ダイエット小ネタ集 ~なんと転載自由!~

ダイエットに関する小ネタを集めました。無断転載自由!皆様のブログやホームページに、お好きなネタを転載していただいてもOKです。


テーマ:
ダイエットを達成した後も気を抜いてはいけないのが、短期間ダイエットというものです。短期間で急激に体重を減らした時ほどリバウンドが発生しやすいということは覚えておきましょう。ダイエットをした体は、食事を制限して体重を減らした場合には飢餓状態になっており、摂り込むエネルギーを非常に溜め込みやすい体になっています。食生活をダイエット以前のように戻してしまうと、体は乾いたスポンジが水を吸い込むようにどんどんカロリーを吸収し、それを脂肪にしてためてしまいます。決して珍しくないのが、結果的に前より体重が増えてしまったという話です。どうしても食事量を減らして減量を行うことが多いので、短期間ダイエットはリバウンドも起こりやすくなってしまうのです。中でも短期間ダイエット中に食べたい物を食べられなかったストレスというのは大きいものです。ダイエットを成功させた後、大量に今までの分を取り返すかの勢いで食べてしまう傾向があるのです。キープするために食事にはくれぐれも気をつけ、せっかく減った体重を増やさないようにしましょう。食事制限後は胃も縮小気味ですから、少量の食事で満足できるようになっているでしょう。長期ダイエットに取り組む絶好のチャンスが、短期間ダイエットが成功したこのときであると思うようにしましょう。低カロリーの食生活に移行するなどの工夫や、できる範囲で運動を始めたりすることが、短期間ダイエット後のリバウンドを防ぐことになるでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
短い期間にダイエットをする方法が、短期間ダイエットにおいてとても大切なことです。まず第一に、目標体重を定めることです。ダイエットが成功か失敗かということは、何日間で何㎏痩せたいのか、期日とゴールをはっきりさせることで理解できます。長い間ダイエットを続けることはなくなるでしょう。非常に体にとって負担のかかるダイエット方法が、短期間ダイエットというものです。終わる期間を定めずそのまま続けていると健康を害してしまうこともあるでしょう。体重や体脂肪率、BMI指数などで具体的な数値目標を定めましょう。短期間ダイエット中のモチベーションも維持できます。自分の体質や脂肪のつきかたを、細かい計画を立てる時にはよく見ておきましょう。どうして体重が増えてしまったのか、そもそもの理由を検討しましょう。甘いものやアルコールの摂りすぎなのでしょうか、運動不足なのでしょうか。いったい脂肪はどこについているのでしょうか。リバウンドで、以前のダイエットの後で太ってしまったという人もいるでしょう。どんなことをすれば、短期間でダイエットが可能なのかが、どうして太ったのかを調べることで、理解できるといえるでしょう。リバウンドを引き起こしやすく、失敗しやすいのが無計画なダイエットをすることです。成功するかどうかが大きく左右されるのは、計画的な短期間ダイエットに取り組めているかどうかということなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
短期間でのダイエットは可能なのでしょうか。目標期限を定めずコツコツと行うダイエットの方法もあれば、ダイエットは短期間と区切って行うやり方もあるといいます。友人の結婚式が1カ月後にある、水着の似合う体型に夏までにはなりたいというような理由でダイエットに取り組む人が案外多いようです。短期間で痩せられるという様々なダイエット方法が、今いろいろなところで聞かれます。その方法としては、脂肪燃焼を促進する方法や、摂取カロリーを減らす方法やなどがあるようです。短期間で体重を減らそうとしている以上、いずれの場合も体には負担はしっかり覚えておきましょう。ダイエットは短期間で行って中途半端にやめてしまうと以前の体重以上に増えてしまいがちです。長期のダイエットよりリバウンドがしやすいからです。自分の体をよく観察して、健康を損なわないようなダイエットをすることです。同時に考えなければならないのは、今本当に痩せる必要があるのかということです。短い間で痩せようとする分だけ、短期間ダイエットは厳しい内容が多いといえます。案外多いのが、健康上は適性体重なのにメディアや美容会社に踊らされて、女性としての価値がもっと痩せなければ落ちると思いこんでいる人たちなのです。注意したいのは、短期間のダイエットのせいで健康を損ねてしまったというようなことがないようにすることです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふくらはぎのダイエットには、適度な運動が有効です。適度な運動を毎日することで、美しく足首からふくらはぎまでのラインを整えてはいかがでしょうか。かなり脚全体の印象が、足首からふくらはぎまでの部分がたるんでいるか引き締まっているかで決まってくるといえます。ふくらはぎは疲れが溜まりやすく、なかなかダイエットしづらい部分です。はじめにやってみると良いのが、ふくらはぎの疲れと緊張を解きほぐすことです。疲れやむくみのある部分の代謝を促進するためにも、ストレッチで血流を改善するのがおすすめです。ふくらはぎダイエットのポイントは、歩くことではないでしょうか。最近は自家用車の所有率もあがり、交通も整備されているので、歩くチャンスはどんどん減っています。ふくらはぎのダイエット効果は、歩くことを習慣化することで得ることができるのではないでしょうか。以前は40分は歩かないと効果がないとも言われていましたが、最近では細切れでも歩くことでダイエット効果は期待できると言われています。椅子に座らず、電車やバスに乗る時は立つようにしましょう。両足をやや開き気味にして、手すりやつり革に体重をかけすぎず、踏ん張るようにして立つのがコツです。さらに余裕がある人は、ふくらはぎのダイエット効果が高まるので、その場でかかとの上げ下ろし運動などをしてみましょう。脚全体のダイエットにもふくらはぎのエクササイズは効果的ですので、毎日の習慣にするような取り組んでみると良いでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふくらはぎをダイエットする方法として、ふくらはぎの脂肪吸引があります。脂肪吸引はお腹や二の腕、太ももなどに施す手術として人気があります。メリットは短期間でダイエット効果が現れること、気になる部位を集中して脂肪を減らせることです。お気に入りのスカートやブーツのために今すぐにでもダイエットをしたいという方は、脂肪吸引が向いています。他の部位のように、ふくらはぎには大きなまとめて脂肪を吸引できるような脂肪のかたまりはありません。脂肪は浅い層の部分だけを吸引することになりますので、脂肪吸引の効果がすぐに表れないかもしれません。他の部位よりも、ふくらはぎの脂肪吸引は技術力がなければいけません。いかに多くの脂肪を取るかよりは、いかに美しく脂肪を残すかが重視されます。ふくらはぎの太さが脂肪ではなくむくみや筋肉の発達である場合、異なるダイエット方法を検討した方がいいかもしれません。ふくらはぎダイエットを脂肪吸引で行うという場合、医師や病院選びは念入りに行い、技術力のあるところで施術を受けましょう。手術費用が高いか低いかだけでは技術力は推し量れません。あらかじめカウンセリングを受けて話を聞くなど、情報収集をすることが、ふくらはぎダイエットを脂肪吸引で行う場合には大切なのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。