国際結婚 こんなところまで来てしまった・・・

これは、私の過去の記録(日記)です。
このことに批判は一切受ける気がないので
その点ご了承の上、お読みください。
イギリス人の夫と国際結婚 
中東で海外生活中。
何故かいつも微妙に波乱万丈をしている
2児の母です。

NEW !
テーマ:

また息子の話です。。

忘れないうちに書いておきたいことなので。。

また脱線してすみません。。。

 

明日こそイタリア書きます。。笑

 

息子が学校でプロジェクトなるものを

やり始めた。。

 

実は息子の学校

生徒一人一人に

コンピューターをもたせている。。

そのコンピューターを使って

テーマに沿ったプロジェクトを

チームで完成させ

発表させるという・・・

なんとも高度なことをさせている・・・。

 

息子は書くのはあまり得意じゃない。

つまりは字が下手なのだ。

いや・・男子はそんなもんだ。

字を綺麗に書くことに

苦痛を感じるのだろう。。

 

それに比べて

コンピューターは。。

息子の興味をそそり

同じ文章書くのも

そこまで遅いわけでもなく

むしろまったく問題ない。。

 

やっぱり、男子はこの機械系に強いのかもしれない。

 

こっちでは5年生の息子(日本では小学校3年生)

もう、すでにパワーポイントの使い方を知っている。。汗

まあ、もちろん、うちの子だけじゃなくて

クラス全員だけどもね。

 

私は・・・

社会人になってからかな。。

いや・・

社会人になった頃に

パワーポイントって

出てきた気がする。。爆

 

私・・・やっぱり年だな。。涙

 

で、このプロジェクト。。

チームに何人かいて

その人たちと話し合うのだが。。

これが揉めに揉めている様子。。

 

今回のチームはよく遊ぶ友達もいるらしく

張り切っていたのだが。。。

やはり話し合いになると

なかなかまとまらないそうな。。

 

どんな話をしてるのか

聞いてみると・・・

 

どうもこの時は息子がその話し合いの

リーダーだった様子。。

 

そして、息子の愚痴は

「みんな自分のいうことを

聞いてくれない。。。」だった。。

 

なるほど。

みんな通る道だな。。

 

私は息子に

「どんな話し方をしてるの?」と

聞いてみると・・・

 

「僕がいてることの方が正しいのに

みんな違うことを言う・・・」とな。。

 

私はおもむろに

「あのね、

Jはリーダーなんでしょ?

リーダーって何する人だと思う?」と

聞いてみた。。

 

すると

「みんなをまとめる人」

と言う息子。。

 

「そう、まとめるのよ。

でも、それはね、自分の意見を

押し通すってことじゃないのよ。」と

私は静かに言った。

 

息子はキョトンとしていたが

私は続けた。

「もちろん、自分の意見は持っていていい。

でも、周りの意見も聞かないと。。

話し合いの場合、特に自分の意見とは

真逆の意見なんかは

意外と参考になったりするのよ。

発想の転換のヒントになったり

自分が気づかなかったことが

見えてきたり。。

物事に絶対ということはないわ。

そして、自分が知ってることが全てじゃない。

いろんな見方があり

いろんな角度で見れる人が

賢いの。

だから、広い視野を持つために

多くの意見にヒントを見つけてみる。

自分が相手の話を聞けば

相手も自分の話に興味を持つ。

そうやってお互いにいろんなことを話しながら

結論を出して行くの

それが話し合いよ。

 

もちろん、違うと思ったら

意見していいのよ。

でも、それは個人攻撃であってはいけない。

あくまで意見に対する

自分の相違点を述べるの。

 

『あなたは何も知らないでしょ?

あなたの意見はダメね。』

って他人の意見を切り捨てるような発言は

その話し合いに発展性がなくなってしまう。。

それだけじゃなくて

新しい発想・発見を潰す要因になる。

 

ただ切り捨てるように批判するんじゃなくて

なんでそれに反対するのか

意見したりして投げかける・・

すると、相手はその投げかけに

そう言う意味じゃなくて・・と

違う角度で説明する

そうすることでお互いの意見への理解が深まったりする。

 

だから、自分が話をまとめるリーダーならなおさら

みんなの意見を引き出す役割に徹することが

チームとして成功する秘訣なのよ。

 

ただし、注意事項もあるの。

話し合いは。

個人の批判や中傷に発展しやすいから

それは要注意よ。

 

違う意見を言う人に個人批判して

全体を引き込むような話し合いをする人は

あなたが注意していいわ、

そこは強く言うの。

そう言うことはやってはいけません・・とね。

 

自分と意見が違うからと言って

個人を晒し者にしたり

集団で攻撃することは

幼稚ないじめであり

人格を疑う行為なのだと

リーダーとして毅然としていていいわ。

 

意見が違うことは

話し合いのスパイスであり

排除の対象ではない。

 

そう、覚えてるといいわ。

これを理解してないと

ただのワンマン

自己満足な話し合いになるので

退屈な結果しか生まないの。

まあ、時間の無駄ね。笑」

と私。。

 

「ママも話し合いしたことある?」

息子は話を聞きながら

疑問に思った様子。。

 

「そうよ。

ママも沢山話し合ってきた。

学生の時も社会人になってもね!

 

学生の時はね。。

自分の意見を相手に同意してもらえるような

言い回しを覚えたわ。。

そして、社会人になって

話し合いで人の意見を聞くことの大切さを学んだかな。。

 

会社にね。。。

賢い上司がいたのよ。。

その上司が教えてくれたのよ。

人の意見を潰さずに活かす方法。

そして、話し合いが

本当に生きたものになる方法。。

 

この上司は新人の私たちの意見も

逃さず聞いたわ。

今考えると滑稽な意見でも

否定せず聞いてくれた。

 

その事実は信頼関係を生み

また頑張って考えようと思う。

そうやって何度も重ねるうちに

まともな意見が言えるようになったかな。。笑

 

あの時、この上司に

『お前は何も知らないだろ?』って

言われてたら

あの後意見言うことすら諦めて

思考も閉ざしたかも。。

 

活発な話し合いができるようになったから

自分で考えて行動するようになった。。

その行為は結局チームを助け

自分を助けた。。

 

人間は一人では生きていけないのよ。

みんなと支え合えながら

生きて行くの。。

 

その中には意見の合わない人

全く違う考え方の人もいるわ。

そう言う人と分かり合えたり

競い合ったりするようになれたら

自分の世界が広がると思わない?

 

人の上に立つ人間は

自分に実力があり

そして人の実力を引き出せる人。

いつも毅然としていて

みんなを良い方向に導ける人かな。。

 

理想だけどね!

