コボの東へ西へ

W650に乗って東へ西へトコトコと走ってます。
ツーリング情報やお気に入りの音楽などを紹介していきます♪


テーマ:

4月29日”昭和の日”に企画した”信州ビーナスラインツーリング”には


慈悲の心を持ち合わせた川向こうオヤジさんが 参加を表明してくれました。


最悪ひとりで信州一人旅を覚悟していただけに二人になるだけで本当に心強いものです。


それも、川向こうオヤジさんは私が中免を取得する前からオヤジさんのブログを見て


いろいろ参考にさせてもらい、私はずっと後を追いかけているような存在なのですから。


今回”昭和の日”ということで、昭和の時代の方が平成よりも長く生きている二人にとって


ちょうど縁があったのかな・・・・・・ということで ツーレポスタートです。




ツーリング前日は誰もが経験しているように


私も早く就寝しようとするのですが、これがなかなか寝られない、、、、

寝たら寝たで1時間おきに目が覚めてしまう始末。


結局4時起床 外はまだ薄暗い闇です


本日の服装は迷った末、上は7分袖のTシャツに冬用ジャケット、下はタイツにジーンズ


そしてブーツにしました。(昼になると暑くなるかと思いましたが結局これでちょうどよかったです)



集合場所は中央自動車道上り『屏風山PA』に6時


家からだと15分くらいで行ける距離、5時半に出発すれば間に合うのだが


主催者としてオヤジさんを待たせるわけにはいけない


4時50分バイクに荷物を積み、近所迷惑3分間の暖気でいざ出陣!


外はちょうど日が昇り始めで中央道から見える朝焼けが綺麗でした~


と思っていると直ぐに屏風山PAに到着。


時間は5時15分くらい、二輪駐車場にはバイクは1台もない


『よしっ!勝った』 と変な優越感??


売店で朝食のおにぎりを買っていると


二輪駐車場に見覚えのあるバイク・・・・オヤジさんと初対面です!!



コボの東へ西へ


簡単に挨拶し、食事を済ませ次の経由地”駒ケ岳SA”を目指します。


(本当はオヤジさんに会ったら両手で握手しようと思っていたのにできなかった、情けない俺!)



駒ケ岳SAまではキャノンボール方式それぞれのペースで


最初だけはオヤジさん、私のペースにあわせて並走してくださいましたが


慣らしが終わるとオヤジさんはかっ飛んで行きました~~~♪


オヤジさんは寒いといってましたが


私より巡航速度で30km/hは違うんで8.3m/s、体感温度は8.3度違うんですよね。(ほんとかよ!)



オヤジさんに遅れること数十分駒ケ岳SAに到着


かなり車の数も増えてきました 大分県からのライダーも


ここで給油を済ませ一気に次のポイント松本ICまで



松本ICを下り、ここで記念撮影



コボの東へ西へ  松本IC証拠写真


西の方には冠雪した北アルプス、ついに信州に来たぞ!って感じです。(写真がない・・・)




ここからのルートは本来私が先導しなければいけないのですが


今だナビの使い方を習得していないため


オヤジさんのナビを頼りに次の目的地 ”松本城” まで連れて行ってもらうことに


ここまで、予定時間 より1時間は前倒しで来ています。



松本市内を通り10分くらいで松本城に到着 (まだ時刻は8時になっていません)


松本城  国宝に指定されているお城です(現存12天守 の一つ)



コボの東へ西へ


通称”烏城”と呼ばれる通り黒いお城で、大きさは川向こうオヤジさんのお膝元の犬山城と同じくらい。


小振りなお城といった印象。 これで私にとって国宝のお城4つ(姫路、松本、犬山、彦根)制覇です。


そういえば、お城のスタンプラリーがあったはず。挑戦してみようかな。。


(道の駅のスタンプラリーはもう挫折しかけていることは内緒です・・・)


お城はデジイチで20ショットくらいパシャパシャ撮影して満足、満足。



私のわがままルート で松本城に寄りましたが


ここからようやくビーナスラインへと向かいます。


多くの方は白樺湖方面から美ヶ原方面へ向かうビーナスナインを通るルートだと思うのですが


今回は逆のルートでまずは松本城から出発して美ヶ原美術館へ向かう美ヶ原林道コースを通ります。



先程に引き続きオヤジさんのナビを頼りに美鈴湖を設定


しかし、ナビでも美鈴湖への道はわかりにい 途中で一旦オヤジさんが立ち止まります。



ここでアクシデント発生!!


