フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

 

アメリカへの憧れ。
そんなもんはない。
そんな戦後世代でもないし。

だけど家庭内洗剤まわりでいうと、私はもう十数年、アメリカものを愛してしまってる。

最初は「ダウニー」への憧れだった。


前にも書いたけど、ブームになるはるか前、今は亡き「relax」という雑誌のものすごく小さなコマの中でどなたか(男性)が「キャバクラのおしぼりがむちゃくちゃいい匂いだったので嬢に聞いてみたらこれを教えてもらったのでソッコー買った」と書いてあって、ダウニーマウンテンスプリングの柔軟剤を紹介していたのだ。ものすごく興味がわいた(笑)

当時、楽天にはアメリカ製の洗剤だのキッチングッズだの雑貨だのを専門に扱うお店があって(アットマートエクスプレス。今はお祝いバルーンの店になってしまった)、そこから買ったような記憶がある。
それと当時、中目黒には「平和薬局Keynote」というお店があって、そこは海外製の洗剤などを始めとしたちょっとセレクト感のあるこだわりドラッグストアだった。ダウニーを始めとするアメリカ製品や海外の自然派洗剤などもずらりと揃っていて、私は足しげくそこに通った。そうだ、沖縄旅行の時にえっちらおっちら買って帰った記憶もあるなあ。

アメリカの製品は、匂いがはっきりしていて、色々と強くて、ぼんやりしていなくて、何よりパッケージがかっこよい。単純に、読めない言語で書かれているというだけなのかもしれないけど(いや間違いなくそうだ)、日本製品から漂う圧倒的所帯じみ感じや色気ゼロ感がないのが好きだった。

日本語でデカデカと用途と効能が書かれていないパッケージは、お部屋に置いておいてもげんなりしない。使う時になんとなくワクワクする。だから割高なのは承知の上で、今でもずっと洗濯洗剤、ハンドソープ、トイレ及びお風呂洗剤などはアメリカ製を買ってる。

もちろん日本製は優秀で割安なのだけど、

 

 



トイレ用消臭剤とかこれだもんな…お世話になっといて何だけど、パッケージにすべての情報を網羅しないでくれまいか。置いておく時に圧倒的に可愛くない。

 



だから消臭剤に関しては毎回、ビニールをはがすとシンプルなデザインになる消臭元の製品を買ってしまうよ。「消臭元」じゃなくて「shoshugen」にしてるのは英断だと思う(笑)

夫がアメリカ出張が多いので、ハンドソープはまとめ買いしてくれる。あとは相変わらずネット購入、たまにドンキ(最近日本製の香りものが発展してきたので、海外製品の扱いが少しずつ少なくなってきたけど)。

 



柔軟剤くさい!強い!とか、近頃では風あたりが強いモノになってきたみたいだけど、私にとっては匂う匂わない関係なく、ずっと好きなものかもしれない。

(お風呂洗剤のコメット、トイレ洗剤のライゾールクリングは、よく落ちるのでほんとおすすめっす)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

あゆみ(旧・広野ゆうな)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「これが大好きなの。」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。