 

もう一つ、絶対に覚えててほしいことがあるの。

 

絶対に、人を陥れたり

人の悪口を言いふらしたりして

人を率いないこと。

 

これは、なんでか知ってる?

最後は自分を滅ぼすから。

 

こういう方法で人をまとめる人がいるの。

でも、こう言う人はほぼ100%の確率で

最後は自分が仲間外れの対象になる。

 

恐怖で人を縛ると

人は最初、その恐怖に怯え

その対象にならないように

一緒に悪口を言う。。

 

でも、いつも一緒に文句言っていた人たちは

本当の仲間なんかじゃないの。

ただ、自分がいじめの対象になりたくないから

言ってるだけ。。

 

だから、少しでも過ちを犯したり

自分より怖い人が来ると。。

だんだんと離れていき

今度はあなたが

陰口の対象になる。。

 

このシステム

十中八九間違い無いからね。笑

 

いじめを率先してするリーダーと

それに寄生する腰巾着。

 

この二つの中に入ってはダメよ。

 

時間・・いや人生の無駄だから。

たった一度の人生なんだから

人の悪口を言い続け人に不審がられる人生と

人に信頼され、助けたり助けられたりして

楽しく生きる人生

どっちがいいかわかるでしょ?」

 

そう言う私の顔を見て

息子は頷き

「人に好かれた方がいい」

と答えた。。。

 

私はこの話をずーっと、息子にしたかった。

 

息子はいじめられた経験がある。

とは言っても集団ではなかったので

そこまで深刻とは言い難い。。

 

しかし、将来、この時の痛みを忘れて

加害者になる可能性は否定できない。

 

いじめられる側が

加害者になりやすい・・

 

この法則を打ち切るには

息子自身がしっかり認識する必要がある。

人を思いやる気持ち。

人を率いるために必要な心構え。

 

周りが息子の恐怖に引っ張られるのではなく

周りが息子の魅力に引き寄せられる・・・

そんな人になってほしい。

 

そう思って

むすかしい話を延々にした私。。。

 

伝わっただろうか。。

 

息子はわかったか

わからないか

どっちかわからない反応だったが

まあ、伝わったと信じよう。。

 

とにかく

これからも子供達には

何度でもわかるように話そう。

人によくすれば

最後は自分に良い形で返って来る。

逆に

人に悪くすれば

最後は自分に悪い形で返って来る。

と言うことを・・

 

 

ここに自分への課題として記録用に残す。

 

 

 

 

 

 

ここから先は

ジュエリー関係です。。。

 

新作です〜!

私個人はお気に入りなんですが。。笑

 

 

石のブルーシラーも綺麗です。。

いつもながら写真写りは悪いですが。。。笑

 

気になる方はこちら

 

セールもお見逃しなく〜!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

すみません。。。

イタリア編、全く前に進みませんね。。汗

 

またグチです。。

ううう。

 

今日、夫の誕生日の食事も兼ねて

レストランに行った。。。

 

新しい店だったので

人が多かった。。。

 

バーレーン、新しい店だと

人が多い。。。

 

噂では美味しいということだったので

まあ、美味しいのだろうと思い

並んでみた。。。

 

私たちの番になったとき

レストランの受付の男性が

店の外の席に案内しようとした。。

 

それに夫が

「いや、店内で食べたいから・・・」

というと

「今はいっぱいで。。。

どこも中は空いてないんですよ。。。」

と言っているこの男性の後ろには

空いている席が。。

ちょうど四人。。。

 

「あそこ、空いてるけど

ダメなのかしら?」

と聞いて見ると

男性は「ああ!空いてますね!

今から片付けさせますので

もうちょっと待ってくださいね!」

という・・・。

 

しかし・・・

バーレーンの接客は

日本では考えられないほど

無駄が多い。。。

 

そのため片付けるのも

時間がかかるのなんのって。。。

 

まあ、仕方ないけども。。

 

そんなことで待っていると

後ろに並んでる女性が騒ぎ出す。

 

「私の番はまだなの?」という感じで。。

 

アラブ。。

順番を待ったりするのが

苦手な人が多い。

もしかしたら遺伝子的に

待つのが無理なのかもしれない。

とにかく、ちょっとも待てないのだ。

 

その騒ぎ出した女性に

この案内の男性が

「そこの外の席なら空いてますが。。」と

説明すると

「いや、外は嫌よ。中がいいわ。

あそこはダメなの?」と

私たちが待ち続けている席を指差す。。

 

「いや、あそこは

待ってるお客さんがいるのですよ。。」

と言って断る店員。。

 

ここまではな〜んにも

問題は感じなかった。

ある意味、いつものアラブな感じだな〜と。。

 

しかし。。事件が起こる。

私たちに席を待てと言った男性は

私たちの席が準備ができてないか確認しにいき

忙しい店内で客に捕まり

いっとき帰ってこなかった。。

 

たった、テーブル片付けるのに

ここまでて10分以上。

 

そして。。。

店内をうろついていた

今度は他の女性の案内係が

なぜか、列の先頭に並んでいる私たちを無視し

この騒いでいたアラブの女性を案内し始める。

しかも

私たちが待っているテーブル席に

連れて行こうとするのだ。。

 

これにちょっと驚いた私は

「ちょっといいですか?

あそこは私たちが待ってる席なんですが・・」と

普通にこの案内の女性に声をかけた。

 

アラブが間違うことなど

よくあること。

だから、この時は若干カチンとはきたが

そこまで怒ってはなかった。。。

ミスだからと。。

 

しかし、この案内の女性のは

「お客様、落ち着いて。。」

と怒ってもない私を

なだめるそぶりをし始める。。

 

なんだこれ?

私が悪いみたいなこの雰囲気?

 

この言葉と態度に私はブチっと切れた。

「何言ってるの?💢」と・・

 

そもそも間違えたのはこの女性だ。

列の一番前のお客さん(私たち)には声もかけず

勝手に次のお客さんを案内し

しかも、私が指摘したら

さも、私が悪いかのように

「落ち着け」だあ〜??

 

私は

「あそこの案内の男性が待てと言ったから

私たちは待ってるだけで

自分が間違えて案内したのを

指摘されたからと言って

なぜ、私が悪いような言われ方を

されなければいけないのか?

落ち着け?

あなたが落ち着いて案内したらどうなの?

先頭は私たちなのよ?」

とブチ切れて言う。

 

この後も「お落ち着いてください」を連発。

その度に怒りを感じる。

 

こう言う、論点をすり替えて

自分の間違いを認めない輩が

私は大嫌いなのだ。

 

なんども言うが

指摘した時点では

確かに若干イラッとはしたが

ここまで切れるほど怒ってなかった。

むしろ、(使えないから)仕方ない・・・

くらいの認識だった。

 

アラブは間違いを認めたりするのが苦手なのは知ってる。

でも、接客だ。

そんなこと言ってる場合じゃないだろ?

