えは野球界の財産なのではないかと感じています。自分はプロではありませんが、野村監督から教わっている選手やコーチが羨ましくてしかたがありません。
これからの野球界のために、野村監督にはもう一度監督をして頂きたいのです。お身体やご年齢の事もありますので、色々とマスコミに面白がられる可能性があり難しいとは思いますが直属の助監督と共に。
長々と申し訳御座いませんでした。

5 ■こんばんは。

そろそろ、広沢さんには監督になってほしいと願っております。


和田氏への批判は常々、お聞きしておりますが、現場で指揮を取って、良い見本を是非、見せてやって下さい。


来年からヤクルトの監督になってくれる事を期待してます。


そうなれば、頑張って下さいね。
o(^-^)o

4 ■名選手、必ずしも名監督にあらず

広澤さんの挙げられた野村克也氏はもちろん名監督ですが、名選手でした。

ただ、野球界には“名選手、必ずしも名監督にあらず”ということわざがあります。

私の中では、仰木彬氏を挙げたいですね。

メジャーリーグの場合、殆どの名監督は、選手時代は無名選手でしかありませんでした。

日本の野球界でも、確かに昔の三原監督、西本監督、上田監督、仰木監督などは現役時代、必ずしも一流選手とは言えませんでした。

この様な例は最近では、現在は日ハムの栗山監督位で“稀有”になってきましたね。

NPBは、無名選手を監督にさせられない事情があるのか?

“大人の事情”があるんでしょうね・・・(泣)

3 ■無題

名監督の可能性がある人財に広澤さんも追加したいです。

2 ■無題

私は阪神で広澤監督が見たいです

1 ■無題

藤波投手は、確かにエルドレッドを三振に取った球など素晴らしかったです。

昨日のタイガースは守備が酷すぎました。
しかし、それでも勝ってしまう流れがチームにあるうちに、首脳陣には厳しく修正して欲しいです。
この流れを自ら手離さない為にも。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み