年明け早々、変な稽古 炸裂

テーマ:
さあ、先週からもう続々と年明け初稽古が始まっています。
私の稽古の中には、変な稽古がたくさんあって(笑)
その中の一つが「あいさつ」
今回は「明けましておめでとうございますビックリマーク」を皆で分けてポーズリレーDASH!
これけっこうリズム感いるので難しいのですよ。
それに、「どんなポーズにしようあせる」とか考えていると、すぐに順番が来るのでテンポを乱してしまうびっくりあせる
でも、今回のポーズは皆ノリノリでございました。
私の方が乗らされて、調子に乗りすぎましたが。
いやー、先行き楽しみでございます(笑)
 
さあ!! 年が明けると、子どもたちの発表会ラッシュです( ̄▽ ̄;)
その波に乗って自分の公演まで突っ切ります(笑)
こちらは2月5日に発表会をする長田の子どもたちのチラシ。
 
冬休みの宿題を一つ増やしてもらって、皆に描いてきてもらいました。
みんなうまいなー◎
次回自分たちでこのチラシを、学校や友達に配ります。
えー「えー、呼びたくない―」
と、、、
おいおい、そんな表情豊かにしておいて、なんでやねんびっくり
と、突っ込みたくなりますがゲッソリ
それとこれとは別なんだね滝汗
てな感じで(笑) いろんな成長期ですから、皆一緒でなくても良いんです(笑)
 
んー♪手作り感満載合格
でも一つ一つが積み重なっていることが、本当によくわかります合格合格合格
 
お話は、、、
ひょうたん島にピクニックにいったら、ひょうたん島が噴火して動き出した・・・までがお馴染みの人形劇「ひょうたん島」からいただいたアイデア。
子どもたちだけが取り残された島に、とてつもなく大きな机と椅子のある、大きな家を発見。そしてまたまた、今度は大きな足跡を発見! さあ、これはいったい・・・という話。
 
今回の発表はここまで。2/4 13時~14時まで。
お客さんと一緒にする、「表現あそび」もありますよクラッカー
 
そしてお話の続きは、子どもたちがあらすじを考えて、台本は私の宿題に。
それにしても、子どもたちの発想の面白さには、本気で笑います(笑)
 
第二部には、大人サイズの子どもが出てくるので、今から大人の参加者をスカウトしなければ・・・
ちなみに、この二部の発表会は、4/1(土)あるいは2日(日)の予定。
どうですか、子どもたちとガチで演劇ちゅーデレデレウインク
かなりいろんなもの手放せますよ(笑)
 
今年から通常の練習時間が90分に延びて、17時~18時半まで。
長田の六間道、r3で水曜日に行っています◎
 
びっくり「えー、もう終わり―⁈」と感じる子と、
チュー「あー、疲れたー」と感じる子と
そこもいろいろ(笑)
 
 
 
AD

生まれた~!!★★★

テーマ:
うまれた~!!大泣きうさぎ★★★
 
といっても、舞台台本です(笑)てへぺろうさぎ
 
かなりな難産でございました。無気力ピスケ
昨年から書き始め、資料にしていた本がこの通り・・・
楽しみにしていたイベントも泣く泣くキャンセル大泣きうさぎ
でも、おかげでスッパリと自分と向き合うことができました◎
 
ウチは、あまり苦労は見せません(笑)サッ
なんでも笑い飛ばす自信がありましたから。つながるピスケつながる花1
でも今回は、
正直、ここ数日の寝不足もあって、
朝から父親の前で半べそかきました(笑)無気力ピスケ
我ながらびっくり(笑)
 
別に喧嘩しているわけでもないのに、話をしてたら涙声に。
 
一月には関係者の方に渡してお願いに当たれるようにせねば、他の仕事にも支障がでるし・・・
なんて、周りのこと、先のこととの距離をいつも考えて作業を進めると、決まって「自分のこと」を後回しにして逃げる・・・というか、走りながら創るというやり方をしていました。
器用なんですよ、ウチ。とびだすうさぎ2サッとびだすうさぎ2
でもそれは、あまり良い癖を生みません(笑)ショックなうさぎ
第一、あまり自分を大事にしていない。あんぐりピスケ
間に合ったら良いけれど、回を重ねるごとに中途半端で、たとえばジャージ脱ぎながら走り出すみたいなところまで行ってたりしてました(笑)
脱げたらええけど、スルッと脱げずに中途半端なところで止まって走りにくかったり、こけたりしかねなかった(笑)
 