しかも、高度なことにケチつけてるわけでもなく

ただ、順番を守れと言ってるだけだ。

しかも店員に。

謝れとは思わない。

そんな高度なことは望んでない。

普通に諦めてくれればよかった。

なのに。。自分のミスが恥ずかしいからと

なぜ他人(私)のせいにする必要があるのか?

 

この女性は謝るどころか

私を悪者にし

勝手に満足して

「あのお客さんが

興奮してるので

仕方ないから

待っててくださいね」と言わんばかりの

対応をしていた。。

 

この人一体なんなんだ?

こいつ・・・

 

 

この後やっと

テーブルの用意ができて

座ることができた。。

テーブル片付けるのに

15分。。。

しかも食器がない状態から

テーブル拭くまでが15分。。

 

これじゃあ

店は回らんな。。。

 

私も学生の頃

寿司屋でバイトしたことあるから

忙しい時のことは

わかるけども

ここまで要領悪いのは

日本ではそうそう見ない・・・

まあ、バーレーンなんで

仕方ないけども。

 

店内を右往左往する店員を観察していた私。。。

どこに食べ物を持っていくかわからず

無駄にウロウロする店員

注文をしたい客を

果てし無く待たせて

帰る客も続出。。

客のところに食事を運び

その後手ぶらで元に戻る。。

いやいや、そこが無駄な動きなんだよ。。

 

テーブルから去る時に

空いた皿がないか

持っていくべき食器がないか

テーブルの上に

余計なものがのってないか。

他の客が注文を待ってないか?

 

1つの仕事で

2つ・3つを済ます。。

こうやって地道に片付けてると

混んでる時も慌てなくて

いいんだよ。。。

 

と説明したいくらい

動線がまずい。。

 

やたら店員の人数が多いこの店は

全員が全く機能せず

無駄にゴミゴミしていた。

必要なのはこんな

数打ちゃ当たるような人数じゃない。

少数精鋭。

教育だよ。

そこのアメリカン!

 

と店長を任されてそうな

アメリカ人の男性の方を見て

偉そうに思う私。。

 

まあ、私には関係ないから

いいけども。。

もう来ないし。ここ。

 

食事の途中で

すでにもう、ここにくることはないと

思ってしまっていた私。。

 

食事は。。。

美味しかったのだろうが

気分が悪いままだったので

その印象はない。。

 

食事中、あの彼女は

何かを言われてないか心配だったのか

なんの用事もないのに

私たちの前をウロウロし

他の店員は忙しくしてると言うのに

子供の頭を撫でたり

笑顔を振りまいたりして

「いい店員」を装っていた。。

 

この行動から

かなりプライドが高いと思われる。

他人にどう思われてるかが気になるのだろう。

普通、他人の目が気になるから

一生懸命やるんだろうが

この人は「一生懸命やる」の部分は

どうでもいい様子。。

他がバタバタしてるのに

一人何もしないで

ベビーカーのこの頭を触ったりしてる。。。

その横でハイハイでウロウロしてる

明らかに危ない子供には

目もくれず。。。

まあ、こういうのは親の責任だから

この人には関係ないだろうけども

普通なら

ベビーカーで安全な子供相手にする前に

ハイハイで危険な子供の対処するだろ?

それより

仕事どうした?

仕事しないのかい?

 

アラブにとって子供を可愛がるのは

いい人アピールのことが多い。

こういうことに気を取られ

そのために本来すべきことが

全て疎か・・・。

本末転倒とはこのこと。

 

いい人アピールを私たちの前で

必死でするこの女性を無視して

私は店を出た。。

 

一体なんのアピールやら。

この似非善人。

阿呆らしいわ。

 

とりあえず

もう、この店にはこない。。

この対応でサービスチャージ(チップ)取られたのも

頭くる。。。(勝手に精算時に引かれる)

1万5千円も使うんじゃなかった。。

 

食事して

ここまで後悔したのは

久しぶり。。。

 

接客って

本当に味の良し悪しを左右するなあ〜。

そう思った私なのであります。。。

 

あ〜腹たつ〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから先は

ジュエリー関連です!

 

 

クリスマス&さよならバーレーンセール

開催中ですよ〜!

暇つぶしに覗いてみてくださいね〜!

値下げになってるのは

新作と一部以外のほぼ全部のジュエリーですよ!

お見逃しなく!

 

 

新作紹介です!

 

 

御花畑シリーズですよ!

 

マルチカラーリング ブルー系です!

 

ブルージルコン

ダイアモンド

イエローサファイア

ペリドット

ロードライトガーネット

ブルートパーズ

ブルーダイアモンド

アレキサンドライト

 

とっても綺麗ですよ〜!

 

興味のある方はこちら

 

他にも新作出してますので

是非是非覗きに来てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日・・・息子が修学旅行から帰ってきて・・

大変だったので

アップできないまま

寝てしまいました。。

 

今日はその私の愚痴から

聞いてやってください。。涙

 

インターナショナルスクールにも

修学旅行はある。

 

息子の学校は5年生か6年生かの時点で

行くか行かないかを選択できる。

 

この話が始まった当初

私は息子を行かせるつもりはなかった・・

 

6年でいけばいいと。。

こっちで5年生といっても

日本ではまだ3年生。

 

早いよね・・・

 

というのが私の印象だった。。

 

しかし・・・参加応募締め切り直前に

オマーン行きが浮上・・・。

 

夫の性格上

行くことがほぼ濃厚だろうと考えていた私は

息子が来年この修学旅行に行けないことを

なんとなく感じていた。。

 

そこで考えを改め

参加させることにした。。

 

最後の思い出作りだ。

こっちでは沢山友達ができた。

なんだかんだ言って順調で

息子もこの環境が気に入っている。

そんな中

この環境から引っ張り出すのは

親の勝手だ。

 

だからせめて

この修学旅行くらいは

好きにさせてやりたい・・・。

 

ということで参加させることに。。。

 

しかし・・・修学旅行10日前・・・

息子は腕の骨を折った。。

 

当時担当の医師からは

「そんなにポッキリ折れてるわけじゃないから

修学旅行には行けるんだろうけど

ロッククライミングみたいなことは

させないでね。。。」と。。。

 

私は悩んだ。。

 

日本で小学生の修学旅行といえば

観光メインだ。。。

時々何かの見学をしたりして。。。

 

でも、こっちのは

スキーだったり

息子の修学旅行みたいに

サバイバルな内容だったりすることが多い。

 

