2007-12-25 16:20:44

「少年法の改正と児童福祉の課題」

テーマ:ブログ

 昨日赤木さんも出てたNEWS23の年末特集観ました・・。
 ちなみに去年のNEWS23の年末特集は「不安を生きる・子どもが壊れる」特集でした。鳥が死んじゃうなめたイメージイラスト使って煽りまくって、頭きたのでエントリーをあげておりますね。
 
http://ameblo.jp/hiromiyasuhara/entry-10022328884.html
 まあ、昨年のように「子供が壊れる」のでよってもって「食卓が大事」みたいな、教育再生会議のようなバカ丸出し特集よりは、「生活が壊れる」のほうに問題意識シフトしたんだったら、まあいいと思います。


 しかしですね、なんかカラーフィルターかかったような団地映像とか、赤木さんの顔でピラミッド作るとか、安っぽいパラパラ紙芝居の赤木さん主張の紹介とかは悪意がにじみ出てる(なんか若いもんがこんなアホウなこといってまっせと非常に小バカにしてるように見えた→いっしょに観てた人間の感想でもある)。もうちょっとちゃんと作ってやらんかい(怒)。

 私はあそこに出てたそれぞれの人が抱える社会的問題の解釈はできますよ。多少は予備知識ありますから。でもあの番組は一般の何も知らない人を相手にしてるんだよね。何を言いたいわけ?「ワーキングプアの悲惨さ」のこと?「福祉行政の怠慢」のこと?「肥満と貧困」のこと?「団地の孤独死に見える低所得者向けの住宅供給の問題」のこと?「サビ残に対する労使対立」のこと?「地域の助け合い」のこと?「少子高齢化と貧困層の福祉後退のダブルパンチ」のこと?「孤独死と無縁仏」のこと?「貧困心中事件と刑務所福祉の向上」のこと?「不正受給」のこと?「高学歴ワーキングプア」のこと?それぞれがそれこそ本1冊書けるような話でしょう?
 詰め込み過ぎのうえに、なんかそういった「社会背景のちゃんとした説明」ってありましたっけ?それなしで報道すれば、「なんでバナナ1本なのにあんなに太ってるの?」って感想しか抱けない視聴者だって多いんじゃないかな。 取材の甘さと情報の弱さと稚拙さをまたもやイメージ映像とでごまかしてるなあと思いました。NHKの「ワーキングプア」に対抗するために、安直に「量」でもってきたなという感想です。甘いなあという気がします。


 さて、2000年に少年法改正がされたときは大騒ぎでしたが、2007年にも少年法は再改正されたんだけど、目立った報道がないんだよね・・。
 2008年1月「月刊福祉」(18~21P)より、日本社会事業大学教授/弁護士 若穂井 透さんの論文が参考になったので以下抜粋します。

----------------------
2000年の少年法改正では、犯罪少年に対する原則逆送致制度が導入され、殺人など重大犯罪を犯した16歳以上の犯罪少年に関しては、従来の保護優先主義を見直し、刑罰優先主義へ転換し、そして2007年の法改正では14歳未満など重大事件を犯した触法少年に関しても、警察の介入が合法化され、児童福祉優先主義が大きく見直された。
 少年院送致の下限年齢が引き下げられ、さらに遵守事項違反を繰り返す保護観察少年に対する制裁として少年院送致が容認された。
 こうした一連の動きは「戦後非行法制を再編(構造改革)し、厳罰化の完成を目指した」と総括できるように思われる。
 
 改正案の要点
 ■警察に対する触法事件および、ぐ犯事件に対する調査権限の付与と児童相談所への送致権限の付与(警察権限の拡大)※ぐ犯少年の調査権限に関しては後に削除される
 ■児童相談所に対する触法事件の家庭裁判所への原則送致の義務化(児童福祉の後退と司法福祉の優先)
 ■少年院収容の下限年齢の撤廃と家庭裁判所に対する触法少年の少年院装置権限の付与(家庭裁判所の保護処分権の拡大)※下限撤廃についてはおおむね12歳以上に制限
 ■保護観察所に対する遵守事項違反の少年を家庭裁判所へ送致する権限の付与
(保護観察所の権限強化)

 長崎市、佐世保の事件があって、小泉内閣のときに作られた「青少年育成大綱」、「犯罪に強い社会のための行動計画」のなかで急浮上した緊急課題のように表向きは言われてるけれど、最高裁判所、法務省、警察庁にとっては積年の課題であった、と。マスコミが大騒ぎしてくれた目立った事件だったんで、世論的にはそっちで正当化しろ、ってことだったいうわけですね。