今回、いろんなことを経てのリベンジ。カナヘイピスケカナヘイピスケカナヘイピスケ
それは、もしかしたらウチの子どもの時からの一つのテーマだったかもしれない、題材。つながる花2
大きすぎて、何度向き合っても、どこか自分をごまかしていたように感じる題材。つながる花1
それなのに、もう一度。しかも今回はとことん向き合いたいと覚悟を決めた、言わば本当に我が子のような思いでスタートした題材です。つながる花2つながる花1つながる花2
 
 変な話、お風呂も入ったら、頭の中のモヤモヤが流れてしまいそうで怖くて入れなかったり(笑)
外出時には、何度も書き直した改稿分もすべて持ち歩き、カフェの机、電車の椅子の上・・・と、何処ででも力んで、改稿段階の台本で散らかしまくり・・・気になるフレーズがメモ書きできずに、家に帰るまでブツブツつぶやいていたり(笑)
我ながら、氣が違っていました(笑)チーン
 
まだフライヤーやスタッフ・キャストが未定の部分が残っていますが、
とりあえずスタートがきれる日が無事に来たことの喜びをラブラブラブ
彼女が舞台に乗る日まで、更なる苦しみを喜んで体験したいと思いまーす。カナヘイハートカナヘイハートカナヘイハート
 
さあ、その彼女の名前(作品名)ですが・・・
まだ決まってません(笑)
そう、明けましておめでとうございます。でした(笑)
本年もよろしくお願いいたしますカナヘイきらきら
 
公演は、3月11日(土)、12日(日)
場所は、イカロスの森(灘区水道筋商店街南側通り)
 
 
 
 
AD

独り身のクリスマスに

テーマ:
ウチは願った、シンプルに。
 
5年ぶりに舞台をすること。
 
もう一度取り組みたい、ここ5年の恵み(縁)をもって。
 
神戸に帰っても続けさせてもらっている劇作りの講師。
でも、ウチが芝居をしている姿なんて、もう知る子どもも大人も少なくなった。子どもの5年は大きいから(笑)
 
子どもの成長の1部に携わらせてもらいながら、
それを喜びに思いながら、
でも同時に『教えるという立場からの関わりだけでなく、表すという立場からの関わりがしたい』という欲求は、
岩手への移住で自分の舞台表現の場から離れたことによって明らかになった。
これも本当に感謝するところ。
 
 
神戸に帰って1年半以上が過ぎ、自分自身を待って待って待って…
いろいろ携わりながら、ずっと引っかかっていたものにようやく、深く深く向き合える時がきた。
私の中の大きなテーマを今、やりきりたい。
 
2017.3.11〜12  
 フリーになったウチをいつも見守っていてくれた『イカロスの森』にて、行います。
 
舞台 『改訂版   Kamiのある暮らし』
 
 
5年間、ほとんど外で、しかも舞ばかりしてきたウチが、もう一度舞台に戻らせてもらう。
なぜ踊りだったのか。
なぜ、舞だったのか。
image
なぜ言葉が嫌いになったのか。
でも物語が捨てれなかったのは、なぜか。
 
 
いろんな方々にいろんな時期をともに過ごしてもらいながら、ずっと自分の中を探ってきたことがある。
正直舞台に上がるのが、すごく怖い(笑)
でも形にしたいものが、この5年、いろんなところでの縁で育ったから。
 
本当は4月にって思ったけれど、あえてこの日を、ウチは舞台で迎えたい。
6年前のあの日もウチは公演をしていたから。
 
しかも、あの頃は何かをごまかしながら立っていた。いや、バリバリに背伸びしていた(笑)
今度は、自分に最後まで正直である舞台を創りたい。
 
そのためには、
背伸びをする前に、自分の器の大きさを知ること。
知ってこそ、その小さな器をぶち壊せるだけのパワーをエネルギーにして取り組みたい。
自分の小ささを幾度となく実感する機会をもらい、その都度打ちのめされながら、時には見ないふりをしながら(笑)
やっと辿り着けた私の『いまここ』
 
ぜひ皆さんのご予定に入れていただければ幸いです。
 
カナヘイきらきら3月11日〜12日カナヘイきらきら
イカロスの森(灘区)つながる花1つながる花1つながる花1
 
詳細はおいおいとびだすうさぎ2サッ(笑)
 
※また新たにご迷惑をおかけする方々が増えると思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
AD