そのことに異論はない。

見学するだけの修学旅行も悪くはないが

色々体験させる修学旅行も悪くはない。。

ただし・・先生がきちんとしていたらの話だが。。。

 

そして、この国の一番の問題がそこだ。

先生の質が悪く

そんな冒険をさせるのに

安心して任せれる感じが

どうしてもしないのだ。

特に子供が万全の体制でないなら

なおさらそう感じる。。。

 

しかし、出発10日前

キャンセルできるかどうか

微妙な線だ・・・。

 

しかも、、、

学校側の用意した予定表では

息子がこの修学旅行で何をするのか

全くわからない。。

 

予定表には起床・朝食・昼食・夕食・就寝といった

どうでもいい内容しかなく

その日に何をするのか

どういったことをするのか

全くわからない。。

砂漠でキャンプするのはわかっていた。

それ以外の活動がほとんど情報なし。

多分こういうことをするんだろうというのを予測する以外にはない。

エコアドベンチャーという内容らしいので

まあ、エコな感じなんだろうと

よくわからない想像を巡らせる・・・。

 

 

毎回思うが

息子の学校の先生は

あまり賢くないのだろうか・・・・と思ってしまう。

そうとしか思えない

プレゼンテーション能力。

そして、

わかりにくい計画内容

計画性もイマイチ

そして、先生たちの間でも

話し合いもうまくできていないのか

引率する先生たちも

イマイチ当時のことは

よくわかっておらず

一部の先生しかその内容を

把握していないのだとか。。。

 

なんと無責任な。。。

ものすごく子供を預けるのに

不安要素がありすぎる。。。

 

私はあまりこういうことに

神経質なタイプじゃないはずなのに

ものすごーく不安を感じる。

 

もともとあまり乗り気でなかった修学旅行。

キャンセルできるなら

キャンセルしようかな。。

 

そんなことを

ほぼ自分の中で決めていた。

 

このことを学校の先生に相談しようと

学校に行く・・・。

 

そして、この修学旅行の担当者の

体育の先生アレックス先生に会って

事情を説明した。。

 

息子の腕が折れていて

医師からは登るなどの

腕に直接力を入れる行為を避けるように

言われているので

修学旅行の内容がどんなものなのか?

キャンセルできるのか?

 

そういうことを聞いたのだ。。

しかし・・・

聞いた内容には

答えないアレックス先生。

 

まず、何をするのか。。。

 

という大事な部分には触れず

「わかりました。

登らせるような行為はさせませんね!

他のフィールドワークも沢山ありますし

参加できることの方が多いと思いますよ。

せっかく、行くことになってるんだから

キャンセルさせるのはかわいそうなので

できる範囲だけさせていきますよ!」と

なんとも調子のいい答えをいただく。。。

 

まあ、確かに。。

出発まで時間がないのに

今更はキャンセルできないのはわかってた。

でも・・・

本当に大丈夫かな。。。

 

そんな不安がよぎるも

この調子のいい体育教師のいうことを

信じることにした。。。

 

私はイマイチこの先生が信じられなかったので

息子にこの10日間で

自己責任と

集団行動について

みっちり指導。。。

 

他人からは厳しいお母さん

いや、心配性のお母さんと写ったかもしれない。。

しかし、そんなことはどうでもいい。

先生がしっかりしてないのだから

子供にしっかりしてもらう以外に

子供の安全を守る方法はない。

 

息子は時々泣いていた。。失笑

まあね。。

今までぼーっとしてても

私が最後はカバーすればいいと思って

気長に待っていたけれど

頼りない他人に預ける以上

心を鬼にして

息子にしっかりしてもらわないといけない。

 

そして、出発当日。。。

朝の6時に空港集合。

 

先生が30分も遅刻してくるという

ハプニング付きで

慌ただしい中

点呼は生徒同士がする。。

 

まじかよ。。

うちの子供

砂漠に置き去りとか

ありえるんじゃないだろうか。。

 

そんな不安がよぎりつつ

出発。。。

 

 

修学旅行中は

先生たちが自分の携帯で撮ったであろう

若干残念な写真が掲載された。。

私よりセンスがない、、笑

 

子供達はドバイの自然に触れ

砂漠で色々な体験をしていた。。

 

期間は5日。。

最初の数日の写真は

何も問題なかった。。

そして帰る前の数日の写真で

私は度肝を抜かれた。

 

それは息子の写真だった。。

その写真は息子が

綱渡りのような高い場所のポールに

心細そうに捕まってる写真。。

 

サーカスなどの綱渡り・・・

もちろん、命綱はついているものの

はしごで登るのだ。。

つまり片手でその場所にたどり着けるはずもない。

 

登る行為をさせないでほしいと

あれだけお願いし

先生もわかっていて

こっちできちんとしますみたいなことを

言ったにもかかわらず

息子こんなところに登ってる。。。

 

しかも、次の写真は

その綱渡りをするのに

ロープのようなものを

怪我をした腕の方で

しっかり持ってるではないか。。

 

おいおいおい

何やってんだよ?

やってはいけない行為

制覇してんじゃないの?

 

と怒りに似た感情が込み上げる。

そして、その次は

なんとロッククライミング。。。

 

あのさ。。。

私の言ってる意味

わかってるのよね?

なんで、腕にギブスしてる息子見学させないの?

そうするように頼んだでしょ?

それの同意したから

参加させたのに。。。

 

そして、昨日の夜・・

息子はドバイから帰ってきた。

息子は見るからに砂まみれで

薄汚れていた。。

まあね。。

砂漠にいたんだしね。。。

 

息子は初めて5日間も家族と離れていたからなのか

ちょっと涙ぐんでいた。。

ただいま。。

と私にうずくまっていう息子。。

 

まだ9歳だし

心細かったのかな?

いや、緊張が解けて

ホッとして涙がチョロリだったのかな?

 

息子を抱きかかえつつ

背中をポンポンと叩いた。。

 

車の中で

息子はこの修学旅行の内容を話した。

砂漠の生き物を観察したり

砂丘で遊んだり

砂漠のワジ(オアシスみたいなところ)で

生き物観察したり

砂漠のシステムを勉強したり・・

焚き火を起こしたり・・

ものすごく楽しかったのだそう。。

旅行中は寂しく思う暇がなかったそうな。笑

料理はイマイチだったそうで

改めて私の存在を感謝したそうな。。。笑

 

ウンウン。そうだろう!

 

そして、「僕頑張ったんだよ。

ロッククライミングも

綱渡りも腕が痛かったけど

頑張ったんだ!」

と誇らしげにいう息子。

 

すると私は

「あのね。。

そこ、頑張るところじゃないから。

痛いことはしちゃダメだって

言ったでしょ?

治らないわよ?