 少年法改正によって大きな岐路に立たされるのは児童相談所、警察と家庭裁判所への対応が大きな課題として浮上してくる児童自立支援施設である。

 警察の事情聴取と児童相談所の調査が競合するので、より警察化するってことかなあ。


 法制審議会少年法部会での議論によれば、いわゆる西宮事件が家庭裁判所への原則送致制度の導火線になったといわれる。
 これは父親への殺人と母親への障害で児童相談所に送致された息子が殺人を否認したが、児童相談所の調査は難航し、殺人容疑を解明し得ずに障害容疑で児童自立支援施設に送致したという事件である。これを契機に事実認定の脆弱な児童相談所に重大触法事件の調査は任せられないという認識が警察庁、法務省、最高裁判所などに広がったのである。

 取り調べ機関ではないので事実認定が弱い、と。「事実」と「事情」って両立しないのかなあ。
 

 これを受けて改正少年法第6条の6では、重大事件の家庭裁判所への原則送致を児童相談所に義務づけている。殺人、強姦、放火が凶悪犯と呼ばれ重大事件の典型とされる。
 
 触法重大事件に対する警察の触法重大事件に関する補導人数と家庭裁判所の終局人数は次の通りである。(2003年の資料〕

〔警察の補導人数〕
殺人3人 強盗29人 強姦14人 放火166人
〔家庭裁判所終局人数〕
殺人3人 強盗致傷4人 強姦4人 放火3人

 すくなっ。


 この警察データを比較すると、警察に補導された人数(特に放火事件)と家庭裁判所に送致されて保護処分を受けた人数に大きな差があることがわかる。
 触法少年の放火には子どもの火遊び的な事件が多く、凶悪事件として警察が補導しても児童相談所から家庭裁判所に送致される事件は少ないことをこの差は示している。

 しかし、改正少年法第6条の6に基づき、重大触法事件か否かという形式的な基準によって、事件が家庭裁判所に丸投げさえることになると、これまで児童相談所が対応してきた多くの事件が児童福祉優先の理念からこのれ落ちるのではないかと危惧される。

 この論文の論旨だと改正少年法では原則送致の例外的な取り扱いを認めてるし、児童相談所は形式的な基準にとらわれず、「事情」は考慮できるし、考慮してほしいが・・・でも、と続きます。ここでも「被害者・被害者遺族の事実を知りたい」という部分と「被害者遺族の裁判における心情陳述」である、と。


 家庭裁判所への原則送致制度が導入された背景には、被害者・遺族への配慮という、もうひとつの問題があった。事件が家庭裁判所に送致された場合、被害者遺族は被害に関する心情等を陳述し(少年法第9条の2)、少年・保護者の氏名・住所、家庭裁判所送致決定の年月日、主文、理由の要旨について通知を受け(少年法第31条の2)、記録の閲覧・謄写を求めることができる(少年法第5条の2)。
 しかし、児童相談所の調査手続きにはそのような規定が存在しない。そのため児童相談所が家庭裁判所に事件を送致しなかった場合、被害者・遺族は少年法に基づく配慮を受けることができない。

 「家庭裁判所に原則送致せず、児童相談所で調査し、処遇を決定する手続きの公正さと透明性を担保するため、被害者・遺族、マスコミを含めた児童相談所の調査手続きにおける情報開示のあり方が至急検討課題」であるとまとめてらっしゃいます。この件数だったら家裁にまかせてもいいような気もするんだけど、マスメディアのほうでも、情報開示の公平性を検討したほうがいいんじゃないかな。
----------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

hiromiyasuharaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■ニセ社会科学批判

後藤さんが用いた「ニセ科学」という語、用法は妥当か否か。
その内、議論になるかも知れません。

投稿 TAKESAN | 2008年1月18日 (金) 15:48
Interdisciplinary: 分けて考えてみる
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_866e.html#comment-22342226

8 ■ニセ社会科学

・(社会)科学を装う
・(社会)科学でない
ものを、「ニセ(社会)科学」と呼んだってかまわない

by apj at 2008/01/17 12:18:38
さすがに呆れ果てた :: 事象の地平線::---Event Horizon---#com7472
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=7467#com7472