後ろに続く私が立ちゴケ!!!! しちゃいました!!!! 


上り坂のため一人では起こせませ~~~ん。


オヤジさんに手伝ってもらいなんとかバイクを起こすことが出来ました。


(もしひとりだったらと思うとどうなってたか、、、よかったよかった)


※坂道で右側からバイクを起こすのって難しくないですか?



被害はブレーキレバーが曲がってしまいましたが操作には問題なく


コケた影響は最小限に済んだしラッキーでした。



気を取り直し再出発


美鈴湖は特に何も無くサラッとスルー


ここからの道は超ワインディングロードでヘヤピンカーブの連続で高度をどんどん上げる上げる。



これでもかの連続のあとは


この景色が待ってました♪



コボの東へ西へ  コボの東へ西へ

高圧電線の鉄塔が、、、、せっかくの景観を



この後も林道(美ヶ原林道)は続きますが、R62に入らないといけないのですが


道なりに進んでしまい、行き止まりの王ヶ頭方面へ行ってしまいました


結局Uターンするしかなかったのですが


王ヶ頭までの道はなかなかの絶景コースで寄り道してもナイスですよ。



R62に入り、いよいよ美ヶ原か・・・とは行きません。


途中で右折するのですが、これまたすごいワインディングロード


車もバイクもぜんぜん走ってないし、ハマッタかな~と心配は増すばかり



しか~~~~し、間違っていなかったよ~~~~


美ヶ原美術館だ~~~~~


嬉しかったです!!!


標高2000m 駐車場には多くの車、そしてライダーも数十台いるじゃない!!



コボの東へ西へ


みんな白樺湖方面から来たのでしょうね。




トイレ休憩をすませ


ここからが


ここからが


ここからが



やっと


ビーナスラインルートの始まりです!!! 


もうここまででかなり体力を消耗しております。




かなり前倒しできていたスケジュール


峠で帳消しになってしまいました。



この調子だとお昼の利休庵が遠ざかってしまう~


先を急ぎます。



ここからの道はさすがビーナスライン


これまでの峠道とは別格の道


気持ちよく白樺湖を目指します。(ずっとオヤジさんの足をひっぱりっぱなしでの走行ですが・・・)


気分は最高!!!!


多くのライダーとすれ違います。


当然、ピースサイン やりまくります。 8割くらいは返ってきますね♪ (今回の私の課題でした)


でも、相手から先にピースサインが、、、もっと普及させねば



白樺湖上空駐車場着
コボの東へ西へ


もう直ぐ利休庵、しかし時刻は12時 いちばん混む時間!


当然店の前に着くとそこには車とバイクで混雑してました。


これは待たされる~~~~と覚悟



と思いきや直ぐに席に座れるし注文したら5分ほどで出てきました。


私は掻き揚げ天ざる、オヤジさんは名物掻き揚げ丼を注文




コボの東へ西へ   コボの東へ西へ



さすがに中年の体にはこの天ぷらの量はちときついのですが


これもツーリングのならわしということで♪


以前は巨大名物天丼というのがあったらしいのですが、数年前になくなってしまい残念です。



おなかは天ぷら給油でいっぱい


白樺湖でワンショットして



コボの東へ西へ


最終目的地 ”清里” 小諸方面へ



清里へのルートは


私の若かりしころ車でドライブして一番お気に入りのルート


原村、富士見高原を通ります。



八ヶ岳の麓をとおるこのルートは


別荘、企業の保養所、ペンション、テニスコート等


軽井沢のような避暑地としても最高のエリアなんですよ!!



今回のツーの〆 清里 清泉寮


定番のソフトクリームをおやじ二人が列に並んで食しました。



コボの東へ西へ   八ヶ岳牧場


コボの東へ西へ  清泉寮


コボの東へ西へ  コボの東へ西へ



私の希望をいっぱい詰めこんだツーリング


ゆっくりは出来なかったのですが、満足満足でした。



無事二人とも帰還でき、幸せな1日を過す事ができました。



川向こうオヤジさん  お疲れ様でした、そして本当にご一緒していただきありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。