骨がうまく引っ付かなかったら

もっと苦労することになるの、

腕は使わない約束だったでしょ?」

というと

「だって、先生が頑張れって言ったんだもん」

と、まさかの先生叱咤激励。。

 

この・・・

ばか教師。

 

やっぱり彼奴はアホだった。

なんでも熱く頑張らせりゃ〜いいてもんじゃないんだよ。

そのための大人だろうが!

だからわざわざ説明・お願いしに言ったんだろうが!

このドアホ!

 

と心の中で罵りながら

家路に着いた。。

 

骨がどうなってるのか心配・・・

若干の違和感を感じるという息子。

 

だろうね。。

もう直ぐギブス取れるはずだったのに。。

どうなるんだろう。。

 

家に帰り着くと

息子が

「マミーにお土産がある」という。

 

私は若干不審に思った。

何かあった時に使いなさいと

渡していたお金は

水以外のものを買った形跡がない。

ほぼ使わない状態で帰ってきたのに

お土産??

 

そう思っていた私は

駐車場でそのお土産を見ることになる。。

 

息子、何を思ったか

車から降りずに靴を脱ぎ出した。。

 

その靴の中には。。

大量の砂。。涙。

両方からおびただしい量の砂が。。。

 

もしかして。。

そう思って息子のリュックを見ると

中には砂まみれのものが。。

家の中でスーツケースの中を見ると

当然のように大量の砂。。。

 

そして、洗濯物の中にも

全てが

砂・砂・砂・・・

 

家の中砂があちこちに。。

おいおいおい

まじかよ。

 

昨日、ブログ書く暇がなかったのは

この砂の掃除に

ものすごく手間がかかったから。。

洗濯物は臭すぎて。。。

2時間2回洗い。。全然エコじゃねえ。。笑

 

よく聞けば

砂漠のテントで5日間過ごし

何をするにも砂が入り込んで

大変だった様子。。

息子のギブスの中にも

砂は入ってるよう。。

 

前にも話したけれど

私は砂が好きではない。

砂が足に着く

あの感覚が好きじゃない。

 

ああああああああ

イライラする〜〜〜

なんでこんなところにも砂が!!!

うお〜〜〜〜

 

 

と夜中に叫びながら

掃除と洗濯に明け暮れた私なのでありました。。。

 

息子よ。。

勘弁してくれ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはジュエリー関係です。。

 

 

クリスマス&さよならバーレーンセール開催中。

期間限定ですが

ほとんどのジュエリーが対象ですので

ぜひ、覗いてみてくださいね〜!

 

 

新作ご紹介!

 

お花畑シリーズです!

 

可愛らしいですよ〜!

 

ブルージルコン

ロードライトガーネット

イエローサファイア

ペリドット

 

を使用してます!

 

 

興味のある方はここですよ!

 

 

 

他にも沢山アップしてますので

覗いてみてくださいね〜!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

引っ越しが終わり・・

やっと色んなことがひと段落した今

今回引っ越したアパートが

バーレーンに移り住んで初めて

「快適」と感じることに気づきました・・・。

しかし・・・

6年かけてやっと見つけたオアシスを

あと1ヶ月で離れるかと思うと・・・

余計に凹むヒロでございます。。

 

何が快適かって。。。

問題が起きてもその日に解決してくれる。

これはこの国では

ほぼあり得ないことでございます。。

何日も待たされることの方が多く

しかも、問題が解決する確率が

こんなに高いのも初めて。

(まあ、日本だと普通なんですけどね。汗)

 

しかも・・・

私が忙しくて家にいない時

誰かが何かの修理にやって来ても

受付で対応してくれる。

(もちろん、私の了解を得て対応してくれる)

とにかく至れり尽くせり。

まるでホテルにいるような感覚です。。。

 

住人があまり多くないからか

全員と顔見知りだし。。(変な人いないし)

受付の人や警備員の人たちも

みんなよくしてくれる。。。

快適そのもの。。

 

部屋から見える景色も絶景。

部屋の間取りも申し分ない。

メンテしやすい広さ。

何を取っても

快適そのもの。。。

 

ここは本当にバーレーンなのだろうかと

思うほど快適でございます。。

まあ、あと1ヶ月ちょっとしか

いれないんですけどね。。とほほ。

 

今回学習したのは

大きな家は

私には必要ないということ。

必要なのは

こういうメンテナンスの対応の早さと

自分で対応可能な適度な広さ。

そして何より

全てが機能してる新しい物件。。

 

これが一番だと

しみじみ感じてる私でございます。。

 

次のオマーンでの物件探しに

この経験が活かせればいいのですが。。。

 

実は。。。オマーンの家は

やたら大きいのが特徴なのですよ。

しかも古くて大きい。。

そういう物件が多くて。。

今のような快適な家が

見つかるのか。。

若干不安でございます。。。

 

とりあえず、ここを引っ越す暁には

いつものように

お家公開。。。致しますね。。。

バーレーンを一望できる家でございます。。笑

 

さて、近況報告はこれくらいにして。。

 

ここからはミラノ編お楽しみください。。

 

 

サルディーニャ島から飛行機で2時間。。。

ミラノにやって来た。

 

到着した空港は。。。

ミラノ市内からかなり離れた場所に位置していた。

 

ミラノには4つほど

空港があるらしい。。

どこも郊外にあるのだ。

その中でも比較的遠い空港だったため

タクシーでミラノ市内に行くと。。。

1時間かかり

タクシー代も100ユーロ近く払う覚悟が必要だった。

 

今回、タクシーで行く以外の方法を知らなかった私たち。。。

ここは出費が痛い。。

 

と思いつつ空港でウロウロしていると。。

高速バスの宣伝があちこちに。。。

 

値段を見ると・・

一人当たりものすごく安い値段で市内に行くよう。。

 

これだ。。

これなら100ドルなんて大金必要ない。

 

今となっては

幾らかは忘れてしまったが

5ユーロとかその辺の安い料金だった気がする。。

しかも往復の値段。。

もちろん、子供は半額。

 

ラッキーだった。

 

しかもバスはWi-Fiつき。。。

快適だった。。

 

バスは駅に到着。。

 

そこからはタクシーで

今回借りるはずの家に行く。。

 

この時のタクシーのおじさんは

陽気なイタリア人だった。。。笑

 

ミラノのいろいろなところを教えてくれた。。

 

私たちが借りるはずの家は

どうも美味しい中華のレストランがあるのだとか。。

日本食を売ってる場所も近いのだと教えてくれた。

 

ひっきりなしに情報をくれる

饒舌なイタリア人タクシーのおっちゃん。。。笑

 

なんて陽気なんだ。。

 

さすがイタリア人。。

そんな第一印象。。

 

