斎藤一人さんの心に響く言葉より…

 

 

一人さんは、今、一生使いきれないようなお金を持ち、なに不自由のない生活をしている、幸せなお金持ちです。

 

だからかな、「どうやったら、お金持ちになれますか?」って聞かれることも多いんです。

 

そんなときは、お金に感謝して、

 

 

「お金さん、ありがとう。大好きだよ」

 

 

と言ってお金を使うと、お金さんはまた仲間を連れて戻ってくるよって教えています。

 

お金に感謝するのはいいことだし、それにタダでできることだしね。

 

通帳にお金が入ったら「私のもとにやってきてくれてありがとう」、お金を払ったら「このお金で生活できることにありがとう」ってね。

 

お金が欲しいなら、お金に感謝することから始めるべきです。

 

 

お金は、神様が人間に与えてくれた「便利な道具」なんです。

 

なのに、「お金が欲しい」と言うと、なんか卑(いや)しく感じる人がいる。

 

仕事をしてお金をいただくことは、本来、尊いことなんです。

 

 

「お金が好き、お金が欲しい」

 

と言ったら、お金のほうもうれしいものだよね。

 

誰だって好きだと言ってくれる人を好きになるものです。

 

恋愛と一緒だよね。

 

 

そして、大事に使えば、その分、仲間を連れてあなたのもとへ戻ってきてくれるんです。

 

信じてもらえないかもしれないけど、これはホントの話。

 

そうやって、一人さんもお金持ちになってきたのですから。

 

 

ただし、まずは神様に愛されるような「幸せな人」になることが先。

 

幸せを手に入れた後で「お金持ちの道」を目指せばいいんです。

 

たとえば、あなたの会社の社長さんは景気がよくてお金持ちかもしれない。

 

でも、あなたより幸せとは限らないよね。

 

 

お金持ちになるから幸せなのではない。

 

幸せは、お金のあるなしではないんです。

 

まずは、幸せになることから。

 

そこから、「お金持ち」の道を歩き出すことが大切だと思うよ。

 

 

斎藤一人 お金の神様に好かれる人のスゴい口ぐせ』宝島社

 

 

 

 

 

神様に愛されるような「幸せな人」になるためには、今ある幸せに気づくこと。

 

呼吸をすることができてありがたい、幸せだ。

 

紛争地域ではなく日本に生まれてきてありがたい、幸せだ。

 

食事をすることができてありがたい、幸せだ。

 

 

ありがとう(有り難う)の反対は「当たり前」だと言われる。

 

実は、当たり前だと思っていることが、有ることが難(むずか)しいことであり、奇跡のようなこと。

 

 

また、お金に関して大事なことは、「入るを量りて出ずるを制す」ということ。

 

収入を計算して、それに見合った支出を心がける。

 

つまり、収入以上にお金を使ってはダメだということ。

 

どんなに稼(かせ)いだとしても、それ以上に使ってしまったら、お金はたまらず、借金が増えるばかりだ。

 

これは、個人でも会社でも同じことが言える。

 

 

そして、お金を大事にする習慣を身につけること。

 

「お金さん、ありがとう。大好きだよ」を口ぐせとしたい。

 

 

 

 
 
■新メルマガの登録と解除はこちらから http://hitonokokoro.com/

 

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪ http://www.facebook.com/hitonokokoro

 

■Twitterはこちらから https://twitter.com/hiroo117

 

★Google+始めました! https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

リブログ(8)

リブログ一覧を見る