フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:


組織でも行きつけの店でもお気に入りのアーティストでも何でも、新しいことを始めようとすると必ず「このままがいいのに」「変えたらダメになる」「そんなこと望んでない」「それより既存の我々を大切に」という意見がドッと出るなあ。

従来の規模と顔ぶれとやり方に慣れた人たちは、とにかく現状を変えたくない。そりゃ今が心地いいもん。

 

確かにそういう意見は一理あるし、新しいことを試した結果ダメになって「ほーら言わんこっちゃない!」となるかもしれない。その確率は結構高い。
それでも新しい挑戦をしたり、顔ぶれを変えたり、規模拡大するタイミングというのは必ずある。いまだ、という時がやってくる。その時に外野の声を聞いてビビッて変えず、そのうち停滞し色褪せたとしても「ずっとこのまま」を望んだ人々は当たり前だが責任を取ってはくれない。ただ去ってゆくだけだ。

 

だから変化は常に必要なんだ。

 

そういうベンチャースピリットを自分ひとりでも持つべきだなと思うし、自分が持たないならばそのスピリットを駆使しようとする人たちへ少しの理解と期待をかけてあげるといいと思うんだ。「変わっちゃった!」「昔のがよかった!」とただ悲しんで暗い未来ばかり予想して疾走の足を引っ張るくらいなら、黙って離れればいいと思うんだ。

 

 

私自身は現状を変えるのが異様に苦手で「永遠にこのまま」ですぐ満足しちゃうタイプなので、そういうスピリット大事にしようぜって心に刻む...ひとのも、自分のも。

 


例えば私は綾小路さんと氣志團の仕掛ける新しい施策がとても好きだ。
自分の望む方向や好みと合わない場合でも、ファンに「毎回いきなりなんだよ…何やってんの」とか言われたとしても、その姿勢自体が眩しいと思う。「また新しい(怪しげな)こと出してきたな!」ってなるのが好きだし、毎回うおお〜見習いたい!と思う。

 

あとね、LDH所属アーティストはやたらと夢っていうんですよ。「夢を叶える」って。最初は薄ら笑いで聞いてたけど最近気づいたんすよ。あれ「新企画」の言い換えだと。
上から指示される活動だけじゃダメ。グループ活動で安心してちゃダメ。個々の新しいアイデアをどんどん実装せよ!という企業方針。常に自己プロデュース、常に新企画、常に変化。だから彼らは1人1人が結構必死だと思うのよ。その疾走感がまた結果的にファンを惹きつける。

芸能ゴシップ的には何だかんだと批判されてても、そういう意味でLDHという組織はいいなと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あゆみ(旧・広野ゆうな)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。