今回、ミラノに行くことに

反対だった義母。。。

なぜだか義弟の嫁に言われた

「ミラノは面白くない」

という言葉を信じ切っていて

親切で?私たちにアドバイスしてくれたのだが。。。

 

情報源(義弟の嫁)が情報源なだけに私は無視。。

 

あの人(義弟の嫁)の感覚はおかしい。

私とは話も合わないし、合ったこともない。

まあ、合わせようとされたこともないし

私が合わすのも不可能だった。。

それくらい変。。。

まるで異星人と話してるような気さえする。

話が噛み合わないのだ。

とにかく何をもって面白いと思うのか

面白くないと思うのかが

常識からはかけ離れすぎていて

全く理解できない類の人間だということは

彼女に会った当時から知っている。。

 

そんな彼女の感覚を

信じれるはずがない。。

90%以上確信がある。

ミラノはそんなに変なところじゃあないはず。

 

そんな希望の元

私はタクシーの中から

ミラノの街を見ていた。。

 

くらいからなのか。。

綺麗に見える。

別におかしいところは何もないし

感じのいい店もたくさんある。。

何に対して「ミラノがダメだ」と判断したのだろうか。。

 

そんなことが頭をよぎる。。

 

ミラノにダメ出しをした義弟の嫁。

その真相がきになる私は

こうしてミラノの粗探しをし始める。。

 

今回私たちが泊まった宿は

ほぼ中心街に位置していて

大きな公園の近くだった。。

これが今回の宿。。

中の写真は撮り忘れたけれど

典型的なビクトリア調の家で

天井が高い古い建物。。。

まあ、この立地なので

狭くて値段も高かったけれど

満足の家だった。。。

 

さて・・ミラノ1日目。。

 

早速街に繰り出す。

ここを選んだ理由は

歩ける距離にいろんなものがある・・・

はずだった。。笑

さすがに公園の近くだけあって

かなり緑が多い。。。

 

公園入り口。。。

 

公園内は子供達走り回る。。

 

ここを選んでよかった。。

街に出る前に公園を突っ切るルート・・・

ここで子供達は自由にあちこち散策。。

 

そして・・・ある重要なことに気づく。

 

私も夫も

命綱である携帯電話の充電を

忘れていた。。

 

だから

朝だというのに

携帯の充電は一番下のレベル。。

 

充電できる場所がどこかにないかな・・・

 

そんなことを思いつつ

写真を自粛。。

 

地図を持たない私たちは

携帯だけが頼り。。。

なのに充電がほとんどない。。

 

せめて

地図が帰る場所までは

なんとか充電が持つといいのだが。。。

 

自粛すると決めて

すぐに見つけた。。

こんなところに住んでみたい・・・笑

中庭のあるこの建物は

公園の景色を一望できる

とっても閑静なところにあるフラット(アパート)・・・

 

充電もないけれど

記憶に残しておきたくて

写真を撮る。。

 

 

公園を抜けると・・

なんだか物々しい建物が。。

観光客がたくさん中に入ってる。。

明日、ここを観光しよう!

と夫と話しつつ

ここでも忘れないように

パシャリ。。。

 

調子に乗って写真を写す私。。

 

噴水を通り過ぎた頃

お腹が空いたと文句を言いだす子供達。。

この日、私たちは朝食を食べずに出た。

それは意図してのこと。。

 

ミラノで朝食を・・・

 

これがテーマだった。。

もちろん

ミラノでランチを・・

ミラノでディナーを・・

と続編もある。。

 

ただ単に作る気が無かった。

 

サルディーニャでは自炊した。

それはミラノで自炊しないため。笑

 

そんな微妙な計算のもと

今回は外食オンリーの予定。。

 

さて・・・カフェのようなところで

朝食をとることに。。。

 

ミラノの店員さんに英語で話しかけると

完璧な英語が返ってきた。。。

これには驚き。。

 

実はサルディーニャでは

イマイチだったので

あまり期待してなかったのだが。。

さすがミラノ。。

いや、店員さんが若いからかな。。笑

 

イタリアの町並みを見ながら

朝食を食べる私たち。。。

 

今のところ

ミラノに問題なしなんだけどね。。

 

そんなことを思いつつ

周りを見渡す。。

 

さすがに観光客が多い。

そして、人も多い・・・。

 

さて、朝食も終わったし・・

どこに行こうか。。。

 

実は。。行きたい場所がいくつかあった。。

まずはいつもミラノに行ってらっしゃる

読者の方から

美味しいレストランの詳しい情報をもらっていたので

そこを訪れることが一つ。。

 

そして・・・

イタリアといえば革製品。。

イタリアのイルビゾンテも見てみたい。。。

イルビゾンテはバック屋さん。。。

長年愛用してるお店でもある。。。

 

日本とイタリアでの品揃えと値段の違いに

かなり興味があった。。。。

 

ネットで調べたら

ミラノにもお店があると

書いてあった。。。

 

地図をゲットし場所を確認。。

 

その場所がこの朝食をとったカフェから

すぐの場所にあった。。

なので、まずはそちらに向かうことに。。。

 

歩いて5分ほどで

目的地に着いたのだが・・・

ルビゾンテの店が見つからない。。

 

おかしいな。。

この辺のはずなのに。。

 

そう思いつつキョロキョロ。

すると。。後ろから観光客が。。

 

やった!これ、サルディーニャ島で写真撮り損ねた

セグウェイツアー団体。。

これは激写しなければ。。。

 

ということでこちらも

パシャリ。

 

なんだか参加したい気分。

楽しそう。笑

 

 

さて・・そんなことはどうでもよく

早く見つけなければ・・

 

そう思って携帯を使って

もっと情報を探していると・・・

とうとうこの時がやって来てしまう。。。

 

 

携帯充電切れ。。

終了。(チーン)

 

私の携帯には

たくさんの重要な情報が入っていた。

レストランもそうだし

宝石店も・・・。

いろいろな行ってみたい店

全ての情報がなくなってしまう。。

 

バカなヒロ。。

自分のバカさ加減に

涙が出てくる。。。

 

まさかのミラノで

無能状態。。

携帯に頼りきった生活をしていたせいだ。

携帯ないと何もできない。。

とほほほ。

 

途方にくれてると

店の女性店主が

「何かお困りですか?」と

天使のような微笑もとともに

私に話しかけてくれた。。

 

ううう。

こんな私に声をかけてくれるなんて・・

ミラノいいところじゃない。

ここで、ミラノ指数がぐんとアップ。。

 

事情を説明し

イルビゾンテを探していると話すと。。

「ああ!その店、昔ここにあったんだけどね」とな。。

場所はあってたけども

どうも移転、いや撤退した様子。。

 

あとで調べたところによると。。

私の情報は古く・・・

今はミラノにはイルビゾンテはなく

フィレンツェに本店?があるそうな。。

 

自分で言うのもなんだけも

私の情報は全くあてになりませーん。。笑

 

と言うことで

くたびれ損。。。

 

しかし、ここに迷い込んだおかげで

この美しい通りを見ることができた。。。

 

写真を撮りたいけども

充電がない。。。

夫の携帯は充電があるものの

最後の砦。。

 

むやみに使うわけにはいかない。。

 

と言うことでこの美しい通りの写真を撮らずに

去ろうとしたその時。。

なんだか妙な団体が一気にやって来た。。

 

そして。。レフ板を出し始める・・・

あれ?