7 ■塩川伸明「読書ノート」-4

塩川伸明「読書ノート」
ソーカル、ブリクモン『知の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用』
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/sokal.htm
> 第二の、「そのテーマについてより深い知識を身につけるためのはっきりとした道が用意されている」というのも、既に確立した学問分野において、「初等編」「中等編」「高等編」といった教科書があるような場合には当てはまるが、その分野そのものが開拓途上の場合には、そうした「道」は決して「用意されて」などいない。むしろ、「道なき道」を自ら切り拓きながら――ということは、どこかで泥沼に足を取られて、完全に方向を見失ってしまうという危険性をも敢えて冒しながら――進むほかないという場合もあるのである。

6 ■塩川伸明「読書ノート」-3

塩川伸明「読書ノート」
ソーカル、ブリクモン『知の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用』
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/sokal.htm
> 前の方の文章の末尾にある「普通である」という言葉はくせ者である。あるいは、自然科学では――そしてまた社会科学でも、一部の分野で「科学化」が進んでいる場合には――それが「普通」なのかもしれない。つまり、ディシプリンが確立していて、クーン流にいえば「通常科学」の土俵の上で「パズル解き」がなされているときには、その「パズル」がいくら難問であっても、そのテーマ・論点・結果・論拠等々については共通了解があり、それを明確に説明することが可能だろう。だが、ディシプリンそのものが未確立だったり、動揺したりしている場合(同じことだが、パラダイムが未確立だったり、動揺したりしている場合)、「どのような現象を扱って」いるのかということを明らかにすること自体が難しい――何をとりあげ、それをどのような現象と捉えるかということ自体が争点であり、論争当事者間で共通了解がないために、言葉もなかなか通じない――ということが珍しくない。

5 ■塩川伸明「読書ノート」-2

塩川伸明「読書ノート」
ソーカル、ブリクモン『知の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用』
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/sokal.htm
> 著者たちは次のようにいうのだが、これはいかにも安易な印象を受ける。
> 
>「二つのタイプの難しさを見分けるために役立つ判断基準はいくつかあるようにみえる。第一に、もし難しさが本物ならば、その理論がどのような現象を扱っていて、主要な結果が何であって、それを支える最良の論拠は何かといった点を、ある程度初等的なレベルでわかりやすい言葉を使って説明できるのが普通である。〔中略〕。第二に、難しさが本物ならば、そのテーマについてより深い知識を身につけるためのはっきりとした道が――長い道のりかもしれないが――用意されている」(二四七‐二四八頁)。

4 ■塩川伸明「読書ノート」-1

新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~: (宮台真司への)絶望から始めよう――「現代の理論」発刊に寄せて
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2008/01/post_fe9b.html
> 『終わりなき日常を生きろ』で採り上げられている事例も、実のところ実証性というものはなく、ただ自分の身の回りのインタヴューくらいでいろいろと妄想を構築している
> 宮台の言説は実証性をかなぐり捨て、若年層に対する突飛なイメージをひたすら煽り続けるようなもの
> 宮台の言説がいかに実証性に欠けているものであるか、ということを証明している
> 宮台はこのようなことを示すデータを一つも示していない
> 「人間力」などという(客観的な評価が不可能故に判断基準にするには極めて問題の多い)言葉を安易に用いている
> 言説のレヴェルはたかが知れている
> 宮台のいっていることはいわゆる「ニセ科学」に他ならない
> 「ニセ科学」というと自然科学系のものを我々は想起しがちだが、宮台のような社会科学系のものにも注意を支払う必要がある
> 嗤うべきところは他にも多数ある
> 宮台こそが若年層に対する不安を煽り続け、そして統計やデータ、及び科学的な検証によらない青少年言説を発信し続けてきた

3 ■TBSなんか相手にしなければ良い

 亀田で味噌つけた癖に、しらばっくれてる放送局の番組なんか、無視するに限ります。
 怒ると美容に悪いですよ>安原さん。
 

2 ■赤木智弘さま

こんばんわ。
>見てたら顔ピラミッドで気絶しているでしょうね。

全部の層を赤木さんで作る「意味」もわからんですね。

>もはやTVというシステム自体の欠陥だとしか思えないですね。

うーん、そこはどうだろうねえ。
赤木さんが恥ずかしいのは理解できるけど
まず当該番組見て考えてほしい気がします。
私は脇が甘い部分が多過ぎるなあと思いました。
ここでは言及控えますが。

1 ■無題

私は番組を見ていないんですが、見てたら顔ピラミッドで気絶しているでしょうね。
私を担当してくれた方は非常にまじめな方で、貧困問題に対して真摯に考えていて、論座の記事が出た直後に連絡してくれて、話をしてるんですよね。
それでも、TVという枠で扱われると、そういう形になってしまうのは、もはやTVというシステム自体の欠陥だとしか思えないですね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。