ひろんの恋愛・婚活必勝法 恋愛ブロガー&婚活コンサルタント

一度はセレブ婚を果たすも3年10ヶ月であえなく離婚。
専業主婦から一転、バツイチ無職ニートへ転落。
仕事なし、家なし、彼なし、美貌なし、知性なし。。。というナイナイ女子の私の再婚までの道のりと、婚活&恋愛戦略を余すところなく、ご紹介いたします♡

NEW !
テーマ:
今日はご質問にお答えいたします!!
 
{BAC37F4A-030B-4D26-8EF8-BBEA78482B58:01}

 

 

先日、完璧主義で男をコントロールしようとする女は嫌われるから、「片目マインド(=いいかげんさ)」が大切よ!というブログを書いたのですが。

『愛され妻』に必要なのは、『片目マインド』である件

 

 

今日は逆バージョン。

 

逆に、

夫や彼氏の方が完璧主義者だった場合はどうすればいいのか?

というお悩みです。

 

 

えぇまぁ、完璧主義者の元夫と結婚して苦悩して、結局、離婚という道を選んだ私ですので、説得力に欠けるかもしれないけど。。。(笑)

 

今なら多少冷静に対策を考えることができますキラキラ

 

 

 

<回答>

 

1、諦めて覚悟して、男心を満たしてあげる。または、柔軟な心で華麗にスルーする(笑)

 

2、そんな男はやめちまえ!

  ↑どっひゃー滝汗(笑)

 

 

<解説>

 

完璧主義者な彼で「え?」と思うところもあるかもしれないけど、それ以外の部分で素晴らしいところがあるからこそ、nemuhimeさんのように悩むんだと思うんですよ。

 

私の話で言うなら、元夫がまさに完璧主義者で、時に「イラっムカムカ」とするような要求をされていましたが。。。

 

その一方で、元夫は大金持ちでしたので、妻にものすごく裕福な生活をさせてくれる人でしたし、イケメンだったので目の保養にもなるし、私とは脳のスペックが違うのかな?と感じるほど賢い人でもあったので、彼の語ることにいつも感心していましたし、尊敬もしていました。

 

 

そんな元夫を間近で見ていて思ったことは、人並み外れた収入を稼ぎ続けるって、やっぱり生半可なことじゃないんですよ。

ストレスやプレッシャーもものすごかったと思うのね。

 

巷ではキラキラ女子起業が流行っているらしいけど、人並み以上の年収を10年20年と継続して維持するっていうのは、そんなに甘くないと思うんです、私は。

なんちゃらヒルズ族の方々とかも一時もてはやされてましたけど、あっという間に淘汰されちゃって、もはや行方不明みたいな人もいるじゃないですか。

 

外では穏やかで冷静でジェントルマンな元夫でしたが、とはいえやっぱり彼だって人間ですから、やりどころのない怒りやストレスはあったと思います。

外でいろんなものをこらえている分、家庭で爆発(よくわからない理不尽な要求をされるなど)もありました。

 

そして、ケンカしたときに、よく言われたこと。

「これだけ贅沢な暮らしをさせてやってるんだから、多少の理不尽は受け入れてもいいじゃないか。」

 

当時の私は、こんなことを言われるたびに、憤慨して逆ギレしてましたが、今なら反省できます。

「彼の気持ちも、その発言もわからないでもないな~」と。

 

当時の私には、感謝の気持ちと、彼を理解しようとする努力が足りませんでした。

 

 

「私は悪くない!」「こんなの理不尽だ!」と思っていたとしても、

とりあえずその場では「ごめんね。直すね。」と3歩下がり、彼の気持ちに寄り添う。

 

そして、彼の機嫌がいいときにやんわり本音や希望を伝える人心掌握術があれば、私は今でも優雅なセレブ妻だったかもしれません(笑)

 

 

 

それから、

完璧主義か否かって、実は基準は曖昧なんですよ。

 

例えば、元夫の話で言うなら、彼の理想はモデルルームやホテルみたいな家に住みたいという思考回路の人でして。。。

 

彼にとっては「リモコンは平行にピシッと真っ直ぐ並べて所定の位置に置いてあること」が当たり前の感覚だったのですが、いいかげんな私はリモコンをあっちこっちに放置しちゃうタイプなんですねアセアセ

 

だけど、仮に「リモコンは決まった場所にあった方が探さなくていいから、いいよね!」とか、彼と同じく「モデルルームみたいなお家、最高!」という感覚の女性だったら、彼とうまくいくと思うんです。

 

だから、彼の気持ちに寄り添い、己の思考回路を変えていけばいい。

 

私だってそりゃモデルルームみたいな部屋に憧れますよ。。。

しかし、当時の私は「そんな細かいこと言われてもーアセアセ」と逆ギレする女だったもので、彼とはうまくいかなかったのね。。。ゲッソリ

 

 

完璧主義者な彼を変えることは簡単なことではありません。

彼本人が変わろうと思っているのなら、変わるかもしれませんが、そうではない場合、激ムズです。

 

彼を変えようとするよりも、自分を変える方が簡単!

 

 

だから、完璧主義でたまに違和感を感じるけど、それでも好きだと思ってしまう男性に出会ったなら、

 

彼の完璧主義に、こちらが片目をつぶる覚悟を持って、そこは諦める!!

 

少しずつ彼の完璧主義が和らぐことを願ってキラキラ

 

 

それができない!無理!って思うのなら、

そんな男はやめちまえー!!(笑)

 

 

 

だけどさ、私思うんですよ。

 

「それでも彼が好きハート

(欠点があっても、それでも彼が好きハート

 

……って堂々と言えることこそが、本物の愛なのではないかとラブラブ

 

 

「それでも彼が好きラブラブ」って、ステキな響きだわラブラブ

 

 

新刊が出ました!

 

こちらも好評発売中!

 

 

AD
いいね!(20)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。