この光景。。

もしかして。。。

 

そう思っていると

明らかにモデルの女性が

この通りをバックに写真撮影をしている。。。

 

足ながっ!

顔ちいさっ!

体ほそっ!

 

見るからに美しいモデルさんは

バッチリポーズを決め写真撮影。。。

 

私がこの背景で同じポーズやっても

せいぜい良くて観光写真

悪くて勘違い写真。。爆

 

モデルさんがやると

全く観光写真には見えない。。

さずがだな〜

 

なんてトンチンカンなことを思いつつ

この場を後にした。。。

 

さて、どこ行く?

地図も携帯もない私たちは(夫の携帯は温存)

まずは人の流れに乗ってみた。笑

知らない海外で

適当すぎるこの対応。。。

 

でも、いつもこれで

結構重要な目的地に着く。。笑

 

こっちじゃない?

あっちじゃない?

人に聞いたり

表示を見たりして

なんとか中心街を目指す。

 

目的地は

世界最古のショッピングモール。笑

 

ここだけは買い物好きな私が外せるわけもない。

 

このショッピングモールの前には

あの有名な教会ドゥオーモがある。。

教会なら建物は目立つはず。。

近くに行けばきっと分かる。。

 

そんな微妙な推測の元

あちこちフラフラ。。。

 

すると。。なんだかものすごく高級な通りに出る。。

カルティエやヴィトンなど

高級ブランドの代表たちだけが

ひしめき合うこの通り。。。

 

この感じ・・・もうすぐかも・・

そんなことを感じつつ

前進するのだが

ここで、子供達ギブアップ。。。

暑くて喉が渇いたと言い出したので

カフェでお茶をすることに。。。

 

コートヤード(中庭)に位置していたこのカフェは

なんだか涼しい。。

 

コートヤードといえば

スリランカで、この造りの家をいくつか見たけれど

やっぱり暑い国だとこういう構造は

理にかなってるよね。。。

 

温度が全然違う。。

 

クーラーもないのに

冷んやりとした空間で

炭酸水を飲む私。。

 

汗がひき

十分休息がとれたところで出発。。

 

私の感覚だと

絶対この近く。。。

 

そう思っていたのだが・・

そこにたどり着くまでが

思いの外長かった。。

 

いや、距離は近かった。

本当に。

予想通り。。

 

でも、その道中、いろいろな店が

私を刺激して・・

前に進みたいけれど

見たい・・・

そういう衝動にかられる。。

 

しかも、、この時期バーゲン最中。。

70%オフなんて言葉見て

素通りできるほど私は人間ができてない。

物欲にまみれて40年以上生きて来たのだ。

これからもそのスタイルは変わらない。

この時は特に煩悩全開。。

 

歴史を取るか

バーゲンを取るか

 

せっかくミラノに来たのに

歴史を捨てるのも惜しい。

でも、せっかくミラノに来たのに

バーゲンを捨てるのは

もっと惜しい。。。

 

でも、ダメだ。

物欲に負けちゃダメだ!

先に進まなきゃ。。。

 

そんな自分の煩悩と

ミラノのバーゲン商戦と戦いつつ

決死の思いで前に進んだ。(←本当にそんな気分だった)

 

バーゲンに捕まった店数5件(結局行った。笑)

そこでの戦利品・・・

 

プライスレス

(マスターカードの宣伝風)

 

でかした。

ほとんどの店を躱した自分を褒めつつ

やっとドゥオーモの建物が見え出す。。。

 

早く行かねば。。。

 

そう思ってる矢先に

今度は子供達ジェラードを発見し

ここでも行く手を阻まれる。。

 

子供達。。

イタリアのジェラードにハマり中。。

硬くない

絶妙な滑らかさと

豊富な種類。。。

子供達もう、メロメロ。。

 

仕方ない・・・。

 

ここでジェラードお買い上げ。。

まあ、食べながら前に進めるしね。。笑

 

携帯の電池が切れ

人の流れに流され

バーゲンを躱し

ジェラードに心を奪われつつ

ようやくたどり着いた目的地。。

 

ここから本当の私たちの観光が始まる。。

 

そう思ったわたしなのであります。。。

 

 

 

 

 

 

 

ここからはジュエリー関係のお知らせです。。

 

クリスマス&さよならバーレーンセール。。。

開催中です〜!

お安くなってます!

クリスマスプレゼント付きです!

期間限定ですのでお早めに!

 

もう一つ。。。

新作のご紹介です。

 

 

人気のシリーズです!

色違いでホワイトゴールドもあったのですが

出してその日に売れてしまいました。。

 

私個人はこっちのイエローの方が好きなんですけども!笑

気になる方はぜひサイトを覗いてみてくださいね!

 

 

新作できてますので

見に来てくださいね〜!

ではでは

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。

やっと復活です。。。

色々ありすぎて

何から話せばいいのか・・・・。

 

引っ越し。。。

とりあえず完了いたしました。。

 

でもまあ、12時間(夜中までかかって)の

死闘の末の引っ越し。

しかも、引っ越し中に

息子が腕の骨を折るというアクシデント付き。

 

引っ越しでクタクタになっていた

(荷ほどき終わった直後)2日に後に

すでに夫の親戚がやってきて10日間もの間滞在。

 

その間にオマーン行きが決まり

バタバタしている最中に ぎっくり腰。。失笑

 

動けず

下を向くのも辛く

自分でパンツも履けず・・

パソコン見るなんて全く無理。

寝返りも打てず。。。

針もないこの国で

飲み薬だけでなんとか

昨日くらいからようやく

普通の生活に戻りつつあります。。

 

そう思っていた矢先

今日は、朝から

車から○んこのような液体が吹き出し・・・

何が何だかわからないけれど

かなりヤバイ状況のようなので

車をレッカーし・・・

そのレッカーでは

運転手兼レッカー車のオーナーの

物好きなアラブのオッサンに

気持ち悪く迫られ。。。

吐き気を催しつつ修理工場へ。。。

 

修理工場で車を引き渡した後

タクシーを呼ぶも

1時間待たされ。。

 

最後は友人に助けてもらったという。

 

いつも何故か微妙に波乱万丈の

ヒロでございます。

お元気でしたでしょうか・・・・

 

箇条書きにしただけでも

この2週間は

怒涛の日々でした。。

 

早く、ブログを再開したいと願えば願うほど

次から次へと問題がやってきて大変でございました。

 

本当はこのこともブログを書きたいのだけれど。。

ここ書くと、フランス旅行が終わらないので

こんな感じで割愛させていただきました。

また時間があったら書きたいと思います。。

多分面白い話になるので。。

 

で。。本題は。。。

 

バーレーンを去ります。

よっぽどのどんでん返しがない限り。

 

いえね。

私にも相談してくれるもんだと

勝手に思ってたのですよ。

妻の私は。。。

 

まあね。

今までの経験上、

大事なことは

勝手に決める傾向にある夫なんですがね、

やっぱりそうでした。

 

今回も勝手にサインして

事後報告。

 

その前まで、随分揺れてたので

もしかしたらバーレーンに残る可能性も大・・・

だったのですけどね。。。

 

なんのこっちゃない。

「サインしたから。」と

事後報告でございました。

 

まあ、そういう人を選んだのは

私ですので

仕方ないんですけどもね。。。

 

サインする前に「サインしようと思うから」と

言ってくれれば

「あいよ!」って言ってやったんですけどね。

まあ、どっちにしても

好きにさせるつもりでしたけどもね。。

なんかモヤっとするな。。笑

 

とりあえずオマーン行きは

ほぼ決定。。。。

まあ、今サウジ側は慌てて

色々と言ってきてるみたいなのですが

よっぽどいい条件を出されないと

夫はここに止まる気は無さそうです。。。

 

ということで

まさかの中東アゲイン!

今度はアラビアンナイトの国オマーンでございます。

しかも、引っ越しは来年年明け1月頭。

元旦あたりになりそうです。

つまり1ヶ月半のうちに

また引っ越しです。。

 

引っ越して2ヶ月でまさかの引っ越し。。。

あの、最近やった死闘12時間(引っ越し)の苦労を

またすると思うと・・・

 

本当に泣きそうです。

しかも今回は新しい国。。。

 

どうなることやら。。

 

そして、今月末に

オマーンに視察に行きます。。

学校と家を探さねば。。。

 

ということで、

これから怒涛の1ヶ月。。

なんとかブログで

フランス旅行は終わらせたいと思ってますので

よかったらお付き合いいただけたらと思います。。。

 

 

 

 

 

ここから先はジュエリー関係の

お知らせです。。

興味のある方は

このままお進みください。。

 

 

先ほど報告した通り。。。

バーレーンを去ります。(90%の確率ですが・・)

 

で・・・ちょっと気がはやいのですが

さよならバーレーンセール&

クリスマスセールやりたいと思います。。笑

セール期間は 11月〜12月25日まで。。

 

バーレーンに職人産がいるけれども

遠隔操作でできるかどうかはまだ未定。。

したがって、オマーンに行く場合

一番の課題は今の職人さんと同じくらいの技術と

コミュニケーション能力を持つ職人さん。。。

これ、意外と難しい。。

職人さんは英語話せなくても

食べていけるから

ほとんどの場合英語は皆無。。

今の職人さんは本当に稀な人。

 

オマーンでそういう職人さんを見つけるのは

結構時間がかかると思うのですよ。。。

なので、それまでは

ジュエリーを作ること自体難しいので

今がチャンスです。。。

そして、オーダーメイドを考えてる皆様

今がチャンスです。

 

ということで、一応オーダーメイドは

12月の半ばまで受け付けますが

それ以降は受け付けられません。。。

私がバーレーンにいる間に

仕上がる保証がないので。。

なので、早めにご連絡いただけると嬉しいです。

 

で・・

 

クリスマスセールの話に戻ります。

今回、今まで値下げしてなかった

ジュエリーも思い切って値下げしてます。

ほぼ9割以上のジュエリーは値下げ対象です。

(新作と一部は対象外)

 

以前から気になっていたものが

安くなってる可能性は大。

多分、初めての値下げだと思います。。

もともと値下げできるほど

あまり利益を取っていないので

しようにもできないのが現実だったのです。。

だから、今回値下げしてる商品で、

原価割れが結構もあるかもです。。

私が原価割れを見つける前に

買うとお得ですよ。。笑

 

そして、もう一つ。。

クリスマスセールの得点は・・・

おまけがついてくること。。。

 

今回は

 

ラピスとフローライトのチャーム。。。

お手持ちの革ひもやネックレスチェーンで

ネックレストップとしてお使いいただけるように

つくってます。。。

 

この中から石と素材の色を選んでもらいます!

これがプレゼント内容。。

 

 

そして・・

新作できてます。。。

たくさん出来上がってきてますので

もしよかったら覗いてくださいね・・・

 

今日ご紹介するのは

ブルームーンストーンの指輪。。

ダイアモンド付きです。。

 

最近、このマットなゴールドの可愛さにハマってしまって。

今回マットをいくつか作ってます。

そのうちの一つは

もう、出してすぐにお嫁に行ってしまいました。。笑

 

マット仕上げで作る

ころんとしたデザイン。。

金の柔らかさというか

よさというか・・

とってもよく味が出てると自画自賛気味です。。笑

 

ブルームーンストーン。。。

知ってる方はあまり誤解してないと思うのですが

ムーンストーンより随分値段が高い石です。

何がどう違うかって。。。

量があまり出回ってない

つまり、希少石ではあります。

特に日本では。。

 

日本でも

ロイヤルブルームーンストーンという名前で売られてる

似た石などがありますが

発色がいいし、

見た目にブルームーンストーンと変わらないから

それでもいい人にはいいのですが・・

本物にこだわるのなら

やっぱりスリランカ産のブルームーンストーン。

そして、これを日本で探すのの

難しいこと・・・(←お客さん談)

 

値段もしかり

その質もしかり

なかなか本物で良いものには出会えないそうです。

 

そんな中。。

今回の商品は

スリランカで実際に買い付けた

私が持ってる石の中で

一押しのブルーシラーを持つ石です。

かなりきてます。。笑

 

加えて

私がハマってるマットな仕上げ。。

横にダイアモンドのアクセント。。

うううう。可愛いです。。。

 

可愛いもの好きなあなたにオススメ。。

いかがでしょうか。。。

 

 

 

気になる方はココ

 

 

 

このほかにも新作続々と出てますので

ぜひ暇つぶしにご覧くださいね〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。